第二新卒はやめとけ・やばいという声を聞いたことがありませんか?

なぜやめとけ・やばいといわれるのか疑問に思う方が多いと思います。

実際に第二新卒での転職活動はうまくいかないと思いなかなか今の会社を辞めることができない方も多いと思います。

今回の記事では、第二新卒がなぜやめとけといわれるか・おすすめの転職エージェント・サイトを紹介します。

この記事を読むことで第二新卒でも、転職活動を成功させることができます!

是非参考にしてください!

目次

なぜ第二新卒はやめとけといわれるのか?

第二新卒の方が、頻繁に耳にするセリフ「第二新卒はやめとけ」はなぜ言われるのでしょうか?

年齢的にも20代で若く、伸びしろがある面に関しては新卒と変わりません。

ここからはなぜ第二新卒はやめとけと言われるのか理由を説明します。

  • 目立ったスキル・能力がない
  • 面接官からみて印象が悪い

目立ったスキル・能力がない

第二新卒の方は、新卒で入社してから1〜5年程で退職をするケースが多いです。

よって、その人に目立ったスキル・能力がないという特徴があります。

簡単にいうと、転職の際にアピールする材料がないということです。

また目立ったスキル・能力がないことで、下記の様な不遇もあります。

前職での経験やスキルが限定的であるため、自己PRに自信が持てない。

これまでとは異なる業種や職種を希望するが、競争相手に比べて劣勢に立たされる可能性がある。

同じ職種に応募する場合、採用基準を満たせず不採用になる可能性がある。

経験やスキルがないため、適切な職種や業界を見つけるのが難しい。

 

このように第二新卒は、社会人経験もスキルも十分に身についていないのでなかなか転職先から必要とされないケースが多いので「やめとけ」と言われることがあります。

面接官からみて印象が悪い

次に、第二新卒は面接官からみて印象が悪いという点です。

なぜ第二新卒は面接官からみて印象が悪いのでしょうか?

主に下記の様な理由が挙げられます。

  • 異なる業種や職種を希望するが、十分な理由を説明できない
  • 前職での経験やスキルが求められる職種に応募するが、スキル不足で不採用になる

異なる業種や職種を希望するが、十分な理由を説明できない

第二新卒の方々が前職での経験やスキルが異なる業種や職種を希望する場合、面接官に対して十分な理由を説明できない場合が多いです。

なぜ前職とは異なる業界へ進みたいのか・なぜ希望するのが新卒で入った会社の業界ではないのかなど面接官は多くのネガティブな印象を受けます。

また、第二新卒の方自身も単に自分に向いていなかったなどの理由で新卒で入社した会社をやめることが多いので面接官からの印象が悪くなってしまいます。

前職での経験やスキルが求められる職種に応募するが、スキル不足で不採用になる

第二新卒には、十分なスキル・知識が備わっていないことが多いです。

よって、応募者がなにができるかをみる会社によってスキル不足とみなされ不合格になるケースが多々存在します。

中途に負けないくらいの知識・スキルをもっている第二新卒も中にはいますが、なかなかそのスキルを面接官に伝えることができず転職がうまくいかないということは多々あります。

スキル不足で転職ができるか悩んでいる方は、下記記事をチェック!

スキルがないけど転職したい!内定が決まるスキルの見つけ方とアピール方法とは

そもそも第二新卒ってなに?

