長期インターン 短期インターン 説明会

ユアターン伊藤が教える長期インターン採用完全ガイド

ユアターン伊藤が教える長期インターン採用完全ガイド
企業のご担当者の皆さん。
ユアターンを運営しておりますユアターン伊藤です。

長期インターンを導入しようと思っているけれど、
  • まず長期インターンって?学生は何を求めてるの?
  • どうやって採用を始めればいいの?
  • どうやったらインターンがうまく回るの?
など導入前の疑問は尽きませんよね。

長期インターンサービスのユアターンを運営する、ユアターン伊藤が御社の疑問にお答えします。

まず長期インターンって?学生は何を求めてるの?

長期インターンについて簡単にご説明いたします。

まず「長期インターン」とは、いろいろ定義はありますが、ユアターンで取り扱っているのは「3ヶ月以上の実務を伴った有給インターン」です。

今、会社で行っている業務の一部や補佐的な業務を、やる気のある大学生インターンに任せるものです。

アルバイトとは違うの?

アルバイトと一緒ではないか、と思われる方も多いですが、実際にやっていることはアルバイトと似ています。
ですが、大学生が長期インターンへ参加する目的は「成長」「挑戦」です。時給を求めて働くアルバイトよりも、挑戦的で成長する向上心が高い学生が集まるのが長期インターン採用のメリットです。

■企業の声
  • 学生が頑張ってくれるので、社員、ひいては会社全体の雰囲気が良くなった。
  • 大学生からのアイデアで気付かされることもある。

採用にも繋がる!

成長意欲の強い大学生相手なので、新卒内定に向けてクロージングしていくことも可能です。
学生のうちから鍛え上げ、新卒1年目には、即戦力として働いてもらうことが可能です。

採用に向けてインターン学生を採用するのであれば、学生向けにも内定先として魅力的に思ってもらえるような魅力付けをしていく必要があります。

(ちなみに弊社の新卒採用は基本的に長期インターン経由でしか採用しておりません。)


また、長期インターン経由で新卒採用をすると、業務内容や会社の実情を分かった上での入社になるので、新卒の離脱率が下がります。(離脱率は通常採用の半分とも言われています)

一緒に働きながら採用に繋がるので、人材不足とミスマッチを同時に解消できる、というわけです。

うちの会社にメリットはあるのか?こんな企業に向いています。

長期インターンの魅力を少し長々と話してしまいました。
ここからは実際にどんな企業なら長期インターンのメリットを感じやすいのか、どんな企業が長期インターン募集をしている傾向にあるのか。簡単にまとめてみました。

<長期インターンこんな会社に向いています!>
  • 新卒に力を入れ始めた企業
  • ベンチャー・スタートアップ・中小企業
  • 人が足りていない!という企業

新卒に力を入れ始めた企業

いきなり新卒採用を開始しても、なかなかうまくいかない企業が多いです。
かといって頑張ってマイナビやリクナビなど大手の新卒サービスに載せても、確実に埋もれてしまいます。
しかも初期採用のコストがめちゃくちゃかかりますよね。
まず掲載費用がかかって、掲載面を頑張って考えて、応募が増えなくてスカウトのために課金して…。
でも優秀な学生はなかなか集まらなくて…。

長期インターンでは、確実に応募が集まります。
後述しますが、中小企業やベンチャー企業でも多くの応募が集まっています。

しかもユアターンなら、求人掲載は完全無料。料金が発生するのは、採用が決定した場合だけ!さらに御社の求人原稿も弊社プロライターが無料で執筆いたします!

このような学生が欲しい!という要望に真摯にお答えし、送客をいたします。
さらにスカウト機能も無料でご用意しています。ただ応募を待つだけではなく、気になった学生と直接やり取りができます!

ベンチャー・スタートアップ・中小企業

長期インターンで学生が求めているのは「成長」です。
ベンチャー企業や中小企業で、業務は山ほどあり、様々な業務を通して成長できる!というのが成長を求める学生には刺さります。
長期インターン業界では、規模の大きくない企業様でも、大手求人と同等程度の応募が集まる求人が山ほどございます!

企業知名度よりも、「どんな経験が出来るか、どれだけ裁量権を持たせてもらえるか」というような実務内容で決める学生が多いです。

人が足りていない!という企業

冒頭でも述べましたが、人が足りていないならやる気とガッツのある大学生を採用してみましょう。実務を通して成長してくれる上に、働きながら採用にも繋がります。さらに新卒を採用するコストと比べると1/3以下の料金で採用が可能です。

しかも学生であっても、エンジニアやデザイナーのスキルがあったり、サークルで渉外の役割を務めているなど、社会人採用として求めているようなスキルを持っている学生もいます。

指導する人材すら足りていない!という企業様もあると思います。長期インターン生を多く採用している企業では、社員と学生の中間管理職といった形を取り、学生の研修や指導を社員に研修を受けた学生が行うことも少なくありません。

人材が足りていない、という問題もやり方次第であまりコストをかけずに解決できます。

長期インターン採用の始め方とは…?

さあ、「うちの会社には長期インターンが合っているかも!」と思っていただけましたでしょうか?

では、うちの会社でどうやってインターン採用を始めればいいのか。
業務内容は各企業様で違うので、ここでは一概には言えませんが、ユアターン伊藤が数100企業の長期インターン採用をサポートしてきた実績がございます。ご相談いただければ、御社の長期インターンを登用できそうなポジション、採用計画や人数など、御社にあったご提案が出来ます。

特にユアターンは、「初めてインターン採用を始められる企業様に優しい!」というサービスです。採用するまでは一切お金がかからず、採用の求人もご相談しながら無料作成が可能!(他サービスですと3万円程かかります)さらに料金プランが2段階の成果報酬型!採用後の離脱に対するリスクヘッジができます!(他サービスは採用時のみの課金)

気になった方は是非お問い合わせフォームか、下記電話番号からご連絡ください!
また、現在CM公開中です。

ちなみにユアターン伊藤とは?

ユアターン伊藤
=================
長期インターンサービスのユアターンを運営している、東晶貿易株式会社社員。
自身も長期インターン経由で現在の企業に内定しており、長期インターンを日本中に広めるべく活動中。
長期インターンを広める上で1番刺さっている言葉は、
「学生のうちに本当の就活の軸を見つけられない。なぜならやっていないから。」
「入社後の社員が早めに辞めてしまう理由で1番多いのが、「実際のイメージと違ったから」そりゃそうです。実際に働いていないのですから。」

3年以内に新卒入社の1/3が離職している。この高い離職率は、企業にとっても学生にとってもマイナスだと思っています。長期インターンは日本の離職率問題を解決できる手段でもあります。

ユアターン伊藤の目標は3つ。
  • 長期インターンを始める企業を増やすこと
  • 長期インターンをする学生を増やすこと
  • 学生のあなたにあった長期インターンに出会うこと


企業に向けて、学生に向けて、また日本全国に向けて長期インターンを代弁する存在で有りたいと思っています。
=================
インターン求人を見てみる

関連記事

コロナで就活がヤバい!23・24卒必見のこれからの就活を乗り切る方法
23・24卒のみなさん!残念ながらみなさんの就職活動、とても厳しいものになりそうです。 新型コロナウ…
せっかく学歴があるなら長期インターン始めよう!【高学歴向け求人を紹介】
高学歴の学生は就活に強いと言われています。レベルの高い受験をくぐり抜けてきたため、地頭が良く、吸収…
長期インターン×大学生の完全ガイド!長期インターンシップしようか迷ってるならこれ読んで!
大学生のみなさん、こんにちは。 この記事を読んでいるということは、大学生になって長期インターンシ…