エネルギー業界の企業は、大きく分けて電気・ガス・石油の3つのエネルギーを供給しています。

電気やガスなどのエネルギーは生活に欠かせないため、安定性が高い業界だとイメージしている人も多いでしょう。

しかし、「エネルギー業界はやめとけ」と言われることもあります。

では、なぜ「エネルギー業界はやめとけ」と言われるのか、詳しく確認していきましょう。

なおマイナビエージェントによると、電気・ガス・エネルギー業界全体の平均年収は416万円です。

おすすめ記事:おすすめの転職エージェントランキングTOP20!各年代におすすめのエージェントや優良サービスを選ぶコツを徹底解説

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
ビズリーチ|高収入の求人を探したいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 高収入求人が多い
  • プレミアムプランでより効率的に転職活動を進められる
  • 自分の市場価値がわかる
3位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
type転職エージェント
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
type転職エージェント

エネルギー業界はやめとけと言われる理由

エネルギー業界が「やめとけ」と言われる理由はいくつかあります。

主なものを以下にまとめました。

エネルギー業界はやめとけと言われる理由
  • 異業種の参入で競争が激しくなっている
  • 就職でライバルが多い
  • 入社が大変なのに平均年収は意外と高くない
  • プレッシャーを感じやすい
  • 夜勤や土日の出勤が必要な場合もある
  • 自然に優しい代替エネルギーに取って代わられる可能性がある
  • 石油は枯渇する可能性がある

異業種の参入で競争が激しくなっている

エネルギー業界が「やめとけ」と言われる理由の1つ目は、業界の競争が激しくなっているからです。

2016年に一般向け電力、2017年に家庭向け都市ガスの自由化が始まっています。

従来は住んでいる地域ごとにどのガス会社や電力会社と契約するか決まっていましたが、自由化によって、料金やサービスを比較しながら個人が自由に電気・ガス会社を選べるようになったのです。

