薬剤師として一通りの業務を覚えた20代で転職を考える薬剤師も少なくありません。ほかにも、「そろそろキャリアアップを目指すべき?」と考える人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、20代薬剤師の転職について、転職成功のコツやポイント、注意点などについてご紹介します。

「今、20代で転職したいと思っている」「今すぐではないけれど、20代のうちに転職したい」方はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

20代での薬剤師転職は早い?

そもそも20代での薬剤師転職は早いのでしょうか?結論から言えば、20代での薬剤師転職は決して早すぎることはありません。大手転職サイトによると、薬剤師の約半数以上は入社4年未満で転職するといったデータもあるほどです。

「20代なんてまだまだスキルも経験もないのに転職なんてできるの?」と心配する方もいるでしょうが、20代での転職ではスキルではなくポテンシャル採用されやすいといったメリットがあるのでおすすめです。とくに人材不足に陥っている調剤薬局やドラッグストアであれば、ポテンシャル採用の傾向が強いので狙い目です。

1~2年目などの転職には注意が必要なケースも

薬剤師の転職は20代でも早くはないと先に述べましたが、入社して1~2年目などの転職の場合は注意が必要です。なぜなら、1~2年目で辞めると、転職先に「長続きしないのでは?」「嫌なことが合ったらすぐに辞めてしまうのでは?」とマイナスイメージにつながるおそれがあります。

とくに1~2年はまだ薬剤師としての充分なスキルを持っていないことが多く、「研修や教育に時間がかかる」と抵抗を感じられるケースも少なくありません。

希望の職場に決まらなかったりすることもあるので、できれば1~2年目ではなく3年目以降など、転職活動でアピールできる能力や資格を持ってから転職することをおすすめします。

20代の薬剤師の平均年収とは?

転職活動をするにあてって年収アップを目指す人も多いはずです。そもそも20代の薬剤師の平均年収は、20代前半だと400万円未満、後半だと450万~500万円未満程度だとされています。

また男女で比較してみると、男性の薬剤師の方が女性の薬剤師よりも約50万~100万円ほど高いとされています。

さらに薬剤師は職種別で見ると、平均が350万円程度なのでやや高い水準にあるといえます。もし薬剤師としての年収を上げたいのなら、資格手当を目標に薬剤師の業務に関する資格取得を目指すか、転職するのが有効です。

20代の薬剤師が転職を考えるきっかけ5つ

20代で薬剤師転職をする人はどのような理由で転職活動に踏み切るのでしょうか?20代で転職する人のきっかけは、おもに以下のものが挙げられます。

  1. 職場の人間関係
  2. 給料や待遇への不満
  3. スキルアップ体制が整っていない
  4. 入社後のミスマッチ
  5. ライフスタイルの変化

➀職場の人間関係

薬剤師に関わらず転職のきかっけに多いのは、職場の人間関係が合わないことです。特に薬剤師は業務の都合上、狭い空間で密なコミュニケーションになる傾向があり、一度人間関係が悪くなると一気に悪化しやすい面があります。

実際、転職サイトにも「女性の比率が多く、派閥が合って居心地が悪いと感じた」「無視される」といった口コミも多数寄せられています。ほかにも、一般企業のように「上司と相性が合わない」「ほかの同僚との仕事の熱量が違いすぎてストレス」などの悩みもあります。

人間関係で悩んでいる場合、すぐに転職するのではなくまずは上司に相談してみるのがおすすめです。上司に相談することで案外あっさりと解決するケースもありますし、部署や配属移動という形で何かしらの配慮をしてもらえる可能性もあります。

ただし、「上司に相談しても何も改善してくれない」「日常的にモラハラ・パワハラが続いており、誰も変わる見込みがない」「心身に影響を及ぼすほどのストレスを受けている」場合は、迷わず転職を踏み切ったほうが良いでしょう。心身的な問題が出ている場合、休職手当をもらえることもあるので無理しないことが何よりも大切です。

