第二新卒の転職活動で必ず聞かれるのが、前職の「転職理由」です。

多くの人が転職を決意した理由は、前の職場の人間関係や残業の多さなどの労働環境にあります。

マイナスな転職理由を逆手にとって採用にうまくつなげる方法があります。

ここではやってはいけない具体例をあげながら、内定をもらえる転職理由の伝え方を紹介します

転職理由が思いつかない場合の対処法もあわせて紹介していますので、参考にしてみてください。

20代におすすめ転職エージェント22選!未経験・年収アップ・女性向けなど目的別まとめ

doda
doda
  • ユーザーに合わせて求人を表示
  • 口コミ収集・掲載機能
  • 厳選した採用ターゲットにアプローチ
職種
オールマイティー
公開求人数
200,034件
対応地域
全国
おすすめ年代
20代~

目次

第二新卒が、グッドな転職理由を考える方法

第二新卒が、グッドな転職理由を考える方法を紹介します。

第二新卒は、転職理由を最も面接官は注目します。

なぜなら、前職をなぜ短い間に辞めてしまったのかが内定を出すかに大きく関わるからです。

自己分析・企業研究を徹底する

第二新卒の転職活動も自己分析・企業研究を徹底するようにしましょう。

学生の時に、自己分析などは行いある程度自分のことは理解しているように思いますが社会人になり様々な経験をしたので学生の頃とは考えが変化しているはずです。

よって、もう一度今の自分を見つめ直すために自己分析を行いましょう。

また、企業研究もマストで行いましょう。

企業研究も、1度会社勤めした経験がある第二新卒の方ならまた見える視点が変化しているはずです。

同じ業界で、転職を行う場は今の職場を辞める前に社内で情報を集めることもできます。

よって、ネットの情報だけでは集めることができない情報を得て面接を受けることができます。

次の職場が決まってから退職する

ご存じの通り、第二新卒の転職は長期戦になりがちです。

よって、転職をしようと思いてからすぐに仕事を辞めないことが大切です。

当たり前ですが、退職してから次の職につくまで給料はありません。

また、いつ頃内定をもらえるかどうかも不明です。

よって、経済的な問題に陥ることが多々あります。

落ち着いて、転職活動をするためにもある程度の資金は必要です。

働きながらの転職活動は、難しいですが時間を工夫して行いましょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント・サイトの登録する

