「今の仕事が自分に向いているのかわからない」

働いている中で、このような悩みを抱えたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

今の仕事が向いていないような気がして、転職を検討するケースもあります。

厚生労働省の実施した労働市場の調査では、2000年から2019年までの転職者は約170万人と公表されています。

厚生労働省「労働市場における雇用仲介の現状について」

事実、転職者は年々増加傾向にあります。

しかし、転職先も自分に合わない場合は、また転職する必要があります。

今回は自分に向いてる仕事の見つけ方や、向いている仕事の判断基準を解説します!

おすすめ記事:おすすめの転職エージェントランキングTOP20!各年代におすすめのエージェントや優良サービスを選ぶコツを徹底解説

おすすめ転職サイト3選!
doda
doda
国内最大級の紹介実績!
ビズリーチ
ビズリーチ
年収800~2,000万円の 求人が豊富!
type転職エージェント
type転職エージェント
IT・営業・ハイクラスの 転職に強い!

目次

自分に向いている仕事とは

自分に向いてる仕事に就くと、やりがいを強く感じるため、楽しく仕事に励むことができます。

ここでは、自分に向いてる仕事の特徴について解説します。

自分に向いている仕事とは
  • 仕事が楽しいと感じる
  • 結果を出せている
  • 周囲から高い評価を得ている
  • ワークライフバランスが取れている

仕事が楽しいと感じる

仕事が楽しいと感じる瞬間は、自分にとって最適な職業であるという強い指標です。

楽しさは自分の興味や情熱が反映されている証拠であり、これが高いモチベーションを生み出します。

また、楽しんでいる仕事は創造性を刺激し、問題解決スキルも向上する傾向にあります。

長期的に見て、仕事の満足度が高いと、キャリアの成功へとつながる可能性が広がります。

結果を出せている

自分の仕事で成果を上げることができれば、それは自分に適した仕事であると言えます。

目標を達成し、プロジェクトを成功に導くことは、自信を高め、さらなるキャリアの発展に寄与します。

成果が認められることで昇進や報酬の向上にもつながり、職業的な達成感を感じることができます。

また、この成功は周囲からの信頼を築くことにも寄与します。

周囲から高い評価を得ている

職場での人間関係が良好で、同僚や上司から高い評価を受けている状況は、自分に合った仕事をしている証拠です。

高い評価は通常、一貫した努力と成果の認識に基づいています。

このような環境は職場での自己実現を促進し、さらなる成長と発展の機会を提供します。

また、良好な人間関係は仕事のストレスを軽減し、日々の業務をより充実したものにします。

ワークライフバランスが取れている

ワークライフバランスの取れている職場は、長期的に見て持続可能なキャリアへの鍵です。

仕事と私生活のバランスが良好であることは、精神的、身体的健康を維持する上で極めて重要です。

適切なバランスが保たれていれば、仕事の効率も上がり、プライベートでの満足感も高まります。

このような環境は、燃え尽き症候群を防ぐためにも重要です。

自分に向いてる仕事がわからない理由

多くの方が自分に向いてる仕事を把握できていません。

理由としては自身の強みを把握しきれていない点や、仕事の成果が出ないことを感じていることなどが挙げられます。

ここでは、自分に向いてる仕事がわからない理由を解説します。

自分に向いてる仕事がわからない理由
  • 自身の強みを理解しきれていない
  • 今の仕事内容や環境が好きではない
  • 仕事で成果を出せていないと感じている
  • 知っている仕事の範囲が狭い
  • やりたいことがない

