転職を検討しているけれど、一人で考えてもなかなか答えが出ず誰かに相談したい。

でも誰に相談したらいいのか分からない、という方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、転職に悩んだ際の最適な相談相や、反対に相談相手として向いていない相談先などを紹介します。

また転職相談する前に確認しておくべきポイントについても解説していますので参考にしてみてください。。

初めて転職する場合、1人で悩んでいても簡単に結論が出るものではありません。

まずは、適切な相手に相談することで、本当に転職すべきか・どう行動すべきかを判断していきましょう。

おすすめ転職サイト3選!
doda
doda
国内最大級の紹介実績!
ビズリーチ
ビズリーチ
年収800~2,000万円の 求人が豊富!
ハタラクティブ
ハタラクティブ
未経験でも仕事が 見つかる!

20代におすすめ転職エージェント22選!未経験・年収アップ・女性向けなど目的別まとめ

転職相談は誰にすべき?おすすめの相談相手

転職相談をする相手として思い浮かべる相手はたくさんいるかと思いますが、その中でもおすすめの相談先を紹介します。

共通するのは「会社に無関係かつ転職に詳しい人」です。

現職において利害関係のない転職経験のある人、転職に詳しい人などは相談相手に最適です。

転職相談におすすめの相談相手
  • 会社のOBやOG
  • 転職エージェント等の転職相談サービス

会社のOBやOG

転職を考える際、会社のOB・OGに相談するのはおすすめ。

OB・OGは自分が経験した状況や理由と同じ条件で転職している可能性が高く、その経験から生まれる具体的なアドバイスや経験談を提供してくれると期待できます。

現職からの転職を検討している場合、同じ職場で働いた経験があるOB・OGからの視点はとても貴重です。

同じ経験をした先輩や同僚の意見を聞くことで自身の転職に対する視野が広がり、自分だけでは見えなかった角度からの視点を得ることができます。

ただし、OB・OG経験談はあくまで参考の一つであり、自分自身の状況や目指すキャリアに照らし合わせて考えることが重要です。

転職エージェント等の転職相談サービス

転職相談サービスのエージェントやキャリアコンサルタントは転職のプロ。

あなたの転職活動を全面的にサポートしてくれます。

彼らは自分のスキルや経験、市場状況を踏まえた上で、自分自身がどのようなキャリアを描けるか、どのような職種や業界が自分に適しているかなどの具体的なアドバイスを提供してくれます。

加えて、エージェントやコンサルタントは多くの企業とのパイプを持っているため、転職サイトに公開されていない求人情報の提供や、自身のスキルと経験に基づいた最適な求人の紹介などをしてくれます。

面接対策や履歴書・職務経歴書の作成指導も行ってくれるため、初めての転職で不安を感じている方にとっては特に有益です。

また、彼らはプロフェッショナルとしての守秘義務を持っているため、現職に転職活動していることがばれる心配はありません。

具体的な転職活動を開始する前に、キャリアの方向性を見定めるためにエージェントやコンサルタントに転職の意向や状況を相談してみるといいでしょう。

転職エージェントとは?サービス内容と利用するメリットを詳しく解説

無料の転職相談サービス

無料の転職相談サービスにはどんなものがあるのかを紹介します。

無料の転職相談サービス
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 地域若者サポートステーション
  • 厚労省「おしごとアドバイザー」
  • ジョブカフェ(東京しごとセンター)

転職エージェント

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーがあなたのキャリアを考慮した上で、最適な転職先を提案してくれるサービスです。