第二新卒が、グッドな転職理由を考える方法として、転職エージェント・サイトへの登録をおすすめします。

なぜなら、転職エージェント・サイトには第二新卒が転職活動を進めるための情報が多数存在するからです。

また、転職エージェントの場合は自分専用の転職のプロのサポートを受けることができるのでおすすめ求人や履歴書・面接練習などを行って貰えます。

初めての転職を成功させるためにも、転職エージェント・サイトへの登録はマストです。

第二新卒が転職活動をする際に、注意するべきこと

第二新卒が、転職活動をする際に注意するべきことを紹介します。

結論からいうと第二新卒はやばい、やめとけというような声があるように中途のようにすぐに転職先を見つけることは難しいです。

よって、しっかりを転職活動では第二新卒が注意するべきことを理解するべきことが大切です。

1回企業に入ったからといって、自分のことを中途だと思うのはとても危険です。

中途と第二新卒の面接や質問事項など全く異なるので注意が必要です。

また、それ以外にも気を付けた方があるので下記で詳しく紹介します。

  • すぐに退職しないことを必ずアピールする
  • 最低限のビジネスマナーは身に着ける
  • 経歴・スキルを偽らない

すぐに退職しないことを必ずアピールする

第二新卒は、新卒で入社した会社を3年という短い期間で退職しています。

よって、世間からは長続きしない人というイメージが定着しています。

よって、自分が志望企業の面接を受ける際は長く働きたいということを大きくアピールすることが大切です。

採用する企業側としても、コストをかけて採用をしたのにすぐにやめられたら非常に困ります。

また、採用のコストの無駄です。

よって、長く働くということをアピールするためにその会社での自分の長期のキャリアプラン・身に着けたいスキルなどをしっかり伝えることを意識しましょう。

最低限のビジネスマナーは身に着ける

第二新卒は、社会人歴としては5年未満とまだまだ浅いです。

よって、長年ビジネスマンと比較した際にどうしてもビジネスマナーが身についていません。

よって、ビジネスマナーが身についていないという理由で内定を貰えないことが多々あります。

最低限のビジネスマナーを身に着けてから転職活動を行いましょう。

そもそもビジネスマナーって、どうやって身につけるの?

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

主に、下記が社会人が会社以外でビジネスマナーを身に着ける方法です。

書籍やオンライン講座などで学習する
ビジネスマナーについての書籍やオンライン講座を利用して、基本的なマナーを学ぶことができます。

基礎から学びたい場合は、初心者向けの書籍や講座を選ぶことをおすすめします。

ビジネスマナー研修に参加する
ビジネスマナーに特化した研修に参加することで、基本的なマナーやビジネスシーンでの振る舞い方を学ぶことができます。

また、研修に参加することで、他の社員との交流もできるため、コミュニケーション能力の向上にもつながります。

模範となる人の振る舞いを見習う(まだ退職していない場合)
ビジネスシーンで上司や先輩社員、ビジネスパートナーなどの模範となる人の振る舞いを見習うことも、ビジネスマナーを身に着けるための方法です

周りの人々の振る舞いを観察し、その中から自分に合ったマナーを学ぶことができます。

経歴・スキルを偽らない

第二新卒の方は、履歴書・スキルなどを少し盛って転職活動を行う傾向があります。

よって、企業側からスキルがある人と勘違いされて採用されてしまいます。

スキルがある人と勘違いされたまま、入社するといきなり現場に投入され大変な思いをするということがあります。

よって、履歴書や面接で自分の経歴・スキルを偽らないようにしましょう。

第二新卒の転職理由、人間関係や残業などの不満を本音で話すとマズイ理由

自分に非がない転職理由でもネガティブな印象に

「転職理由」は本音をぶちまける場ではない

「新卒で入社した会社がブラック企業で、上司からパワハラにあい転職を決意しました」、「残業時間が毎日長時間で、休日出勤当たり前の会社で、体調を壊してしまいました」。

転職者側に全く非がない転職理由ではありますが、このような転職理由では、採用につながりません。

面接官が退職理由を通じて知りたいのは、会社を辞めた理由そのものではありません

応募者が仕事に対する姿勢や考え方について知りたいと思っています。

ネガティブな退職理由はNG?

短い期間で退職を決意した第二新卒者の退職理由に、前職に対するネガティブな思いがあることを、採用担当者もよく理解しています。

採用過程で退職理由を聞かれたときに、ポジティブな言葉だけを並べる必要はありません

ネガティブな要素を退職理由で述べるときには、前職ではものの見方や仕事に対する姿勢に甘さがあって、今自分が反省し、その後自己分析を行ったことをつけくわえましょう

今後は前向きに仕事と向き合う準備があることを、退職理由を通じて応募先に伝えられるようにします。

短期での退職というリスクをとってもこの仕事がしたかった、という熱意が伝われば、よい印象を与えることができます。

転職理由が人間関係の場合

転職理由が人間関係の場合、表現の工夫が必要です。

ネガティブな退職理由でも、言葉の選び方ひとつでポジティブな印象にかわります。

「人間関係がよくなかった」という言い方ではなく、「チームワークのいい仕事がしたい」と言い方を変えことで、応募者のポジティブで仕事に対するやる気が伝わります。

転職理由が残業の場合

長時間の残業が苦痛で転職する場合は、退職理由で触れないほうが得です。

相手の受け取り方によっては、応募者の仕事への意欲が低いとみなされることがあります。

残業時間の感覚は会社によって違うため、応募先を選ぶ段階で長時間残業が当たり前の仕事を避け面接では他の転職理由を述べるほうがおすすめです。

逆質問は退職理由を前向きに表現するチャンス!