②給料や待遇への不満

ほかの職種と同様、給料や待遇への不満によって転職を検討するケースも少なくありません。

とくに20代の薬剤師の場合、まだスキルや経験が伴っていないことから年収が低い傾向にあり、「今よりも高収入を目指したい」理由で転職する人もいます。

しかしほとんどの場合、薬剤師としてある程度のキャリアを積めば少しずつ給料は上がっていく傾向にあるので、とくに1~2年の時点など早いうちに転職するのはあまりおすすめしません。仮に転職したとしても、はじめは低い給料からスタートすることもあるので、上司や先輩の雰囲気を観察してよく見極めることが大事です。

また給料のほかには、労働条件に不満があって転職するケースもあります。たとえば、「残業が多い」「有休など休みが取りにくい社風である」「かなり忙しい職場である」など。程度にもよりますが、明らかに職場環境が改善される見込みがないと判断した時に転職を考えることが多いのです。

③スキルアップ体制が整っていない

「現職では成長できない」「市悪支援制度など職場のスキルアップ体制が整っていない」と不満を感じ、20代のうちに転職を考える薬剤師も多くいます。特に20代でも業務を一通り習得した後半に差し掛かると、「そろそろ年収アップのために資格を取りたい」「重要なポジションに就きたい」といった希望も出てきます。

しかし、いざスキルアップ・キャリアアップを目指していても、職場で支援制度や教育体制が整っていないと実現は難しくなります。

現職で成長できないと思った場合、すぐに転職に踏み切るのではなく、スキルアップの手段が転職以外にないかどうかを一度確認してみましょう。書籍や学会、研究会への参加によってスキルアップできる可能性もあり、無理に転職しなくてもいいケースもあります。

若いうちからの転職や転職回数が重なると、転職活動の際でもマイナスイメージにつながる恐れもありますからね。

④入社後のミスマッチ

薬剤師が20代のうちに転職を考える理由として、「入社前に考えていた職場と違った」といったミスマッチやギャップによるものが挙げられます。

たとえば、「思っていた業務内容ではなかった」「残業が少ないと聞いていたのに、実際はかなり忙しかった」「職場の雰囲気が合わない」といったもののケースがあります。

就活の時点で企業や業界研究が足りなかったといった原因も考えられますが、実際求人内容と異なるのは決して珍しいことではありません。しかし、まだ一通りの業務を覚えていないのにすぐに転職してしまうと、スキルや経験がなくアピールできにくいので、ある程度の実務経験を積んでから動き出すのが賢明です。

⑤ライフスタイルの変化

薬剤師に関わらず、女性の場合はライフスタイルの変化で転職を検討するケースが多いです。特に薬剤師が女性比率が高い職種なので、結婚や出産、育児といったライフスタイルの変化によって、20代~30代を中心に転職するといわれています。

ライフスタイルが変わる場合、まず現職に「産休・育休制度の取得実績があるか」「非正規雇用など、雇用形態を変えることはできないか」「忙しくない別店舗への異動はできるか」などを上司に相談してみましょう。ほかにも同じ境遇の同僚がいれば、ライフスタイルの変化でどのような働き方をしているかなどをチェックしておくのも有益です。

ただし、雇用形態の変更や別店舗への異動に関しては職場によって対応できないケースもあるので要注意です。もし、現職で思ったような対応をしてもらえないのであれば、転職を検討してみてもいいかもしれません。

20代で薬剤師転職するメリット3つ

一見、スキルや経験の伴わない20代での薬剤師転職は不利だと思われがちですが、実は20代での転職は見方を変えれば有利になるケースもあります。ここでは、20代で薬剤師転職するメリットについていくつかご紹介します。

  1. ポテンシャル採用されやすい
  2. 異業種転職にチャレンジできる
  3. 公務員薬剤師なら若いうちが有利

➀ポテンシャル採用されやすい

20代の薬剤師は将来性が期待できるということで、スキルや実績がなくてもポテンシャル採用で決まりやすい可能性があります。ポテンシャル採用とはおもに、経験やスキルではなく伸びしろや成長、個人の人側などを重視して人材を採用することです。