「第二新卒」とは、新卒入社から3年以内で離職・転職活動を行う25歳前の求職者のことです。

新卒として企業に入社し一定の経験を積んでから、再び転職をする際に使われます。

新卒採用は日本の一般的な就職スタイルであり、大学や専門学校を卒業した学生が企業に入社することが一般的です。

しかし、一度は就職して働いても、自分の希望する職務やキャリアを見つけられず、新たに転職を考える若手社会人が増えてきたことから、「第二新卒」という用語が使われるようになりました。

新卒・中途との違い

多くの方が、第二新卒・中途との違いをはっきり理解していないと思います。

実際に、入社からどのくらいで会社を退職したら第二新卒もしくは中途なのかなど境目があいまいですよね。

まずは、第二新卒と中途との違いを解説します。

第二新卒一度就職しているため一定の職務経験を持っているが、まだ社会経験が浅い
中途既に社会経験を持っており、一定の職務経験を持っている場合が多い。また専門的な的な知識・ノウハウがある

次に新卒と第二新卒の違いを説明します。
下記が新卒に当たる特徴です。

新卒大学または専門学校などの卒業後、初めての就職活動を行う人・これまで企業で働いた経験がない人のこと

いかがでしょうか?

このように第二新卒・中途・新卒には明確な違いが存在します。

特に、中途と第二新卒の違いがわからず混乱する方が多いと思います。

今の自分の状態に、一番当てはまるものはありますでしょうか?

やめとけと言われている第二新卒が転職で成功するには?

ここからは、やめとけと言われている第二新卒が転職で成功するための秘訣を紹介します。

第二新卒だからといって、転職活動でマイナスに働くことはありません!

むしろ、面接時に前の会社をやめた理由や自分の考えるキャリアプランをポジティブに伝えることで印象がアップします!

希望する企業の面接の時は、下記内容を意識することをおすすめします!

