この記事について

この記事はオリコン(おすすめの転職エージェントランキング・比較)を参考に独自の基準でサービスを紹介しています。

管理職転職成功のコツ

円滑なコミュニケーション力とマネジメント力をアピールして管理職求人を多く持つ転職エージェントを活用しよう

一般職と比べて、管理職の転職はより難易度が高いとされ手織り、背景には管理職の役割が持つ特殊性や、企業が求める高いスキルセットが関係しています。

40代や50代になると多くのビジネスパーソンは管理職としてのキャリアを積んでおり、転職市場では独特の課題が存在します。

ここでは、管理職の転職が難しいとされる理由と成功させるためのポイントについて詳しく解説します。

この記事では、40代50代の管理職の方が直面する転職市場の現状・課題・成功に導くための具体的なアプローチ方法に焦点を当てています。

管理職としての次なるステップを確実に踏み出すための参考にしてください。

この記事でわかること
  • 40代50代の転職が注目される理由
  • 転職で意識すべきこと
  • おすすめの転職エージェント

おすすめ転職サイト17社徹底比較!求人数・機能から活用法まで解説【2024年最新】

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
ビズリーチ|高収入の求人を探したいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 高収入求人が多い
  • プレミアムプランでより効率的に転職活動を進められる
  • 自分の市場価値がわかる
3位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
type転職エージェント
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
type転職エージェント

なぜ40代50代が注目されるのか

40代50代の転職というと、「ハイクラス」という言葉をよく目にします。求人内容も管理職候補など高いポストでの求人が目立ち、報酬もかなり高く設定されています。その理由は、この年代の方には管理職としての経験を有し、高いマネジメント力を持っている人がいるからです。

募集企業側も、そのことを承知の上で求人を行っています。やはり、企業としては経験豊富な人材を確保したいと考えますから、当然のことと言えるでしょう。

コミュニケーション力とマネジメント力を求めている

40代50代の転職の場合、圧倒的に40代の求人数が多いのですが、近年この動きに変化が見られるようになりました。その理由として、少子高齢化が急速に広がっていることが関係しています。企業にとって人材の確保は喫緊の課題となっていて、慢性的な人材不足に悩んできる企業が増加しています。

国を挙げて働き方改革を進め、人材育成に向けた取り組みを行っているものの、少子高齢化は歯止めがかからない状態となっています。そのため、外国からの移民を受け入れ、労働者を確保する動きもあります。

とはいえ、企業側としてはコミュニケーションが円滑にでき、しかもマネジメント力に優れた日本人を確保したいと願っていますから、50代でも転職を成功させ、スキルアップや報酬アップに成功している人が増えてきました。それ以外にも、企業が定年年齢の引き上げを実施し、60代定年時代が終わりを迎えようとしていることも拍車をかけています。

もちろん、若さを活かせる40代は50代よりも有利に転職を進められますが、50代だからといって諦める必要はなく、むしろ今後はより多くの機会が開かれていくと期待しても大丈夫でしょう。

40代50代の転職で意識すべきこと

40代の転職の場合に考えておきたいのが、上司が自分よりも若いケースです。経営者が30代という企業も増えていますので、上司に加えて経営陣も若手が揃っている場合があります。このような企業では、歳上の社員が年下の上司とうまくやっていけるのかどうかを心配する可能性があります。

特に年功序列制の考えを持っていると、なかなかその概念から抜け出せず、年下の上司と衝突したり、会話が噛み合わなかったりして、ガバナンスに影響が出る可能性があるからです。想定しておきたいこととして、面接の際に、年下の上司とのコミュニケーションに関連した質問が出される可能性があります。

50代は、年功序列がなくなり、上司が年下になる

50代の転職となると、年下の上司や経営者の下で働く機会が圧倒的に多くなります。転職を決意する場合、これまでのプライドをある程度抑えこむ必要があるかもしれません。もちろん、自尊心を持つことは大切なので、自分を卑下する必要はありませんが、年下の上司と仕事をする可能性はほぼ確実と言っていいでしょうから、その点を意識することが大切です。

経験やスキルがあったとしても、新たな職場では新人社員にすぎないという気持ちを持って、仕事に当たる姿勢を持ちましょう。面接でも、そのような自分の姿勢を伝えることが大切です。

マネジメント力をアピールする

どちらの年代にも言えることですが、管理職からの転職では、採用企業側は採用後すぐに、その能力を活かして仕事をしてもらうことを期待しています。即戦力として働くことになるので、採用する企業側の期待に応えるために必要なマネジメント力が求められます。

マネジメント力を活かすことをしっかりアピールすることが、転職の成功に繋がります。その点を意識した転職対策をしてください。ポイントは、転職したい企業の企業風土とどれだけ合わせられるかということです。

在籍したまま転職活動を行うことがおすすめ

もう一つ意識しておきたいのが、今の企業に在籍したまま転職活動を行うのか、それとも一旦退職して転職活動を行うのか、という選択です。会社側が離職を求めたが故に離職せざるを得ない状況であれば、その状況で転職活動を行わざるを得ないことになるわけですが、そのような理由がないのであれば、今の企業に在籍した状態で転職を目指すほうが比較的有利に転職を進められます。

