Job Search
エリア 職種 業界
歓迎項目 勤務可能日数 こだわり条件
フリーキーワード

ディレクターってどんな仕事?

ディレクターとは、依頼された企画を決められた予算やスケジュールに合わせてプロジェクトの指揮を行う仕事です。
プロデューサーと混合しがちですが、プロデューサーが企画・全体の管理を行い、ディレクターが現場の指揮を主に行います。
企業によりプロデューサーという職種がなく、ディレクターが企画全体の管理を行うこともあります。
企画に関わるデザイナーやエンジニアなどさまざまなスタッフとやり取りを行うため、コミュニケーション能力が重要となります。
扱うプロジェクトにより専門的な知識を必要とする場合も多いです。
まずはデザイナーやエンジニアなどである程度の知識や経験を身につけた後、ディレクター職に挑戦する方が多い傾向にあります。

ディレクターの種類

アートディレクター
グラフィックデザイナーやフォトグラファーなどを取りまとめる仕事です。
実際にデザイン業務を行うことも多いです。ある程度デザイナーとして活躍した後アートディレクターとなる方が多いです。
映像ディレクター
映像作品を作る際に現場で指揮をとる仕事です。
手がける映像作品はさまざまで、カメラマンや映像編集者の指揮をとるだけでなく出演者への演技指導を行う場合もあります。
WEBディレクター
WEBサイトを作る際のプロジェクトの指揮・管理を行います。
プログラマーやデザイナーなどWEB製作にはさまざまなスタッフとの関わりをもつため、コミュニケーション能力を必要とします。
空間ディレクター
住宅の設計や商業施設等の空間設計を指揮する仕事です。
建築だけでなく内装デザインなど担当する業務はさまざまです。
少人数チームの場合デザインから現場管理まで行うこともあるため、制作に関する知識があると重宝されます。
イベントディレクター
商品やサービスPRイベントや展示会などの企画から実施まで行います。
イベントで使われる舞台のデザインや演出を企画する上で制作知識が重要になります。
ゲームディレクター
企画したゲームを開発するために、プログラマーやデザイナーをまとめてチームを作り、クオリティやスケジュールの管理を行います。
問題や不具合が発生した場合は適切な指示を出す能力が必要です。

ディレクターが活躍する業界

  • WEB業界
  • テレビ業界
  • 広告業界
ディレクターはテレビ業界のイメージが強いと思いますが、広告業界やWEB業界でも活躍しています。
ものを作ることに興味がある方は、気になる業界のディレクター職について調べてみるといいでしょう。

ディレクターのインターンは未経験でも大丈夫?

ディレクターは制作に関する知識を必要とするため、ある程度の経験を積んだ方を募集している企業が多い傾向にあります。
しかし、やる気と好奇心があればOKという企業もあるので、不安な方は未経験者歓迎のインターンに参加してみましょう。

ディレクターのインターンで学べること

  • パソコンの全般的なスキル
  • 企画力、企画書作成能力
  • アイディアの想像力
WEBディレクター等のパソコンを使う業界では、パソコンに関する幅広い知識を学ぶことができます。
イベントや映像ディレクターでは、ターゲットに合わせてもっと良い演出がないか、スタッフが円滑に働くにはどうすればいいかなどアイディアを実現する能力も身につくでしょう。

ディレクターのインターンを始める前に準備しておくこと

企業により制作するものが違うため、参加する企業がどのようなプロジェクトを手掛けてきたかしっかりと調べて理解を深めておきましょう。
エンジニアやデザイナーなどさまざまな職業と関わるため、プロジェクトに関わる職種の基礎的な知識を勉強しておきましょう。

ディレクターのインターンはどんな人におすすめ?

リーダーシップを発揮できる人や問題解決能力が高い人はディレクターに向いているでしょう。
文化祭などのイベントの企画や管理など経験したことがある方や興味がある方におすすめです。
デザイナーやエンジニアの経験があり、ステップアップしたい方や企画の立案から関わりたい方もディレクターのインターンに参加してみるといいでしょう。
別の条件で検索する