結婚しても働きたいと考える女性が多くなっていますが、結婚後は家庭との両立や子育てなどを考えると、今の会社では両立は難しく、転職を考える人も多いです。

ここでは、女性が結婚を機に転職するなら結婚前が良い理由についてまとめました。転職のタイミング別メリット・デメリット結婚予定の女性が企業選びに失敗しないためのポイント転職先の選び方について紹介しています。

おすすめの転職サイトやエージェントも紹介しているので参考にしてください。
20代おすすめ転職エージェント22選!未経験・年収アップ・女性向けなど目的別まとめ【2024年最新】

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
(※1都3県のみ)
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
3位
DYM就職|未経験からの転職に強い
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 既卒・フリーターの就職に強い
  • エージェントが徹底サポート
  • 未経験からの就職に強い

目次
  1. 女性の結婚前後で転職にベストなタイミング
  2. 女性が結婚を意識して転職を考える年齢
  3. 女性が結婚前に転職するメリット
  4. 女性が結婚前に転職するデメリット
  5. 女性が結婚後に転職するメリット
  6. 女性が結婚後に転職するデメリット
  7. 女性が結婚後転職を成功させるポイント
  8. 女性の結婚前転職で企業選びのコツ
  9. 女性の結婚後転職で企業選びのコツ
  10. 結婚前後の転職でチェックしたい点
  11. 女性が結婚前後の転職で守るべきポイント
  12. 結婚を控えた女性におすすめの転職サイト5選
  13. 結婚が理由の転職の志望動機の書き方は?
  14. まとめ

女性の結婚前後で転職にベストなタイミング

転職にベストなタイミング
  • 結婚前

結婚を控えた女性にとって、転職のタイミングは非常に重要です。

特に結婚前はキャリア形成において大きな転機となり得ます。

結婚を機に転職を考える女性は多いですが、最適な時期を見極めることがキャリアアップや仕事と家庭のバランスを成功させる鍵となります。

結婚前

結婚前の転職はキャリア構築の観点から見ると大変有利です。

20代後半、特に28~29歳までの転職は未経験分野への挑戦や異業種への移行が比較的容易になります。

20代後半は経験と若さのバランスが取れており、企業側も積極的に採用を考える年齢層です。

結婚を控えている場合、転職活動は早めに開始することが望ましいです。

結婚後の転職活動は企業側が産休や育休の取得を懸念するため、選考段階で不利になる可能性があり、既婚者の転職は企業によっては「家庭との両立」を理由に敬遠されることもあります。

結婚が決まっている場合、転職活動を行い内定を得た後に結婚予定があることを伝えることが良いでしょう。

しかし、選考過程で直接「結婚が決まっています」と伝えるのは避けるべきです。

内定後に「今後一年以内に結婚を考えている」といった程度の情報を提供することで、企業に好印象を与えることができます。

伝え方の工夫で就業後も職場との良好な関係を築くことが可能となり、キャリアアップに繋がります。

女性が結婚を意識して転職を考える年齢

女性が結婚を考え始めると、キャリアパスにおいて転職を検討することが一般的です。

アンケートデータによると、27歳の女性の約2割が結婚を転職の一因として挙げており、29歳と26歳の女性も転職を考える際に結婚を理由にすることが多いことが分かっています。

アンケート結果は厚生労働省の発表した「人口動態」の統計で見られる、女性の平均婚姻年齢が29歳であることと一致しています。

25~29歳の女性は友人の結婚式に招待される機会も増え、結婚を意識しやすい時期と言えるでしょう。

一方で、30歳を過ぎると結婚が転職の主な理由となるケースは減少します。

30歳を超えると女性は出産・介護・家族の転勤など、複数の要因が絡み合って転職を検討することが多くなります。

女性が結婚を意識する年齢はキャリアの選択においても重要な影響を与えることが明らかです。

25歳から29歳の期間は女性にとって転職を考える上でのボリュームゾーンと言えるでしょう。

女性が結婚前に転職するメリット

結婚前に転職するメリット
  • 結婚後の生活スタイルにあわせて働き方・労働時間・雇用形態を調整しやすい
  • 選べる業界・職種の幅が広くなる
  • 出産までの期間に新しい職場で信頼関係を築ける