また、とくに新卒から3年未満だと「第二新卒」として扱われ、新卒や中途採用では通りにくい人気の職場や有名な会社で働けることも。

主に企業側が第二新卒を採用するメリットには、「社会人としての常識があるため、新人研修を省ける」「20代といった若さがあるからこそ、柔軟性が高い」「業務の吸収が早い」「新しい価値観を取り入れるため」などが挙げられます。実際、倍率の高い病院などに内定が出たといった薬剤師もいるほどです。

ただし、ポテンシャル採用が通用するのはおおよそ20代までなので、30代などになると経験やスキルの方をアピールするようにしたほうがいいでしょう。

②異業種転職にチャレンジできる

一般的に異業種への転職となると不安はつきものです。しかし、20代だと将来性やポテンシャルを重視するため、チャレンジしたいのなら20代のうちに転職するのもひとつです。たとえば、「調剤薬局から総合病院に転職したい」「病院や薬局から一般企業に転職したい」なども、未経験でも採用されやすいので狙い目です。

反対に30代以降になると、どこの職場でも採用側は求職者に対して即戦力になる人材かやマネジメント経験の有無などを重視し始める傾向にあるので、より異業種への転職のハードルは高くなります。

したがって、異業種にチャレンジしたい気持ちが少しでもあrのであれば、なるべく20代のうちなど早めに行動を起こすことをおすすめします。

③公務員薬剤師なら若いうちが有利

先にも述べたように異業種への転職をするのなら20代のうちが有利ですが、中でも特に公務員薬剤師を目座足ているのであれば、より早めに決断することが大切です。なぜなら、公務員として薬刺しが働ける職場の多くには、年齢制限があるケースがほとんどだからです。

おおよそ国家公務員では29歳未満での募集が多く、それまでに試験に合格する必要があります。勉強時間の確保などを逆算すると、かなり早い段階での見極めが必要となるでしょう。

20代の薬剤師転職を成功させるポイント4つ

20代など若手のうちに転職をするにはいくつかポイントがあります。そこでここでは、20代の薬剤師が転職に成功させるコツについてご紹介します。

  1. 転職理由や職場に求める条件を明確にする
  2. 新しい職場に貢献するという意志を伝える
  3. 転職サイト・エージェントを利用する
  4. 年収アップを目指すなら資格手当を狙ってみる

➀転職理由や職場に求める条件を明確にする

転職理由や職場に求める条件があいまいなまま転職活動をしてしまうと、失敗しやすいので注意しなければいけません。したがって、転職活動を本格的に始める前には必ず、「なぜ転職したいのか」「転職先に何を求めるのか」をハッキリ分析するようにしましょう。

転職する目的には、年収アップや残業を減らしたい、ライフスタイルの変化に伴って改善したい、異職種にチャレンジしたいなど人それぞれです。もちろんすべての希望を満たせる職場を見つけるのは難しいので、いくつかの希望が定まったら優先順位を決めておくことも大切です。

また、条件や希望を定めておくことで、入社後のミスマッチやギャップ、早期離職を防げるといったメリットもあります。

②新しい職場に貢献するという意志を伝える

20代のうちに転職したいのであれば、新しい職場に対して貢献したい意志をしっかりアピールすることが大切です。とくに20代など若手の転職者や短期間での転職の場合だと、「本当に自社に貢献してくれるのか」「またすぐに転職されてしまうのではないか」といった疑念を抱く企業の担当者や人事も少なくありません。

面接時は転職活動の軸や自分を採用することのメリット、これまでの経験や意欲の高さをアピールするようにしましょう。

③転職サイト・エージェントを利用する

20代で転職となると、「何から始めたらいいの?」「自分に合った職場の見つけ方が分からない」といった方も多いでしょう。転職サイトやエージェントを利用すれば、初めての転職やより効率的に転職活動を進められるのでおすすめです。

求人数が多い転職サイトで薬剤師の求人を探すのもひとつですが、薬剤師に特化したサイトやエージェントを利用するのもおすすめです。業界に特化したサイトであれば、担当者も薬剤師に関する知識や内情に詳しく、希望条件に近い求人を紹介してくれたり自分のキャリアについての相談にも親身に乗ってくれやすいメリットがあります。