自身の強みを理解しきれていない

自分の強みを把握していないため、どの仕事が適しているのか判断が難しいことがあります。

特にキャリア初期のうちは、自身の能力や特性を正確に評価するのが難しいものです。

また、未経験の分野に挑戦する際も、自身の強みを活かせるか不安に感じることが多いです。

このため、自己分析を深め、多くのフィードバックを得ることが重要です。

今の仕事内容や環境が好きではない

現在の職場環境や仕事内容に対する不満が、自身に適した仕事が見つからない一因となっている場合があります。

仕事の内容が合わない、または職場の人間関係に問題があると、仕事全般に対して否定的な印象を持ちがちです。

環境が自身に合っていないと感じた場合は、異なる環境での経験を積むことも一つの解決策です。

仕事で成果を出せていないと感じている

期待されている成果を出せずにいると、自信を失い、自分に適した仕事かどうか疑問を持ち始めます。

成果が出ない主な理由として、スキル不足や経験の浅さが挙げられます。

しかし、これらは時間とともに改善可能なので、継続的な学びと実践を通じて、徐々に改善していくことが大切です。

知っている仕事の範囲が狭い

自分が知っている仕事の範囲が限られているために、他に適した仕事があるかもしれないという可能性に気づかないことがあります。

新しい職種や業界について学ぶことで、自分の興味や能力に合った未知の仕事に出会うチャンスが広がります。

積極的に情報を収集し、さまざまな職種に挑戦することが推奨されます。

やりたいことがない

特に興味を持てる分野や熱意を感じることがないために、自分に合った仕事を見つけることが難しいと感じる人もいます。

この場合、さまざまな経験を通じて自分の興味や情熱を探ることが有効です。

趣味やボランティア活動から新たな発見があり、それが職業につながることも少なくありません。

向いている仕事の判断基準

自分に向いてる仕事には、どのような基準があるのでしょうか。

興味がある仕事や好きなことを仕事に活かすことが、本当に向いてるのかは人それぞれです。

ここでは、自分に向いてる仕事の判断基準を解説します。

向いている仕事の判断基準
  • 性格やスキルに適している
  • 高評価を受けたり結果を残しやすい
  • 無理なく継続できる
  • やりたいことが自分に向いている仕事とは限らない

