近年は転職することが当たり前になっていて、より自分らしい働き方を求めて転職を検討する方は多いです。

特に女性はライフステージによって最適な働き方が変わることも多く、転職を検討するタイミングも多くなりやすいです。

しかし、年齢を重ねると転職ではどんどん不利になってしまうことから、今の年齢で転職活動をして本当に成功できるのかと不安に感じている方も多いでしょう。

さらに未経験の仕事への挑戦となれば、心配する気持ちも大きいと思います。

実際、厚生労働省の調査によれば、20代に比べて30代の入職率は大きく低下しています。

厚生労働省『令和2年雇用動向調査結果』 年齢階級別入職率・離職率(令和2年(2020)・女)

引用:厚生労働省令和2年雇用動向調査結果

そこでこの記事では、女性の転職先として人気の高い事務職にスポットを当て、30代スキルなしの女性でも転職できるのか、転職難易度と転職成功のポイントについて解説します。

おすすめ転職サイト17社徹底比較!求人数・機能から活用法まで解説【2024年最新】

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
(※1都3県のみ)
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
3位
DYM就職|未経験からの転職に強い
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 既卒・フリーターの就職に強い
  • エージェントが徹底サポート
  • 未経験からの就職に強い

30代女性・スキル無しの事務職転職は厳しい?

