ある程度仕事に慣れ、「そろそろ仕事とプライベートと両立させたい」「さらにキャリアアップしたい」と転職活動を始める30代の薬剤師も多いのではないでしょうか?特に女性の場合、30代は結婚や育児を機によりライフワークバランスを両立できる職場に転職したい人もいるでしょう。

しかし、30代ともなるとこれまでのキャリアや経験、スキルなどが重視される傾向にあるといわれています。

そこで今回は、30代の薬剤師転職に向けて転職に必要なコツやスキルなどについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

30代の薬剤師の転職事情

一般的に、即戦力になれる30代薬剤師は転職では有利だとされています。薬剤師は一人前になるまでには最低3~4年程度かかると言われており、5年以降になると即戦力として積極的に採用してもらえる可能性が高い傾向にあります。

実際大手転職サイトでは、薬剤師は10年目以降に当たる30代での転職場最も多いといった結果も出ています。

また、30代でも前半か後半かによっても若干転職事情が変わってきます。

30代前半の場合

30代前半は新卒から5年以上の実務経験があり、即戦力となるために転職市場において、最も需要が高い年齢であるといわれています。異業種への転職でもまだチャレンジできる年齢なので、病院やドラッグストア、企業など幅広い職種への転職もできます。

30代後半の場合

即戦力として引く手あまたな30代前半と比べて、30代後半はやや転職がしにくくなるので注意が必要です。特に異業種への転職を考えているのなら、やや厳しいかもしれません。

また30代後半ともなると実務経験の長さやスキルに加えて、マネジメント経験の有無なども重視され始めていきます。

しかし薬剤師は人手不足の業界であり、さらに資格職でもあるのでほかの職種と比べると転職のチャンスは多いといえるでしょう。産休や育休などで人材の入れ替わりもあるため、専門性の高さをうまくアピールできれば充分転職できます。

30代の薬剤師の平均年収とは?

30代の薬剤師の平均年収は、前半だと500万円程度、後半だと600万円未満が相場だといわれています。ちなみに全体の職種での平均は400万~450万円程度なので、薬剤師の仕事はかなり高い水準にあるといわれています。

また、薬剤師が働く職場や職種によっても年収の額には差があり、ここではそれぞれの平均年収について解説します。

業種別の平均年収

薬剤師の年収は業種や職場によっても異なります。

  • 病院勤務…約500万円
  • 調剤薬局…約550万円
  • ドラックストア勤務…約550万~650万円
  • 営業職(MR)…約600万円~
  • 研究職、開発職…約500万円
  • 臨床開発モニター(CRA)…約700万円

一般的に病院勤務は人気が高く、人材も集まりやすいといった背景からやや年収が低くなる傾向にあるといわれています。反対に近年店舗が増えつつあるドラッグストアは、人材が足りない状況なので需要も高く、平均年収もやや高くなります。

管理薬剤師の平均年収

30代ともなると経験やキャリア、知識が豊富であることから、管理薬剤師を目指したり、打診されるような方も少なくありません。管理薬剤師とは、おもに調剤薬局の店舗や薬剤部も管理・運営を担うポジションのことであり、通常の薬剤師に比べて年収が高いとされています。

管理薬剤師の平均年収は約700万~750万円程度と、通常の薬剤師が500万~600万と比べると100万円以上上がるので、年収アップを目指す方は狙い目です。

ちなみに管理薬剤師になるには、「5年以上の薬局における実務経験」「公益社団法人薬剤師認定制度認証機構などの認証を受けた認定薬剤師であること」などが条件となります。

高年収なら、ドラッグストアかMRがおすすめ

先ほど述べたように、30代の薬剤師転職で年収アップを目指すなら「ドラッグストア」か「MR」がおすすめです。

ただしいずれにしても年収が高い分、残業が多い傾向になるのでライフワークバランスを重視したい方には向かないかもしれません。MRや研究職の残業時間は月20時間程度、ドラッグストアに関しては店舗によっては忙しいところもあるので事前に確認しておくといいでしょう。

30代で薬剤師転職するメリット3つ

一般的に40代や50代など、年齢を重ねていくごとに転職へのハードルは高くなっていく傾向にあります。そこでここでは、30代で薬剤師転職するメリットについてご紹介します。