なぜ転職するかを伝える

多くの第二新卒の方が、「なぜ転職をするか」が曖昧です。

理由は、単純に前職が人間関係や自分に合わない職種などの理由が多いからです。

よって、ただ違う職場にいきたいという方が多く、明確に転職したい理由がないからです。

そのため、第二新卒で転職活動をする時はなぜ自分が転職をしたいのかを明確に決めておきましょう。

また、下記が第二新卒におすすめの転職理由になります。

キャリアアップのため

第二新卒は、今後のキャリアアップを考えて将来的に目指すポジションや役割に合わせた職場を求める場合があります。

前職での経験を生かしてより上位のポジションや、自分が興味を持っている業界や分野に進むための職場を探すことがあります。

働く環境の改善

前職での人間関係や職場の雰囲気、労働時間・休暇制度などに不満を感じている場合、転職を考えることがあります。

自分が働きやすい環境で働くために、転職を選択することがあります。

業界・企業の変化による転換

業界や企業の変化により、第二新卒が所属する企業が経営環境や事業戦略を変更する場合やその中で自分がやりたい仕事やキャリアを追求することができない場合などです。

自分が関心を持つ新しい分野や業界に進むために転職することがあります。

キャリアプランや自分の強みを明確に伝える

第二新卒の方は、転職活動で成功するためには自分のキャリアプランや自分の強みを明確に伝えることが大切です。

自分の理想とするキャリアをきずくために、御社を志望しているという情熱を伝えることが大切です。

また、第二新卒には中途の方に勝る武器がなかなかありません。

よって、面接では自分に何ができるかではなくどのような強みがあるかを明確に伝えることが大切です。

つまり自分がどのような人間かを伝えることで、面接官から良い印象を抱いて貰いやすくなります。

最低限のビズネスマナーを身に着ける

面接官からして、第二新卒はビジネスマナーはあるものという見られ方をします。

よって、基本的なマナーが身についていない場合悪い印象を抱かれてしまいます。

そのため、前職で十分にビジネスマナーを学べなかった・忘れてしまったという方は再度勉強して学び直すことを意識しましょう。

転職活動中に自分自身のビジネスマナーについて見直し、改善する努力をすることが大切です。

就職活動中にビジネスマナーを学べる研修やセミナーに参加することで社会人に負けないビジネスマナーを身に着けましょう。

また、セミナーに参加する以外にも下記の方法でビジネスマナーを学ぶことができます。

本を読んで学ぶ

ビジネスマナーに関する書籍やビジネスマナーについてのWebサイトなどを読み、自己学習することができます。

ビジネスマナーに関する基本的な知識から、細かいマナーまで幅広く学ぶことが可能です。

自己チェックする

自己チェックをすることで、自分自身のビジネスマナーを客観的に確認することができます。

例えば、ビジネスマナーに関するチェックリストを用意して、自己チェックが可能です。

また、周りの人々にアドバイスをもらうことで、自分自身のマナーを改善しましょう。

是非参考にしてください。

すぐに退職するイメージを与えない

第二新卒がやめとけと言われる理由として、すぐに退職するイメージがあるというものがあります。

なぜなら、第二新卒は新卒で入社した会社をすぐにやめたという事実があるからです。

よって、自分の会社に入れてもすぐにやめてしまうのではないかというイメージができてしまいます。

そのために、なぜ自分が前の職場をやめたのかをしっかりとして理由と共に伝えることが必要です。

主な第二新卒の方が前の会社をやめる理由は下記になります。

  • 職場環境や人間関係の悪化
  • 業務内容や職務に対する不満
  • 希望する待遇・福利厚生が得られなかったため

このように、マイナスな理由であることがほとんどです。

よって面接官には、自分はこの会社で長く続けることで実現したいプランなどを伝えてすぐにやめないというアピールをすることが大切です。

倫理的な思考があることをアピールする

先程解説した通り、第二新卒の方々は専門的なスキル・知識が中途の方と比べた場合、特にどうしても劣ります。

スキル・知識は劣りますが第二新卒は、ポテンシャルは中途よりも高いです。(年齢・体力・素直さなど)

よって、倫理的な思考があることがアピールできたら内定を貰いやすくなります。

主なアピール方法は、下記が挙げられます。

実績や経験を通じて倫理的な思考を示す

これまでの職務経験や活動実績を通じて、倫理的な思考や行動を示した経験をアピールすることができます。

具体的な事例を交えて、自分自身がどのように倫理的な判断をしてどのような行動をとったかを説明しましょう。

エッセイや面接で自己表現する

転職活動の中で自己PRをする機会がある場合には、倫理的な思考についてもアピールすることができます。

自分自身がどのように倫理的な思考を持っているか、なぜそれが重要なのかについて、自己表現をすることが重要です。

また面接時には、倫理的な問題について質問された場合には、具体的な事例を交えて、倫理的な思考を持っていることをアピールすることをおすすめします。

やめとけといわれる第二新卒が転職するメリット

第二新卒が転職するメリットを紹介します。

主なメリットは、下記です。

  • 新しい環境でのスキルアップ
  • 自分のキャリアに合った仕事が見つかる
  • 新しい人間関係の構築

新しい環境でのスキルアップ

新しい環境で働くことで、新たなスキルを習得することができます。

また、異業種に転職することで、幅広い業界知識を得ることができる可能性もあります。

若いうちに幅広い業界を見ることで自分に本当に適性がある業界・業種を見つけることができます。

この経験があることで、将来の転職をする際に役に立つことがあるかもしれませんね。

自分のキャリアに合った仕事が見つかる

転職をすることで、自分のキャリアに合った仕事が見つかることが多々存在します。

1つの会社に長年いたら、発見することができない学びが見つかることでしょう。

また、自分の理想とするキャリアを叶えるための方法として転職を選ぶという方も第二新卒の中には存在します。

新しい人間関係の構築

転職先で新しい人間関係を築くことで、自分自身の人脈を広げることができます。

ビジネスの世界では、人脈は自分で築く以外に広げる方法はありません。

よって、20代の若い内に転職をして人脈を作ることで将来の仕事で役に立つことがあるかもしれません!