結婚を控えた女性が転職を考える際、複数のメリットが存在します。

以下に紹介する点が、結婚前に転職する主なメリットとなります。

結婚後の生活スタイルにあわせて働き方・労働時間・雇用形態を調整しやすい

結婚を前提に転職を考える場合、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選択しやすくなります。

結婚後は家庭とのバランスを考えてフルタイムからパートタイムへのシフト、または在宅勤務が可能な職場を選ぶことができます。

働き方の調整は結婚生活において家庭と仕事の両立をスムーズにするために非常に重要です。

選べる業界・職種の幅が広くなる

結婚前の転職は年齢的にもメリットがあります。

若いうちに転職することで選択できる業界や職種の幅が広がります。

特に、異業種への挑戦やキャリアアップを目指す場合、年齢が若ければ若いほど企業からの選考のチャンスも増えます。

また、未経験からのスタートに対してもポジティブな評価を得やすくなるため、キャリアの選択肢が広がるのです。

出産までの期間に新しい職場で信頼関係を築ける

結婚前に転職することで出産を見据えた場合にも大きな利点があります。

新しい職場での勤務開始から出産までの期間が長ければ長いほど、同僚や上司との信頼関係を構築しやすくなります。

職場での信頼関係は出産後の職場復帰をスムーズにし、キャリアの継続を支援する上で非常に重要です。

信頼関係が確立されていれば産休や育休の取得もしやすくなり、仕事と家庭生活のバランスを取りやすくなるのです。

女性が結婚前に転職するデメリット

結婚前に転職するデメリット
  • 家庭を最優先とした転職ではキャリアがストップする可能性
  • 転職後すぐは休暇を取りづらい
  • 結婚後しばらくは仕事と家庭の両方で慣れない生活

女性が結婚を控えて転職を考える際には、いくつかのデメリットも存在します。

以下に紹介する点を踏まえて、結婚前に転職活動をするか参考にしてください。

家庭を最優先とした転職ではキャリアがストップする可能性

家庭生活を最優先に考えた転職をする場合、キャリアストップやダウンが起こる可能性があります。

家庭とのバランスを取るために勤務時間を短縮したり、キャリアアップの機会が少ない職種や業界を選んだりすることで、これまで積み上げてきたキャリアが活かされにくくなることがあります。