自己PRや履歴書・職務経歴書の作成、面接対策等もサポートしてくれます。

転職エージェントは多数存在し、それぞれが特化した業界や職種などがありますので、自分の求める条件にあったエージェントを選ぶことが重要です。

利用料は基本的に無料なので、積極的に活用してみましょう。

転職エージェントとの面談・カウンセリング準備から当日の服装・持ち物まで完全解説

ハローワーク

ハローワークは、厚生労働省が運営する公的な職業紹介所です。

ハローワークでは、豊富な求人情報の提供はもちろん、転職相談、面接対策、履歴書の書き方指導など、あらゆる転職活動に関するサポートが可能です。

また、失業保険の手続きなども行うことができ、幅広い労働相談に対応しています。

地域密着型なので、転職サイトには載っていないような地元の中小企業の求人があることも多いです。

全国にハローワークの窓口があり、誰でも利用できます。

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは、若者の就職活動をサポートするための施設です。

就職活動の基礎知識から、履歴書の作成、面接練習、自己分析など、具体的なスキルを習得するための支援を行っています。

また、就職活動だけでなく、一人ひとりのライフスタイルや悩みに対して多角的なサポートを提供しています。

利用は無料で、多くの地域でサービスが提供されています。

厚労省「おしごとアドバイザー」

厚労省の「おしごとアドバイザー」は、就職や転職、職業訓練などに関する様々な情報を提供しています。

Webサイト上で質問を送ると、専門家から無料でアドバイスを受けることができます。

転職や再就職を考えている人は利用を検討してみましょう。

ジョブカフェ

ジョブカフェは、就職や転職に役立つ情報提供、キャリア相談、職業紹介、就労スキルの向上を支援する施設です。

個別相談だけでなく、セミナーやワークショップなども頻繁に開催されています。

例として、東京都内では「東京しごとセンター」がこれに該当します。

またPCやインターネットが自由に使えるスペースも設けられており、就職・転職活動に必要な環境を提供しています。

転職相談を避けるべき相手は?

転職相談をするのにおすすめのの相談先については紹介しましたが、逆に転職相談をするには向いていない相手についても紹介しておきます。

共通するのは、会社の利害関係者や転職に関する詳しい知識を持っていない人です。

あなたが転職する・もしくはしないことによって利害が発生してしまう人の場合、アドバイスをもらってもあなたのためではなく自分の不利にならない為の内容に偏ってしまう可能性があるからです。