第二新卒が転職するデメリット

ここからは、20代前半で転職するデメリットを紹介します。

今の会社をやめて第二新卒として転職活動をしようと考えている方は下記内容をしっかり見て自分によって最善を判断しましょう。

下記が20代前半で転職するデメリットです。

  • キャリアに傷がつく
  • スキルがあると思われて、即戦力にされがち
  • 給与面での不利益
  • コミュニケーション能力の不足

キャリアに傷がつく

20代前半での転職は、キャリアに傷がつくと言われています。

なぜなら、なかなかスキルや知識を身に着けることができず時間を無駄にしてしまうリスクがあるからです。

自分が身に着けたいスキルが得られる会社で長年務めることも将来転職活動を行う上で役に立ちます。

今の職場に不満がある方は第二新卒として自分が成長できる環境に飛び込むことも大切です。

ただし、20代前半で転職回数が多くなるのは注意が必要です。

特に、同じ業界の企業を点々とする場合は業界内での信頼性や信用を損ねる可能性があるため、慎重に判断する必要があります。

スキルがあると思われて、即戦力にされがち

「スキルがあると思われて、即戦力にされがち」も第二新卒が陥りがちなあるあるです。

面接のときに、前職での経験などを話すことで○○のスキルがあると勘違いされてしまいます。

よって、入社後すぐに現場での活躍を求められるということが多々あります。

十分なスキル・知識がないので会社が期待するほどのパフォーマンスが発揮できないことが多いです。

会社側からすると採用後の悪いギャップということになります。

給与面での不利益

転職に伴い、給与が上がらない場合があります。

また、20代前半の場合、職務経験やスキルが未熟なため、前職よりも低い給与で採用される可能性もあります。

コミュニケーション能力の不足

20代前半の場合、社会人としての経験が浅いため、コミュニケーション能力が不足していることがあります。

転職先でのチームワークやビジネスマナーに対する理解が必要とされます。

よってコミュニケーション能力が不足していると、職場での成果に影響を与える可能性があります。

第二新卒で転職を行う際の必ず行うこと

第二新卒で転職を行う際の必ず行うことを紹介します。

新卒で入社した会社を退職し新たなキャリアを気づくためにどのようなことをまず行えばよいのか紹介します。

主に下記3つがあげられます。

  • 転職先の情報収集を徹底すること
  • 面接対策を徹底すること
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント・サイトに登録する

転職先の情報収集を徹底すること

転職先となる企業の情報を収集し、自分が求める条件に合致しているかどうかを確認することが重要です。

ホームページやSNS、求人情報サイトなどを利用して、企業のビジョンや社風、採用情報などを把握しましょう。

また、その企業で活躍している方のキャリアを見て自分の希望と合うかどうかなども確認することをおすすめします。

面接対策を徹底すること

転職活動をする=面接対策です。

よって、どのように企業のビジョンや社風に合わせた志望理由や、自分の経験やスキルをアピールするかなどをしっかり考えることを徹底しましょう。

また、第二新卒ならではの面接での鉄板質問なども事前に予測して対策するようにしましょう。

面接対策などは、自分だけだとできることに限界があります。

よって、転職エージェントのような転職のプロに相談しながら進めていくことをおすすめします。

面接に関する記事は、下記をチェック!

そのスーツ面接に落ちますよ。女性の転職で絶対にやってはいけない服装&髪型まとめ

第二新卒におすすめの転職エージェント・サイトに登録する

最後は、第二新卒におすすめの転職エージェント・サイトに登録です。

新卒の就職活動は、各企業へエントリーシートなどを送付し面接を行うというのが一般的です。

第二新卒からの転職活動は転職エージェント・サイトを利用したほうが遙かに効率的で自分にあった求人を見つけることができます。

また、転職エージェントに登録することでコンシェルジュがあなたにあった求人の紹介・面接対策・履歴書の確認などを行ってもらえます。

よって、第二新卒で転職活動をする際は必ず転職エージェント・サイトに登録することをおすすめします。

第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは、第二新卒が絶対に利用するべき転職サイト・エージェントを紹介します。

第二新卒には、そのような転職エージェント・サイトが向いているのかわからないという方が多いと思います。

そんな方には、第二新卒の求人・20代・未経験歓迎などの要素がある転職エージェント・サイトを利用するべきです!

