新卒で中小企業やベンチャー企業に就職したものの、実際に仕事をしてみると大手企業との差を感じることもあるでしょう。

将来的に自分らしく仕事ができるのはやはり大手企業だと思い、転職を決意される方もいるのではないでしょうか。

景気の回復に伴う人材不足で、企業も第二新卒の採用に力を入れ出したので、昔よりは第二新卒の転職ハードルは低くなっていると言われています。

この記事では、第二新卒で大手企業への転職を成功させるポイントを紹介しています。

大手企業が第二新卒を求める理由を理解すると同時に、ライバルの少ない大手優良企業を見つけることも重要です。このチャンスに大手企業への転職を成功させましょう。

目次

そもそも第二新卒は、大手に転職可能なのか?

第二新卒は、なかなか次の転職先を見つけることができないなど悪い噂をちょくちょく耳にすることがあります。

新卒よりも内定を貰うことが難しいと言われる第二新卒が大手企業に、転職することは可能なのでしょうか?

結論からいうと、可能です。

大手企業の中にも、第二新卒の募集を行っている場合があります。

よって、第二新卒でも面接を受けて通過すれば大手企業で働くことができます。

大手企業が第二新卒を採用する理由とは?

大手も入社3年以内に辞める人が多い

現在は新卒で入社後3年以内に辞める、いわゆる第二新卒は約30%にのぼります。

早期退職が珍しいことではなくなり、企業側でも若手人材が不足している状態もあり、採用コストの低い第二新卒の採用は多くの企業が積極的におこなっているのが現状です。

その傾向は、中小企業だけでなく、大手も例外ではありません。

採用コストが低い

第二新卒採用が活発になってきた背景には、採用コストを低く抑えられるというメリットが企業側にはあります

新卒と比べると、社会人としての最低限のスキルは持ち合わせているので、新卒のようにきめ細かな研修は必要とせず、即戦力として期待できます。

即戦力という点では、社会人経験の長い中途採用者に劣りますが、その分給料も抑えられますので、企業としては採用メリットがある層なのです。

大手企業が第二新卒採用で重視する点

能力やポテンシャル

企業からの需要が増えているとはいえ、「またすぐに辞めてしまうのではないか」と第二新卒層を敬遠している企業があるのも事実です。

しかしながら、新卒者の3割という一定数ある人材の中にはまだ磨かれていない才能がある人材がいることも確かです。

まだライバルが少ない層だからこそ、優秀な人材を発掘したいと考えています。

意欲の高さ

第二新卒は言わば、一度就職に失敗してしまった人たちです。

実際に働いてみることで、自分がやりたい仕事、向いてる仕事が現実的に見えてきています。

その上で大手に再就職したいという意気込みがあり、転職を決意しています。明確な目的意識を持ち転職しているため、実際、すぐ辞める人は少なく入社後は仕事に打ち込む人が多いと企業は見ています。

企業のカラーに馴染みやすい素直さ

社会人経験が短いので、前職のやり方にとらわれず、転職先の仕事のやり方にもすんなりと馴染んでいけるポテンシャルを企業は評価します。

最低限の社会人としてのスキルは持ちながらも、自社のカラーに合わせられることは企業にとって魅力的なポイントです。

逆に、プライドが高い、こだわりが強すぎる、他社を見下すなどの言動があると、第二新卒でも敬遠されてしまいます。

第二新卒が大手で働くメリットとは?

