近年転職をすること自体は珍しくないですが、何度も転職しているというと、正直あまり良いイメージはありません。

面接で良い人物だと感じても、企業の採用担当者にとっては「またすぐ辞めてしまうのでは?」と不安要素となってしまいます。

こちらでは、転職回数が多い人がそれを有利にするためにできることや、20代の転職回数について知っておきたい知識や情報をまとめてみました。

転職回数に不安を感じている20代の方はぜひ目を通してみてください。

未経験転職におすすめ転職エージェント17選!20代・30代それぞれ選び方を解説

doda
doda
  • ユーザーに合わせて求人を表示
  • 口コミ収集・掲載機能
  • 厳選した採用ターゲットにアプローチ
職種
オールマイティー
公開求人数
200,034件
対応地域
全国
おすすめ年代
20代~

目次

20代の平均転職回数

20代の平均転職回数は1〜2回程度です。

この回数は一般的な範囲であり、就活においてそこまで不利になることはありません。

ただし、入社3年以内に複数回の転職をしている場合は、短期離職者と見なされる可能性があるため注意が必要です。

20代の転職は何回までなら大丈夫?

人それぞれの状況によって異なるため、転職回数だけで「◯回までならOKで、◯回ならアウト」と一概に言えません。

しかし、一般的に転職回数が多いほど就活に不利になる傾向があります。

特に20代で転職回数が多いのは企業側にとっても不安材料です。

一般的に人事採用担当者が不安に感じる転職回数は、20代の平均を超える3回以上と言われます。

できれば転職は2回までとしておけば許容範囲と言えるので、安易に転職先を選ばず、腰を据えて働ける場所を探すことも大切です。

また例えば転職回数が多くても、短期間で高いスキルを身に付けている人や、企業が求める人物像に合致している場合は、採用される可能性があります。

ただしこれは例外的なケースであり、一般的には転職回数の増加は企業からのマイナス評価につながります。

転職を考える際には、自己成長やキャリアアップを意識し、長期的な視野での転職を心掛けることが大切です。

自分の経歴やスキルを生かすための転職を行うことで、より良いキャリアの築き方ができるでしょう。

20代で転職回数が多いと不利になる理由

20代で転職回数が多いと、就職活動において不利になる要因が複数出てきます。

  • 経験が浅くスキルが身についていない
  • またすぐに辞めるのではと思われやすい
  • 協調性や計画性がないと思われやすい

20代におすすめ転職エージェント22選!未経験・年収アップ・女性向けなど目的別まとめ

経験が浅くスキルが身についていない

20代で転職を繰り返すと、おのずと一社での勤務期間が短くなります。

その結果、充分な経験を積む前に次の転職をしてしまい、仕事のスキルが身についていないと判断される可能性が高くなります。

社会人経験も浅いため、経験を重ねることが難しく、就活で競合する他の応募者よりもスキルや経験に差が出てしまいます。

またすぐに辞めるのではと思われやすい

転職回数が多い場合、採用する企業からは「すぐに辞める可能性が高いのでは?」と疑われることがあります。

企業は長期的な雇用を望むため、採用後にすぐに退職されることを避けたいと考えています。

そのため、転職回数が多い場合は、企業側が採用を見送ることがあるでしょう。

協調性や計画性がないと思われやすい

転職理由の中でも非常に多いのが「人間関係」に関連するものです。

転職回数が多いことにより、次の職場でも同じ問題が起きるのではないかと企業側が懸念する場合があります。

協調性がないと見られると、組織内で円滑なコミュニケーションが取れない人材だと判断されてしまいます。

また短期間で転職を繰り返すと、「計画性がない」と判断されることも。

目標や将来像を持っている人であれば、最初からそれに向けて仕事に取り組むはずですが、短期離職を重ねることで「計画性がない」と見られてしまうことがあります。

20代の転職回数別の企業から見た印象

20代の転職回数別の、企業の人事担当が受けやすい印象について解説します。

  • 転職回数1~2回の場合
  • 転職回数3~4回の場合
  • 転職回数5回以上の場合

転職回数1~2回の場合

20代で転職回数が1~2回というのは企業からすると「普通」です。

例えば、22歳で新卒で入社した場合、3年程度で転職している計算になります。

一般的に3年間同じ会社に勤めていれば「短期離職者」とはみなされません。