育児や家事との両立を考えると、自己研鑽やスキルアップの時間を確保するのが難しくなることも考えられます。

転職後すぐは休暇を取りづらい

新しい職場では最初の数ヶ月間は職場環境に慣れることが求められます。

転職直後に長期の休暇を取得することは難しく、結婚後すぐに妊娠・出産を希望する場合、計画を見直す必要が出てくることがあります。

また、新しい職場での信頼を築くまでは産休や育休の取得についても配慮が必要となります。

結婚後しばらくは仕事と家庭の両方で慣れない生活

結婚前に転職を行いすぐに結婚すると、新しい職場と新しい家庭生活の両方に同時に適応する必要があります。

仕事面だけでなく家庭内の役割や責任にも慣れる必要があるため、精神的なストレスや生活のリズムを整えるのに時間がかかることが予想されます。

結婚に伴う生活習慣の変化と職場の新しい要求に同時に対応するのは容易ではありません。

女性が結婚後に転職するメリット

結婚後に転職するメリット
  • 現実的な転職先を探せる
  • 落ち着いて転職活動ができる

結婚後の転職は女性にとって特有のメリットがあります。

以下に紹介する点が、女性が結婚後に転職する主なメリットとなります。

現実的な転職先を探せる

結婚生活を経験した後の転職では、家庭とのバランスを考慮した働き方を選択しやすくなります。

結婚によって生活スタイルが変わり、それに伴い職場環境の要求も変化します。

結婚生活の経験から実際の家庭環境やライフスタイルに合った職種や職場を選ぶことができ、家庭と仕事の両立がしやすい環境を見つけることが可能になります。

結婚によって得られる生活見通しは転職先を選ぶ際に大きな助けとなるでしょう。

落ち着いて転職活動ができる

妊娠・出産や退職を経験してからの転職活動は精神的に安定して取り組むことができます。

特に出産後には新しい生活リズムや責任感が定着し、自分のキャリアについてじっくりと考える時間が持てるようになります。

妊娠・出産期間を経て、自分のスキルやキャリアプランを再評価し、より適した職場を見つけることができるのです。

結婚生活における安定感は転職活動においても自信と落ち着きをもたらし、成功率を高める要因となるでしょう。

女性が結婚後に転職するデメリット

結婚後に転職するデメリット
  • 妊娠・出産をして子育て中の場合、転職活動の時間が取りにくい
  • 育児中や妊娠・出産を控えている場合は、正社員採用が難しい

結婚後の転職は女性にとって、特定のデメリットも伴います。

以下に紹介する点は転職活動の難易度を高め、キャリア構築における障壁となり得ます。

妊娠・出産をして子育て中の場合、転職活動の時間が取りにくい

妊娠や出産後の子育て期間は女性の時間とエネルギーを大きく要するため、転職活動のための時間を確保することが難しくなります。

面接の準備・職務経歴書の作成・求人情報の検索など、転職活動には多くの時間と集中力が必要です。

子育て中の女性は転職活動を行うための十分な時間を見つけることが困難であり、結果として転職が制限される可能性があります。

さらに、育児に関連する突発的な事態や子どもの健康問題などが転職活動の計画を妨げる要因にもなり得ます。

育児中や妊娠・出産を控えている場合は、正社員採用が難しい

育児中や妊娠・出産を控えている女性は正社員としての採用が難しくなる傾向があります。

多くの企業は長期的なコミットメントや安定した勤務態度を求めるため、育児中や妊娠・出産を控えている女性は条件を満たすのが難しいと判断されることがあります。

特に、育児休暇の取得や短縮勤務などの要望は、採用段階においてネガティブな影響を与えることもあるのです。

育児中や妊娠・出産を控えている女性はフレキシブルな勤務条件やパートタイム雇用の機会を探すことが一般的になりますが、正社員としてのキャリア構築を難しくすることになります。

