「第二新卒での転職は難易度が高い」「もっと働いてから転職する方がいい」など第二新卒での転職はマイナスイメージを持たれがちです。

しかし、年収が高くなる、やりがいのある仕事に就けるなど第二新卒の人が転職するメリットはもちろんあります。

第二新卒で転職を検討する際は、目的を持って転職活動をおこなうことが重要です。

ここでは、第二新卒でも転職すべきタイミングについて解説します。

おすすめの転職エージェントも紹介しているため、ぜひ活用してください。

この記事のまとめ
  • 第二新卒の転職はタイミングが大事
  • 転職活動に不安がある人は転職エージェントを利用しよう
  • 第二新卒が転職すると年収アップや労働環境の改善が見込める
1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
(※1都3県のみ)
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
3位
DYM就職|未経験からの転職に強い
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 既卒・フリーターの就職に強い
  • エージェントが徹底サポート
  • 未経験からの就職に強い

第二新卒の転職がもったいないと言われる理由

第二新卒の転職はもったいないと言われることがありますが、具体的にどのような理由からでしょうか。

第二新卒の転職がもったいないと言われる理由
  • 転職しにくいと思われている
  • 現職を続けた方が得だと考えられる
  • 転職回数が増えるとすぐに辞めると思われてしまう
  • 経験不足だと思われている

第二新卒の転職は、「転職がそもそも難しい」「経験不足ではないのか」などのマイナスイメージを持たれがちです。

ここでは、第二新卒の転職がもったいといわれる主な原因について詳しく解説します。

転職しにくいと思われている

第二新卒での転職は、企業側から懸念される場合があるため、転職しにくいと考えられます。

第二新卒は、卒業してから3年未満の社会人を指し、勤続期間の短さから企業側も採用に慎重になります。

そのため、採用に至らない場合が多く、転職活動が上手くいかない場合があるのです。

現職を続けた方が得だと考えられる

勤続期間にもよりますが、1年以上勤務している人は職場環境や業務にも慣れてきた頃でしょう。

しかし、転職してしまうと振り出しに戻るため新たに一から業務内容を覚え直さなければなりません。

同じ業界であれば業務内容に違いはないかもしれませんが、まったく異なる業務に転職する場合は覚えることも膨大にあります。

さらに、勤続年数で昇給アップが見込める企業の場合、現職を続けた方がお給料面で得になる場合もあるでしょう。

転職回数が増えるとすぐ辞めると思われてしまう

転職する理由はさまざまですが、転職回数が多い人はすぐに辞めると思われ、企業側から懸念されます。

そのため、転職回数が多い人は転職理由を明確に説明する必要があるでしょう。

スキルをいかして仕事がしたい、キャリアアップしたいなど転職がプラスとなる理由があると、採用される可能性は高まります。

経験不足だと思われている

新卒よりも第二新卒の方が社会人経験はありますが、経験不足と判断される場合があります。

新卒は初めての就職のため、経験がないことは企業も把握しています。

一方で、第二新卒は勤続期間は短いですが少なからず仕事を経験しているため、経験があると見なされるのです。

資格やスキルがない場合は、経験不足を理由に採用されない可能性もあるでしょう。

第二新卒でも転職すべきタイミング

マイナスイメージがある第二新卒の転職ですが、第二新卒でも転職すべきタイミングがあります。

第二新卒でも転職すべきタイミング
  • 転職目的が明確なケース
  • キャリアプランを明確に持っている
  • 転職先でも評価される自信がある

転職目的やキャリアプランが明確にある場合は、転職した方が収入アップやキャリアアップに繋がります。

ここでは、第二新卒が転職すべきタイミングについて解説します。

転職目的が明確なケース

転職目的が明確な場合も、第二新卒で転職を検討するタイミングです。

例えば、年収アップしたい、労働環境を改善したいなど目的がある場合は該当する転職先を探しやすくなります。

また、面接時に転職目的を理由に自己アピールができるため、企業側に良い印象を与えるでしょう。

キャリアプランを明確に持っている

第二新卒の人でキャリアプランを明確に持っている人は、転職を検討しましょう。

現在の職場で適正な評価を受けており、待遇面で満足している人は転職は必要ありません。

しかし、今後のキャリアプランを明確にした際に達成できないと感じた場合は転職活動を進めていきましょう。

転職先でも評価される自信がある

第二新卒の人が採用してもらうためには、即戦力となる人材であることをアピールする必要があります。

そのためには、現在市場価値が高いスキルがどのようなものかを把握するのが重要です。

前職での経験や身につけたスキルなどをアピールし、転職活動を優位に進めていきましょう。

第二新卒で転職しようか迷っている人は転職エージェントに相談しよう

第二新卒で転職すべきか悩んでいる人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントに相談するメリット
  • キャリアアドバイザーが客観的に分析してくれる
  • 適切なアドバイスから転職を決断できる