④年収アップを目指すなら資格手当を狙ってみる

20代で薬剤師として年収アップを目指すのであれば、資格手当を狙ってみるといいでしょう。資格手当とは、特定の資格を取得することで基本給に加えて支給される報酬のことで、転職活動の際にも優遇される可能性が高いです。

たとえば、認定薬剤師や産業カウンセラーといった薬剤師の業務に関わる資格であれば、資格手当を支給してもらえやすいといわれています。したがって、今すぐ転職するわけではない人でも、20代のうちから資格取得を目指すのがおすすめです。

20代の薬剤師転職でよくありがちな失敗

20代の薬剤師転職では、入念な準備が何よりも大事です。そこでここでは、20代の薬剤師転職でよくありがちな失敗や対策方法について良くつがご紹介します。これから転職活動を始める方はぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 年収の高さだけで判断してしまう
  2. 現職を辞めてから転職活動する
  3. 情報収集が不十分
  4. 環境さえ変われば上手くいくと思っている

➀年収の高さだけで判断してしまう

20代の薬剤師転職でありがちな失敗としては、年収だけで安易に転職先を判断してしまうといったものが挙げられます。

もちろん転職先を選ぶうえで年収の高さは重要なポイントのひとつではありますが、年収があからさまに高すぎる職場はブラックなところだったり福利厚生が充実していない可能性がありますので注意しなければいけません。

そうなると、せっかく転職したのに「こんなはずじゃなかった」「かえってライフワークバランスが両立できなくなった」といった入社後のミスマッチや早期離職につながることも。

年収の高さは魅力のではありますが、やたらと好条件と思えるところでも必ず口コミや福利厚生、有休取得率などほかの部分も必ずチェックする等にしましょう。

②現職を辞めてから転職活動する

薬剤師に関わらず、内定が出る前に今の職場を先に辞めてしまうのはリスクが高いので避けたほうが良いでしょう。

辞めてから転職活動をおこなうのは確かに転職活動のための時間は取れますが、内定獲得までに時間がかかった場合、無収入の状況が長くなるリスクもあります。貯金を切り崩しながらの生活になるため経済的な消耗が激しくなりますし、精神的にも追い詰められて結果的に妥協してしまうことも。さらに転職活動の際も、空白期間が空いてしまうと不利になるケースもあります。

したがって転職活動をする際は、忙しいかもしれませんが在職中に並行しながら行うことをおすすめします。

また働きながら転職活動をすることで、「転職する必要性がない」「今の仕事をつづけたほうが良い」「そこまで転職を急ぐ必要がない」など、考え方自体が変わる可能性もあります。冷静に求人を比較できるといった意味でも、働きながら転職活動をするほうが良いでしょう。

③情報収集が不十分

企業や業界への情報収集が不十分で、入社後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するケースは少なくありません。

また転職活動の際でも、「聞きたい情報について聞けなかった」「内情について詳しくわからなかった」といったことが原因でみすまっちにつながることもあります。

情報不足によって転職の失敗を防ぎたいのなら、以下のポイントについてしっかり確認するようにしておくといいでしょう。

  • 給与、待遇、福利厚生面
  • 勤務時間
  • 休日日数
  • 処方箋枚数

特に薬剤師の仕事は休日出勤になることも多く、休日日数や勤務時間についてはよく確認しておくといいでしょう。ほかにも、職場の忙しさを判断するにはひとりあたりの処方箋枚数などを見ればある程度判断できるでしょう。

薬剤師に特化した転職エージェントでは、実際に職場の雰囲気や内情を詳しく把握しているところもあるので利用してみるといいでしょう。

④環境さえ変われば上手くいくと思っている

環境さえ変わればすべてがうまくいくと思いながら転職活動をおこなっていると失敗する可能性が高いので注意が必要です。とくに「薬剤師の仕事自体がつまらない」「職場の人間関係が上手くいかない」といった理由の場合、転職しても改善されにくいです。

したがって、実際に転職活動を始める前には必ず、「転職しなくても解決できる方法はないか」や「自分が職場もしくは仕事に対してどのような不満を持っているのか」を客観的に見つめ直すことが何よりも大事です。