女性が結婚後転職を成功させるポイント

転職を成功させるポイント
  • 自分の優先順位を考える
  • 長く働く意思や仕事へのやる気を伝える

結婚後の女性が転職を成功させるためには自分のキャリアと家庭生活のバランスを考慮した上で、明確な転職計画を立てることが重要です。

自分自身の優先順位をしっかりと定め、面接時には長期的な勤務意欲やポジティブな姿勢を伝えることが成功の鍵となります。

自分の優先順位を考える

転職活動を始める前に自分にとって何が最も重要かを考えることが大切です。

金銭面の安定が求められる場合は、収入やキャリアアップの機会を重視した職場選びが必要です。

一方、家庭との時間を大切にする場合は、勤務時間や勤務地の条件を優先させることが重要になります。

将来的に子どもを持つ予定がある場合は、育児休暇や短時間勤務などの制度が整った職場を選ぶことが望ましいでしょう。

自分のライフスタイルに合った働き方を選択することで仕事と家庭の両立を実現できます。

長く働く意思や仕事へのやる気を伝える

面接時には長期的に会社に貢献できることをアピールすることが重要です。

家族のサポートが得られることや、産休・育休後も職場復帰する意欲があることを伝えることで、採用担当者に対し安心感を与えることができます。

また、転職先でのキャリアプランやどのようにして会社に貢献できるかを具体的に説明することで、自分の強みややる気を伝えることが可能です。

自分のキャリアビジョンと会社のニーズを合致させることで、転職の成功率を高めることができます。

女性の結婚前転職で企業選びのコツ

結婚前転職で企業選びのコツ
  • 業界・職種にこだわりすぎない
  • 成長性の高さ

結婚前の女性が転職を考える際、企業選びはキャリア形成において重要なステップです。

以下に紹介する点に重点を置いて転職活動時は企業選びをすることをおすすめします。

業界・職種にこだわりすぎない

結婚前の転職では特定の業界や職種に固執する必要はありません。

幅広い業界から選ぶことで、多様な経験を積むことができます。

中小企業やスタートアップでは責任のある仕事を任される機会が多く、スキルアップにつながります。

また、成長産業での経験は将来のキャリアに大きなメリットをもたらします。

営業職やアパレル販売のように明確な目標が設定された職種では、成果を出すための基本的なスキルを身につけることができ、キャリアアップに直結します。

成長性の高さ

女性にとって結婚前にどれだけスキルを伸ばせるかが重要です。

若いうちに積極的に経験を積み、ビジネススキルを高めることは長期的なキャリア形成において非常に有効です。

重要なのはコミュニケーション能力や課題解決能力のような普遍的なスキルを身につけることです。

普遍的スキルは結婚・出産後に「働かない」という選択をしたとしても、日常生活や将来の職場復帰において役立ちます。

結婚前の短い期間を利用して現在の職場で直面する課題を解決するためにさまざまな工夫を行うことが、キャリアアップへの近道になります。

女性の結婚後転職で企業選びのコツ

結婚後転職で企業選びのコツ
  • 結婚後も働きやすい環境が整っているか
  • 女性活躍が期待される企業
  • 今までのスキルを活かせる仕事
  • 社内の実情を確認

結婚後の転職は特に女性にとって慎重な企業選びが求められます。

以下に紹介する点を踏まえた企業選びが、結婚後の女性の転職成功につながります。

結婚後も働きやすい環境が整っているか

結婚後の女性が転職を検討する際、職場環境の適応性は非常に重要です。

既婚女性や子育て中の女性が活躍している企業を選ぶことは育児と仕事の両立をサポートする職場文化があることの証しです。

育児支援制度の実績を確認することも大切です。

産休や育休があるだけでなく、実際にそれらが活用されているかも重要な判断基準となります。

残業や休日出勤の有無を確認することで、仕事と家庭生活のバランスを見極めることができます。

複数の角度から働きやすい環境が整っているかどうかを慎重に確認することが結婚後の転職成功には不可欠です。

女性活躍が期待される企業

女性がキャリアアップを図るためには、女性の活躍が期待される企業を選ぶことが重要です。

企業のホームページや公開情報を通じて女性の管理職比率や女性に対する支援制度、女性社員の活躍事例などを調査することをおすすめします。

公開情報は企業が女性のキャリア発展をどの程度サポートしているかの目安となり、結婚や出産後も継続的に働くことが可能かどうかを判断する際に役立ちます。

女性の活躍が期待される企業は職場での女性の立場が強く、出産や子育てといったライフイベントを経ても働き続けられる環境が整っている可能性が高いため、長期的なキャリア形成にも適しています。

今までのスキルを活かせる仕事

結婚後の転職において、これまで培ったスキルや経験を活かせる職場を選ぶことは非常に重要です。

スキルや経験を活かした職種例
  • 営業・販売経験→対人折衝力を生かせる職種
  • デスクワーク→スキルが直接活かせる職種

自分の得意分野やキャリアに合った職場選びは仕事の効率や満足度を高めるだけでなく、転職後のキャリアアップにもつながります。

また、結婚によって生活環境や時間の制約が変わる可能性があるため、自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことも重要です。