転職エージェントでは、企業の紹介や転職に関するさまざまな相談にのってくれます。

キャリアアドバイザーが客観的に分析してくれる

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーがあなたに合う企業を客観的に分析してくれます。

キャリアアドバイザーがあなたのスキルや性格、働き方などをヒアリングし、希望に近い企業をピックアップしてくれるのです。

これまで自分には合わないと思っていた職種や未経験職種でも、実は向いている可能性もあります。

適切なアドバイスから転職を決断できる

キャリアアドバイザーは、あなたに合う企業を紹介してくれるだけでなく、企業の詳細や勤務形態などさまざまなアドバイスをしてくれます。

転職するか悩んでいる人が転職を決断できるようにサポートしてくれるのです。

転職に不安がある人は、転職に関する豊富な知識があるキャリアアドバイザーへの相談をおすすめします。

第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒におすすめの転職エージェントを、3つ紹介します。

第二新卒におすすめの転職エージェント
  • doda
  • type転職
  • 就職shop

転職エージェントでは、転職を希望する人一人ひとりにアドバイザーが付き、最適な求人を紹介してくれます。

転職希望者と企業をつなぐ役割があり、双方に利益をもたらすのです。

ここでは、第二新卒の転職におすすめの転職エージェントの特徴を解説します。

doda

doda

公開求人数 290,000件以上
対応エリア
会社名 パーソルキャリア株式会社
特徴 業界最大級の求人からあなたに合う企業を紹介してくれる

dodaは、転職市場に精通したキャリアアドバイザーが相談から転職サポートまでおこないます。

業界最大級の求人から、あなたに合った企業を紹介してくれます。

さらに、dodaではスカウト機能の活用が可能です。

在職中で転職活動に多くの時間がとれない人でも、スキルや経験を登録していると企業からスカウトされる可能性があります。

dodaへ無料登録

type転職

type転職エージェント

公開求人数 27,000件以上
対応エリア
会社名 株式会社キャリアデザインセンター
特徴 サービズ開始から25年、34万人以上の転職実績がある転職エージェント

type転職は、5つの領域別アドバイザーが在籍しており、経験職種に合わせてあなたに合うアドバイザーが付きます。

営業や事務はもちろん、女性の転職やハイクラス転職などさまざまな転職の紹介が可能です。

type転職を利用して転職した人の79%が年収アップに成功しているため、現状の年収に満足していない人におすすめの転職エージェントでしょう。

type転職エージェントへ無料登録

就職shop

就職shop

公開求人数 非公開
対応エリア
会社名 リクルート株式会社
特徴 利用者の9割が20代の転職エージェント

就職shopは、若者向けの転職エージェントです。

取り扱いのある企業は100%訪問取材した企業のみのため、企業の雰囲気や待遇面などの説明ができます。

さらに、書類選考ではなく、面接から選考がスタートするため人間性で判断してくれる点も就職shopを利用するメリットでしょう。

就職Shopへ無料登録

第二新卒が転職するメリット

第二新卒が転職するメリットには、以下の3点が挙げられます。

第二新卒が転職するメリット
  • 新しい業種に未経験でも挑戦できる
  • 年収アップを見込める
  • 良い仕事環境で働ける

第二新卒が転職する理由として、年収アップや労働環境の改善が挙げられます。

ここでは、第二新卒が転職するメリットについて詳しく解説します。

新しい業種に未経験でも挑戦できる

第二新卒が転職するメリットとして、新しい業種に未経験でも挑戦できる点が挙げられます。

第二新卒を採用する企業は、ポテンシャルの高い人を採用する傾向があります。

コミュニケーション能力が高く、どんどん新しいことを吸収できる人は企業にとっても採用するメリットが大きいです。

そのため、経験のない業種でもポテンシャルの高さが認められると採用される可能性は高まります。

年収アップを見込める

年収アップが見込めるのも、転職するメリットでしょう。

経験やスキルを身に着けていくと、誰もが年収アップを意識します。

同じ業種であっても企業によって年収は異なるため、転職により年収アップが見込める場合もあるでしょう。

現状の年収に満足できていない人は、転職による年収アップも視野にいれましょう。

良い仕事環境で働ける

現状よりも良い仕事環境で働けるのも転職するメリットです。

例えば、入社する前は仕事中心の生活を送りたいと思っていた人でも、残業がないことや有給休暇がしっかりとれるなどプライベートを充実させたいと考えが変わる場合があります。

企業の方針は簡単には変わらないため、仕事環境を変えたい場合は理想に近い働き方ができる企業に転職しましょう。

第二新卒が転職するデメリット

第二新卒が転職するデメリットは、以下の3つです。

第二新卒が転職するデメリット
  • 転職に失敗すると次のステップが踏みにくい
  • 転職先が絞られる
  • 新卒より転職が難しい

第二新卒が転職するのは容易ではありません。

転職を検討する際はデメリットも把握してから、転職活動を進めていきましょう。

転職に失敗すると次のステップが踏みにくい

転職に1度失敗すると、マイナスイメージが強くなり、次のステップが踏みにくくなります。

転職を成功させるためには、マイナスイメージをどれだけ減らせるかが重要です。

転職先が絞られる

第二新卒で採用されるには、即戦力がある点が重要です。

特定のスキルや経験がない第二新卒が選択できる企業は少ないため、転職活動の難易度は高いといえます。

そのため、スキルや経験がない第二新卒は採用されないでしょう。

新卒より転職が難しい

第二新卒の転職は新卒よりも難しいといわれています。

新卒は、社会人経験がなく、初めての就職活動のため、多めに見てくれる傾向があります。

しかし、第二新卒の場合社会人経験があり、ビジネスマナーも身についていると判断されるため審査基準は厳しくなるのです。

第二新卒で転職を検討する際は、ビジネスマナーを事前に確認しておきましょう。

第二新卒の転職はもったい事は無い!転職理由が明確な人は早めに決断しよう

第二新卒の転職は、年収アップや労働環境の改善などメリットが多数あります。

明確な転職目的があり、今後のキャリアプランが決まっている人は、転職を前向きに検討しましょう。

転職に不安がある人は、転職エージェントを利用し、キャリアアドバイザーに相談するのもおすすめです。

第二新卒の求人を多数取り扱っている転職エージェントもあるため、自分に合う企業を見つけ、転職活動を成功させましょう。