「3年以内の離職は甘い」「第二新卒での転職活動は考えられない」などの意見を聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

第二新卒は一般的に3年以内に離職した人を指し、社会人経験の少なさから転職活動は難しいといわれています。

しかし、第二新卒の人でも転職に成功する人は多くいます。

ここでは、第二新卒の転職が甘いといわれる理由や転職を成功させるコツを紹介します。

第二新卒からの転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

この記事のまとめ
  • 第二新卒の転職は甘くはない
  • ポテンシャル採用する企業も多数ある
  • 一人で転職活動を進めるに不安がある人はキャリアアドバイザーへの相談がおすすめ
1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
(※1都3県のみ)
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
3位
DYM就職|未経験からの転職に強い
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 既卒・フリーターの就職に強い
  • エージェントが徹底サポート
  • 未経験からの就職に強い

第二新卒の転職は甘いと言われる理由

第二新卒の転職が甘いと言われる理由として、以下の4つが挙げられます。

第二新卒の転職は甘いと言われる理由
  • 新卒気分で応募してくる第二新卒がいる
  • 社会人経験を面接で活かせていない
  • 転職活動を軽視していると見られやすい
  • 短期間で離職されるリスクを感じている

第二新卒は、正社員としての勤務経験があり、3年以内に離職した人を指します。

ここでは、第二新卒の転職が甘いといわれる要因について詳しく解説します。

新卒気分で応募してくる第二新卒がいる

第二新卒の転職活動は、新卒の時とは異なります。

新卒の場合、何もかもが初めてで戸惑うことも多いため、企業側も大目に見てくれます。

しかし、第二新卒は働いている期間が短期間であっても、社会人経験があるため、新卒のときよりも厳しく審査されるでしょう。

社会人経験がある人が新卒気分で応募した場合、常識がない人と判断され、採用される可能性は低くなります。

社会人経験を面接で活かせていない

第二新卒の強みは、社会人経験があることです。

社会人経験がある人は、ビジネスマナーが身についていると企業も認識しているため、即戦力として採用が有利になる場合もあります。

しかし、前職で得た経験をアピールできない場合は、採用後に活躍できるイメージが得られません。

特に面接重視で判断する企業の場合、採用は厳しくなります。

転職活動を軽視していると見られやすい

第二新卒の転職が甘いといわれる要因に、転職活動の軽視が挙げられます。

転職活動をおこなう理由はさまざまですが、転職すると今よりも状況が好転すると安易に考える人がいます。

確かに、転職により、昇給や充実した福利厚生が受けられるなどのメリットはあるでしょう。

しかし、転職するだけで状況がよくなるわけではありません。

スキルを身につける、情報収集を怠らないなど努力が必要です。

転職は、あくまで手段であり、ゴールではありません。

今後どのように仕事をおこないたいか明確に示せない場合は、採用される可能性は低いでしょう。

短期間で離職されるリスクを感じている

第二新卒の転職は、一定期間働かずに別の仕事に就く人と認識される場合があります。

離職する理由はさまざまですが、企業の即戦力となる人材でない限り、短期間で離職されるリスクをおかしてまで採用しません。

面接時に、自分の強みをアピールし、イメージを覆すのが重要です。

第二新卒での転職は甘いと思われている?

第二新卒での転職は甘いといわれる場合がありますが、実際はどうなのでしょうか。

第二新卒での転職の実態
  • ポテンシャル採用する企業もある
  • 転職理由によっては甘いと感じる担当者もいる
  • 企業分析を行っていない求職者は甘いと思われる

ここでは、第二新卒が転職活動をおこなう際の企業の採用基準について詳しく解説します。

ポテンシャル採用する企業もある

第二新卒を採用する企業では、前職での経験はもちろんポテンシャルが高い人材であることを重視します。

ポテンシャルの高い人であると、経験のない職種でも柔軟に対応できる傾向があります。

そのため、企業は柔軟性や能力の高さを採用基準として、採用する場合があるのです。

転職理由によっては甘いと感じる担当者もいる

第二新卒を採用する企業は多くありますが、転職理由によっては採用を見送る場合もあります。

例えば「自分がしたい仕事が他にあり転職を選択した」「若い内にさまざまな職種に挑戦したい」などの目的が説明できれば、マイナスのイメージになる可能性は低いでしょう。

一方で、目的のない転職や今後のプランを説明できない場合は、仕事が続けられない人と認識されます。

転職を成功させるためには、転職の目的をしっかり伝えることが重要です。

企業分析を行っていない求職者は甘いと思われる

転職を検討する場合、多くの人は転職したい企業の企業分析をおこないます。

企業分析をおこなうことにより、企業がどのような人材を欲しがっているか把握できるのです。

しかし、企業分析をおこなっていない場合、面接時に企業側の質問に答えられない可能性があります。

採用担当にマイナスイメージをあたえ、甘えていると思われる原因となります。

第二新卒でも転職を成功させる方法

第二新卒でも転職を成功させる方法は、以下の4点です。

第二新卒でも転職を成功させる方法
  • 転職理由を明確にする
  • 今後のキャリアを具体的に想像しておく
  • 転職先の業界理解を深める
  • キャリアアドバイザーに相談する

