IT業界は常にトレンドが移り変わる業界です。

IT業界で活躍するためには、常にトレンドを意識し最新情報を学ぶ必要があります。

近年は、ITの影響により多くの企業がIT事業へ力を入れています。

現在、IT業界の就業者数は増加傾向にあり、経済産業省のおこなった「IT人材を巡る現状について」では、IT技術者は昭和60年から増加傾向にあり、平成22年には昭和60年の約3倍になったという結果を発表しています。

経済産業省「IT人材を巡る現状について(データ編)」

今回は、需要の高まっているIT業界のトレンド15選を紹介します。

また、併せて「T業界への転職におすすめの転職サイト」も紹介します。

2024年のIT業界の転職市場はどうなるのか?

ビズリーチロゴ
ビズリーチ
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
  • 厳選された企業導入企業数
  • 優秀なヘッドハンターが在籍
職種
経営・IT技術職・管理…etc
公開求人数
92,000件以上
対応地域
全国
おすすめ年代
20代から50代以上

IT業界とは


IT業界は、「Information Technology」すなわち情報技術を基盤とする産業の総称です。

この業界には、ソフトウェア開発、ハードウェア製造、ネットワークシステム、データ管理といった幅広い分野が含まれています。

企業や消費者にとって不可欠なサービスを提供し、日々の生活やビジネスの効率化に寄与しています。

技術の進展により、新たなビジネスモデルや就労機会が生まれ続けているのがこの業界の特徴です。

ITトレンドには様々な分野がある

IT業界は常に進化しており、そのトレンドは多岐にわたります。

例えば、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、ビッグデータ、そして最近ではクリプトカレンシーやブロックチェーン技術が注目されています。

これらの技術は、ビジネスのあり方を根底から変え、新しい市場の創造を促進しています。

各企業はこれらのトレンドを追い、競争力を維持するために新技術の導入を急ぎます。

さらに、社会的な問題解決に貢献する技術も登場しており、それがIT業界のさらなる成長を促しています。

IT業界の最新トレンド15選

IT業界のトレンドは、常に変化しています。

IT業界で活躍するためには、常に新しい情報やトレンドを覚えなければいけません。

ここでは、2024年に特に注目すべき最新トレンド15選をご紹介します。

生成AI

生成AIは、テキスト、画像、音楽などの新しいコンテンツを自動で生成する技術です。

このAIは、データから学習し独自のアウトプットを生み出します。

広告、エンターテイメント業界で特に注目されています。

近年では、生成AIによるアートや創作物が新たな芸術形態として認識されつつあります。

デジタルアシスタントやカスタマーサポートツールとしてもその応用が進んでいます。

認識系AI

認識系AIは、画像や音声などのデータを解析し、特定のパターンや情報を識別する技術です。

セキュリティシステム、ヘルスケア、自動運転車など、幅広い分野で利用されています。

このAIは、環境からの情報をリアルタイムで解析し、迅速な判断を可能にします。

今後の技術進化が期待されています。特に、顔認証や音声認識技術の進歩が目覚ましいです。

メタバース

メタバースは、仮想現実空間内でユーザーが交流や商取引、ゲームなどを楽しむプラットフォームです。

このデジタルユニバースは、現実世界との境界を曖昧にし、新たな社会的、経済的機会を創出しています。

特に、教育や仕事の場としての活用が増えており、パンデミックを通じてその重要性が高まっています。

今後、より多くの企業がメタバースに参入することが予想されます。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、透明性と改ざん防止の特性を活かし、金融業界を中心に革命をもたらしています。