したがって、転職回数が1~2回の場合は、特に不利な印象を持たれることなく、適切なキャリアの積み重ねとして受け止められるでしょう。

転職回数3~4回の場合

20代で転職回数が3~4回の場合、1~2年で転職を繰り返している計算になります。

採用担当者からは短期離職者とみなされる可能性があるでしょう。

短期離職者は「ジョブホッパー」とも言い、以下のような印象を持たれることがあります。

  • 経験が浅くスキルが身についていない
  • またすぐに辞めるのではないかと心配される
  • 社内で良好な人間関係が築けないのではと心配される

しかし転職回数が多くなった場合でも、スキルや経験値が優れている、新しい職場への適応力が高いなどのポジティブな要素があれば、マイナスの印象は相殺される可能性もあります。

転職回数5回以上の場合

20代で転職回数が5回以上の場合は、企業から見るとかなり危険な状態となります。

転職回数が多いと、ジョブホッパーと見なされ、書類選考段階で敬遠されることがあります。

転職回数が多いと、長期的な雇用が難しいと思われるため、採用に対する慎重な姿勢が強まります。

既に転職回数が5回以上ある場合は、次の仕事を見つけるために相当な努力と覚悟が必要です。

企業側は採用後に早期に退職される可能性を懸念するため、転職回数に対して真摯に向き合い、それに見合ったスキルや経験を示すことが重要となります。

20代転職回数別の転職理由の答え方

20代の転職回数別に、転職理由の答え方のポイントを解説していきます。

  • 20代で転職回数が1〜2回の場合
  • 20代で転職回数が3回以上の場合

20代で転職回数が1〜2回の場合

転職回数が1〜2回の場合、平均的な転職回数とはいえ、転職理由の答え方は重要です。

採用企業からは一定の理解が得られる可能性がありますが、注意点もあります。

次の企業でも起こり得る転職理由は避ける

転職回数が1〜2回の場合でも、面接での転職理由には慎重になりましょう。

特に、「人間関係」「正当な評価されなかった」「やりたい仕事をやらせてもらえなかった」といった理由は、次の職場でも同様の問題が発生する可能性があるため、避けた方が良いです。

前職の悪口は言わない

前の会社に対して悪口を言うのは控えましょう。

採用担当者からは「他責の傾向がある」とみなされる可能性があります。

前職に問題があったとしても、自らの選択で入社したことを理解し、ポジティブな言葉で退職理由を語るようにしましょう。

例えば、「前職では残業時間が長くてきつかったが、今後は効率的に働ける環境で成長したい」というように、建設的に伝えることが重要です。

20代で転職回数が3回以上の場合

20代で転職回数が3回以上の場合は、採用企業からの説得が非常に難しくなります。

このような状況では、転職理由に対するアプローチをいっそう工夫する必要があります。

積極的な意思と行動を示す

転職回数が多いことに対してしっかりと反省し、「今回こそは長く働く」という覚悟を示す必要があります。

言葉だけでなく、実際に行動を伴ったアプローチが重要です。

資格を取得したり、セミナーに参加してスキルアップを図る姿勢を見せることで、説得力を持たせましょう。

転職回数が多いことは確かにハードルが高いですが、ポジティブな姿勢と実績によって企業に信頼を寄せてもらえる可能性があります。

前向きな姿勢を持ちながら、次の転職活動に臨むことが大切です。

転職回数が多くても採用される人の特徴

転職回数が多いと一般的には企業側からマイナスイメージを持たれることがありますが、特定の条件を満たすことで採用される可能性は依然としてあります。

以下では、転職回数が多くても採用されやすい人の特徴を紹介します。

  • 求人企業で活かせるスキルをアピールできる人
  • 転職の目的や転職後のビジョンが明確な人
  • 受け答えがしっかりしている人

求人企業で活かせるスキルをアピールできる人

転職回数が多い人でも、前職で培ったスキルや経験を次の企業でどのように活かせるかを明確にアピールできる人は、採用される可能性が高まります。

企業は採用によって自社の成長や利益を追求しますので、候補者が持つスキルが自社にとって有益であることを理解させることが重要です。

転職の目的や転職後のビジョンが明確な人

転職回数が多い人には「中途半端な人」「無計画な人」とのイメージがつきやすいため、転職に対する明確な目的意識やビジョンを持っていることが重要です。

例えば、起業を目指すためにビジネスノウハウを学びたい、新たな挑戦を求めて異なる職種にチャレンジしたいなど、具体的な目標がある場合、採用企業からの興味を引くことができます。