下記が、第二新卒が絶対に利用するべき転職サイト・エージェントです。

doda

「doda」とは、日本の転職支援サイトの一つであり、株式会社リクルートキャリアが運営しているサービスです。」

dodaには、下記の様な特徴があります。

幅広い業種・職種の求人情報

dodaは、IT・Web、エンジニア、営業、事務、医療・福祉、販売など、幅広い業種や職種の求人情報を掲載しています。
また、正社員や契約社員、派遣社員などの雇用形態も多様にあります。

転職支援サービスの提供

dodaは、履歴書の添削や面接対策のサポート、キャリア相談などの転職支援サービスを提供しています。

また、転職エージェントの紹介や転職フェアの開催など、転職活動を支援するイベントも定期的に行っています。

第二新卒向けの求人情報が豊富

dodaは多くの企業と提携しており、第二新卒向けの求人情報も多数掲載されています。

第二新卒の方が興味を持つような未経験可や新卒採用に近い求人情報が多くあり、自分に合った求人を見つけやすいです。

エントリーレベルのポジションが多い

dodaには、未経験からのスタートが可能なエントリーレベルのポジションが多くあります。

第二新卒の方にとって、スキルや経験を活かしやすいポジションがあり、新たなキャリアをスタートするための選択肢が豊富です。

このように、dodaには第二新卒にも対応した求人・サポート体制があり安心して転職活動を行うことができます。
求人数もトップレベルで、きっとあなたが希望する求人がdodaにはあります

dodaへ無料登録

ハラクティブ

ハラクティブも、第二新卒におすすめできる転職エージェントです。

なぜハラクティブも、第二新卒におすすめできる転職エージェントなのか?

理由は、業界でも最も手厚いサポート制度があるからです。

よって、面接経験があまりない第二新卒の方にも他社では受けることができない転職活動に関する知識・面接練習などを行ってもらえます。

また、下記がハラクティブの特徴になります。

マッチングの精度が高い

ハラクティブは独自のマッチングアルゴリズムを持っており、自分のスキルや経験、希望条件と企業の要望とを照らし合わせて、最適な求人を提案してくれます。高いマッチング精度により、自分に合った求人に出会いやすくなります。

キャリア支援が充実

ハラクティブは転職に関する様々な支援を提供しています。

履歴書の書き方や面接対策、自己分析をするためのツールやキャリアコンサルタントの相談など、転職活動をサポートする情報やツールが豊富にあります。

安心のサポート体制

ハラクティブは転職に関する悩みや相談に対して、専任のキャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれます。

また、面接のセッティングや交渉などのサポートも行っており、転職活動をよりスムーズに進めることができます。

豊富な転職成功事例がある

ハラクティブには多くの転職成功事例があり、多くの人がハラクティブを利用して転職を成功させています。

自分の希望する職種や業種への転職を実現するための実績があり、信頼性の高いサービスです。

ハタラクティブへ無料登録

Green

Greenは、日本国内外のIT・テクノロジー系の業界に進みたい第二新卒におすすめします。

なぜなら、Greenは業界のなかでもIT・テクノロジー系の求人情報を専門的に扱っている転職サービスだからです。

よって、IT・テクノロジー系の知識を持っている・極めたい第二新卒にとってはぴったりですね!