性格やスキルに適している

仕事を選ぶ際に最も重要なのは、自分の性格や持っているスキルに合っているかどうかです。

例えば、詳細な分析や計画が得意な人は、データ分析やプロジェクト管理の仕事に向いています。

逆に、人と交流することが得意な人は、営業やカスタマーサポートなどの職種が適しているでしょう。

自己理解が深まるほど、適職を見つける可能性も高くなります。

高評価を受けたり結果を残しやすい

自分が取り組んだ仕事で、周囲から高評価を受けやすい、または目に見える成果を残しやすい分野は、向いている仕事の良い指標となります。

このような状況は、自身の強みや能力が生かされている証拠です。

実際に成果を出すことができる仕事は、自信を持って長期的に続けることができるため、キャリア選択の際にはこの点を重視すると良いでしょう。

無理なく継続できる

無理なく継続できる仕事は、精神的、肉体的にも自分に合っている証拠です。

仕事のストレスが少なく、毎日の業務にやりがいを感じることができれば、それは非常に良いサインです。

長期的に仕事を続けることで、さらにスキルを磨くことができ、プロフェッショナルとしての成長も期待できます。

やりたいことが自分に向いている仕事とは限らない

やりたいことを仕事にするのは理想的ですが、それが必ずしも自分に向いているとは限りません。

趣味と仕事は要求されるスキルや環境が異なり、趣味を仕事にしたことで楽しさが失われることもあります。

仕事選びの際には、自分の能力が求められる環境であるかどうかを考慮し、実際に業務に就いてみてその適性を試すことが重要です。

自分に向いてる仕事の探し方

向いてる仕事の探し方は様々です。

中でも、自己分析を徹底的におこなうことは効果的な仕事の探し方と言えます。

ここでは、自分に向いてる仕事の探し方を解説します。

自分に向いてる仕事の探し方
  • 自己分析を徹底する
  • 業界・職種について調べる
  • 広い視野を持つ

自己分析を徹底する

自分の強み、弱み、興味、価値観を深く理解することが、適職を見つける第一歩です。

自己分析をおこなうことで、どのような環境や条件の仕事が自分に合うかが明確になります。

また、自分の性格や過去の経験から、適した仕事のヒントを見つけることができます。

この過程で、自分自身の意外な側面を発見することもあります。

業界・職種について調べる

さまざまな業界や職種について広く情報を収集し、自分に合った仕事を見つけ出します。

新しい業界の発見や、未知の職種に触れることで、新たな興味のきっかけにもなります。

情報収集はインターネットだけでなく、実際にその業界で働く人々と交流することも大切です。

これにより、実際の仕事内容や職場の雰囲気をよりリアルに知ることができます。

広い視野を持つ

仕事探しでは、自身の興味や経験に限定されず、あらゆる可能性を考慮に入れることが重要です。

新しい分野に挑戦する勇気を持つことで、自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

また、国際的な視野を持つことで、海外でのキャリアの機会も検討できます。

広い視野を持つことは、未来のキャリアパスに多様な選択肢をもたらします。

自分に向いてる仕事を見つける自己分析方法

自己分析は自分に適正のある仕事を探す最適な方法です。

徹底した自己分析をおこなうことで、より自分に向いてる仕事を探しやすくなります。

ここでは、自分に向いてる仕事を見つける自己分析方法を解説します。

自分に向いてる仕事を見つける自己分析方法
  • 過去・現在・未来を分析する
  • やりたくないことを書き出す
  • 適性検査を受ける
  • 自分の強みと弱みを言語化する

過去・現在・未来を分析する

自身の過去の経験、現在の状況、そして将来の目標を深く掘り下げて分析します。

過去に何に熱中していたか、どのような成果を上げたか、どのような困難に直面し、どう乗り越えたかを考えます。

現在の自分が置かれている状況と自分がどう感じているかを把握し、将来どのような生活やキャリアを望んでいるのかを明確にします。

この過程で、自身の真の価値観や情熱が何であるかが明らかになります。

やりたくないことを書き出す

自分が絶対にやりたくないことをリストアップします。

この活動は、自身の価値観や限界を理解するのに役立ちます。

やりたくないことから避けることで、よりエネルギーを注げる分野や自分が本当に情熱を感じることが何かを見つけ出す手がかりになります。

このリストを作成することで、不適合な職場や環境を効果的に避けられます。

適性検査を受ける

自分の性格や能力に最も合った職業を見つけるために、適性検査を受けてみましょう。

適性検査は、客観的なデータに基づいて個人の強みや弱み、適職を分析するのに役立ちます。

専門的なテストは、自己認識を新たな視点から深めるきっかけを提供し、自分でも気づかない新たなキャリアの可能性を開くことがあります。

自分の強みと弱みを言語化する

自分自身の強みと弱みを明確に表現することで、職業選択における重要な自己理解が深まります。

このプロセスは自己認識を促し、キャリアパスの計画においてどのような点を強化し、どのような点に注意を払うべきかを示します。

また、フィードバックを活用することで、他人が見る自分と自己評価とのギャップを知ることができ、さらに自己分析を進めることが可能です。

タイプ別自分に向いてる仕事の見つけ方

性格などによっても、向いている仕事は異なります。

ここではタイプ別の向いてる仕事の見つけ方を解説します。

タイプ別自分に向いてる仕事の見つけ方
  • 向上心がある人に向いてる仕事
  • 責任感がある人に向いてる仕事
  • 想像力豊かな人に向いてる仕事
  • 凝り性な人に向いてる仕事
  • マニュアル重視な人に向いてる仕事
  • コミュニケーションが得意な人に向いてる仕事
  • コミュニケーションが苦手な人に向いてる仕事
  • 1人で物事を進めるのが好きな人に向いてる仕事
  • 分析するのが得意な人に向いてる仕事
  • 物事を正確に進めるのが得意な人に向いてる仕事
  • 視野が広い人に向いてる仕事
  • ニートから就職を目指す人に向いてる仕事