社内の人間関係の雰囲気や残業時間を入社前に確認したいときは、面接の最後に「何か質問はありますか」と聞かれる逆質問のタイミングを上手く活かしましょう。

ですが「毎月の残業時間はどれくらいですか?」とダイレクトに尋ねるのはおすすめできません。

「1日の業務の流れについて教えてください。」というような聞き方の方が熱意をアピールできることができます。

人間関係については「配属先の部署はどのくらいの人がいて、年齢構成はどのようになっていますか。」と確認するのがスマートです。

第二新卒者必見!転職理由のOK回答とNG回答

「ポジティブな転職」アピールがミソ

転職理由の意味とポイント

転職理由や志望動機の伝え方にはおさえておくべきポイントがあります。

転職理由では相手が納得できる「仕事を変える理由」をきちんと伝えることが重要です。

第二新卒に対するイメージですが、「社会経験が短く、忍耐力が欠如している」と受け止められやすい側面があります。

うまくまとめられた退職理由には、マイナスイメージを払拭する効果があります。

なぜ短い期間で退職を決意するに至ったかをポジティブな言葉を使って説明するようにします。

リスクのある退職理由は省く

「人間関係のトラブル」と「残業の多さ」という退職理由には、採用担当者に「当人の認識の甘さ」と受け取られるリスクがあります。

この2つはどの会社でも起こりうる事案なので、退職理由として挙げることはやめましょう。

好印象を与えるOK回答例

①:「積極的に技術や知識を身につけたい」

前職では同じ仕事の繰り返しで、単調で自分が成長しないと感じていた場合は、前職をおとしめるような表現はつつしむようにします。

「幅広い事業を手掛ける御社では、様々な仕事に挑戦し、幅広いスキルと知識を身につけたい」というように、チャレンジ意欲を表現します。

②:「複数人と関わっていく中で更なる成長を目指したい」

単独での作業が多かった職場から転職する場合は、自分がいろいろな人と関わって仕事を進めていく中でお互いを高めあうことができると考えていることを伝えます。

チームワークを大切にする御社で、さらに成長を目指し企業に貢献したい」と思っていることを伝えます。

③:「効率よく仕事が進められる環境を望む」

会社に長時間いることが評価され、急ぎの仕事がないのにだらだらと残業する環境が嫌で転職をする場合は、「これから自分は常に効率を意識して、短時間で質の良い仕事をこなしていきたい」といった内容にまとめます。

④:「自分の希望する部署でもう一度挑戦してみたい」

前職で希望していた配属先につけないことが理由で転職する場合は、希望していた部署ではなかったけれども仕事に真剣に取り組み、そこで学ぶことも多かった事を説明します。

しかしその部署からの異動は難しく、やりたい仕事を諦めることができないので、もう一度自分の目指す部署での仕事に挑戦したいという意欲を説明します。

⑤:「個人の成果に対して正当な評価をしてもらいたい」

年功序列制など、能力に対する評価がもらえない職場から転職を希望する場合は、前職では個人の成果は評価されなかったことを説明し、「個人の成果を正当に評価してもらえる職場でもう一度チャレンジしてみたい」という事を伝えます。