転職相談に向いていない相手
  • 上司
  • 同じ職場の先輩・同僚
  • 両親
  • 恋人・友人

上司

仕事に関する悩みはまず上司に相談というイメージがありますが、転職相談に関しては上司への相談はおすすめできません。

上司とは部下のキャリア成長をサポートする立場にあります。

部下の退職はチームの体制や業務に影響を与え、人材育成や管理に問題があったとのマイナス評価を受ける可能性があります。

つまり基本的に上司は部下に転職してほしくないというスタンスが一般的。

転職相談を上司に持ちかけると、相談には乗ってくれても「何とか引き留めよう」という方向に誘導されがち。

あなたが転職した方が良いかどうかではなく、どうしたら今の職場でうまくやっていけるかどうか、という様に論点がすり替わってしまいます。

また上司に転職意向が伝わった後で転職が実現しない場合、現職に居づらい状況が続くこともあるため注意が必要。

社内で「いつ辞めてしまうか分からない人」という認識を持たれてしまい、今の会社でキャリアアップや昇給の評価に影響する可能性もあります。

同じ職場の先輩・同僚

同じ職場の先輩や同僚は立場も近く、普段からコミュニケーションよくとっていれば信頼関係もあり相談しやすいです。

しかし、ただの悩み相談ならともかく、転職相談の相手としてはおすすめしません。

転職相談をするとその情報が上司や会社側に伝わる可能性があり、現職に残る選択をした際にいづらくなったり、社内評価に影響する可能性があります。

また、チームの一人が転職を考えているということは、同じチームの先輩や同僚としても損失となります。

チームの人数が減ることで、代わりの人員が補填されるまでの一人分の仕事を他のメンバーで負担しなくてはいけないからです。

また新しい人員が来ても、その人を教育する時間と労力が必要です。

その為同僚も上司と同様、あなたを引き留めたいという思いを持ちやすいので、中立的な立場からアドバイスをもらうことが難しいです。

両親

親は子どもの安定した生活を願うもの。

そのため今の仕事が収入的に安定しているなら、無理に転職せず留まることを望むかもしれません。

特に次の仕事が決まる前に今の会社を辞めたい、収入が下がってもいいから今とは違う職種に挑戦してみたい、というような相談は反対される可能性があります。

またあなたの収入は将来的に親の生活に影響してくることもあります。

あなたがどうしたいかではなく、親としてはどうしてほしいかという視点が入ってきやすいということですね。

恋人・友人

恋人や友人に転職の相談をするのも慎重になった方が良いでしょう。

彼らは信頼できる相手かもしれませんが、一般的には専門的な転職アドバイスをすることは出来ません。

特に転職経験のない相手に相談しても、その人は転職する場合のリスク、しない場合のリスクを把握しているわけではなく、根拠のある助言をもらうことは難しいでしょう。

また職場や職種が違えば抱える悩みも大きく違ってきます。

転職経験のある友人の話は一例として参考にはなりますが、あくまで自分とは違う環境や条件のもと転職した人の体験談であることは念頭に置いておきましょう。

自分の気持ちをとにかく吐き出したい!愚痴を聞いてほしい!ということなら問題ありませんが、参考にできる具体的なアドバイスが欲しい時には向いているとは言えません。

転職相談する前の確認事項

転職相談をする前に、相談する側はあらかじめ自分の意見や考えを整理しておく必要があります。

こちらの意見がまとまっていないと、相談相手もぼんやりとしたアドバイスしかできなくなってしまいます。

具体的で明確な助言が欲しいのであれば、下記の内容について自分の中で一度よく考えておきましょう。

転職相談する前に確認すべきこと
  • 抱えている悩みや不満を言語化しておく
  • 転職する際の希望や優先順位をはっきりさせる
  • 本当に転職したいのかよく考えてみる

抱えている悩みや不満を言語化しておく

転職相談に向かう前に、自身が現在抱えている問題や不満を具体的に言語化しておくことが重要です。

不満な待遇、キャリアの行き詰まり感、職場環境の問題、働き方やライフスタイルとの調和など、具体的な理由を詳細に洗い出しましょう。

そうすることで自分が何を求めているのか、どんな問題に対処したいのかが明確になりやすいです。

それを相談者に正確に伝えることで、最適なアドバイスを受けられる可能性が高まります。

転職する際の希望や優先順位をはっきりさせる

お伝えしたように、転職を成功させるためには自分が何を求めているのか、そしてその優先順位は何かを明確にしておくことが必要です。

給与の高さ、キャリアアップの機会、働きやすい環境、やりがいのある仕事など、求める条件は人それぞれ異なります。

まずはこれらの希望を明確にし、それらがどの順序で重要かをはっきりさせておくことで、転職相談の際に具体的な方向性を示すことができます。

本当に転職したいのかよく考えてみる

例えば一時的なストレスや過労が原因で転職を考えているのであれば、それらの問題を解消するためにまずは休息を取る、ストレスマネジメントを学ぶ、職場環境を改善するなどの対策も検討できます。

現職で得られる経験やスキル、人脈などを考慮した上で、転職が最善の選択なのかを再評価することも重要です。

これらを明確にすることで、自分自身のキャリアに対する見識が深まり、より具体的で有意義な転職相談が可能になります。

自分に合う転職エージェントの見極め方

転職相談をするのにおすすめの相談先として、転職エージェントを紹介しました。

ただ、どの業界の転職サポートが得意か、自分の希望の職種案件はあるかなど、各転職エージェントごとに強みや特色は異なります。

その中から自分に合うエージェントを見極めてサポートを依頼すれば、より的確なサポートとアドバイスをもらえる可能性が高まります。

そこでここからは、自分に合う転職エージェントの見極め方について解説していきます。

自分に合う転職エージェントの見極め方
  • 総合型エージェントと特化型エージェント
  • 担当エージェントとの相性も大事
  • 転職エージェントは複数登録する

総合型エージェントと特化型エージェント

転職エージェントには、大きく分けて「総合型エージェント」と「特化型エージェント」があります。

希望職種を絞り切れていなくて、活動の中で自分に合った職種を探しているのなら、業界や職種を問わずに幅広い求人案件を持っている「総合型エージェント」を利用して、一緒にキャリアプランについて考えてもらうのがおすすめです。