電気・ガスの自由化を受けて、通信・鉄鋼・総合商社といった異なる業界の企業が、近年エネルギー業界に参入してきた結果、エネルギーの市場競争は激化しました。

価格競争や技術革新が常に求められる状況となっています。

企業は生き残るために、常に新しい戦略を模索しなければなりません。

就職でライバルが多い

エネルギー業界が「やめとけ」と言われる理由の2つ目は、ライバルが多く、努力しても就職できるとは限らないからです。

エネルギー業界は安定していると見なされることが多いため、就職活動では非常に人気があります。

安定を求める求職者同士の競争が非常に激しいです。

ライバルに勝つためには、高学歴・ハイクオリティなエントリーシート・入念な面接対策などが求められます。

入社が大変なのに平均年収は意外と高くない

ご説明してきた通り、エネルギー業界の会社に入るのは大変です。

しかし想定される年収は、他の産業に比べてそれほど高くない場合もあります。

マイナビエージェントによると、電気・ガス・エネルギー業界全体の平均年収は416万円です。

厳しい採用選考を通過したにも関わらず、努力に見合った報酬が得られないと感じる人も少なくありません。

プレッシャーを感じやすい

エネルギー業界の仕事は、国民生活や経済活動に直結しており、事故やトラブルが発生した場合の影響は大きいです。

日々の業務には、常に高い責任とプレッシャーが伴います。

精神的な重荷を感じやすい職場環境です。

夜勤や土日の出勤が必要な場合もある

エネルギー供給の維持は24時間体制で行われ、ポジションによっては、夜勤や土日の出勤が必要です。

このような不規則な勤務時間は、プライベートの時間や家族との時間を削減し、ワークライフバランスを崩す原因となります。

自然に優しい代替エネルギーに取って代わられる可能性がある

地球温暖化の進行と環境保護の意識の高まりにより、自然に優しい再生可能エネルギーへのシフトが世界的に進んでいます。

この動向は、従来の化石燃料に依存するエネルギー業界にとって大きな脅威です。

将来的には、現在使われているエネルギーの需要が減少する可能性があります。

石油は枯渇する可能性がある

石油資源は有限で、現在の消費ペースでは将来的に枯渇する可能性が指摘されています。

石油から代替エネルギー源への移行が進むにつれ、石油を主体とするエネルギー会社の重要性は、低下するかもしれません。

仕事の安定性や将来性に疑問が生じています。

エネルギー業界の職種

エネルギー業界は一部で「やめとけ」との意見がある一方で、魅力も持っています。

業界に興味がある場合は、「やめとけ」と言われる理由とエネルギー業界で働く魅力を総合的に考慮した上で判断することが重要です。

エネルギー業界の職種をいくつかご紹介します。

エネルギー業界の職種
  • 開発・研究
  • 営業
  • 保守・メンテナンス

開発・研究

エネルギー業界における開発・研究職は、新しいエネルギー技術の開発や既存技術の改良に携わります。

再生可能エネルギー源の利用拡大、エネルギー効率の向上、環境影響の低減などが含まれます。

彼らは通常、技術的な背景を持ち、持続可能なソリューションを創出するために科学的な研究や実験を行います。

営業

エネルギー業界の営業職は、企業や個人顧客に最適なサービスを提案し、契約を結んでもらえるよう働きかけるのが仕事です。

営業職はエネルギー業界の市場動向を把握しなければなりません。

また、顧客との長期的な関係を構築するための交渉スキルが求められます。

保守・メンテナンス

保守・メンテナンス職は、エネルギー設備の運用が滞りなく進むようにする重要な役割です。

定期的に設備の点検を行い、必要に応じて修理や調整を実施します。

また、突発的なトラブルが発生した場合には迅速に対応し、エネルギー供給の中断を最小限に抑える責任を持ちます。

エネルギー業界の大手企業

日本の主要なエネルギー企業をいくつか紹介します。

エネルギー業界の大手企業
  • 東京ガス
  • 関西電力
  • ENEOSホールディングス

東京ガス

東京ガスは日本最大手のガス会社です。

東京都港区に本社を置き、大手4大都市ガス事業者のうちの1社に数えられます。

ちなみに4大都市ガス事業者とは、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガスです。

関西電力

関西電力は、関西地方を主要なサービスエリアとして活動する大手電力会社です。

関電(かんでん)や、KEPCOとも呼ばれます。

電気の販売量で日本国内第2位です。

ENEOSホールディングス

ENEOSホールディングスは、石油製品の精製や販売をおこなう日本最大級の企業です。

三菱グループであり、日経平均株価の構成銘柄でもあります。

エネルギー業界におけるリーダー的存在として知られています。

エネルギー業界に向いている人の特徴

「エネルギー業界はやめとけ」に当てはまるかどうかは、個人の性格や能力によるところも大きいです。

エネルギー業界では、特定の素質が求められます。

この業界に向いている人の特徴を確認してみましょう。

エネルギー業界に向いている人の特徴
  • 問題解決能力が高い人
  • 誰かを支えたい人
  • 向上心がある人
  • コミュニケーション力が高い人
  • 適応能力と責任感がある人

