業界初のM&A募集型プラットフォーム「M&Aクラウド」を運営するスタートアップです

M&Aクラウドは、会社の売却経験のあるメンバーが立ち上げた中小・ベンチャー企業向けのM&Aマッチングプラットフォームを運営するスタートアップです。

2018年5月に始まったばかりのサービスですが、安定して月間100社以上の売却希望があり、急成長しています。50万円から9.2億円のM&Aがこのプラットフォームから生まれています。
掲載買い手企業数は100社(うち上場企業56社)、登録売り手企業数は1,000社を突破しました。M&Aクラウドを通じたM&A成約実績の流通総額は14億4,100万円に上っています。

M&Aマッチングプラットフォームがいくつかでてきていますが、買い手企業がオープンで直接マッチングできるのはM&Aクラウドだけです。

この企業の求人一覧

事業内容

株式会社M&Aクラウド

■テクノロジーの力で、M&Aに流通革命を

不動産や結婚、人材業界にはマッチングプラットフォームが当たり前にあるのに、M&A業界には今までプラットフォームが存在しませんでした。
そんな古いM&A業界では、未だに足を使って売り手や買い手を探していくことがほとんどです。また、買い手と売り手が情報の非対称性から不利な取引がはびこる業界でもあります。

会社を売却するということは、経営者にとって結婚や受験以上に悩むライフイベントです。多くの経営者が悩んでいるM&Aという業界をオープンでフェアなものにテクノロジーを用いて成し遂げていきたいと思います。

東京商工リサーチの調べでは、事業承継できずに黒字廃業する企業は年間約3万社。
経産省の内部試算では黒字廃業を放置すれば25年までの累計で約650万人の雇用と約22兆円に上る国内総生産(GDP)が失われると言われています。

M&Aをテクノロジーの力を用いてスピーディーかつ確実に成功させられれば、成長事業や技術、そして雇用を守ることができます。

M&Aにおける情報不均衡を解消し、経済発展の活性化、ひいては社会課題を解決する。
私たちはM&A業界では最年少のチームですが、パイオニアとして、M&Aに流通革命を起こします。

特徴
服装・髪色自由 / 新規事業 / 1、2年生も歓迎 / 理系学生歓迎 / ベンチャー / リモートOK / 交通費支給

本社の住所

〒104 - 0032
  東京都 中央区   八丁堀   4-9-13 ニチレックビル6F

会社基本情報

代表者 及川 厚博、前川 拓也
資本金 8,800万円(資本準備金を含む)
従業員規模 20~50人
設立年 2015 年
男女比 9:1
平均年齢 32 歳
会社のURL https://macloud.jp/
在籍インターンの進路 起業2名
外資系金融機関1名
事業会社経営企画1名 など

企業の求人一覧