向上心がある人に向いてる仕事

向上心が旺盛な人は、目標を設定し、それを達成することに喜びを感じる職種が適しています。

営業職開発職研究職など、個々の成果が直接会社の利益につながる仕事がおすすめです。

これらの職種では、自分の努力が直接結果として表れるため、自己成長を実感しやすく、モチベーションを持続させることができます。

責任感がある人に向いてる仕事

責任感が強い人は、医療福祉法律関連の職業に適しています。

これらの仕事では、人の生活や安全、時には命に関わる重要な役割を担います。

経理職やプロジェクトマネジャーも責任感を持って取り組む必要があるため、細かな管理が求められるこれらの職業で能力を発揮できるでしょう。

想像力豊かな人に向いてる仕事

創造的なアイデアを生み出すのが得意な人は、デザイナーアーティストマーケティング職などが向いています。

これらの職業は、新しいコンセプトや斬新なビジュアルを創出する能力が求められます。

自由な発想とクリエイティブなスキルを活かし、独自の作品やキャンペーンを形にできる仕事が適しています。

凝り性な人に向いてる仕事

細部にわたるこだわりを持ち、一つのことに深く没頭できる人は、プログラマー研究職工芸職人に向いています。

これらの職業は、高い専門性と精密な作業が要求され、一つのプロジェクトに長期間集中することが多いため、こだわりのある性格が活かされます。

細かい作業を根気強く続けることができる人には最適な選択です。

マニュアル重視な人に向いてる仕事

マニュアルに従って仕事を進めるのが得意な人には、事務職データ入力コールセンターオペレーターなどが適しています。

これらの職種では、決められた手順に従うことで効率よく業務を遂行できます。

また、公務員や製造業のライン作業もルールと手順が明確であるため、マニュアルを重視する性格の人には安心して勤務できる環境です。

コミュニケーションが得意な人に向いてる仕事

コミュニケーションスキルを活かせる職業には、営業職マーケティング公共関係の仕事があります。

これらの職種では、クライアントや顧客と効果的にコミュニケーションを取り、関係を築く能力が求められます。

また、教育やトレーニングの分野でも、人との対話を通じて知識やスキルを伝えるため、この能力が重要です。

コミュニケーションが苦手な人に向いてる仕事

他人との交流が少ない職種、例えばライタープログラマー図書館員研究職などが、コミュニケーションが苦手な人に向いています。

これらの職業は独立して作業を進めることが多く、集中して自分のペースで仕事ができる環境が整っています。

特に技術職や分析職では、対人スキルよりも専門性が重視されるため、このタイプの人に合っています。

1人で物事を進めるのが好きな人に向いてる仕事

独立して業務を遂行することが好きな人には、フリーランスのライターグラフィックデザイナー、またはプロジェクトマネジャー研究職などがおすすめです。

これらの職業は自分自身で計画を立て、一人で業務を進めることが多いため、自己管理能力と自立心を発揮できます。

また、フリーランスとして活動することで、時間や場所を選ばずに仕事ができる利点もあります。

分析するのが得意な人に向いてる仕事

データアナリスト金融アナリストシステムエンジニア市場調査研究員など、情報を収集し、それを基に戦略を立てる仕事が分析力を生かせる職種です。

これらの職業では、複雑なデータや情報から有益な洞察を引き出し、企業の意志決定を支援することが求められます。

また、科学的な研究や技術開発の分野でも、この能力は非常に重要です。

物事を正確に進めるのが得意な人に向いてる仕事

正確性を要求される仕事として、会計士薬剤師データ入力スペシャリスト品質管理技術者があります。

れらの職業は、細部にわたる注意深さと正確な作業が求められ、小さなミスが大きな問題につながる可能性があるため、細かい作業を丁寧にこなす能力が重宝されます。

また、これらの職業はルーチンワークが多く、繰り返し同じ作業を精密に実行することでそのスキルを磨くことができます。

視野が広い人に向いてる仕事

広い視野と多角的な考察が求められる職業には、プロジェクトマネジャーイベントプランナー戦略コンサルタントがあります。

これらの職種は、大局を見据えて物事を進める能力が必要で、多くの異なる要素を統合して意思決定をおこないます。

また、教育者や政策立案者も広い視野から多様な情報を集め、幅広い影響を考慮に入れながら計画を立てる必要があります。