第二新卒が大手で働くメリットを紹介します。

大手だからこそ得られるメリットが、多く存在しています。

また、下記のメリットを読みいいなと思った方は大手企業に向いている人材と言えるでしょう。

是非参考にしてください。

  • 研修制度が充実している
  • 給料が安定している
  • スケールの大きい仕事に関わる

研修制度が充実している

大手企業は、新卒社員・第二新卒向けの研修制度が充実している特徴があります。

よって、ビジネスマナーや企業の歴史などをしっかり学んでから働きたい方にはおすすめです。

どうしても、ベンチャー企業などは実践の中で身に着けるという文化が強く最初は不安だと思います。

大手企業なら、会社側から手厚いサポートがあるので1歩1歩着実に成長することができます。
逆に、研修などがめんどくさいという方は大手企業への転職に適性がないかもしれません。

給料が安定している

次に、第二新卒が大手企業に転職するメリットとしては「給料が安定している」です。

大手企業なので、倒産のリスクも少なく安定した収益を得ています。

よって、従業員への給料もベンチャー企業などと比べたら安定しています。

今の企業の業績が安定せずに、毎月の給与が不安定というかたにはぴったりですね。

また、ボーナスなども勤務年数が短くてもベンチャー企業などと比べたら多いです。

このように、給与に関する心配が無くなるのが大手企業に転職するメリットです。

スケールの大きい仕事に関わる

私たちが、普段目にする企業のキャンペーン・ネット上で話題になるコンテンツは、ほとんどが大手の企業が提供しているサービス・話題になります。

世間をにぎわす仕事ができるという点も、第二新卒が大手企業で働く大きなメリットの1つです。

よって自分の仕事が世間にインパクトを残し、リアクションをみたいという方にはおすすめです。

特に広告代理店やPR会社などは、大きなキャンペーンなどを企画・実行まで行うことが多いです。

第二新卒で大手に転職するデメリット

非正規雇用の可能性がある

大手企業でも、第二新卒採用枠は限られているため、契約社員や派遣社員として採用されることもあります。

非正規雇用の場合、正社員と比較して待遇面での格差が生じることがあります。

個人の業務の幅が狭い

大手企業の新人(第二新卒)は、個人の業務の幅が狭くなる特徴があります。

よって、なかなか大きな裁量をもって仕事をすることができません。

前職を裁量がなくて、退職したというかたは大手に転職することはあまりおすすめできません。

また、大きな仕事を任せてもらえるようになるまで平均10年程で時間もかかります。
よって、裁量をもって仕事ができないというのが大手のデメリットとして挙げられます。

給与がなかなか上がらない

第二新卒の場合、既卒者と比較して経験値が浅いため、同じ職種でも給与水準が低いことがあります。

よって年収アップを目的で大手企業へ転職を考えている方は少し危険です。

その場合は、自分が志望する企業へ入社したこれまでの第二新卒の方などとコンタクトをとり実際にどのようになっているか確認するのもいいですね。

また、ネットなどで情報収集を行うことをおすすめします。

キャリアアップが難しい場合がある

大手企業は多くの従業員を抱えているため、キャリアアップが難しい場合があります。
また、社内に転勤や異動の機会が少なかったり、縦割り型の組織であったりすることもあります。

第二新卒採用をおこなっている大手企業を業界別に紹介

ここからは、第二新卒の採用を積極的におこなっている企業を業界別に紹介します。

紹介する業界は、下記です。

  • コンサルティング業界
  • 銀行・金融業界
  • マスコミ・広告代理店
  • IT系
  • メーカー系
  • 商社
  • サービス系

コンサルティング業界

  • アクセンチュア
  • マッキンゼー
  • 株式会社ベイカレント・コンサルティング
  • RGF Select India Private Limited
  • 株式会社日本M&A綜研

銀行・金融業界

  • 野村信託銀行
  • 日本銀行
  • SMBC日興証券
  • 三井住友銀行

マスコミ・広告代理店

  • ADK
  • 博報堂
  • 電通
  • 日本テレビ
  • 集英社
  • 小学館
  • 講談社

IT系

  • サイボウズ
  • ミクシィ
  • NTTデータ
  • ZOZO
  • サイバーエージェント
  • リクルート
  • ヤフー(yahoo)
  • クックパッド(cookpad)
  • Google
  • メルカリ
  • 日本IBM