  1. キャリアチェンジできる最後のチャンス
  2. 40代だと転職のハードルが上がる
  3. 年収アップ、キャリアアップを目指せる

➀キャリアチェンジできる最後のチャンス

キャリアチェンジするなら、30代は最後のチャンスだといわれています。一般的に未経験者を採用する場合、将来性のある20代から30代前半までを採用することが多く、30代後半になると一気に未経験者の採用率は低くなります。

もし、「一般企業で働いてきたけど、調剤薬局に転職したい」「薬局勤務からMRで営業を経験したい」などの希望がある方は、なるべく早めに行動することをおすすめします。

②40代だと転職のハードルが上がる

40代など年齢を重ねれば重ねるほど、「即戦力」「ポテンシャル」「柔軟性」などを求められるため、転職へのハードルが上がります。確かに表立って年齢制限を打ち出している求人は少ないですが、年齢をネックに落とされるケースは実は少なくありません。

もし、今すぐ転職しようとは思わないけれどいつかは転職したい気持ちがあるのであれば、長期的な転職を見込んで今のうちから始めていくのが良いでしょう。

③年収アップ・キャリアアップを目指せる

30代は即戦力として期待される年齢なので、主任やチーフといった中間管理職・ポジションを狙えるといったメリットがあります。一般的に20代と30代だと30代の方が一気に年収が上がるケースもありますし、転職者の半数程度は年収アップを成功させた人も多くいます。

もし、「現職でなかなかポストが空かない」「大きな昇給が見込めない」といった場合、転職を視野に入れてみるのもひとつです。

30代で薬剤師転職する理由

30代の薬剤師はどんなタイミングやきっかけで転職を考えているのでしょうか?主に30代で薬剤師転職する理由には以下のものが挙げられます。

  1. キャリアアップ・年収アップ
  2. 結婚や出産などのライフスタイルの変化
  3. 職場環境の改善

➀キャリアアップ・年収アップ

薬剤師にかかわらず年収アップやキャリアアップを目指して転職に踏み切る人はたくさんいます。特に30代の薬剤師の場合だとまだ異業種への転職もできます。

さらに、これまでマネジメント経験があったり、よりいい条件で働きたいといった理由で管理薬剤師や責任者ポジションを目指す人も多くいます。

②結婚や出産などのライフスタイルの変化

とくに女性の薬剤師の場合、20代後半から30代にかけては結婚や出産などライフスタイルの変化によって転職を考えだす人もいます。そもそも薬剤師のうち約6割は女性だといわれているので、より転職ラッシュの傾向が強いとされています。

たとえば、「家から近い職場」「時短勤務ができる」「産休・育休取得実績が多い」「雇用形態自体を変えたい」希望があり、現職では実現できなさそうであれば転職するしかありません。

もしライフスタイルの変化によって転職を考えているのなら、なるべく自分と同じような境遇の人が働く場所だったり、女性にうれしい制度などが充実しているところを選ぶのがおすすめです。

③職場環境の改善

新卒から30代までなど10年程度勤め続けていると、「そろそろ新しい経験も積みたい」「制度や待遇などのいいところで働きたい」といった人も増えてきます。

ほかにも、「現在、人間関係で悩んでおり、改善される見込みがない」「職場の雰囲気が合わない」といった長年の悩みを持っており、スキルや経験が身についた30代で転職したい人もいます。

もちろんすべての悩みが転職によって好転するとは限りませんが、環境や働き方を変えることで新しい気持ちで業務に取り組めることはたくさんあります。

30代で薬剤師転職する際のポイント7つ

30代で転職するとなると、20代で転職するときとは違ったアプローチをする必要があります。また準備や対策をしていないと、せっかく転職したのに「こんなはずじゃなかった」と後悔するケースもあります。

そこでここでは、30代で薬剤師転職する際のポイントについていくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 経験を活かせる転職先を選ぶ
  2. キャリアプランを立てる
  3. ライフスタイルに合わせた働き方ができるかをみる
  4. 資格・スキルをアピールする
  5. 職場の雰囲気を確認する
  6. 薬剤師に特化した転職サイト・エージェントを利用する
  7. 管理薬剤師の求人を狙う

➀経験を活かせる転職先を選ぶ

30代で薬剤師転職をするのであれば、自分のこれまでの経験を活かせる転職先を選ぶことがポイントです。なぜかというと、何かしらの経験を活かせる職場であれば、即戦力として年収アップやキャリアアップを実現できる可能性が高いからです。前職と近い業務内容であれば、転職活動時のアピールにもなります。