第二新卒の転職は、ポイントをおさえて進めていくと採用される可能性が高まります。

ここでは、第二新卒が転職を成功させる方法について詳しく解説します。

転職理由を明確にする

転職理由を明確にすることで、転職活動がスムーズにおこなえます。

例えば「年収アップを目指したい」「身につけた知識を仕事にいかしたい」「キャリアアップしたい」など転職目的をはっきりさせると、自分に合う企業が見つかりやすくなります。

さらに、転職理由がはっきりしていることは、採用担当によい印象をあたえるため採用される確率が高まるでしょう。

今後のキャリアを具体的に想像しておく

転職を検討する際は、今後のキャリアを具体的に想像しておく必要があります。

転職は、前職で得られなかった条件を満たすためにおこなう人がほとんどです。

しかし、具体的なキャリアを想像せずに転職をすると、前職の方が自分に合っていたと後悔する場合があります。

転職したことを後悔しないためにも、仕事でどんな経験を積みたいのか、どのような力を身に着けたいのかなどを想像して、転職活動をおこないましょう。

転職先の業界理解を深める

転職したい企業の業界理解を深めるのも転職を成功させるのに重要です。

転職先はどのような人材をほしがっているのか、社風はどのようなものかを事前に把握しておくと、面接時に対応しやすくなります。

また、第二新卒を採用する多くの企業は、仕事への熱意やコミュニケーション力を重視します。

自身の強みを積極的にアピールできると採用される可能性が高まるため、事前対策をしっかりおこないましょう。

キャリアアドバイザーに相談する

第二新卒からの転職を成功させたい人は、キャリアアドバイザーに相談するのも良いでしょう。

キャリアアドバイザーは、あなたに合う企業をピックアップしてくれるだけでなく、履歴書の添削や面接対策もおこなってくれます。

一人で転職活動を進めていくのに不安がある人や転職活動を確実に成功させたい人は、キャリアアドバイザーへの相談も検討してください。

第二新卒の転職におすすめの転職サイト

第二新卒の転職におすすめの転職サイトを3つ紹介します。

第二新卒の転職におすすめの転職サイト
  • doda
  • type転職
  • 就職shop

転職サイトを利用すると、多数ある求人の中から自分に合う求人を見つけられます。

doda

doda

公開求人数 100,000件以上
対応エリア
会社名 パーソルキャリア株式会社
特徴 100,000件以上ある豊富な求人からあなたに合う求人を紹介してくれる

dodaは、業界最大級の求人数から、あなたに合う求人を紹介してくれます。

転職市場に精通したキャリアアドバイザーが転職の相談から転職のノウハウまで提供してくれるため、転職に不安がある人も安心して進められます。

応募書類や面接対策のサポートも利用料無料で受けられるため、転職を検討している人は先に登録をすませておきましょう。

dodaへ無料登録

type転職エージェント

type転職エージェント

公開求人数 27,000件以上
対応エリア
会社名 株式会社キャリアデザインセンター
特徴 25年の実績がある転職サイト

type転職エージェントは、サービス開始から25年の実績がある転職サイトです。

転職のノウハウや過去の選考データをもとに、専任のキャリアアドバイザーが転職のサポートをおこないます。
type転職エージェントを利用した人で年収がアップした人は79%と多くの人が成功しているため、年収をアップさせたい人にもおすすめの転職サイトです。

type転職エージェントへ無料登録

就職shop

就職shop
公開求人数 非公開
対応エリア
会社名 株式会社リクルート
特徴 利用者数の9割が20代の転職サイト

就職shopは、転職に成功した人の8割が就職1年未満の人である第二新卒が利用しやすい転職サイトです。

将来ある若者を採用したい企業と未経験で転職活動に不安がある若者をつなぐ役割を果たしています。
直接訪問した企業のみを取り扱っているため、職場の雰囲気や労働環境を伝えられることも特徴でしょう。

就職Shopへ無料登録

第二新卒が転職する時に注意するポイント

転職が初めての人はもちろん転職経験がある人でも、転職活動をスムーズに進めるのは容易ではありません。

ここでは、第二新卒が転職する時に注意するポイントを2つご紹介します。

面接を軽視すると担当者に見抜かれる

第二新卒から転職を成功させるためには、面接で企業側に好印象を持ってもらうことです。

第二新卒を採用する企業の多くは、人柄やポテンシャルの高さを重視します。

そのため、面接で自己アピールができない場合、採用するメリットがないと判断される可能性があります。

転職活動を進める場合は、企業が求める人材の特徴を分析し、面接対策をしっかりおこないましょう。

一人の転職が不安な人はキャリアアドバイザーに相談しよう

一人の転職に不安がある人は、転職サイトを利用し、キャリアアドバイザーに相談しながら進めましょう。

転職サイトでは、ヒアリングを通してあなたに合う企業を紹介します。

また、履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、転職活動の不安も解決できます。

自分に合う企業が分からない人や転職活動をスムーズに進めたい人は、ぜひキャリアアドバイザーへの相談を検討しましょう。

第二新卒の転職は甘えじゃない!転職理由を明確にして成功させよう

第二新卒の転職は決して甘えではありません。

キャリアをいかし、企業にとって必要な人材であることをアピールできる人は即戦力として採用されるでしょう。

一人で転職を進めるのに不安がある人は、キャリアアドバイザーに相談するのもおすすめです。

自分に合う企業を紹介してくれるだけでなく、履歴書の作成や面接対策にも対応してくれます。

転職活動を成功させるためには、転職理由を明確にし、事前対策をしっかりおこないましょう。