Job Search
エリア 職種 業界
歓迎項目 勤務可能日数 こだわり条件
フリーキーワード

エンジニアってどんな仕事?

エンジニアとは、プログラム言語を用いてインターネットサイトやアプリ等のシステムの構築をしたり、システムの管理や修正を行ったりする仕事です。
エンジニアといっても、「ゲームエンジニア」「ネットワークエンジニア」「WEBエンジニア」などたくさんの分野に分かれています。
また、企業や扱うサービスにより業務内容も様々で、使用しているプログラム言語も異なります。
プログラミング言語の習得度がエンジニアの技量として判断されることも多いので、勉強熱心な方が多い傾向にあります。

エンジニアの種類

プログラマー
内部設計書をもとにコーディング作業やテスト作業を行います。
チームでコーディング作業を行うため協調性が大切になります。
システムエンジニア
要件定義やシステムの設計、テスト作業等を行います。
クライアントと打ち合わせをしたりプログラマーと意思疎通を図ったりするため、プログラミングの知識だけでなくコミュニケーション能力やマネジメント能力も必要になります。
プログラマーの上位職と位置付けられることが多いです。
WEBエンジニア
ウェブシステムの構築に特化した職種です。
インターネットブラウザに関する知識やセキュリティ対策などウェブに関する幅広い知識が必要になります。
ウェブを使ったアプリやシステムの開発に取り組みます。
ネットワークエンジニア
システムが利用するネットワークの設計や構築を行います。
高度で専門的な知識を必要とし、ネットワークがうまく機能するか動作検証を繰り返し行います。
ゲームエンジニア
家庭用ゲーム機器からパソコンやスマホのアプリなどのゲームを専門に扱います。
ゲームエンジニアの中でも、オフライン専門、オンライン専門、最新テクノロジー専門などいくつにも分けられています。
データベースエンジニア
システムの構築に欠かせないデータベースを扱います。
莫大な量のデータを管理、集約する技術が必要なため専門性は高いですが、データベースを的確に扱えるエンジニアは将来性が見込めます。
ITの発展によりエンジニアの種類も多種多様に広がっており、上記よりさらに細かく分類されています。
自分がどの分野に興味があるか掘り下げて調べてみるといいでしょう。

エンジニアが活躍する業種

  • WEB業界
  • IT/ソフトウェア
  • 家電メーカー
エンジニアは、コンピュータ関連のメーカー、システム開発会社、ソフトウェア開発会社で活躍しています。
基本的には、自社でソフトウェアツールやソフトウェアシステムの開発を行いますが、システムエンジニア自身がクライアント先に出向いて仕事をすることもあります。

エンジニアのインターンは未経験でも大丈夫?

専門的な知識が必要なため、基本的に開発経験もしくはプログラミングの知識がある方を募集している企業が多い傾向にあります。
しかし、未経験でも興味とやる気があれば参加できるインターンシップもあります。
企業によってはインターン中に研修をしてくれるところもあるので、不安な方は未経験者歓迎のインターンに参加してみましょう。

エンジニアのインターンで学べること

  • コーディングの知識
  • プロジェクト開発の経験
  • チームで働く経験
インターンでは実践しながらコーディング知識の習得やスキルアップをすることができます。
また、長期インターンではプロジェクト開発に一から関わることもあるため、実際にどのようにプロジェクトを進めていくのか学ぶことができるでしょう。
チームでサービスを作り上げるため、協調性やコミュニケーション能力などプログラミング以外の能力も得るものは多いです。

エンジニアのインターンを始める前に準備しておくこと

募集企業の使っているプログラミング言語についての本を1冊以上読んで勉強しておきましょう。
WEBサイトやブログ等の簡単なものでいいので、自分の技術がどれくらいかわかるようなポートフォリオを作成しておきましょう。
また、関わるサービスがどのようなものか事前に調べて理解しておくことが重要です。

エンジニアのインターンはどんな人におすすめ?

自分でサービスを作ってみたい方や、パソコンに興味がある方、論理的に物事を考えるのが好きな方におすすめです。
また、プロジェクト開発に関わることにより実際に必要な知識や技術も身につけられるため、スキルアップしたい方や就職するまでに少しでも経験を積んでおきたい方は、積極的にインターンに参加してみましょう。
別の条件で検索する