さまざまな業種業界の情報を収集でき、比較しながら自分の今ある状況や目的にあった転職先を探せます。

また、「総合型」は利用者が多いので、エージェントや担当者も必然的に経験豊富になります。

そのため、客観的観点から自分に合った適切なアドバイスが受けられ、それを転職活動に活かすことができるのです。

もし目指す業種が決まっているなら、専門的業界や職種に絞ったサービスを提供している「特化エージェント」をおすすめします。

その業界やジャンルに特化している事により、総合型よりもさらに詳しい情報や具体的な助言を受けることができ、一般の求人情報には載っていないような企業情報も教えてもらえる可能性があります。

例としては、IT・Web業界限定の転職エージェント、管理職・ハイクラス向けの転職エージェント、フリーターや第二新卒限定の転職エージェント等があります。

それぞれのメリットを活かして、「総合型」と「特化型」の両方に登録するのもいいでしょう。

担当エージェントとの相性も大事

転職エージェントを決めた後は、担当者との相性にも注目しましょう。

人間同士なので、相性の良し悪しが生じてくるのは仕方のないこと。

カウンセリングや面談などを通して担当者との相性を見極めましょう。

レスポンスは早いか、希望条件に合う求人を紹介してくれるか、自分の意見を言いにくくないか等を見極め、その上でどうしても相性が悪いと感じた時は、きちんと丁寧に自分の気持ちを伝えて担当者を変えてもらいましょう。

