Job Search
エリア 職種 業界
歓迎項目 勤務可能日数 こだわり条件
フリーキーワード

デザイナーってどんな仕事?

美しく分かりやすく見せるみために、様々な方法で物を作り出す仕事です。
どのようにしたら人に魅力を感じてもらえるのかをよく考え、自分の持っている技術を駆使してデザインを実現します。
何もないところから何かを生み出すわけではなく、クライアントの要望をしっかりと捉え、希望通りのデザインを実現する必要があります。
そのため、ヒアリング能力やコミュニケーション能力が重要になります。
また、日頃から色々なアイデアを生み出せるようセンスを高め、流行も意識することが大切です。

デザイナーの種類

グラフィックデザイナー
主にポスター、商品のパッケージ、雑誌の広告などの紙媒体の出版物をデザインする仕事です。
アートディレクターやカメラマン、コピーライターたちとチームを組んで仕事をすることもあります。
IllustratorやPhotoshopなどのコンピュータソフトの知識が必要です。
WEBデザイナー
クライアントから依頼されたWEBサイトのデザインをします。
サイトの見やすさや使いやすさを考慮し、クライアントの思い描くサイト作りをする必要があります。
IllustratorやPhotoshopなどのコンピュータソフトでデザインしたサイトをHTMLやCSSなどの言語を用いて実際にサイトを制作していきます。
ゲームグラフィックデザイナー
その名の通り、ゲーム中に登場するキャラクターや背景だけでなく、エフェクトや画面上のテキストなどのデザインをする仕事です。
開発現場では担当するデザインを細かく割り振られています。
CGデザイナー
作成されたデッサン画をもとに、2次元または3次元のグラフィックスを作成します。
映画やゲーム、アニメーションだけでなく車や機械の設計までCGデザイナーの活躍の場は広がってきています。
インダストリアルデザイナー
大量生産を前提にした工業製品のデザインをする仕事です。携帯電話などの小型製品から、飛行機や電車といった大型のものまでさまざまなもののデザインを手がけます。
短期間でモデルチェンジすることも視野に入れたデザイン力が必要です。
ファッションデザイナー
洋服や靴、カバンなどをデザインする仕事です。
自分が好きなものを作るイメージがありますが、実際は流行をしっかりと捉えたくさんの人が着たいと思う服をつくる必要があります。
インテリアデザイナー
家具や照明のデザインだけでなく、内装の企画や設計をする仕事です。
クライアントのコンセプトに合わせて、色味、トーン、音、温度などさまざまな演出を企画、設計します。
企業により扱う案件はさまざまで、オフィスや学校、住宅のインテリアだけでなく空港や船室のインテリアデザインまで行うこともあります。
イラストレーター
商品や雑誌、ポスターなどに使うイラストを描く仕事です。
似顔絵や絵本など、ひとつの分野を専門とする人もいれば、クライアントの要望に合わせてさまざまな分野のイラストを描く人もいます。

デザイナーが活躍する業界

  • WEB業界
  • 広告業界
  • 建築業界
デザイナーの仕事は多岐にわたり、活躍する場も多いです。
企業により得意とする分野も違うため、勤める企業や業種を把握することが重要です。

デザイナーのインターンは未経験でも大丈夫?

専門的な知識や技術が必要なため、基本的には経験者のみ応募している企業が多いです。
中には未経験でもOKという企業もあるので、気になる方は未経験者歓迎のインターンに参加してみるといいでしょう。

デザイナーのインターンで学べること

illustratorやPhotoshopの実践的スキル

デザイナーは、illustratorやPhotoshopなどの専門ソフトを使用するため、インターンではその実践的な技術を身につけることができます。
WEBデザイナーのインターンに参加すれば、HTMLやCSSなどのプログラミング言語の知識も身に付くでしょう。

デザイナーのインターンを始める前に準備しておくこと

デザイナーのインターンでは、ポートフォリオの提出を求められる場合もあるので事前に作成をしておきましょう。
また、WEBデザイナーのインターンではコーディングを行う場合もあるので、HTML、CSS等の勉強をしておきましょう。

デザイナーのインターンはどんな人におすすめ?

デザイナーのインターンは。制作することが好きな方や柔軟な発想を持っている方におすすめです。
また、デザイナーは常に新しいセンスや型にはまらない発想が求められます。
商品のパッケージや他人のファッションが気になるという方や、さまざまなものに工夫を加えるのが好きという方はデザイナーに向いているでしょう。
別の条件で検索する