30代の女性がスキル無しで事務職への転職を考える場合、難易度はかなり高いと言えます。

特に、未経験での転職は年齢が上がるにつれて厳しくなり、実績が無い場合はさらに困難になります。

ここでは、30代女性が事務職へ転職を目指す際の現実的なポイントについて詳しく解説します。

30~35歳は未経験だと厳しい

30歳から35歳の女性が未経験で事務職に転職する場合、難易度は高めといえます。

未経験者採用をする企業も多いですが、その場合20代の若手を採用し、長期的な育成を視野に入れる傾向があります。

30代の人材に対しては、企業は即戦力を求める傾向が強くなります。

そのため、30代で未経験から事務職を目指すなら、事前の自己学習や資格取得などでスキルを補完する努力が必要です。

特に、パソコンの基本操作やビジネスマナーに関する知識を習得しておくことが重要です。

36歳~は実績が無いと転職自体厳しい

36歳以上になると、事務職への転職はさらに厳しくなります。

30代後半になると、企業はより即戦力として働ける実績を求める傾向にあります。

実績が無い場合他の候補者に比べて競争力が低くなり、事務職に限らず採用される可能性が低くなります。

そのため、36歳以上で事務職への転職を考えるなら、これまでの職歴で培ったスキルや経験をどのように事務職に活かせるかを明確にアピールする必要があります。

また、専門性のある資格やスキルを取得することで、採用担当者に対して自分の能力を証明することが重要です。

30代女性が事務職に転職したい理由

30代女性が事務職に転職を希望する理由は様々ですが、その中でも特に多いのはワークライフバランスの取りやすさや、未経験でも挑戦しやすい点です。

ここでは、具体的な理由を詳しく見ていきましょう。

30代女性が事務職に転職したい理由
  • ワークライフバランスを取りやすい
  • 未経験でも転職しやすい

女性が結婚を機に転職するなら結婚前がおすすめ!失敗しない企業選びも紹介

ワークライフバランスを取りやすい

事務職は一般的に勤務時間が規則的であり、残業も比較的少ないため、ワークライフバランスを取りやすい職種とされています。

特に30代になると家庭や子育てなど、仕事以外の時間も重要になります。

そのため、安定した勤務時間を確保できる事務職は、家庭と仕事を両立させたい女性にとって魅力的な職種です。

また、有給休暇や産休・育休などの制度が整っている企業も多く、長期的に安心して働ける環境が整っています。

このように、ワークライフバランスを重視する30代女性にとって、事務職は非常に適していると言えるでしょう。

未経験でも転職しやすい

事務職は、未経験でも転職しやすい職種の一つです。

多くの企業が、新しい人材を育成するための研修制度を設けており、基本的なパソコン操作やビジネスマナーなど、必要なスキルを一から学ぶことができます。

特に、30代女性はこれまでの社会経験を活かしつつ、新しい分野に挑戦しやすいです。

また、事務職は他の職種に比べて求人数も多く、未経験者を歓迎する求人も多いです。

このため、スキルや経験が不足している場合でも、意欲と努力次第で採用されるチャンスがあります。

30代女性・スキル無しの事務職転職の難易度

30代女性がスキル無しで事務職に転職を目指す場合、20代の人材やスキルのある求職者と採用枠を取り合うことを考えると、難易度は高めです。

しかし、適切な対策と準備を行うことで、成功の可能性を高めることはできます。

以下では、具体的な難易度とその理由について詳しく説明します。

求人が少ないので難易度高め

30代女性がスキル無しで事務職に転職する際の大きな障害の一つは、求人の少なさです。

さらに未経験者を歓迎する求人となると数は限られており、競争も激しい状況です。

多くの企業は30代には即戦力を求める傾向が強く、特に事務職では実務経験や専門知識が求められることが多いです。

そのため、スキル無しで応募できるポジションは非常に限られています。

そのため、自己学習や資格取得を通じて、基本的な事務スキルは事前に身につけておくことが重要です。

また、パートタイムや契約社員として経験を積みながら、正社員へのステップアップを目指す方法も有効です。

30代女性・スキル無しでも事務職に転職する方法

30代女性がスキル無しで事務職に転職する難易度は高いですが、適切な対策をとることで成功の可能性を高めることができます。

以下に、スキル無しの30代女性が事務職に転職するための具体的な方法について詳しく説明します。

30代女性・スキル無しでも事務職に転職する方法
  • 具体的なキャリアプランを提示する
  • 書類作成能力を身に付ける
  • これまでの経験を活かす事務職に転職先を絞る