もし複数登録していない場合は、転職エージェント変更も検討してみてください。

同じ会社では、担当者を変えてもマニュアルの関係で同じ事の繰り返しになる場合があります。

エージェントはこれから二人三脚で転職活動をしていくパートナーです。

何より信頼関係が大切になってくるため、不満がある状態で転職活動してもなかなか効率よく進めることが出来ません。

その状態はお互いにとってもメリットがないため、エージェントに申し訳ないと思わず、不満があれば遠慮なく伝えましょう。

転職エージェントは複数登録する

転職エージェント登録は一社の転職エージェントに絞らず、複数の会社に登録するのがおすすめです。

複数掛け持ちする事でエージェントの選択肢が増えるため、自分に合った転職エージェントが見つかる可能性が高まります。

自分に合う転職エージェントが見つかるという事は、希望の転職先に転職できる確率も高くなると言うわけです。

また、企業の案件登録数も大事なポイントです。

案件が少ないと、自分に合った転職先が見つからず転職先を紹介してもらえません。

各転職エージェントごとに持っている求人は異なるため、複数登録することで紹介求人の選択肢は広がりやすいです。

選択肢は多い方が有利なので、案件数は目に見える比較対象として要チェックですね。

このように、転職エージェントは複数登録して、エージェントや求人の質を比較したうえで、自分に合うサービス厳選していくといいでしょう。

ホワイト企業の求人を紹介してくれる転職エージェント11選

転職相談におすすめの転職エージェント

転職相談におすすめの転職エージェントを厳選して紹介します。

エージェントの質の高さや保有求人数、サポートの充実度などに定評のあるサービスをピックアップしていますので参考にしてみてください。

転職相談におすすめの転職エージェント
  • doda
  • ハタラクティブ
  • ビズリーチ

doda

doda

doda転職ビジネスの老舗で、大手有名企業からベンチャー企業まで、幅広い企業に太いパイプを持っています。

一人ひとりの求職者にじっくり時間を取ってくれるため、自己分析などの込み入った相談に乗って欲しい人も、納得いくまで話を聞いてもらいやすいです。

親身で手厚いサポートにも定評があり、ユーザー数も多い総合型転職エージェントですね。

また、サイト上には公開されていない優良求人(非公開求人)が保有求人の約80%を占めており、エージェントからしか紹介してもらえない好条件の案件が多いのも特徴。

地方の求人も豊富で全国対応なので、転職相談希望者はまず登録候補にしたい転職エージェントと言えます。

doda転職エージェントの評判は?2chの口コミ評価をまとめてみた

dodaへ無料登録

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーター・ニート向けの特化型転職エージェント。

ハタラクティブには未経験OKの求人や、正社員登用を前提としている求人が多いのが特徴。

社会人経験が短くて不安、未経験職種に挑戦したい、安定した正社員の仕事に就きたいという若者世代におすすめです。

またハタラクティブはサポートも手厚いといった評判もあります。

カウンセリングや求人紹介だけではなく、書類添削や面接対策、入社後のフォローなど一貫して無料で受けられます。

「これまで全く就活をしたことがない」「なかなか書類選考に通らない」といった悩みを持つ方でも効率よく転職活動を進められるでしょう。

実際ハタラクティブを利用した求職者の80%以上が転職に成功しているというデータもあります。

ハタラクティブの評判は?2chの口コミ評価をまとめてみた

ハタラクティブへ無料登録

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス転職専門の特化型転職サービスです。

年収600万以上の求人を多数取り扱っており、1,000万以上の求人も少なくありません。

スキルや経験に自信があり、キャリアアップ・年収アップを狙いたいという方におすすめです。

自分のプロフィールや職務経歴書を入力しておけば、企業の人事やヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムが大きな特徴。

受け身で転職活動できるため、今の仕事が忙しい人でも在職中に転職活動を両立しやすいです。

またどんな企業からスカウトが来るのかを把握することで、自分自身の強みや市場価値も知れます。

また有料会員登録すれば無料登録時よりも多くのスカウトが届くため、まずは無料登録をして様子を見ながら有料登録するか検討してみましょう。

ビズリーチの評判は悪いの?リアルな口コミからわるメリット・デメリットや使い方を解説

ビズリーチへ無料登録

転職相談先に関するよくある質問

転職相談先に関するよくある質問と回答を紹介します。

転職相談先に関するよくある質問
  • 転職相談をするのにおすすめの相談先は?
  • 転職相談しない方が良い相手は?
  • キャリアアップ転職の相談はどこに相談すべき?
  • 転職エージェントへの相談は無料?

転職相談をするのにおすすめの相談先は?

転職相談をするなら、会社のOBやOG、もしくは転職エージェント等の転職相談サービスがおすすめです。

現職において利害関係のない転職経験のある人や転職に詳しい人なは相談相手に最適です。

特に転職相談サービスのエージェントやキャリアコンサルタントは転職のプロ。

あなたの転職活動を全面的にサポートしてくれます。

あなたののスキルや経験、市場状況を踏まえた上で、自分自身がどのようなキャリアを描けるか、どのような職種や業界が自分に適しているかなどの具体的なアドバイスを提供してくれるでしょう。

転職相談しない方が良い相手は?

基本的に、自分の退職後に影響を受ける可能性のある利害関係者には、転職相談をしない方が無難です。これは、上司、先輩、同僚、入社の際の紹介者など、現職の職場にいる人々を指します。

このような人々は自分の退職によって何らかの影響を受ける可能性があるため、客観的な意見を聞くことは難しいかもしれません。

あなたが転職する・もしくはしないことによって利害が発生してしまう人の場合、アドバイスをもらってもあなたのためではなく自分の不利にならない為の内容に偏ってしまう可能性があるからです。

キャリアアップ転職の相談はどこに相談すべき?

キャリアアップを目指す転職の相談は、特にキャリアコンサルタントや転職エージェントに依頼するのがおすすめです。

各業界の動向や求められるスキル、キャリアパスについての深い理解を持っており、多くの転職者をサポートしてきた経験から、あなたのキャリアゴールに対して適切なアドバイスを提供してくれるでしょう。

転職エージェントへの相談は無料?

多くの転職エージェントでは、転職相談は無料です。

転職エージェントは、求職者が新たな職場に就職した時に、採用企業から紹介料を受け取ることで収益を得ています。

そのため、求職者から直接費用を請求することはありません。

ただし、サービス内容によっては有料のものもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

転職相談はプロのアドバイザーを頼ろう

転職は大きな人生の決断の一つであり、適切なアドバイスとサポートがあればその成功確率は大きく上がります。

プロの転職アドバイザーは豊富な経験と知識を持ち、個々の求職者のニーズや希望に合わせた転職サポートを提供します。

自身のキャリアの方向性を見つけ、転職活動をスムーズに進めるための大きな助けとなるでしょう。

だからこそ転職を考える際は、ぜひプロのアドバイザーに相談することをおすすめします。

既卒・第二新卒のキャリア相談はどこでできる?おすすめの相談相手は?