問題解決能力が高い人

エネルギー業界では、予期せぬ問題が発生し、早急に対応が必要なことがあります。

問題解決能力を持ち、創造的な解決策を迅速に提供できる人は、エネルギー業界で価値が高いです。

誰かを支えたい人

エネルギー業界は、日々の生活や産業活動に不可欠なエネルギーを提供し、社会全体を支える役割を担っています。

この業界で働くことにやりがいを感じ、他人の生活を支えることに価値を見いだせる人は、充実したキャリアを送ることができます。

自分の仕事が直接的に多くの人々や社会に貢献していると感じることができるため、強い使命感を持って働くことが可能です。

向上心がある人

エネルギー業界は、常に進化し続ける分野です。

新しい技術や持続可能なエネルギーの開発が求められています。

自己成長を望み、新しい知識やスキルを習得することに意欲的な人には向いている業界です。

向上心が高い人は、技術革新に積極的に関わり、業界の未来の形成に寄与できるでしょう。

コミュニケーション力が高い人

エネルギー業界では、複数の人と効果的にコミュニケーションを取る能力が求められます。

エネルギーを製造し、消費者に届けるまでに、大勢の人が関わるからです。

また顧客やクライアントとの関係構築も重要なので、高いコミュニケーションスキルが必須となっています。

適応能力と責任感がある人

エネルギー業界では技術革新が行われています。

変化に柔軟に対応し、新しい環境や技術に迅速に適応できる能力が必要です。

また、エネルギー業界の仕事は重大な社会的責任を伴います。

重圧を受け入れ、責任を持って行動できる強さも必要です。

エネルギー業界でおすすめの転職サイト・転職エージェント

エネルギー業界への転職では、転職サイト・転職エージェントの活動がおすすめです。

エネルギー業界への転職におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

エネルギー業界でおすすめの転職サイト・転職エージェント
  • doda
  • ビズリーチ
  • type転職エージェント

doda

満足度★★★★★ 5
求人数 約260,000件
対応地域 全国47都道府県
料金 無料
公式サイト https://doda.jp/
運営会社 パーソルキャリア株式会社
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

dodaは、エネルギー業界を含む幅広い分野の求人を扱っている、日本最大級の転職サイトです。

キャリアアドバイザーが転職活動を無料で全面的にサポートしてくれるサービスもあります。

セミナーやキャリアイベントも定期的に開催しており、業界の最新動向や求人情報を入手可能です。

dodaへ無料登録

おすすめ記事:doda転職エージェントの評判はひどい?悪い口コミ・良い口コミを徹底分析

ビズリーチ

ビズリーチ

満足度★★★★★ 5
求人数 約10万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.bizreach.jp/
運営会社 株式会社ビズリーチ
プラン詳細を見る
特徴
即戦力採用に特化したハイクラス転職サイトの中でも、特に有名 管理職・専門職・次世代リーダー・グローバル人材などを求める企業からスカウトが届く 30%以上の求人が年収1,000万円以上(2021年1月時点)

ビズリーチは、ハイクラス求人に特化した転職サイトです。

エネルギー業界の専門職やマネジメント層向けの求人が多く扱われています。

登録者はスカウトシステムを通じて、直接企業からオファーを受けることが可能です。

高い年収を求める方や、リーダーポジションに転職したい方、自分の市場価値を知りたい方におすすめとなっています。

ビズリーチへ無料登録

おすすめ記事:ビズリーチは無料でも使える?できることや有料プランとの違いを徹底比較

type転職エージェント

type転職エージェント

満足度★★★★★ 5
求人数 約1万件
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
料金 無料
公式サイト https://type.career-agent.jp/
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
プラン詳細を見る
特徴
専属のキャリアアドバイザーが付くので、転職活動の始め方や求人の探し方など細かい部分のサポートが充実している。

type転職エージェントは、多様な業界に対応している転職エージェントです。

エネルギー業界の求人も豊富に取り揃えています。

特に技術系・営業の職種に強いです。

サポートの手厚さでも評価されています。

type転職エージェントへ無料登録

エネルギー業界はやめとけとは限らない

エネルギー業界は、時として「やめとけ」と言われます。

しかし「エネルギー業界はやめとけ」は、全ての人に当てはまるわけではありません。

多くの人が高い満足感を持って働いており、社会にとって非常に重要な役割を担える点も魅力です。

またエネルギー業界では、持続可能な世界を実現するために、再生可能エネルギーへの転換が進み、これらの分野では新たなキャリアチャンスが生まれています。

さらにエネルギー業界は世界中で事業が行われているため、国際的なキャリアを築きたい人にもおすすめです。

おすすめ記事:おすすめの転職エージェントランキングTOP20!各年代におすすめのエージェントや優良サービスを選ぶコツを徹底解説

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
ビズリーチ|高収入の求人を探したいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 高収入求人が多い
  • プレミアムプランでより効率的に転職活動を進められる
  • 自分の市場価値がわかる
3位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
type転職エージェント
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
type転職エージェント