とくに20代など、スキルや経験がない間での転職だと、年齢を重ねることで解決するケースもあるかもしれませんので、慎重に進めていくようにしましょう。

20代の薬剤師が転職の際で注意すべき点

20代の薬剤師転職において以下の点に注意しておくといいでしょう。

  1. 最低でも1年以上は働いてから転職する
  2. 年収が低いところからのスタートになる可能性がある

最低でも1年以上は働いてから転職する

20代で薬剤師転職をするのであれば、最低でも同じ職場で1年以上働いてから活動することをおすすめします。なぜ1年以上の実務経験が必要なのかというと、1年未満といった短期間での転職だと「自社に入社してもすぐに辞められてしまうのでは?」といったマイナスイメージにつながる可能性があるからです。

1年以上あれば必ず採用されるというわけではありませんが、一通りの業務をこなせることや忍耐力があることのアピールにもなります。したがって、現職に何らかの不満を感じている場合でも、なるべく1年以上勤めてから転職活動するのがベストです。

年収が低いところからのスタートになる可能性もある

20代で薬剤師転職するとなると、場合によってはたとえ転職に成功したとしてもスタートは年収が低い可能性もあるので前もって頭に入れておいた方がいいでしょう。特に20代前半は経験やスキルが浅いことから希望年収が見込めないこともあるので、特に年収アップを第一に転職したい人は注意しなければいけません。

一方、20代でも後半になると、ある程度の経験やスキルがあると見込まれるので前職の年収よりもアップする確率が高いのでおすすめです。

もし転職によって年収アップを目指すのなら、20代後半もしくは何かしらの資格やスキルを身に着けてから転職するのがいいでしょう。

20代の薬剤師転職におすすめの転職サイト・エージェント5選

先にも述べたように、20代での薬剤師転職をするなら薬剤師に特化した転職サイト・エージェントを利用するのがおすすめです。薬剤師に特化したサイトであれば、転職活動サポートも充実している可能性が高いので初めての転職でも安心。

そこでここでは、20代の薬剤師転職に向いている転職サイト・エージェントについていくつかご紹介します。

薬キャリエージェント

求人数約37,000件
特徴
  • コンサルタント満足度95%
  • 薬剤師登録者数ナンバーワン
  • 高年収、派遣、育児中の女性の求人多数

薬キャリエージェントは、株式会社エムスリーグループが運営する薬剤師登録者数ナンバーワンを誇る、薬剤師専門の転職支援サービスです。コンサルタント満足度も95%と高く、20代で初めての転職を目指す方にもおすすめです。

取り扱う業種は主に、調剤薬局・病院・調剤薬局・OTC販売・企業などがあり、正社員だけではなくパートの求人もあります。

登録すれば、最短即日で最大10件の求人を紹介してくれるので、自分の市場価値を知りたい方やなるべく早く内定を目指す方にも向いています。もし希望に合わない場合でも、コンサルタントが非公開求人や職場に直接交渉などをおこなうことでどんどん紹介してくれます。

通常求人票ではわからない情報についても、徹底的な調査によって「年収が高い理由」や「働きやすい職場かどうか」「有休取得率の高さ」などを教えてくれるので登録しておくといいでしょう。

薬キャリエージェントへ無料登録

ファルマスタッフ

求人数約46,000件以上
特徴
  • 地方の求人にも強い
  • 薬剤師の転職サポート20年以上
  • 転職相談会などのイベントを開催

ファルマスタッフは、「薬剤師に選ばれる転職サイト」においてナンバーワンの実績を獲得している、薬剤師の求人・転職支援サイトです。

正社員だけではなく派遣スタッフの募集にも力を入れており、派遣スタッフとして安心して働ける福利厚生や教育制度が整った職場を数多く取り扱っています。転職を機に自分に合った働き方がしたい方や、定時で帰りたい方は要チェックです。

ファルマスタッフは全国12拠点に展開していることから、地方での求人にも対応していることに強みを持っています。薬局や病院などに足を運んでいるからこそ、職場の雰囲気について分かるといった口コミもあります。