これまでのスキルを最大限に生かせる職場を見つけることで、仕事と家庭の両立がしやすくなります。

社内の実情を確認

結婚後に転職する際は、特に企業の社内実情を確認することが重要です。

確認したい社内の実状
  • 産休・育休制度が実際に活用されているか
  • 長期勤務が可能な環境か

社内見学や社員との面談を通じて、実際に働いている人の声を聞くことは企業の文化や実際の労働環境を理解するのに役立ちます。

特に、同年代で産休や育休を経験した社員の意見は貴重です。

企業規模に関わらず実際に女性が長く働いているか、育児と仕事の両立が可能かどうかを把握することで、自分に合った職場を見つけることができます。

また、面接や社内見学の際に積極的に質問し、自分が働くイメージを持つことが転職成功の鍵となります。

結婚前後の転職でチェックしたい点

転職でチェックしたい点
  • 残業・出張・転勤の頻度と可能性
  • 時短勤務へ切り替えに対応可能か
  • 結婚・子育て世代女性社員の比率
  • 産休・育休制度と取得から復帰した実績

結婚を機に転職を考える女性が注意すべき点は複数あります。

以下に紹介する要素を総合的に考慮し、長期的に働ける職場を選ぶことが結婚前後の転職成功の鍵となります。

残業・出張・転勤の頻度と可能性

結婚を機に転職を考える場合、仕事の残業・出張・転勤の頻度は重要なチェックポイントです。

独身時代と異なり、結婚後は家庭との時間を大切にする必要があります。

仕事での残業や出張が多いと家族との貴重な時間が減少し、家庭内のコミュニケーションが希薄になる可能性があります。

また、転勤の可能性がある職種の場合、家庭生活に大きな影響を及ぼすことがあるため、転職先選びでは特に慎重に確認することが肝心です。

面接時には具体的な労働時間・出張・転勤の頻度について積極的に質問し、自分の家庭生活とのバランスを考慮した上で職場を選ぶことが重要です。

時短勤務へ切り替えに対応可能か

結婚後の転職では家族の事情による時短勤務への対応ができるかどうかも重要な判断基準になります。

子供の急な病気や学校行事など、家族を支えるためには柔軟な勤務体制が必要です。

時短勤務への切り替えが可能な企業は仕事と家庭の両立をサポートする姿勢があり、長期的に安心して働ける環境を提供しています。

女性の場合、家庭の事情で突発的に仕事を調整する必要が出てくることが多いため、事前に確認しておくことが転職後の働きやすさに大きく影響します。

面接の際には時短勤務への対応状況や制度について具体的に尋ねることで、将来のキャリアと家庭生活の両立を考えた職場選びが可能になります。

結婚・子育て世代女性社員の比率

結婚や子育てを経験している可能性が高い20代から40代の女性社員の比率は、企業の女性に対する姿勢を理解するのに役立ちます。

20代から40代の女性が多い職場は、女性が家庭を持ちながらもキャリアを続けやすい環境が整っている可能性が高いです。

女性の平均勤続年数が長い企業は、女性が長期的に働きやすい職場の条件を提供していると考えられます。

転職活動中には統計データを参考にしつつ、実際に企業で働いている女性の声を聞くことも大切です。

情報収集を通じて、自分の結婚や子育てといったライフステージを考慮した企業選びを行うことが望ましいでしょう。

産休・育休制度と取得から復帰した実績

産前産後休暇や育児休暇の制度があることは、女性にとって転職先を選ぶ際の重要な判断基準です。

ただし、制度があるだけでなく実際に制度が活用されているか、産休・育休からの復職実績があるかも重要です。

企業が産休・育休の取得を積極的に支援しているかどうかは、女性が長期的に働き続けることができるかどうかのバロメーターとなります。

復職後の働き方やキャリアアップの機会についても確認し、自分の将来像に合った職場かどうかを見極めることが大切です。

結婚前後に転職を検討する女性にとって産休・育休制度の実績は、安心して働き続けるための重要なポイントとなります。

待遇面への疑問、聞き方の具体例

待遇面に関する質問は面接時に非常に重要ですが、聞きにくいものです。

効果的な質問の仕方は自分のキャリアプランや将来のビジョンを前提とした上で、具体的な疑問を投げかけることにあります。

残業・出張・転勤の頻度と可能性

仕事への情熱は大きいのですが、家族との時間も同様に重視しています。
もし貴社にて働くことになった場合、業務時間内に集中して効果的に仕事を行い、仕事後は家族と過ごす時間を確保したいと考えております。
この点について、私が応募している職種における通常の残業時間や出張・転勤の頻度に関して、貴社の方針をお聞かせいただけますか?
長期間にわたって貴社で活躍するためにも、事前にこうした情報を理解しておきたいと思っております。