印象が下がるNG回答

①:「イメージと違ったため退社した」

「前職の仕事内容がイメージと違った」という回答は、面接官に就職活動の時に単に本人の企業研究がたりなかったのでは?と思われるリスクがあります。

自分の思い通りにならないと、またすぐに離職する可能性が高そうというマイナスイメージも与えかねません。

②:「前の会社が悪かった」

本当に前職が我慢できなかった環境だったとしても、自分を正当化するために自分が前にいた環境を悪く言う人物は好まれず、採用につながりません。

表現の工夫が必要です。

③:「希望した配属先や職種ではなかった」

自分が希望した配属先でしか頑張れないという、柔軟性が欠けているというイメージを与えます。

また与えられた環境で状況をよい方に変える努力ややる気が欠けていて、適応力がない人材と認識される恐れがあります。

④:誰かに責任転嫁をする退職理由

「前職には研修制度が整っていなかった」、「会社が自分の実力を認めてくれなかった」という誰かに責任を転嫁するような転職理由は、自分勝手な印象を与え、自分の反省から学びを得るタイプではない印象を与えます。

⑤:「上司と合わなかった」

その場にいない上司を一方的に悪く言うことは好まれず、採用担当者に一緒に働きたくない人というイメージを与えます。

「経験豊富な上司の下で、厳しい指導を受けて働いたことで、学ぶことが多かったし刺激となりましたが、新しい環境に身を置いて挑戦することも大事だと思います」というように言い換えた方が良い印象につながります。

第二新卒の転職で面接官はここを見ている!転職理由など

ここからは、第二新卒の面接を行う面接官の立場で応募者のどこを見ているのかを詳しく解説します!

下記が、第二新卒の面接を行う面接官が見ているポイントです。

  • 仕事に対して熱い思いがあるか
  • 経歴の詐称・持っているスキルは本当か?
  • 前職での課題・不満は、自分の会社で解消することはできるのか?

仕事に対して熱い思いがあるか

面接官は、第二新卒の方に対して「仕事に対して熱い思いがあるか」を見ています。

なぜなら、仕事に対してどのくらいの熱で働いてもらえるかでその人の価値が変化するからです。

また、どのくらいの思いがあって前の会社を辞めたのかなども見られるポイントです。

よって、キャリアアップやスキル向上に向けた熱い思いをしっかり伝えること大切です。

前職での課題・不満は、自分の会社で解消することはできるのか?

仕事を辞めるということは、少なからず不満があっての決断だと思います。

そこで、面接官は求職者がその不満・課題を自分の会社でなぜ解消することができるかを見ています。

希望する企業の環境で自分の理想とするキャリアなどを叶えることができるのかなど応募する前にしっかり確認することを意識しましょう。

しっかり企業研究をすることでミスマッチを防ぐことができるので面接前に確認することをおすすめします。

キャリアプランと転職理由が整合性があるか

たまに、キャリアプランと転職理由が整合性が無い方がいらっしゃいます。

退職した理由とキャリアプランは、しっかり整合性がとれるように準備することが大切です。

長期的な目標やキャリアをしっかり立てて、転職理由と交えて話しましょう。

第二新卒の転職理由、採用担当者を納得させ内定に近づくには

転職理由をよく練っていくこと

第二新卒が希望する企業から内定をもらうには、採用担当者を納得させる転職理由を考えることが一番の近道です。

採用担当者は、転職理由の内容から、応募者がすぐに辞めてしまう人材ではないか、腰を落ち着けて働き会社に貢献する人材かどうかを判断します。

転職理由は、新卒の就職活動で聞かれた経験のない質問であり、前の会社を短い期間で辞めてしまった引け目から苦手意識を持たれやすい項目です。

必ずといっていいほど聞かれ合否を左右する質問ですので、充分な準備しておくことが大切です。

転職理由がうまくまとめられないときは

転職エージェントの手を借りる

自分でうまく転職理由を考えることができないときは、転職エージェントに登録し、担当のキャリアコンサルタントに転職理由をブラッシュアップしてもらいましょう。

キャリアコンサルタントは、カウンセリングで転職者の職務経歴をチェックし、客観的な視点を持って、面接官を納得させる転職理由を一緒に考えてくれます。

キャリアコンサルタントは応募する企業の採用基準に詳しく、企業ごとに対策を練ってくれるのでひとりで考えるよりも説得力のある仕上がりになります。

履歴書や職務経歴書の応募書類に書いた退職理由を、面接でそのまま繰り返すだけではアピール不足となります。

面接では具体的なエピソードをまじえ、より説得力を持って退職理由を話せるように、コンサルタントから面接対策をしっかり受けることをおすすめします。

第二新卒の転職に強いエージェント

doda

満足度★★★★★ 5
求人数約260,000件
対応地域全国47都道府県
料金無料
公式サイトhttps://doda.jp/
運営会社パーソルキャリア株式会社
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

