Job Search
エリア 職種 業界
歓迎項目 勤務可能日数 こだわり条件
フリーキーワード

ライターってどんな仕事?

ライターとは、資料の収集や取材を通して雑誌やWEB、フリーペーパーなどに掲載される記事を書く仕事です。
編集者やクライアントから、「○○についての記事を書いてほしい」と依頼を受けて仕事をします。
「何のために書くのか」「誰に届けたいのか」を考え、ターゲットに要点がしっかりと伝わる文章を作る能力が必要です。
また、現地の人にインタビューをして記事を作成することもあるので、コミュニケーション能力も欠かせません。
最近は、WEB上に掲載される文章を書く機会が増えています。
WEBを媒体とする記事ではSEOなどの知識も必要なので、文章を書く能力を上げると同時にWEBマーケティングについても学ぶ必要があります。

ライターの種類

コピーライター
テレビや雑誌、ポスターや商品パッケージなどのキャッチコピーを考える仕事です。
短い言葉で印象に残るキャッチコピーを作るには、何百ものアイディアを出す必要があります。
キャッチコピーによって企業のイメージも左右される場合もあるので、その分責任は重大です。
トラベルライター
旅行や取材で訪れた場所や名所の紹介記事を書く仕事です。
歴史やグルメ、文化などの魅力を伝え読者が実際に足を運びたくなるような文章を作ります。
記事に載せる写真を自分で撮影する場合もあればカメラマンが同行する場合もあります。
フードライター
グルメ雑誌などに掲載される「食」に関する記事を執筆します。
読者が「食」のイメージができるような文章を書くためには、語彙力や表現力だけでなく食の文化や歴史などの知識も必要になります。
ルポライター
世の中の社会問題や事件などを取材し記事を書きます。
ジャーナリストが主観的な意見や批判を含んだ記事を書くのに対し、ルポライターは客観的な記事を書きます。
現地で長時間滞在し取材を続けることもあるので、忍耐力が必要です。
Webライター
WEBサイトに掲載するコラムや、ネット広告の文章など幅広い内容の記事を書きます。
文章を書くことが得意な人であれば、比較的なりやすい職業と言えるでしょう。
さまざまなジャンルを取り扱うため、常に世の中の情報に敏感である必要があります。

ライターが活躍する業界

  • WEB業界
  • 出版関係
  • 広告・PRなど
ライターは、出版社や新聞社のイメージが強いと思いますが、WEB業界や広告業界でも活躍しています。
また、WEBサービスを通してクライアントと直接契約を行う、「フリーランス」で働く人も多いです。

ライターのインターンは未経験でも大丈夫?

ライターのインターンは未経験者でも比較的参加しやすいです。
しかし、企業の扱う内容により専門的な知識が必要な場合があるので注意は必要です。
不安な方は未経験者歓迎のインターンへの参加を検討してみてください。

ライターのインターンで学べること

  • 特定分野に関する専門的な知識
  • ライティングスキル
  • WEBマーケティングの知識
取材やリサーチにより執筆するジャンルの専門的な知識が身につきます。 人にものを伝えるための文章力や表現力も身に付くでしょう。
また、WEBライターを経験することによりSEOなどの知識も学ぶことができるでしょう。

ライターのインターンを始める前に準備しておくこと

特別必要な資格はありませんが、いろいろなメディアをチェックしたり、自分で記事を書いてブログに挙げたりしておくといいでしょう。

ライターのインターンはどんな人におすすめ?

文章を読んだり書いたりするのが好きな方や、メディアに興味がある方におすすめです。
また、知識欲があり論理的にものごとを捉えられる人はライターに向いているでしょう。
興味があるけど記事が書けるか不安という方も、インターン参加前にブログ等で記事を書く練習をしてみることで続けられそうか判断してみてもいいでしょう。
別の条件で検索する