メーカー系

  • パナソニックプロダクションエンジニアリング株式会社
  • セイコーエプソン株式会社
  • 朝日ソーラー株式会社
  • トヨタ(TOYOTA)
  • シャープ(SHARP)

商社

  • 住友商事
  • 丸紅
  • 伊藤忠商事
  • 三菱商事

サービス系

  • JR東日本
  • スターバックス
  • ファーストリテイリング
  • 株式会社ネクステージ

大手企業への転職活動でチェックすべき3つのポイント

①大手は学歴によっても合否が左右される

第二新卒とはいえ、学歴は新卒採用同様にチェックされています。

五大商社と呼ばれているところでは特にその傾向がはっきりとしています。

その企業に入れるか入れないかを見極めるポイントとしては、自分の出身大学のOB・OGが社員にいるかです。

明らかに自分の出身大学よりもハイレベルな大学出身の社員ばかりで構成されている場合は、転職先を変えることも考えたほうが良いでしょう。

②前職の退職が仕事に対する意欲のなさだと採用担当者に思われないようにする

企業側が積極的に採用しているとはいえ、第二新卒には「すぐ辞める人」という印象はどうしても付いていまわります。

転職を成功させるには、マイナスイメージを挽回できる理由が必要になります。

「当時の会社選びは適切ではなかった」「全力で仕事に取り組んでいたが、社内で評価されるやり方ができなかった」と前職でも全力で仕事に取り組んでいたが、より高みへ挑戦したかったという意欲をアピールすることが必要です。

自分の熱意が相手にしっかりと伝わるようにするためにも、転職理由をしっかり考え、面接対策・応募書類対策をすることが重要となってきます

③中途採用者ほどではないが、ある程度の能力、スキルは求められる

スキルは重視されていないといっても、「使えない人材」を企業は求めていません。

今まで自分がやってきた仕事をすべて棚卸し、自己アピールにつながる要素がないかをじっくり探しましょう

客観的に見ることで、今まで気づかなかった可能性が見えてくることもあります。

第二新卒が、大手企業に内定を貰いやすい時期がある!?

第二新卒の方が、大手企業への転職活動を行う際に実は採用されやすい時期があるというのはご存じでしたか?

実は、大手企業へ履歴書を送付するタイミング次第で内定を貰える可能性が上がる可能性があります。

その時期とは、一体いつなのでしょうか?