時短勤務へ切り替えに対応可能か

現在結婚しており将来的には子育てを考えていますが、キャリア形成にも意欲を持っています。
長期的に貴社での仕事に取り組みたいと考えていますが、子育てとの両立についても前向きに検討しています。
その点で、もし数年後に産休・育休を利用し復帰する際に、子供の成長に合わせて一定期間時短勤務をしてもよいかということを確認したいと思います。
柔軟な働き方が可能かどうか、貴社の方針を教えていただけますか?

結婚・子育て世代女性社員の比率

貴社、特に私が応募している部署や職種における女性社員の割合を教えていただけますか?
キャリアを築きつつ、いずれはワーキングマザーとしても貴社で活躍したいと考えています。
そのため、現在、どの程度の女性が職場でリーダーシップを発揮しているのか、またそのような女性の存在がどのように影響しているのかを知りたいです。
女性社員の活躍例や比率を知ることで、私のキャリアプランについて具体的なイメージを持つことができます。

産休・育休制度と取得から復帰した実績

近い将来、結婚を控えておりますが、今後数年間はビジネススキルの向上に注力したいと考えています。
しかし、将来的には家族を持つことも願っており、子供ができたとしても貴社で長期にわたり貢献し続けることを希望しています。
この観点から貴社での産休・育休の取得実績や、関連する具体的な事例について詳しく伺いたいです。
貴社のサポート体制を理解することで、長期的なキャリアプランを描く際の参考にしたいと思っています。

女性が結婚前後の転職で守るべきポイント

結婚前後の転職で守るべきポイント
  • キャリアプランは逆算方式
  • 求人・企業の実態をリサーチ
  • 求める条件は上位3つ
  • 企業が望む人材像との合致点
  • 長く働きたいという意思を示す

結婚を機に転職を考える女性には、成功への道を切り開くための重要なポイントがいくつかあります。

重要なポイントをバランスよく選択ことで、結婚前後の転職を成功に導くことが可能です。

キャリアや家庭との両立を考えた上での職場選びは、長期的な働き方に大きく影響します。

キャリアプランは逆算方式

結婚を機に転職を考える際、キャリアプランを逆算して立てることが大切です。

10年後、30代から50代になった時にどのようなビジネスパーソンや女性としてありたいかを具体的にイメージしましょう。

成功した自分の姿を想定し、今後10年で身につけるべきスキルや経験を考えます。

逆算式の方法は職種や業界選びに留まらず、雇用形態を決定する際にも有効です。

目指す姿に必要な条件や経験を明確にすることで転職活動の方向性が鮮明になり、より効果的なキャリアアップにつながります。

求人・企業の実態をリサーチ

企業が公開している求人情報だけに頼らず、実態を徹底的に調査することも重要です。

求人情報に記載されている休暇取得実績などが実際に存在するかどうかは、転職後の働きやすさに直結します。

企業の社風や実際の職場環境については、現在勤務している社員や転職エージェントからの情報収集、企業口コミサイトの活用が有効です。

複数の情報源を活用することで企業の真の姿を理解し、自分の希望に合った転職先を見つけることができます。

求める条件は上位3つ

転職活動において、理想と現実のバランスを取ることが重要です。

全ての希望条件を満たす企業を見つけるのは困難なため、最も重要な「絶対に譲れない3つの条件」を設定しましょう。

求める条件の具体例

職種・給与・勤務地・ワークライフバランス・キャリアアップの機会など

 