第二新卒に1番おすすめの転職エージェントは、dodaです。

なぜなら、dodaには他の求人情報サイトと比較しても、求人情報の豊富さや履歴書作成支援機能、面接対策サービスなどのサポートが充実しているからです。

1人だと心細い第二新卒の転職を全力でサポートして貰えます。

下記が、第二新卒の転職者を支えるdodaのサービスです。

履歴書の作成支援
dodaでは、履歴書作成支援機能が用意されています。自分の経歴やスキルを入力するだけで、自動的に履歴書が作成されます。

キャリアアドバイザーからの相談・アドバイス
dodaには、転職に関する相談やアドバイスを受けることができるキャリアアドバイザーが常駐しています。

自分の希望する職種や条件などを相談することで、キャリアアドバイザーから転職に向けた具体的なアドバイスや情報を受けることができます。

面接対策
dodaでは、面接対策サービスを提供しています。キャリアアドバイザーによる面接対策や模擬面接、面接でのポイントなどについてアドバイスを受けることができます。

また、面接官の目線で見た自分の印象をチェックすることができる面接映像の提供もあります。

dodaへ無料登録

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、フリーター・既卒・第二新卒・未経験の方への求人を取り扱う転職エージェントです。

20代向けのマンツーマン就職・転職サービスなので、自分の理想の転職先を探すことができます。

下記が、第二新卒にハタラクティブをおすすめする理由です。

学歴や職歴の制限が少ない
低学歴だけと就職活動を頑張って大手に入社したが、合わなくて辞めたという方も第二新卒の中にはいると思います。学歴に自信がなく自分は選択肢が少ないと思う方も多いからかもしれません。そんな方でもハタラクティブには学歴や職歴の制限が少ない求人が多いので自分が希望する転職を叶えることができます。

未経験可の求人が豊富
ハタラクティブには、未経験可の求人が豊富です。よって第二新卒だけど違う業種に進みたいという方にはとてもおすすめです。ITエンジニアや接客/販売まで幅広い求人が存在するので新しいキャリアを形成したい・知識を身に着けたいという方にぴったりです。逆にさらにキャリアを重ねていきたい方にはあまり向いていないかもしれません。

チャットでいつでも質問することができる
第二新卒の転職活動は、わからないことばかりだと思います。ハタラクティブにはエージェントのいつもでチャットで連絡をすることができます。エージェントには就職・転職に関するカウンセリングや書類対策(履歴書・職務経歴書の作成)なども行ってもらえるので安心して転職活動を進めることができます。

自分には、どのような職が向いているかわからないという第二新卒の方は下記記事をチェック!

適職がわからない、何がしたいのか? 何に向いているか?適職診断や解決方法はこちら

ハタラクティブへ無料登録

Green

Green

第二新卒で、IT系・エンジニア系のキャリアを希望する方はGreenがおすすめです。

なぜなら、GreenはIT業界最大の求人数がある転職サイトだからです。

Greenなら人事担当者が直接スカウトがくるので、内定を貰える確率が他の転職サイトより圧倒的に高いです。

よって、第二新卒でIT系・エンジニア系のキャリアを希望する方はGreenを利用しましょう。

また、下記がGreenの特徴です。

カジュアル面談が可能
Greenでは、面接を受ける前に企業の人と求職者がカジュアルな面談を行うことができます。カジュアル面談なので合否は特にありません。

このカジュアル面談で求職者はそのような会社かなのかわかりますね。また企業側にとっても面談を行った方が自分の会社に合うかまたどのような仕事を前に行っていたかなどを確認することができます。