ニートから就職を目指す人に向いてる仕事

ニートから就職を目指す人には、カスタマーサポートデータ入力簡単な製造業務清掃業務などが適しています。

これらの職種は比較的専門的なスキルを必要としないため、職場でのトレーニングや指導を受けつつ業務に慣れていくことができます。

そのため、職歴のない人でも利用しやすいです。

また、在宅ワークフリーランスとしてのライターウェブデザイナーも、自宅で働きつつスキルを磨くことができるので、職場環境への適応に不安がある人にもおすすめです。

自分に向いてる仕事を見つけるのに役立つ転職エージェント

自分に向いてる仕事を探す際に便利なのが、転職エージェントです。

転職エージェントでは、アドバイザーがヒアリングをもとに自分に向いている仕事を紹介してくれます。

中には、自分では気づかなかった強みを再発見することもできるため、自己分析が上手くいかない方は転職エージェントを活用してみましょう。

ここでは、特におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

自分に向いてる仕事を見つけるのに役立つ転職エージェント
  • doda
  • リクルートエージェント
  • ウズキャリ

 

doda

満足度★★★★★ 5
求人数約260,000件
対応地域全国47都道府県
料金無料
公式サイトhttps://doda.jp/
運営会社パーソルキャリア株式会社
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

dodaは、個々の適性や能力に合わせた仕事を提案してくれる転職エージェントです。

豊富な業界知識と専門的なアドバイスで、自分に合ったキャリアプランを立てる手助けをします。

また、独自のキャリア診断ツールを使用し、個人の適性に基づいた求人を提供しています。

このツールにより、自分に本当に合った仕事を見つけやすくなっています

未経験の分野へ挑戦したい方や自分に合う求人を見つけたい方におすすめの転職エージェントです。

dodaへ無料登録

おすすめ記事:doda転職エージェントの評判はひどい?悪い口コミ・良い口コミを徹底分析

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

広範囲な業界と職種の中から、自分に最適な職を見つけることができます。

高度なマッチング技術と経験豊富なキャリアアドバイザーによるサポートで、自己理解を深めながら適職を探すことができます。

特に、キャリアアップを目指す人には、多くの成功事例を基にした具体的なアドバイスが有効です。

キャリアアップを目指して転職する方におすすめの転職エージェントです。

ウズキャリ

ウズキャリは、20代の若手に特化した転職サポートをおこなうエージェントです。

特に第二新卒や既卒者に対して、未経験からでも始められる職種を多く取り扱っており、自分に適した仕事を見つけるためのプログラムが整っています。

キャリアカウンセリングでは、個々の性格や適性を深く掘り下げ、最適な職種を提案します。

初めての転職でも安心して進められるような手厚いサポートが特徴です。

自分の適性などをまだ把握しきれていない人は、ウズキャリを活用しましょう。

自分に向いてる仕事を見つけて楽しく働こう!

今回は、自分に向いてる仕事の見つけ方や、おすすめの自己分析方法を解説しました。

自分に向いてる仕事は、下記のような状態です。

自分に向いてる仕事とは
  • 自分に向いてる仕事とは
  • 仕事が楽しいと感じる
  • 結果を出せている
  • 周囲から高い評価を得ている
  • ワークライフバランスが取れている

 

一方、向いてる仕事がわからない理由は下記の通りです。

向いてる仕事がわからない理由
  • 自身の強みを理解しきれていない
  • 今の仕事内容や環境が好きではない
  • 仕事で成果を出せていないと感じている
  • 知っている仕事の範囲が狭い
  • やりたいことがない

自分に向いてる仕事に就くと、楽しく業務に励むことができます。

 

ぜひ自分に向いてる仕事を見つけ、楽しく働きましょう。

おすすめ記事:おすすめの転職エージェントランキングTOP20!各年代におすすめのエージェントや優良サービスを選ぶコツを徹底解説

[toshoadv id=”39683″][/toshoadv]