この分散型台帳技術は、サプライチェーン管理、健康記録の保持、デジタルアイデンティティの確立など、さまざまな用途で利用されています。

ブロックチェーンは、取引の信頼性と効率を高め、企業間のコラボレーションを促進します。

今後、より多くの業界での採用が見込まれます。

Web3.0

Web3.0は、インターネットの次世代形式であり、分散型のテクノロジーを基盤としています

この概念は、ユーザーがより多くのデータの所有権とコントロールを持つことを可能にし、中央集権的なプラットフォームに依存しないよう設計されています。

ブロックチェーン技術を利用して、透明性が高くセキュリティの高い取引が実現し、ユーザー間で直接的なやり取りが可能になります。

Web3.0は、自由度の高いカスタマイズ可能なデジタル環境を提供し、個々の利用者がインターネットの価値創造に直接参加することを促進します。

マルチモーダルAI

マルチモーダルAIは、複数のタイプのデータ入力(テキスト、音声、画像など)を組み合わせて処理するAIです。

この技術は、より複雑なデータ解析と理解を可能にし、AIの応用範囲を拡大しています。

例えば、ソーシャルメディアの投稿から感情を分析する際に、テキストだけでなく画像や動画の内容も考慮します。

その結果、ユーザー体験の向上と効率的な情報処理が期待されます。

AI TRiSM

AI TRiSMは、AIの信頼性、リスク管理、セキュリティを向上させるためのフレームワークです。

この取り組みは、AIシステムの透明性と説明責任を高め、その運用を安全にすることを目指しています。

AI TRiSMは、企業がAI技術をより広範に安心して導入するための基盤を提供し、特に規制が厳しい業界での導入を促進します。

説明可能性とセキュリティが重視される現代において、このアプローチは極めて重要です。

エッジAI

エッジAIはデータ処理をクラウドではなく、端末側で直接行うAI技術です。

これにより、データ送信の遅延を減少させ、プライバシー保護を強化します。

自動運転車やスマートファクトリーなど、リアルタイム処理が求められる環境で特に有効です。

エッジAIは、接続が不安定な地域でも高いパフォーマンスを発揮し、AI技術の新たな展開を可能にしています。

量子コンピュータ

量子コンピュータは、従来のビットではなく量子ビットを使用して情報を処理します。

この技術は、非常に複雑な計算を瞬時に解く能力があるため、暗号解読、薬剤開発、気候変動モデルの精度向上など、多岐にわたる分野で革新を起こす可能性があります。

量子コンピューティングの研究はまだ初期段階にありますが、その潜在能力は計り知れません。

DoT(Deep Learning of Things)

DoT、またはモノのディープラーニングは、ディープラーニング技術をIoTデバイスに組み込むことを指します。

この統合により、デバイス自体が環境データをリアルタイムで解析し、即座に反応する能力を持つようになります。

例えば、スマートホームシステムが居住者の行動を学習し、照明や温度を自動調整するなどの応用が考えられます。

DoTはIoTの効率性と自律性を大幅に向上させることが期待されています。

DB(デジタル・ビジネス)

DB(デジタル・ビジネス)は、デジタル技術を駆使しビジネスモデルを革新する概念です。

これには、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、AI技術などが活用され、企業の運営効率を向上させるとともに、新しい顧客価値を創造します。

DBでは、製品だけでなくサービス提供方法もデジタル化され、顧客体験の向上を目指します。

企業がデジタル化を進める中で、DBは競争力を維持するための重要な戦略となっています。

Y2K

Y2Kは、「Year 2000」の問題とも呼ばれ、2000年にデジタルシステムの日付処理に関する問題が広く懸念されました。

しかし、この用語は現代では、レトロなデザインやファッション、テクノロジーへの言及としても用いられています。

特にWebデザインやインタラクティブメディアで見られるこのトレンドは、90年代末から2000年代初頭のスタイルを取り入れた新しい創造物を意味します。

Y2Kスタイルは、ノスタルジックな魅力と未来的な要素を組み合わせた独特の表現を提供します。

AR (Augmented Reality)

AR(拡張現実)は、実際の環境にデジタル情報を重ね合わせる技術です。

スマートフォンや特殊なメガネを使用して、リアルタイムで情報を視覚化します。

ARは教育、エンターテイメント、小売など多くの産業で応用されており、ユーザー体験を格段に向上させています。

例えば、博物館での展示物に関する追加情報の提供や、ショッピング中の商品試着が可能になるなど、日常生活においてもその利用が進んでいます。

VR (Virtual Reality)

VR(仮想現実)は、完全に仮想化された環境にユーザーを没入させる技術です。

専用のヘッドセットを通じて、視覚と聴覚にリアルな体験を提供します。

VRは特にゲームやトレーニングシミュレーションに利用されており、現実世界では不可能な体験を可能にします。

医療、教育、建築設計など、その応用範囲は広がり続けています。VR技術の発展により、よりリアルで感覚的なインタラクションが実現されています。

DX (Digital Transformation)