譲れない3つの条件に焦点を合わせることで、効率的かつ現実的な転職活動が可能となります。

自分にとって最も価値のある要素を明確にすることで適切な企業選びに繋がり、後悔のない転職につながります。

企業が望む人材像との合致点

転職先の企業が求める人材像と自己のスキルや経験が合致するかどうかは、採用される可能性を高めます。

求人情報・企業のホームページ・面接時の質問から求められる人物像を理解し、自分の強みやこれまでの経験がどのように企業に貢献できるかをアピールすることが重要です。

自分が持つスキルや経験が企業の求める条件とマッチしていることを示すことで、採用の確率を高めることができます。

長く働きたいという意思を示す

特に結婚を控えた女性が転職する際には、長期的に働く意欲を示すことが大切です。

面接時には家庭と仕事の両立に関する計画を具体的に説明し、家族のサポート体制や保育園の利用計画などを示すことで、企業の懸念を払拭することができます。

自分自身のキャリアプランと家庭生活のバランスを考慮した上で、長期的に働く意思を伝えることが採用担当者に対する信頼を築く上で効果的です。

結婚を控えた女性におすすめの転職サイト5選

ここでは、結婚を控えた女性におすすめの転職サイト5選について紹介します。

サービス名 doda ハタラクティブ
リクルートエージェント ビズリーチ マイナビエージェント女性の転職
運営会社 株式会社リクルート 株式会社ビズリーチ 株式会社マイナビ パーソルキャリア株式会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数 約20万件 約10万件 約4.9万件 約20万件 約2,300件
対応地域 全国 全国 全国 全国 全国

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大で、転職支援実績ナンバーワンの転職エージェントです。取引している企業の数も非常に多く、取り扱っている求人の約9割が一般には公開されていない非公開求人です。書類対策や面接対策のメニューが充実しているので、採用担当者から必ず聞かれる志望動機や退職理由を添削してもらえます。

リクルートエージェントでは、登録後に時間をかけて面談をおこない、希望の条件にあった企業の求人を紹介してくれるので実際に働きだしてからのミスマッチが少なく、転職を成功させたい人におすすめできる転職エージェントです。最適なワーク・ライフ・バランスで、仕事も育児も充実できる仕事を見つけるなら最大手リクルートがおすすめです。

拠点も全国19箇所に広がっています。地方での地元採用求人にも強いため、Uターン・Iターン転職を目指す人にもおすすめです。平日夜や土曜日の面談も可能です。

リクルートエージェントへ無料登録

現在のキャリアを活かして転職するならビズリーチ

ビズリーチ

管理職や専門職、次世代リーダー、外国人などのグローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級のエグゼクティブ専用、会員制の転職サイトです。

転職すると年収が下がるリスクを抱えながら転職活動している方も多い中、ビズリーチでは、最初から役職つきの求人や、管理職限定などのハイクラス求人を専門に扱っています。

年収アップを狙う人の中でも、現職でマネジメント経験がある人や、実績を残してきた人なら、転職直後から年収アップが期待できます。

ビズリーチへ無料登録

女性の転職に特化したマイナビエージェント

マイナビエージェント女性の転職

マイナビエージェントでは、女性ならではの転職の悩みに向きあい、転職のアドバイスをしてくれます。女性の転職を得意分野としているエージェントのため、女性の転職についての情報も豊富に持っています。

ベストな転職のタイミングや、キャリアアップの秘訣、女性が面接で聞かれやすい質問などについて、決め細やかなアドバイスを期待できるでしょう。

産休や育児休暇などの支援制度が有るか無いか、女性が働きやすい環境かどうか、などの女性ならではの悩みや職場環境についても、相談することができます

また、女性を積極的に採用する会社や結婚、育児経験のある女性を求めている会社などの情報を知ることができるのも、大きなメリットです。

※現在20〜39歳まで関東・関西在住の方限定です。

マイナビエージェント女性の転職へ無料登録

doda

doda

対応エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 約20万人以上

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトです。
会員数は790万人(2023年5月末)と業界トップクラスを誇り、幅広い業種・職種の求人情報が掲載されています。