具体的なキャリアプランを提示する

転職活動において、具体的なキャリアプランを提示することは非常に重要です。

面接官に対して、自分がどのような目標を持ち、どのようにしてその目標を達成する予定なのかを明確に説明できるようにしましょう。

例えば、将来的にどのようなスキルを習得し、どのような役割を担いたいのかを具体的に示すことが求められます。

これにより、企業側に自分の意欲や将来性をアピールすることができ、未経験でも前向きに評価される可能性が高まります。

具体的なキャリアプランを持つことで、採用担当者に対して強い印象を残すことができます。

書類作成能力を身に付ける

事務職において、書類作成能力は非常に重要なスキルです。

未経験でも、このスキルを持っていることで大きなアピールポイントとなります。

基本的なワードやエクセルの操作を習得し、見やすくてわかりやすい書類を作成できるように練習しましょう。

また、ビジネスメールの書き方や報告書の作成方法なども学んでおくと良いです。

これにより、実際の業務で即戦力として活躍できることをアピールできます。

さらに、過去の職務で書類作成の経験がある場合は、その経験を具体的に説明し自分の能力を強調しましょう。

これまでの経験を活かす事務職に転職先を絞る

これまでの職務経験を活かせる事務職に転職先を絞ることも、成功のカギとなります。

例えば、接客業や営業職で培ったコミュニケーション能力や顧客対応のスキルは、事務職でも大いに役立ちます。

これまでの経験を具体的に挙げ、その経験が事務職にどのように活かせるかを明確に説明しましょう。

また、自分の強みや得意な分野を活かせるポジションを探すことも重要です。

例えば、データ入力や受付業務など、得意とする特定のスキルを求められるポジションを選ぶことで、未経験でもスムーズに転職を進めることができます。

30代女性・スキル無しの人が転職する前に身に付けるべき資格

30代でスキル無しの状態で事務職に転職を目指す場合、資格を取得してスキルを補うことが非常に重要です。

特に、実務に直結する資格を取得することで、転職の際の強力なアピールポイントとなります。

ここでは、30代女性が事務職に転職する前に身に付けるべき3つの資格について説明します。

30代女性・スキル無しの人が転職する前に身に付けるべき資格
  • 日商簿記2級
  • 秘書検定2級
  • ITパスポート

日商簿記2級

日商簿記2級は、商業簿記や会計・経理業務に役立つスキルを習得できる資格です。

経理事務に就業する場合、会計や経理処理の知識を使用しない日はないため、この資格を取得しておくと業務をスムーズに行うことができます。

日商簿記2級を持つことで、経理や財務部門での即戦力として評価される可能性が高まります。

また、日商簿記は知名度の高い資格であり、さまざまな会社で講座が開催されています。

自分に合った講座を選択するために、パンフレットやホームページを確認して情報を集めましょう。

秘書検定2級

秘書検定2級は、社会人としてのマナーやビジネススキルを学ぶための資格です。

ビジネスにおける基本的な振る舞いや言葉遣いを身につけることができ、事務職に就いた際に非常に役立ちます。

また、秘書検定は筆記試験だけでなく面接試験もあり、実践的なスキルを習得することができます。

1級はさらに高度なマナーや先を見越した行動が求められるため、キャリアアップにも役立ちます。

ITパスポート

ITパスポートは、ITに関する基礎知識を幅広く習得できる国家資格です。

情報セキュリティや企業のコンプライアンスについても学ぶことができ、事務職として働くうえで非常に役立ちます。

特に、今後ますますITが社会に浸透していく中で、ITパスポートの資格を持っていることで転職やキャリアアップにおいて有利になる可能性が高くなります。

またITパスポートは企業活動や経営戦略、会計なども学べるため、幅広い知識を持つことで事務職の幅が広がります。

30代女性におすすめの転職サイト

30代女性が転職を考える際には、自分に合った転職サイトを利用することが重要です。

それぞれのサイトには特徴があり、うまく活用することで効率的に転職活動を進めることができます。

ここでは、30代女性に特におすすめの転職サイトを紹介します。

30代女性におすすめの転職サイト
  • doda
  • type女性の転職Agent
  • リクルートエージェント

doda

転職ならdoda

満足度★★★★★ 5
求人数 約260,000件
対応地域 全国47都道府県
料金 無料
公式サイト https://doda.jp/
運営会社 パーソルキャリア株式会社
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

dodaはで職種や業界を問わず幅広い求人が揃っているため、さまざまな選択肢から自分に合った仕事を見つけることができます。

総求人数は業界トップクラスなので、事務職求人の数も豊富です。

キャリアアドバイザーによるサポートが充実しており、転職活動全般についてのアドバイスを受けることができるので、転職初心者にもおすすめです。

さらに、企業の口コミや面接対策情報も豊富に提供されているため、自信をもって選考に臨むことができます。

dodaの評判・口コミを徹底調査!特徴やサービス内容までくわしく紹介

dodaへ無料登録

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20~30代向けの求人を豊富に取り扱う大手転職エージェントです。

利用者満足度も高く、オリコン顧客満足度調査では2年連続NO.1を獲得しています。

公開求人数約71,900件、そのうち非公開求人数は約13,060件で、大手企業だけでなく中小企業の求人も豊富です。

エージェントのサポートも充実しており、履歴書の添削や面接対策も依頼できます。

全国の求人を取り扱っているため、地方での転職を希望する人はぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事:マイナビエージェントの評判はひどい?口コミからわかる特徴やメリット・デメリットを解説

マイナビエージェントへ無料登録

type女性の転職Agent

type女性の転職Agent

type女性の転職Agentは、女性のキャリアに特化した転職エージェントです。

特に、女性が働きやすい環境を提供している企業の求人が多く、ワークライフバランスを重視した転職活動が可能です。

また、女性のキャリアに詳しいアドバイザーがサポートしてくれるため、女性ならではの悩みや希望に寄り添ったアドバイスを受けることができます。

さらに、イベントやセミナーも定期的に開催されており、転職活動に役立つ情報を得ることができます。

リクルートエージェント

転職ならリクルートエージェント

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントです。

特に非公開求人が多く、他では見つからない好条件の求人情報に出会える可能性が高いです。

また、キャリアアドバイザーが自分の強みや希望に沿った、一人ひとりに合わせた転職支援を行ってくれるのも強みです。

面接対策や書類添削など具体的なサポートも充実しているため、転職成功の可能性を高めることができます。

リクルートエージェントを利用することで、効率的かつ効果的な転職活動が実現します。

リクルートエージェントの評判は悪い?口コミからメリット・デメリットを徹底調査

30代女性でスキル無しの人は転職前に資格を取って転職を有利に進めよう

30代女性がスキル無しで事務職に転職を目指す場合、資格を取得することで転職活動を有利に進めることができます。

特に、日商簿記2級、秘書検定2級、ITパスポートなどの資格は、実務に直結し、高い評価を受ける可能性が高いです。

このように事務職に関連した資格を取得することで、自身のスキルを補完し、転職市場での競争力を高めることができます。

資格取得は時間と労力が必要ですが、30代女性がスキル無しであっても、事務職への転職を有利に進めることができます。

資格取得を目指し、自身のスキルを磨いて転職活動に臨みましょう。

女性におすすめ転職エージェント年代別ランキング【20代・30代・40代】