コロナで就活がヤバい!22・23卒必見のこれからの就活を乗り切る方法

コロナで就活がヤバい!22・23卒必見のこれからの就活を乗り切る方法

22・23卒のみなさん!

残念ながらみなさんの就職活動、とても厳しいものになりそうです。


新型コロナウイルスの影響で、採用数が減少、説明会が中止になりつつあります。

例年通りであれば内定をもらって最後の学生生活を楽しむところですが、6月になっても就職先が決まらない!

そんな声を21卒からよく聞いています。


しかし、22・23卒の就活は、それよりももっと大変なことになってしまいそうです。

新型コロナで就活が大変なことに


コロナで就活の現場にさまざまな変化がありました。

一つには採用の通年化があります。

以前は三年の3・6月からの企業の採用情報の公開が、就活スタートのタイミングとされていました。

しかし今、それに合わせて就活を始めるのでは、はっきり言って遅いです!


コロナで思うように採用活動ができない企業は、早期からインターン・就活を始めていた学生に優先して内定を出しています。

就活の早期選考がどんどん進んでいるのが事実です。

中には2年生のうちから就活を始めていた学生もいるほど。

長期インターンが以前よりずっと重要に


この状況で重要になってくるのが、長期インターンの参加です。

就活の現場はもう売り手市場ではありません。

むしろ就職氷河期に突入しています。


少ない採用枠の中で選ばれる人材になるには、どうすればいいのか。

その分かれ目は、インターン経験の有無です。

早期で内定を獲得している学生ほど、インターンに参加していたというデータがあるほど。


しかしインターンといっても、その種類はさまざまです。

1Dayインターンシップと称して、会社説明会やセミナーとさほど変わらないものがあるのも事実。

そういったものに参加するのもよいですが、実際の実務を体験できる長期インターンに参加するほうがいいでしょう。

社会人と一緒に現場で働くということは、必ず自己成長に繋がり、それが数多くのライバルとの差別化になります。

先輩インターンやメンターとの人脈ができることで、自分の就活に役に立つ情報が得られることも。

まずは無料登録

長期インターンを企業が行う理由


企業が長期インターンを導入している理由はなんでしょうか?

それはずばり、採用に繋がる人材と早期に出会えるからです!

長期インターンに参加する意欲の高い学生は、それだけで企業にとって魅力的な人材に映ります。

インターンでのパフォーマンスが認められれば、そのまま内定に直結することも。


コロナがきっかけとなり、これからオンライン説明会・面接が一般的になるかもしれません。

しかし、オンラインでは学生の人柄や思いが伝わりづらいのもまた事実。

そのためインターンからしか内定者をださない企業も実際にでてきています。

企業側が採用において長期インターンを重視しているのは間違いないでしょう。

ユアターンで内定獲得しよう!


長期インターンを始めてみようかな、と思ったそこのアナタ!

ぜひオススメしたいのがユアターン

ユアターンは長期インターンを探している学生のための求人紹介サイトです。


ユアターンに掲載されている求人は、基本的に内定直結型

そのため他の長期インターンと異なり、最初から内定を目標にしています!

ユアターンでは、営業、ライター、マーケティングなど、さまざまな企業が多様な職種を募集中。

例えば六本木のあるITベンチャーでは、「学生がプロジェクトを創る」をテーマにインターンを募集しています。

正解の無いビジネスで結果を出すことの難しさを経験したり、先頭に立って事業を推進していくリーダーシップを身につけたりすることができますよ!

まずは自分の希望の求人に応募して、早期に内定獲得のチャンスを掴みましょう!

まずは無料登録
インターン求人を見てみる

関連記事

就活勝ち組大学生にみる!就職氷河期でも人気企業から内定獲得できるスタンスとは?
大学生の皆さん!就職氷河期で絶望してないですか?絶望はまだしも、新卒で就職できるのか不安に思う人は…
慶應生におすすめの長期インターンを厳選!慶應大学付近のインターンをご紹介
塾生に向けて、おすすめする長期インターンシップを厳選してご紹介! 初めての長期インターンシップでは…
インターンサービス運営者が語る「就活戦国時代×長期インターン」
「どうせ、うちの大学の学歴程度じゃ、あんな会社やあんな会社って書類で落とされるんだろうな、、」 そ…