受け答えがしっかりしている人

面接での受け答えがしっかりしていることも、転職回数が多い人が採用されるために重要な要素です。

転職理由やブランク期間など、面接官が興味を持つポイントについては正直に答えることが求められます。

自己分析をしっかりと行い、自分の言葉で説明し、反省や学びを示すことで、面接官に信頼感を与えることができます。

転職回数が多くても、これらの特徴を持つ人は企業から興味を持ってもらえる可能性が高まります。自らの強みを理解し、前向きな姿勢を持ちながら転職活動を進めることが大切です。

転職回数が多い20代での転職活動の注意点

転職回数が多い20代の方は、採用企業からマイナスイメージを持たれやすいことがあります。

転職回数が多いことに正直に向き合い、適切な姿勢で転職活動を進めることが重要です。

以下は、転職回数が多い方の転職活動で注意すべき点です。

  • 転職回数をごまかさない
  • 退職理由や転職理由はポジティブに伝える
  • 今やりたいという理由だけで仕事を選ばない

転職回数をごまかさない

転職回数が多いからといって、その事実を隠したりごまかすことは絶対に避けましょう。

人事担当者は転職回数の確認やブランク期間について面接で詳細に質問することがあります。

嘘はすぐに見抜かれ、信頼を失う結果となります。

転職回数が多いことを素直に説明し、今後の成長やポジティブな姿勢をアピールしましょう。

退職理由や転職理由はポジティブに伝える

転職回数が多いと企業からネガティブな印象を持たれやすいため、退職理由や転職理由をポジティブに伝えることが重要です。

他責の理由や企業の問題を指摘するよりも、自己分析を行い、成長や学びを示すような理由を伝えましょう。

失敗を糧にして今後のキャリアにどう生かすかを明確にすると、企業側もポジティブな印象を持つでしょう。

今やりたいという理由だけで仕事を選ばない

転職回数が多い人が陥りがちなのが、自分が今やりたい仕事だけを優先して企業を選ぶことです。

しかし、将来の展望やビジョンを考えて、自分がどのような方向性で成長していきたいかを重要視することが大切です。

長期的なキャリアを築くためには、即時の欲求だけでなく、自分自身を成長させる環境を選ぶことが重要です。

転職回数が多いことはチャレンジ精神や成長意欲を示す側面もありますが、企業からは慎重に評価されることもあります。

自己分析をし、将来の展望を持ち、誠実に向き合うことで、転職活動が成功する可能性が高まります。

転職回数の多い20代の転職を成功させるポイント

転職回数が多い20代の方でも、適切なアプローチを取ることで転職を成功させることができます。

以下は転職回数の多い人が転職を成功させるために抑えておきたいポイントです。

  • 職歴の多さを強みに変える
  • 転職理由には一貫性を持たせる
  • 転職回数を素直に反省しポジティブな転職理由を伝える
  • 転職回数を気にしない企業の求人を探す
  • 転職エージェントを活用する