また、大手薬局や日本調剤のノウハウを活かした教育サービスが用意されているので、スキルアップやキャリアアップを目指す人にもおすすめです。

サイトには、業界動向のポイントや円満退職の仕方、転職成功事例などが掲載されているので、すぐに転職しない方にとっても有益な情報を得られます。

ファルマスタッフへ無料登録

ファルメイト

ファルメイト

求人数約18,000件
特徴
  • 関西圏、首都圏の求人が多い
  • 派遣、紹介予定派遣にも対応
  • 高時給、好待遇の求人多数

ファルメイトは主に関西圏や首都圏エリアに強みを持つ、薬剤師専門の転職サイトです。高収入求人が多いことに定評があり、関西・関東エリアなら時給2,800円以上の求人を取り扱っています。

派遣求人も多く、働く日数や時間などに縛られたくない方や、ライフスタイルに合わせた働き方がしたい方にもおすすめです。正社員や派遣以外にも、契約社員や嘱託社員、紹介予定派遣などもあるので、単発で働きたい方にも向いています。

ファルメイトには「エキスパート薬剤師」と呼ばれる制度があり、ファルメイトが取引している企業の調剤薬局等で働けます。好待遇で働けることもあるので、自分のスキルなどを活かしたい人はぜひ利用してみてください。

マイナビ薬剤師

求人数約63,000件以上
特徴
  • 求人数が多い
  • 細かいこだわり条件で絞れる
  • はじめての転職~ハイクラス求人を取り扱う

マイナビ薬剤師は大手人材会社「マイナビ」が運営する、薬剤師専門の転職エージェントです。運営元が大手だからこそ求人数が多く、全国のエリアにも対応しているといった強みがあります。20代~50代など幅広い年齢層の方が利用しているので、信頼度も高めです。

求人の中には、「残業少なめ」「外国語を活かせる」「年収500万円以上」「産休・育休取得実績あり」「転勤なし」など、細かい条件で絞れるのも魅力です。

またマイナビ薬剤師は、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが薬局やドラッグストア、病院、クリニック、企業などに直接足を運んでいるので、よりリアルな内情を知れます。転職後のアフターフォローも充実しているので、初めての転職者にもおすすめです。

サイトには薬剤師の転職に役立つガイドやノウハウについて書かれたコラムやツールなどもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

マイナビ薬剤師へ無料登録

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

求人数100,000件
特徴
  • 運営元が医療業界に強い
  • 求人数が多い
  • 転職サポートが手厚い

リクナビ薬剤師はリクルートメディカルキャリアが運営する、薬剤師に特化した転職サイトです。運営元が医療業界に強みを持つので、圧倒的な求人数を持っています。

ドラッグストア系の企業求人から製薬会社や化粧品メーカーといった企業なども取り扱っているので、幅広い選択肢から見つけたい方にはおすすめです。

求人の更新頻度も高く、担当者からのスピーディな転職サポートも評判なので早期内定を目指す方は登録しておくといいでしょう。

サイトには、キャリアアドバイザーの詳しい情報や得意分野について掲載されているので、ぜひ利用してみるといいでしょう。

薬剤師の転職に欠かせないおすすめの転職エージェント17社を徹底比較! 

調剤薬局や病院薬剤師の求人が豊富な薬剤師専門の転職サイトを比較 

20代でも薬剤師として転職できる!

今回は20代の薬剤師転職について解説していきました。20代の薬剤師転職は一見「スキルや経験がないのにできるの?」と心配する方も多いでしょうが、20代はポテンシャル採用が期待出来たり、異業種への転職でも可能性が高いなどメリットもたくさんあります。

ただし20代でも「1年未満での転職」や「人間関係や年収などですぐに転職してしまう」「情報収集が不十分である」といった場合、転職をしてもミスマッチや早期離職につながることもあるので注意しなければいけません。

転職の失敗を防ぐためには、転職の目的や目標を明確にしたり、転職先に求める条件を見直すなど綿密な準備が必要です。もし、「ひとりで転職活動を進めるのが不安」といった方は、薬剤師専門の転職サイト・エージェントを利用してみるのもおすすめです。今回の記事を参考に、20代での薬剤師転職を成功させてくださいね。