しかし反対に、「未経験からの転職」となると、前職よりも年収ダウンしてしまう可能性もあるので注意しなければいけません。年収を上げたいもしくはキープしたいといった方は、なるべく「経験者歓迎」「経験者優遇」といった表記がされている求人を選ぶといいでしょう。

②キャリアプランを立てる

30代は、今後のキャリアを考えることが求められるタイミングとなってきます。「薬剤師としてどんな活躍をしていきたいか」など、なるべく長期的な視点で慎重に考えることが重要です。なかには、薬剤師として独立したいといった人で、そのためのキャリアを積むために転職する方もいます。

したがって、単に人間関係や年収を上げたいから転職を決めるのではなく、転職先で何をして人生でどんなキャリアにつなげていきたいかなどを具体的に考えるようにしましょう。

薬剤師としてやりたいことや人生の目標や目的について定まれば、転職活動の際にも軸がブレませんし、より需要に合った転職やポジションを狙うこともできます。

③ライフスタイルに合わせた働き方ができるかをみる

先にも述べたように、転職の際は仕事で達成したい目標や転職する目的などを明確にすることが大事です。加えて仕事面だけではなく、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるかなども一緒にチェックしておく必要があります。

これから結婚や出産、育児の予定がある方や復職がしたい方、育児や介護との両立をするために転職するなど、状況はひとりひとり異なります。

業種によっても業務内容や年収、将来性などが異なるので、特にキャリアチェンジを伴う転職の場合は考慮しなければいけません。具体的に、薬剤師の業種には以下のものがあり、それぞれに特徴があります。

  • 調剤薬局…
    調剤や接客スキルが必要。管理薬剤師のポストが空かないと、年収アップは難しいケースもある。
  • ドラッグストア…
    比較的年収が高めに設定されていることが多い。薬剤師としての知識のほかにも専門外の業務がある。店舗によって忙しさや残業が子とんる。
  • 病院…
    ほかの薬剤師求人と比べるとやや年収は低めだが、夜勤や当直業務があれば手当が付きやすいメリットもある。
  • 企業…
    転職(特に未経験)のハードルが高い傾向にある。残業が発生することも珍しくない。

④資格・スキルをアピールする

30代の転職では即戦力となる人材を求める傾向にあるので、転職活動ではこれまで培ってきたスキルや実績をどれだけアピールできるかが重要となってきます。

職場や業種によって求められるスキルや経験が異なるので、自分が希望するところが求める人物像を把握しておくことが大事です。たとえば調剤薬局なら、認定薬剤師・専門薬剤師の資格を持っている、かかりつけ薬剤師としての実務経験などがあると優遇されやすいですよ。ほかにも病院での勤務を希望するのなら、病棟での実務経験やモニタリング経験などがあると望ましいでしょう。

さらに30代であれば、業務経験に加えてリーダー経験などがあると、より高いポジションでの採用にも繋がります。

もし、現時点で希望する職場に必要なスキルや経験がないのであれば、転職活動をする前に資格やスキルと磨いておくのもひとつです。求めるスキルがあれば大きな武器となるので、より効率的に転職活動も進められるでしょう。

⑤職場の雰囲気を確認する

転職の際は求人募集などである程度条件などを確認できますが、実際の職場の雰囲気や内情についてまでは知れないことがほとんどです。たとえば、求人では「アットホームな職場」と書かれているのに、入職したら忙しくて人間関係も険悪といったケースも少なくありません。

薬剤師に特化した転職エージェントによっては、職場見学ができたり、担当者が実際に職場に出向いて調査しているところもあります。もし自分の目で職場を見れるのであれば、スタッフ同士の会話や患者・お客さんへの対応・職場の衛生環境(片付いているか)・ひとりあたりの処方箋量などをチェックしておくといいでしょう。

⑥薬剤師に特化した転職サイト・エージェントを利用する

「年収アップ・キャリアアップしたい」「自分のライフスタイルに合った働き方がしたい」「ひとりで転職するのは不安」といった30代の薬剤師の方は、薬剤師に特化した転職サイト・エージェントを利用するのがおすすめです。

幅広い職種・業種を取り扱っている大手の転職サイトに登録するのもいいですが、薬剤師に特化したもののほうがより細かい希望条件で絞れたり、選択肢の幅も広がります。地方での求人が充実していたり、正社員以外の派遣やパートといった雇用などにも対応しているところも。