また、今の会社を辞めて第二新卒として大手企業への転職を考えている方は時期を見てから退職することをおすすめします。

1年で2回だけ第二新卒が大手企業から内定を貰いやすい時期が下記になります。

理由も合わせて解説します。

  • 1月から3月
  • 7月から9月

1月から3月

1月から3月は、新卒の採用を進める時期です。

よって、企業への入社時期と合わせて多くの求人を出します。

よって、第二新卒の枠も拡大します。

1月から3月あたりに自分が入社したい会社の募集枠・求人などをチェックするようにしましょう。

7月から9月

7月から9月は、大手企業の第二新卒の求人が多くでます。

理由は、新卒社員の研修・教育などひと段落してようやく中途採用などを行う時間が生まれるからです。

よって、第二新卒の採用なども行うようになります。

また、退職した分の補充や新しい事業へのリソース確保などを行うので多くの人手をほっしている時期とも言えます。

ここまで時期がとても大切と紹介しましたが、実際はタイミングが一番需要です。

時期にこだわりすぎると、自分にあった求人を見逃してしまう恐れも十分にあります。

よって、常に自分にあった求人はないか転職サイトなどを確認することをおすすめします。

第二新卒が中小、ベンチャーから大手企業に転職するには

ライバルの少ない大手優良企業を探す

就職人気ランキング上位に入っているような企業は、知名度が高く消費者になじみのある企業であることがほとんどです。

これらの有名人気企業は、当然ライバルも多いのが現実です。

しかし、人気ランキングには載っていない大手優良企業もたくさん存在しています。

例えばB to Bでビジネスを展開している企業は、一般消費者にこそ馴染みは薄いですが、社会的信頼があり、安定性や福利厚生の充実度が高い大手企業もたくさんあります

また、大手企業のグループ会社も安定性や福利厚生などは、本体の企業と変わりませんので、狙い目です。

中小企業でのスキルを最大限活かせる大手企業を探す

中小企業と大手企業では組織体系や仕事のやり方などが違うので、一般的には規模の大きい会社へは転職しにくいと言われています。

しかし、仕事を通して学んだこと、身に付けたスキルを最大限活かせる企業を選ぶというのも大手企業に転職を成功させるポイントです。

中小企業では、任される仕事の幅も広く、様々な経験を積むことができます。

今までの仕事で培ってきたことを武器に、大手企業で大きく成長したいという熱意を伝えましょう。

大手企業の第二新卒求人を見つける方法

大手企業や優良企業の求人は多くが非公開求人で募集しています。

非公開求人は転職エージェントが保有していることがほとんどなので、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらうのが近道です。

doda

第二新卒で大手企業から内定を貰いたい方は、dodaを利用することをおすすめします。

なぜなら、dodaには第二新卒が大手企業への応募・内定を獲得しやすいサービスが多数そろっているからです。

下記が、dodaが第二新卒が大手から内定を獲得するために提供しているサービス・特徴になります。

職種や業界の特化
dodaは、専門職種や特定業界に特化した求人情報を多く扱っており、自分が希望する職種や業界に絞った求人情報を探しやすい点が特徴的です。

求人情報の充実度
dodaは、転職サイトの中でも最大級の求人情報を掲載しており、多くの大手企業が求人募集を行っています。
また、求人情報には詳細な仕事内容や勤務条件が記載されているため、応募前に十分な情報を得ることができます。

転職支援サービスの充実
dodaは、転職活動を支援するサービスも充実しています。例えば、大手企業への転職相談や面接対策、履歴書の添削など、転職活動に必要な支援を提供しています。

また、勤務地や職種など細かく分けて探すことができるので自分に合った求人を必ず見つけることができます。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、未経験・第二新卒に特化した求人情報の提供している転職サイトです。

よって、第二新卒で未経験の業界だけで大手の企業に入りたいという方にはおすすめです。

また、ハタラクティブには第二新卒が大手企業へ内定を獲得するための多くのサービスがあります。

転職支援サービスの充実
ハタラクティブは、転職支援サービスも充実しており、履歴書や面接対策、企業研究の方法、業界のトレンドなどを学べる講座やセミナーも開催しています。さらに、転職エージェントとのマンツーマンでのカウンセリングや面談も可能です。

AIマッチングシステムの採用
ハタラクティブでは、AIマッチングシステムを導入しており、自分が希望する条件に合った求人情報を提供してくれます。また、自分の選考状況も一括で管理できるため、複数の求人に応募する場合も効率的に対応できます。

無料で利用できる
ハタラクティブは、無料で利用できる転職支援サービスです。企業からの紹介料で運営されているため、利用者は費用をかけることなく、転職活動を行うことができます。

type転職エージェント

type転職エージェントが、第二新卒を大手企業へ内定させるためのサポートが手厚い転職エージェントです。

大手企業へ内定させるためのサポートは、下記の様なものがあります。

転職エージェントのサポート
type転職エージェントでは、転職エージェントが転職者をサポートします。エージェントは、転職希望者のスキルや志向性に合わせた求人を紹介し、面接対策や条件交渉などのサポートを行います。

多彩な求人情報の提供
type転職エージェントでは、幅広い業界や職種の求人情報を提供しています。また、未経験者や第二新卒者向けの求人も多く、転職初心者でも希望する仕事を見つけることができます。

無料の転職支援サービス
type転職エージェントは、転職希望者が無料で利用できるサービスです。転職希望者が転職することで、企業からの紹介料で運営されています。

AIマッチング機能の採用
type転職エージェントでは、AIマッチング機能を採用しています。転職希望者の希望条件と求人情報を照合し、最適な求人情報を提供します。

その他の転職エージェント&転職サイトを知りたい方は下記記事をチェック!