ベンチャー企業の求人が多い
Greenには、ITベンチャー企業の求人が多数存在します。よって大手で裁量が無く辞職したという仕事にやりがいを求める第二新卒にはおすすめします。

全体の30%程がITベンチャー企業の求人なので自分に合った求人があるはずです。また、未経験可の求人も多数ありIT業界へ進みたい方にもおすすめです。

企業からスカウトがくる
サイトに自分の情報を入力すると、多くの企業からスカウトがくるのがGreenです。

掲載企業の人から実際に来て面談を行うのでその企業のことを詳しく知ることができます。自分だけではなかなか内定を獲得することができない企業のGreenならスカウトという形で面談をすることができ内定を獲得することができます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは第二新卒の転職実績第1位の転職エージェントです

専属のキャリアアドバイザーは、短い職歴の中から転職者の強みを探り出し、採用担当者の心に響く転職理由の作り方を教えてくれます。

転職者が自分の中でうまく転職理由を見つけることができない場合は、キャリアアドバイザーに相談し考えを整理しながら、説得力のある転職理由を探すことができます。

仕事をしながらでも転職活動を効率よく進めるためのノウハウやアドバイスをもらえ、第二新卒対象の転職セミナーなどのイベントが多いのが特徴です。

サポート力も高く、応募書類の添削や面接対策だけでなく、転職に役立つ無料セミナーも充実しています。

すぐに転職したい人にはスピーディーに対応してくれるので、転職が決まるまでも早いです。

拠点も全国主要都市に19箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのも利用しやすいです。

リクルートエージェントへ無料登録

その他の転職エージェント&転職サイトを知りたい方は下記記事をチェック!

第二新卒におすすめ転職エージェント16選!選び方のコツや転職のポイントについて解説

第二新卒におすすめの転職エージェント&転職サイト15選!年収を上げるコツとは?

第二新卒の転職理由に関するQ&A

最後は、第二新卒の転職理由に関するQ&Aです。

主な質問として下記が挙げられます。

そもそも第二新卒ってなに?

第二新卒とは、一度は大学卒業後に就職していたが、その後再度就職活動をする人たちのことを指します。

具体的には、大手企業や公務員などに就職した後、中小企業やベンチャー企業、外資系企業などへの転職を考える人も入れば全くことなるキャリアを目指す人のことを指します。

第二新卒は評判が良くないって本当?

第二新卒がヤバいというのは、一概には言えません。

第二新卒であっても、職務経験やスキル、能力、意欲が高い人は多く存在し、多様な経歴を持っていることが強みになる場合もあります。

ただし、第二新卒の場合、転職回数が増えることで、履歴書や面接での印象が悪くなる可能性があるため、転職理由をしっかりと説明できることが重要になります。

第二新卒は、転職は難しい?

第二新卒が転職するのは、確かに一般的な新卒に比べてやや難易度が高いとされています。

これは、第二新卒が転職する際には、過去の職歴やスキル、給与などが一定以上の水準でなければならない場合が多いからです。

また過去の職歴が転職先にマッチするかどうかの判断が厳しくなるためです。

ですが、転職したい理由・希望するキャリアなどをしっかり話すことができたら希望する企業に入れる確率が高くなります。

まとめ

具体的な例をあげながら第二新卒の転職理由のOK回答NG回答を紹介してきました。

企業は応募者に転職理由をたずねることで、すぐに仕事を辞めることなく、自分の企業に貢献してくれる人材であるかどうかを見極めようとしています。

転職理由はポジティブな視点で、仕事を変える理由について説得力を持たせて説明することが大切です。

第二新卒が内定にもらうには、転職理由の入念な準備が不可欠です。

転職コンサルタントのアドバイスを参考にして、採用担当者が納得し一緒に働きたいと思う転職理由を作成しましょう。