職歴の多さを強みに変える

転職回数の多いことは、様々な職場や企業を経験した結果でもあります。

職歴の多さを強みと捉え、それをアピールすることが重要です。

多くの経験から得た知識やスキル、異なる業界での経験など、職歴の中には他の応募者にはない魅力があるかもしれません。

自分の職歴に自信を持ち、それを前向きにアピールしましょう。

転職理由には一貫性を持たせる

転職回数が多い場合、面接官から転職の動機を詳しく尋ねられることがあります。

その際には転職理由に一貫性を持たせることが重要です。

転職したい理由やキャリアのビジョンを明確にし、それに基づいて転職を繰り返してきたことを説明しましょう。

一貫性のある転職理由は、面接官に信頼してもらううえでも重要です。

転職回数を素直に反省しポジティブな転職理由を伝える

転職回数が多くなった理由には、失敗や課題があるかもしれません。

それを素直に認め、反省を込めたポジティブな転職理由を伝えることが大切です。

自己分析を重ね、成長するためにどのような転職を考えたのか、それが将来のキャリア形成にどう繋がるかを具体的に説明しましょう。

過去の転職経験を生かし、新たなステージで活躍したいという姿勢を示しましょう。

転職回数を気にしない企業の求人を探す

転職回数が多いと全ての企業で採用のハードルが高くなるかもしれませんが、転職回数を気にしない企業も存在します。

特にベンチャー企業や専門性の高い職種では、個々の実力や意欲を重視する傾向があります。

自分の経験やスキルにマッチした求人を探し、転職回数を気にしない企業にアプローチしてみましょう。

転職エージェントを活用する

転職回数の多い場合、自分自身で求人を探すのが難しいこともあります。

転職エージェントを活用すると、専門のコンサルタントが自分の経歴や希望条件に合った求人を提案してくれます。

また、転職エージェントは企業側との調整やアドバイスも行ってくれるため、転職を成功させるためのサポートになります。

転職回数が多いからといって諦めるのではなく、上記のポイントを踏まえて前向きに転職活動を進めてください。

自分の強みをしっかりとアピールし、転職を成功させましょう。

転職回数の多い20代におすすめの転職エージェント

転職回数の多い20代におすすめの転職エージェントを厳選して紹介します。

  • doda
  • Spring転職エージェント
  • ハタラクティブ

doda

dodaは、日本の転職支援サイトの一つであり、株式会社リクルートキャリアが運営しているサービスです。

dodaには、下記の様な特徴があります。

IT・Web、エンジニア、営業、事務、医療・福祉、販売など、幅広い業種や職種の求人情報を掲載していて、正社員や契約社員、派遣社員などの雇用形態も多様。

業界や職種選びから転職活動をしたい人におすすめです。

また履歴書の添削や面接対策のサポート、キャリア相談などの転職支援サービスも提供しています。

さらにdodaには、未経験からのスタートが可能なエントリーレベルのポジションが多くあります。

転職回数の多い20代の方がスキルや経験を活かしやすいポジションであったり、新たなキャリアをスタートするための選択肢が豊富です。

このように、dodaには20代対応した求人・サポート体制があり安心して転職活動を行うことができます。

求人数もトップレベルで、きっと希望する求人が見つかるでしょう。

doda転職エージェントの評判は?2chの口コミ評価をまとめてみた

dodaへ無料登録

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)

世界人材シェアNo.1のアデコが運営する、外資系転職エージェントです。

外資系を中心に、日系企業の求人も扱っています。求人の80%が非公開求人で、良質な求人が多いです。

面談希望者を断らないので、スキルや経験に自信がない人や、未経験転職にもおすすめです。

受け身だとサポートが手薄になりますが、求職者が求めればしっかりサポートしてくれます。

国内での知名度は低いですが、全国に拠点があり、地方の人も利用できます。

※40代まで、一都三県、東海地方、関西地方の転職者限定です。

Spring転職エージェント(アデコ)の評判は?2chの口コミ評価をまとめてみた

ハタラクティブへ無料登録

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブも、20代におすすめできる転職エージェントです。

ハタラクティブは独自のマッチングアルゴリズムを持っており、自分のスキルや経験、希望条件と企業の要望とを照らし合わせて、最適な求人を提案してくれます。

高いマッチング精度により、自分に合った求人に出会いやすくなります。

特に未経験職種に挑戦したい方におすすめで、はじめからスキルが無くても応募可能な求人は豊富です。

またハタラクティブは転職に関する悩みや相談に対して、専任のキャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれます。

面接のセッティングや交渉などのサポートも行っており、転職活動をよりスムーズに進めることができます。

他社では受けることができない転職活動に関する知識・面接練習などを行ってもらえます。

ハタラクティブの評判は?2chの口コミ評価をまとめてみた

ハタラクティブへ無料登録

この記事のまとめ

転職回数が多いことはデメリットになる場合が多いですが、工夫と努力次第でそれを抑えることは可能です。

転職回数が多い20代が転職を成功させるには転職回数を気にされない職種を狙うことや、転職回数の多さを逆手に取り、「いろいろな場を経験している」ということを強みに変えることが必要。

転職エージェントの応募書類添削や面接指導などのサポートを利用することで、志望動機や自己PRなどブラッシュアップできます。

20代の転職は当たり前になりつつありますが、転職回数が増えるほどその後の転職はどんどん難しくなっていきます。

合わなければ転職すればいいという考えではなく、長く務められる仕事を探す意識を持って転職活動を行いましょう。