公開求人数が約30万件、非公開求人数が約20万件と、業界トップクラスの求人数が掲載されています。
特に、非公開求人は一般の求人サイトでは見つけられない好条件の求人を見つけられる可能性があるため、自分の希望条件に合った求人を見つけることができることが特徴です。

また、20代から60代まで幅広い年齢層が登録しており、職種も営業職やエンジニア職など、さまざまな職種の求人が掲載されています。
そのため、幅広いターゲットにアプローチできるため、年齢制限など気にせずに転職活動ができますね。

他にも、求人情報サービスだけでなく、人材紹介サービスも提供しています。
そのため、求人情報の検索や応募だけでなく、転職の相談や面接対策などのサポートを受けることも可能です。

おすすめポイント

  • 業界トップクラスの求人数
  • 職種・経験・年齢の幅広いターゲットにアプローチが可能
  • 非公開求人数が業界トップクラス

dodaへ無料登録

ハタラクティブ

対応エリア 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数 約2,300人以上

ハタラクティブは、レバレジーズ株式会社が運営する、フリーター・既卒・第二新卒向けの就職支援サービスです。
会員数は30万人(2023年12月時点)と、業界最大級を誇ります。

特徴として、ハタラクティブの求人掲載件数のうち、未経験者歓迎の求人は約8割を占めてい流ことがあります。
そのため、正社員経験がない人も、未経験の職種に挑戦しやすいのです。

また、ハタラクティブの平均内定率は80.4%(2023年度実績)で、内定までの期間は平均2.8ヶ月です。
そのため、短期間で就職を成功させたい人にもおすすめでしょう。

おすすめポイント

  • 未経験者歓迎の求人が豊富
  • 内定までの期間が短い
  • 手厚いサポート体制

結婚を控えた女性が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは、以下のようにたくさんあります。

(1)非公開求人の紹介

転職サイトでは公開求人しか検索できません。一方、高待遇であることの多い非公開求人は、転職エージェントが持っているのです。

また、転職エージェントにはキャリアコンサルタントが在籍しているため、担当のキャリアコンサルタントが求人を厳選してくれます。

(2)新居が遠くなっても、エージェントが調整してくれる

万が一、新居が遠方になる予定の場合は、転職エージェントがその地域の求人を探したり、企業と面接のスケジュールを調整してくれるため、何度も足を運ばなくてもよいというメリットがあります。

結婚が理由の転職の志望動機の書き方は?

結婚前に転職するなら自分のスキルやキャリアをアピール

志望動機を書く際に、「結婚するために条件の良い会社に転職したい」と思っていたとしても、正直に伝えてしまうと失敗に終わってしまいます。

結婚前に転職するなら、他の独身女性と立場は変わりません今あるスキルを活かしてキャリアアップしたいという熱意を伝えるようにしましょう。

どうして、応募企業でないとだめなのか、自分のどのようなスキルを活かして、どのように貢献していきたいのかを伝えるようにすると良いです。

結婚後に転職するなら退職理由を明確にした上で仕事への意欲をアピール

結婚が退職理由だとしても、伝え方次第では不利に働くことはありません。退職理由や転職理由を聞かれた際は、「以前の仕事も続けたかったが転居により続けられなかった」などやむを得ない理由を伝えその理由は解決済みであることも併せて伝えると良いでしょう。

その上で志望動機では、転職後の具体的な働き方や応募企業で自分が貢献できるスキルについてアピールすると良いです。

「結婚による転職」という理由よりも、「仕事に対して熱意がある」ことに重きをおいてアピールしましょう。

まとめ

女性が結婚を機に転職するのなら、結婚前に転職する方がおすすめです。スキルやキャリアをアピールした転職ができるので、収入や仕事内容を優先して転職先を選ぶことができ結婚・出産後も正社員として働きやすくなります
ただし、出産の予定がすぐある人は結婚後の転職の方が良いです。

企業選びに失敗しないためには、女性管理職の比率、産休育休の取得実績、ママへのサポート体制などに注目して選ぶようにしましょう。