またエージェント機能のあるところであれば、担当者が薬剤師の仕事や業界の動向に詳しいといった面があるので、より自分のもつキャリアについての悩みや相談に親身になって応えてくれる可能性が高いです。薬剤師に特化したサイトだからこそ提供できる非公開求人や転職ノウハウもあるので便利です。

もし転職サイト・エージェントを利用するのであれば、数社程度並行して利用するのがいいでしょう。サイトやエージェントによって、強みや受けられるサービスの内容も異なるので、より自分の希望する条件に合う求人が見つかりやすいメリットがあります。

ただし、あまりにもたくさんのサイト・エージェントに登録しすぎると、自分で管理できなくなる可能性もあるので注意が必要です。

⑦管理薬剤師の求人を狙う

30代薬剤師で、手っとり早くキャリアアップ・年収アップを目指すのであれば、管理薬剤師のポストを狙うのもひとつです。管理薬剤師はある程度のスキルが求められハードルが高いともいわれていますが、ポストや空きがあれば内定が決まるスピードも速いのでおすすめです。

マネジメント経験などがある30代薬剤師は、ぜひチャレンジしてみてください。

30代で薬剤師転職で必要なスキル・能力とは

30代の薬剤師は、20代の薬剤師とは求められる能力やスキルが異なります。そこでここでは、30代の薬剤師転職で必要になるスキルや能力についてご紹介します。

  1. 実務経験・調剤スキル
  2. コミュニケーション能力
  3. 積極的に学ぶ姿勢
  4. 危険察知能力

➀実務経験・調剤スキル

30代の薬剤師は、特に即戦力になる人材を求めるので実務経験や調剤スキルが重視される傾向にあります。

ただし30代では未経験への転職を目指す人もいるでしょう。未経験への転職でも、次の職場で活かせる能力やスキルはないかどうかを探すようにしましょう。

②コミュニケーション能力

薬剤師は、患者やお客さんを相手にする対人業務の職業でもあるので、コミュニケーション能力は必須になります。症状について親身に聞いたり、相手が求めるものを提供する力が要ります。

ほかにも、患者やお客さん以外でもスタッフ同士の人間関係を築いていくためにも、コミュニケーション能力や柔軟性は必要になってきます。とくにはじめは仕事を教えてもらう立場だったり、未経験だと知らないことがでてくるので社会人としての常識は身に着けておくようにしましょう。

③積極的に学ぶ姿勢

とくに未経験への転職の場合、年下の上司や先輩ができるケースも多いので、謙虚な態度や自分から積極的に学ぶ姿勢が必要になってきます。

また薬剤師業界といった医療に関わる現場は、つねに情報や知識が移り変わってきます。なかには、予防を意識したセルフメディケーションなどを期待する職場もあります。

さらにドラッグストアといった地元の人と話す機会が多いところだと、医療や健康情報について一般人に向けて分かりやすく伝える能力にも求められます。

したがって、新しい知識や情報に対して常にアンテナを高く持てる人が重宝されます。

④危険察知能力

意外に思うかもしれませんが、実は薬剤師として求められるスキルには危険を事前に察知して回避する力が必要だといわれています。

たとえば、薬の中には副作用が強いものや弱いものがあったり、飲み合わせが悪いものもなかにはあります。経験を積むごとに慣れてくるところではありますが、より早く危険察知能力を磨くには実臨床を学ぶのがおすすめです。

またドラッグストア勤務や病院勤務であれば、危険察知能力があることでクレーマー気質のお客さんや患者を見分けることもできます。事前に分かっていれば対応も変わってくるので、重大な失敗や事件を起こすことからも回避できます。

なかなかすぐに身に着けられる能力ではありませんが、薬剤師を対象とした危険察知のシミュレーション研修や勉強会などが開催されているので、ぜひチェックしてみてください。

30代の薬剤師転職で失敗しやすい人の特徴

30代は一般的に転職には有利と先には述べましたが、それでもすべての30代薬剤師が有利に転職活動を進められるとは限りません。そこでここでは、30代の薬剤師転職で失敗しやすい人の特徴についてご紹介します。

「今現在、転職活動中だがなんだかうまくいかない」方は、以下の状況に陥っていないかどうかチェックしてみましょう。

  1. 転職回数が多い
  2. 経験やスキルがない
  3. 経験がバラバラ、一貫性がない

➀転職回数が多い

薬剤師転職に関わらず、一般的に転職回数が多いもしくは短期での離職が続いていると、「またすぐに辞めてしまうのでは?」と企業側にいい印象を与えられません。実際、書類にはこれまでの経歴を全て記載しなければいけないので、書類審査委の時点での通過率もがくんと下がってしまうケースもあります。