焦りから妥協してしまう

その理由として、面接前の書類選考に通過できるかどうか、という点が挙げられます。40代50代では書類選考が通らないことがあり、それが大きな壁になって、転職が進まなくなってしまう可能性があるからです。もし退職してしまうと、早く次の仕事を探さないといけないといった焦りの気持ちが強くなってしまい、ある程度自分の希望と合わなくてもいいと妥協して、転職を進めてしまうかもしれません。

これがなぜいけないのかというと、仮に転職が決まったとしても、新たな企業の企業風土やガバナンスと自分のスタイルがなじまず、結局ストレスが溜まり、仕事を辞めてしまうといった残念な結果になるケースもあるからです。

未経験の業種への転職は避けた方がベター

さらなる注意点として、未経験な分野への挑戦は避けたほうが良いかもしれません。その理由は、採用企業側が40代50代のキャリア求人を募集する目的に、即戦力を求めているからです。新たに訓練してスキルを磨くだけの時間や労力を考えると、40代50代の未経験者よりも、若手を採用したほうが順応性が早く、企業側としても扱いやすいと感じます。

新たな企業に慣れるための時間も必要ですし、これまでのスキルやマネジメント力が生かせない可能性があります。そのような理由から、未経験分野への調整は避けたほうが無難です。

プロジェクトマネージャーから転職

管理職からの転職を前提に話を進めてきましたが、仮に管理職としてのスキルがない場合、転職はできないということになるのでしょうか。年齢という壁があるので、簡単ではないというのが答えになりますが、だからといって、転職ができないという意味ではありません。

例えば、プロジェクトマネージャーとして何らかのプロジェクトを指揮してきた経験があるかもしれません。管理職としての肩書きはなくても、プロジェクトにおけるリーダーやマネージャーとしての経験があれば、それも管理職と同等と見なしてもらえます。

次長、課長から転職

もしかしたら、50代の転職では部長職以上でなければ転職ができないと勘違いしている方もいるかもしれません。もちろん、部長職はそれで立派な肩書きになるのですが、募集企業側は部長でなくても、次長、課長といったポストについても同様に管理職として扱いますから、心配する必要はありません。

マネジメント力を活かす仕事をしてくれることを期待していますので、人材育成やプロジェクトにおいて、マネジメント力を活かしたどのような仕事をしてきたのかを積極的にアピールすることで、面接官の目に留まり、採用の可能性が高くなります。

具体的には、マネジメント力を活かして、どのようなプロジェクトを成功に導いてきたのか、どれほどの人数の人を指揮してきたのか、といった具体的な内容がアピールポイントになります。

40代50代におすすめの転職エージェント

世界最大級60年の実績ハイクラスエージェント ランスタッド

ランスタッド

オランダで創業した世界最大級の総合人材会社でグローバルに60年間、毎年約20万人の転職サポート実績をもつランスタッドは、十分なキャリアを積んだマネジメント人材や、スペシャリスト人材向けの転職エージェントです。

転職市場での人材価値として、同業種への転職であれば特に専門性の分析・評価は欠かせないポイントですよね。業界別に専門知識を有し特化したキャリアコンサルタントがヒアリングから丁寧に対応しますので、専門性の高いミドル世代にもおすすめです。
リクルートエージェントと併せて活用すれば、通常のミドル層のキャリア転職なら十分といえるでしょう。

※日本国内でも急拡大中で北海道から九州まで全国各地に117拠点があります。
※マネジメント経験を生かしたい50代までおすすめです。

ランスタッドへ無料登録

40代以上の求人も豊富なリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手なので保有している求人数が格段に違い、さらにネットなどで閲覧できる公開求人よりも非公開求人も多く、約20万件以上抱えています。そのため、中には40代でも応募できる求人もあります。また、大手だからこそ企業からの信頼も厚く、転職者に有利な選考や年収交渉を行うことができます
応募書類の添削や面談対策も行ってくれるので、40代になって転職することになった理由、志望動機などもよりよいものに仕上がります。

リクルートエージェントへ無料登録

必ず面談してくれるSpring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント

世界人材シェアNo.1のアデコが運営する、外資系転職エージェントです。紹介できる求人が少なくても必ず面談をしてくれます。さらに、単に40代向けの求人情報を紹介するだけではなく、そこに転職した後のあなたのキャリアについても相談できるのが、Spring転職エージェントです。

※40代まで、一都三県、東海地方、関西地方の転職者限定です。

Spring転職エージェントへ無料登録

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター

東京都の正社員就職支援事業です。東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクトでは、30歳から54歳までの都内で正社員就職したい方を無料でサポートしています。

東京しごと塾は、30歳から54歳の正社員就職を目指す方が、就活支援金を受給しながら5日〜2ヶ月の職務実習を通じて正社員就職を目指すプログラムが3コースあります。プログラム受講者の98%が「満足」と答えています。

すべて無料ですので東京都で正社員就職希望の方にはおすすめです!

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンターへ無料登録