「第二新卒におすすめ転職エージェント16選!選び方のコツや転職のポイントについて解説」

「第二新卒におすすめの転職エージェント&転職サイト15選!年収を上げるコツとは?

第二新卒にも積極的なリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大の転職エージェントで、第二新卒の転職支援を数多く手がけ、実績のある転職サービスです。

企業からも信頼が厚く、リクルートエージェントに登録すると大手企業の非公開求人に応募することができます。

ひとりひとりに専任のアドバイザーがつき、キャリアカウンセリングや、応募書類のチェック・面接対策などの転職サービスを受けることができます。

年間約1万人の第二新卒と接しているので、第二新卒ならではの、仕事に対する悩みや迷いなどにもキャリアアドバイザーがしっかりと相談に乗ってくれます

拠点も全国主要都市に19箇所あり全国を網羅しており、転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのもうれしいですね。

リクルートエージェントへ無料登録

第二新卒で大手に転職した人の声

最後後は、第二新卒で大手の企業から内定を獲得した方々の転職活動の感想を紹介します!

今自分の会社に不満があるけどなかなか転職の決意がつかないという方は是非参考にしてください!

23歳 大手広告代理店内定

前職では、不動産系の会社に勤務していました。労働時間や給料などなかなか改善せずに転職を決意しました。その結果、なんと大手広告代理店から内定を頂くことができました。
前々から大手企業で働くことが夢だったのでとても嬉しいです。研修制度もしっかり整っておりこれからさらに成長することができそうです!また異業種からの転職でしたが転職エージェントさんのおかげで転職を成功させることができました!

22歳 大手不動産会社勤務

新卒では、不動産のベンチャー企業から内定をいただき働いていました。入社するとすぐに営業に回されて毎日大変な日々を送りました。研修なども特になったので実践の中で身に着けるといった感じでした。このような環境が嫌で入社2年目で退職して第二新卒として転職活動を開始しました。不動産の仕事は続けたかったので同じ業界の大手企業の面接を受けて内定を頂きました!大手の不動産会社ならではの大きなプロジェクトにも携わることができとても刺激的です!

24歳 大手IT系企業内定

自分は、学生の頃にエンジニアになりたいと思いITベンチャー企業に就職しました。エンジニアの業務を行わせてもらえると思っていたのですが毎日地味な仕事ばかりでやりがいというものをあまり感じることができませんでした。
よって、転職を決意しました。転職エージェントさんのおすすめで大手IT系企業の面接を受け内定を頂きました。大手ならではのエンジニアを育成するプログラムなども存在し今では仕事がとても楽しいです!また、渋谷の大きなビルでの勤務はとてもテンションが上がります!

24歳 大手銀行内定

前職は、PR会社に勤務していたのですが入社前に考えていた会社のイメージが入社後に変わってしまいこの会社には長くはいられないと思いました。勤務時間や人間関係など心理的な負担になってしまい耐えることができなくなってしまいました。よって転職を決意しました。転職先は大手銀行です。大手企業の特徴なのか社内の風通しもよく働きやすかったです。働く環境にこだわりを持つ私は大手向きの人間ですね。

まとめ

第二新卒は、「すぐ仕事を辞める人」という先入観を持たれてしまうことは否めませんが、以下の点に気を付けて転職活動を行いましょう。

①仕事への明確なビジョン、意欲をアピールする
②ライバルの少ない大手優良企業をさがす
③身に付けたビジネスマナーやスキルを最大限アピールする

第二新卒はスキルよりも仕事への情熱や、柔軟性のある若さ、これから開花するかもしれないポテンシャルなどが重要視されます。大手企業でも採用を積極的に行っていますので、チャンスは十分にあります。ポイントをしっかり押さえて大手企業への転職を成功させましょう。