とくに1年未満の就業期間だと、スキルや知識が充分学び切れていない可能性もあり、企業や職場が求めるところまで伴っていないと判断されることも。

30代であればこれまで数社程度経験した程度なら許容範囲内でしょうが、4社や1年未満での転職を重ねているのであれば要注意です。もしこれから転職を考えているのであれば、自分が転職を繰り返していないか、現職での実務経験や経験が短すぎないかどうかを確認してみましょう。

②経験やスキルがない

30代でも経験やスキルがない場合、なかなか転職が決まらなかったり転職でも不利になってしまう可能性があるため注意しなければいけません。前にも述べたように、30代は特に即戦力として期待されている傾向にあります。

反対に、これまで調剤薬局での経験しかないのに、いきなり民間企業や臨床経験が必要となる病院の求人ばかり応募してしまうとミスマッチです。

アピールできる実績やスキル、能力がないのであれば、「現職でできる経験はないかどうか」「個人で資格取得を目指す」「未経験への転職実績のある転職エージェントで全面的にサポートしてもらう」のがおすすめです。

③経験がバラバラ、一貫性がない

これまでの経験がバラバラ、もしくは職歴に一貫性がないと転職の際にも不利になりやすいので慎重に進めなければいけません。なぜかというと、これまでの職歴が統一されていないと「どれも中途半端で専門性に欠ける」「スキルが不足しているのでは」とマイナスイメージにつながるおそれがあるからです。

たとえば、企業・病院・調剤薬局でそれぞれ数年程度で転職を重ねていると、さまざまな経験があっても「結局どの能力に長けているの?」となります。ほかにも、30代でもそれぞれの経験数の短さによって、責任のあるポジションなども狙いにくくなってしまいます。

転職の軸もブレるので、自分がこれまで歩んできたキャリアや経験を振り返るとともに、今後の人生で自分がどのようなキャリアを積んでいきたいのかについて一度考えてみるようにしましょう。

30代の薬剤師転職におすすめの転職サイト・エージェント

先にも述べたように、転職活動をする際は薬剤師に特化した転職サイト・エージェントを利用するのがおすすめです。薬剤師に特化したサイトでは、通常では見られない非公開求人に出会えたり、専門性の高いスタッフからサポートを受けられるメリットがあります。

そこでここでは、30代の薬剤師転職におすすめの転職サイト・エージェントについていくつかご紹介します。

薬キャリエージェント

求人数約37,000件
特徴
  • ハイキャリアを目指す人におすすめ
  • 薬剤師登録数トップを誇る転職サイト
  • 非公開求人が多い

薬キャリエージェントは、株式会社エムスリーグループが運営する薬剤師登録数トップを誇る、薬剤師専門の転職サイトです。コンサルタント満足度も高いので、キャリアについて真剣に考えたい30代の方にもおすすめです。

全国多数の非公開求人や市場に出ていない求人も多数取り使っているので、より好条件で転職したい方やキャリアアップ・年収アップを目指す方は登録しておくといいでしょう。

ハイキャリアを目指す人へのサポートも充実しており、実際にも調剤薬局の事業責任者やマネジメント、ラウンダー、エリアマネージャーのポジションも紹介してくれます。年収で言えば、約600万~1,000万円の求人も取り扱っています。

また、求人票には見えない情報についても徹底的に調査をおこなっているので、本当に働きやすい職場かどうかや入社後のミスマッチも防げます。

薬キャリエージェントへ無料登録

ファルメイト

ファルメイト

求人数約18,000件
特徴
  • 派遣求人に強い
  • 関東・関西エリアでの高時給求人多数
  • 派遣スタッフサポートや福利厚生が充実している

ファルメイトは高収入求人を数多く取り扱う、薬剤師専門の転職サイトです。主に派遣の求人に強く、時給で言えば2,800円以上の求人も数多く取り扱っているので、自分のライフスタイルに合わせた働き方がしたい方におすすめです。

通常の求人情報では明かされない「働きやすさ」「人間関係」なども伝えてくれるので、「職場環境が自分に合っているか不安」といった方にとっても安心です。求職者が納得するまで何度でも同行してくれるなど、サポートが充実しているのもうれしいポイントです。