それでは、Greenの特徴を紹介します。

グローバルな求人情報の提供

Greenは、日本国内外のIT・テクノロジー系の求人情報を取り扱っており、日本国外での就職を考えている方にも選択肢が広がります。

特に、英語が使える求人情報や海外の大手テック企業の求人情報も多く、グローバルなキャリアを目指す方にとって魅力的なサービスとなっています。

高い情報の信頼性

Greenは、求人情報の厳格な審査を行っており、優良な企業のみを掲載しています。

そのため、求人情報の信頼性が高く詐欺や悪質な求人情報に遭遇するリスクが低いです。

利用が無料である

Greenの基本的な利用は無料であり、登録料や月額利用料が必要ないため、経済的にも負担がありません。また、有料のプランもあるものの、無料プランでも十分な機能を利用することができます。

以上のような理由から、第二新卒でIT・テクノロジー系の転職を考えている方にはGreenをおすすめできる転職サービスと言えます。

リクルートエージェント

最後は、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、TVCなどで目にしたことがある方が多いと思います。

日本国内の幅広い業種や職種の求人情報を取り扱う総合的な転職サービスでなので第二新卒にもピッタリの求人が多数存在します。

下記がリクルートエージェントの特徴です。

カスタマイズされた求人の提供

リクルートエージェントは、転職希望者のスキルや経験、希望条件を基に、最適な求人情報を提供するサービスを提供しています。自分の希望条件に合った求人情報を効率的に受け取ることができるため、自分自身の転職活動をスムーズに進めることができます。

豊富なキャリアサポート

リクルートエージェントは、履歴書の添削や面接対策、キャリアカウンセリングなど、転職活動における様々なサポートを充実して提供しています。特に、キャリアアドバイザーとの面談を通じて、自分自身の強みやキャリアプランの見直しなど、より具体的なサポートを受けることができます。

高い情報の信頼性

リクルートエージェントは、厳格な審査を通じて求人情報を掲載しており、優良な企業のみを取り扱っています。そのため、求人情報の信頼性が高く、詐欺や悪質な求人情報に遭遇するリスクが低いです。

その他の転職エージェント&転職サイトを知りたい方は下記記事をチェック!

第二新卒におすすめ転職エージェント16選!選び方のコツや転職のポイントについて解説

第二新卒におすすめの転職エージェント&転職サイト15選!年収を上げるコツとは?

やめとけと言われたが転職をした第二新卒の声

最後は、やめとけと言われたが転職をした第二新卒の声を紹介します。

これまで多くの第二新卒の方が転職し自分の希望とするキャリアを築いています。

実際に、第二新卒で転職した方の経験を参考にするのもいいですね。

24歳女性 広告代理店勤務

「前職では、自分がやりたい仕事とは異なる業務内容でした。周りの人からは、安定しているしやめるのは勿体無いと言われましたが、自分が納得できる仕事をしたいと思い、転職を決めました。今の職場では自分がやりたい仕事を任せてもらえて、毎日楽しく仕事ができています。転職をしてよかったと思っています。」

25歳女性 商社勤務

「前の職場は、残業が多くプライベートの時間が全く取れませんでした。周りの人からは、みんなそんな同じだから、がんばれと言われましたが自分は自分の時間も大切だと思っていました。そこで、転職を決意しました。今の職場では、残業も少なく自分の時間も大切にできています。転職をして、自分のライフスタイルを変えられたことが嬉しいです。」

23歳男性 アパレル会社勤務

「上司とのコミュニケーションがうまく取れず、仕事にストレスを感じていました。周りからは、辞めなくてもいじゃないかと言われましたが、自分にとって大切なことは上司とのコミュニケーションだと感じ、転職を決めました。今の職場では、上司とのコミュニケーションもスムーズに行え、仕事に集中できています。転職をして良かったと思っています。」

やめとけの声は無視!第二新卒でも転職を成功させよう!

いかがでしたでしょうか?

今回の記事で、第二新卒がやめとけと言われる理由からメリット・デメリットまで知ることができたと思います。

また、先ほ紹介した通り第二新卒の転職エージェント・サイトの登録が必須です!

当記事で紹介した転職エージェント・サイトがどれもあなたの転職活動を全力でサポートしてくれます!

早速登録して、転職活動を進めましょう!