DX、またはデジタル変革は、ビジネスプロセス、顧客インタラクション、企業文化の全面的なデジタル化を指します。

この動きは、企業が技術的な進歩を活用し、市場での競争力を高めるためのものです。

デジタルツールを解析ツールと統合することで、データ駆動型の意思決定が可能になり、顧客サービスが向上します。

さらに、DXは新しいビジネスモデルの創出を促し、従来の産業の枠を超えたイノベーションを引き起こすキーファクターです。

この変革は、企業が未来に向けて持続可能な成長を遂げるために不可欠です。

IT業界への転職におすすめの転職エージェント5選


転職エージェントの中には、IT業界やWeb業界に特化した求人を取り扱うサービスがあります。

ここでは、IT業界への転職におすすめの転職エージェントを5つご紹介します。

ワークポート

ワークポート
ワークポートは、IT業界に特化した転職エージェントです。

非常に高い書類選考通過率を誇り、特にIT・通信業界の求人に強いことでも有名です。

無料のプログラミングスクールなどキャリアアップサポートが充実しており、転職時に役立つスキルを磨けます。

また、転職支援アプリ「eコンシェル」も使いやすく、転職活動の効率化に貢献します。

書類選考などに自信がない方や、IT業界への転職が初めての方におすすめの転職エージェントです。

ワークポートの評判はやばい?口コミからわかる実態を徹底解説

Geekly

Geekly(ギークリー)
Geeklyは、IT・WEB・ゲーム業界専門の転職エージェントです。

特にエンジニアやクリエイター向けの非公開求人が豊富であり、クリエイター志望の方には特におすすめできます。

高年収や大手企業の求人が多いこともあり、技術者のキャリアアップを強力にサポートします。

平均1ヵ月での転職実現が可能なスピードサービスも、人気の秘訣となっています。

キャリアアップや年収アップを目指す方に、おすすめの転職エージェントです。

ウィルオブ・テック

ウィルオブ・テック

ウィルオブ・テックは、エンジニア専門の転職サポートを提供しているエージェントです。

年収アップに特化したコンサルティングを提供し、アドバイザーが2名体制で手厚いサポートをおこないます。

非公開求人も多く、一人ひとりのキャリアと希望に合った求人を紹介してくれるため、非常に高い評価を受けています。

手厚いサポートを受けながら転職活動をしたい方におすすめの転職エージェントです。

ウィルオブ・テックへ無料登録

ウィルオブ・テックキャリアの評判はひどい?特徴やおすすめな人を解説

レバテックキャリア

レバテックキャリア

満足度★★★★ 5
求人数約2万件
対応地域東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡
料金無料
公式サイトhttps://career.levtech.jp/
運営会社レバテック株式会社
プラン詳細を見る
特徴
業界最大級のITエンジニア専門転職エージェント IT・Web業界を知り尽くした、職種や企業別のアドバイザー 年7,000回以上のヒアリングによって、現場のリアルな情報を提供

レバテックキャリアは、業界最大級の求人数を誇るITエンジニアやWEBデザイナー向けの転職エージェントです。

年収600万円以上の求人が多数あり、キャリアアップや年収アップを目指すITプロフェッショナルに最適です。

専門性の高いキャリアアドバイザーが、個々の技術や経験に応じた最適な求人を提供します。

スキルを活かした転職がしたい方や、年収アップを目指す方におすすめの転職エージェントです。

レバテックキャリアへ無料登録

ビズリーチ

ビズリーチ

満足度★★★★★ 5
求人数約10万件
対応地域全国
料金無料
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
運営会社株式会社ビズリーチ
プラン詳細を見る
特徴
即戦力採用に特化したハイクラス転職サイトの中でも、特に有名 管理職・専門職・次世代リーダー・グローバル人材などを求める企業からスカウトが届く 30%以上の求人が年収1,000万円以上(2021年1月時点)

ビズリーチは、ハイクラスな転職市場に特化した転職エージェントです。

特に経験豊富なITプロフェッショナルや管理職・経営層向けの求人が多いのが特徴です。

スカウト機能も充実しており、積極的にキャリアアップを図りたいITエンジニアには最適な環境が提供されています。

ハイクラス転職がしたい方や、年収アップを目指す方におすすめの転職エージェントです。

レバテックキャリアへ無料登録

ビズリーチの評判は?2chの口コミ評価をまとめてみた

ITトレンドを覚えてIT業界で活躍しよう!


今回は、IT業界のトレンドを15つ紹介しました。

IT業界は非常に移り変わりの激しい業界となっているため、常に最新のトレンドをキャッチする必要があります。

しかし、最新のトレンドを常に得ることができれば、仕事に非常に役立ちます。

IT業界で働く際は、トレンドを意識するようにしましょう。