ファルメイトのサイトには、薬剤師の働き方や転職活動に役立つガイド、コンテンツなどが多数掲載されています。ほかにも、薬局や社長インタビューなども書かれているので、ぜひチェックしてみましょう。

ファルマスタッフ

求人数約46,000件以上
特徴
  • 20年以上の転職支援実績がある
  • 「薬剤師に選ばれる転職サイト」ナンバーワン
  • 年収600万円以上の薬剤師求人多数

ファルマスタッフは、「薬剤師に選ばれる転職サイト」において、ナンバーワンを獲得した実績のある転職サイトです。これまで20年以上にわたって薬剤師の転職サポートをしてきたノウハウがあるので、ハイキャリア転職や転職の経験がなくて不安な方にもおすすめです。

全国12拠点を展開していることから地方での求人も詳しいと評判で、職場の府に木や組織のビジョン、経営者の考え方など細かいところまで知れます。ほかにも、書類の作成や休日・給与などの条件交渉などもコンサルタントが一貫してサポートしてくれるので、現職が忙しい人でも自分のペースで転職活動ができます。

こだわり条件についても幅広く、「600万円以上の高収入」「4,000円上の高額派遣」「ブランク可」「未経験可」「在宅」「大手チェーン」などの求人も多数紹介されています。

無料でコンサルタント面談が受けられるので、気になる方はサイトで面談予約をしてみましょう。

ファルマスタッフへ無料登録

ファーマキャリア

ファーマキャリア

求人数約30,000件
特徴
  • ひとりひとりに合わせた「オーダーメイド求人」
  • コンサルタントの質が高い
  • ライフワークバランスを重視したい女性におすすめ

ファーマキャリアはすでにある求人をただ紹介するタイプではなく、希望条件に合わせて一番近い条件にある薬局や病院、ドラッグストアを紹介してくれる「オーダーメイド求人」が特徴の転職サイトです。

コンサルタントの質も高く、大手人材紹介会社で活躍していた優秀な人材を中心に構成されており、ヒアリング力や職場への交渉力などにも長けています。実際ファーマキャリアの利用者には、「年収アップできた」「好条件で転職できた」といった口コミも多数寄せられています。

「託児所あり」「産休・育休取得実績あり」「店舗異動なし」「残業なし」「扶養内勤務」など、育児をしながら働きたい女性の方にもおすすめです。

マイナビ薬剤師

求人数約63,000件以上
特徴
  • 運営元が医療業界に強い
  • 求人数が多い
  • 転職サポートが手厚い

マイナビ薬剤師は大手人材会社「マイナビ」が運営する、薬剤師に特化した転職エージェントです。全国のエリアに対応しており、20代~50代など幅広い年齢層向けの求人も多数あるので、30代の転職であれば登録しておいて損はないでしょう。

薬剤師としての業種やこだわり条件も多く、CRAやCRC、QA、MSLといったほかの転職サイトには掲載されていないような求人と出会える可能性も高め。

ハイキャリアを目指す薬剤師向けの求人特集もあり、「年収700万円以上」「ラウンダーや経営参画、薬局長、エリアマネージャーなどの高ポジション」などを、全国規模で紹介してもらえます。求人数も多く、転職に役立つノウハウや転職相談会なども積極的に開催されているので、ぜひ登録してみてくださいね。

マイナビ薬剤師へ無料登録

30代での薬剤師転職は経験とスキルが重要!

今回は、30代の薬剤師転職に向けて転職に必要なコツやスキルなどについてご紹介してきました。30代の薬剤師は一般的に経験やスキルが伴っていることから即戦力として採用されやすく、転職活動では有利に働くケースが多いです。

また30代でも前半までなら、まだ未経験への転職の選択肢も用意されており、新しいことにチャレンジしたいといった方ならなるべく早く行動することをおすすめします。しかし反対に、30代でも後半なら未経験の転職は難しくなる傾向にあり、それよりもマネジメント経験があるかどうかが重要になってきます。もし30代で年収アップを目指すのであれば、管理薬剤師を目指すのもひとつです。

「自分の市場価値について知りたい」「転職活動の進め方が知りたい」「ハイキャリア求人を紹介してほしい」方は、薬剤師に特化した転職サイト・エージェントを利用するのがおすすめです。今回の記事を参考に、後悔のない転職活動をしてくださいね。