30代子持ち女性の転職は、年齢や子育てとの両立などの不安から、ハードルが高いと感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、近年は、子育てに理解のある企業や、子育て支援制度を整えている企業も増えています。

そのため、30代子持ち女性でも、転職を成功させるための方法はたくさんあります。

ここでは、30代子持ち女性におすすめの転職サイトを紹介します。

転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
30代におすすめの転職サイト10選!選び方のポイントも解説【2023年10月最新】

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
ビズリーチ|高収入の求人を探したいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 高収入求人が多い
  • プレミアムプランでより効率的に転職活動を進められる
  • 自分の市場価値がわかる
3位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
type転職エージェント
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
type転職エージェント

子持ちの30代女性の正社員転職は厳しい?

子育て中の女性は、勤務時間や休日などの条件を制限せざるを得ないケースがあります。

そのため、企業側が子育てとの両立に理解がないと正社員で働き続けることが難しいことが考えられます。

他にも下記のような点において懸念点があります。

【年齢的な不安】
30代になると、企業側は「経験やスキルが不足しているのではないか」「すぐに結婚や出産で退職してしまうのではないか」といった不安を抱く可能性があります。

そのため、未経験やスキル不足の子持ち女性は、採用の際に不利になる可能性があります。

【子育てとの両立の不安】
子育て中の女性は、子育てと仕事の両立が不安という部分を一番悩んでいると思われます。

子育てと仕事の両立は、決して簡単ではありません。

そのため、子育て中の女性は、転職を成功させたとしても、仕事と子育ての両立がうまくいくかどうか不安に感じることがあるでしょう。

しかし、近年は、子育てに理解のある企業や、子育て支援制度を整えている企業も増えています。

そのため、子持ち女性でも、転職を成功させるための方法はたくさんあります。

子持ちの30代女性におすすめする転職サイト・サービス

子持ちの女性が転職を検討する際におすすめの転職エージェントを下記に紹介します。

ぜひ参考にしてください。

doda

doda

dodaは、国内最大級の転職サイト・エージェントで、子育て支援制度を整えている企業の求人数も豊富です。

また、転職エージェントが、子育てに理解のある企業を紹介してくれることもあります。

おすすめポイント

  • WEB業界の求人数が豊富で、未経験向けの求人も多数あるため希望に合った求人を見つけられる。
  • 子育てとの両立をしながらの転職でも、サポート体制が充実。
  • 子育てに理解のある企業の求人を、条件に合わせて紹介してくれる。

dodaの評判・口コミを徹底調査!特徴やサービス内容までくわしく紹介

dodaへ無料登録

ビズリーチ

対応エリア 全国、一部海外
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約128,000件

ビズリーチは、ハイクラス転職サイトとして10万件を超える求人数を誇り、子育て支援制度を整えている企業の求人数も豊富です。

また、転職エージェントが、子育てに理解のある企業を紹介してくれることもあります。

おすすめポイント

  • ハイクラス転職サイトなので、年収や待遇のよい求人が多い。
  • 専任の転職エージェントが、転職活動をフルサポートしてくれる。
  • 子育てに理解のある企業の求人を、条件に合わせて紹介してくれる。

ビズリーチの評判・口コミは最悪?ばれるって本当?悪質・ひどいと言われる実態を徹底解説【2023年最新】

ビズリーチへ無料登録

ハタラクティブ

対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡
運営会社 レバレシーズ株式会社
公開求人数 約2,911件

ハタラクティブは、20代を中心とした若年層向けの転職支援サービスです。

また、子持ち女性の転職支援にも力を入れており、子育てに理解のある企業を紹介してくれることもあります。

おすすめポイント

  • 若年層向けの転職支援サービスなので、未経験者でも利用しやすい。
  • 専任の転職エージェントが、転職活動をフルサポートしてくれる。
  • 子育てに理解のある企業の求人を豊富に保有している

ハタラクティブの評判は良い悪い?口コミからメリット・デメリットを徹底調査

マイナビエージェント

対応エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 約66,358件

マイナビエージェントは、幅広い業界・職種の求人を保有している総合型転職エージェントです。

子持ち女性の転職支援にも力を入れており、以下のサポートを受けることができます。

おすすめポイント

  • 総合型転職エージェントなので、幅広い求人から選ぶことができる
  • 専任の転職エージェントが、転職活動をフルサポートしてくれる
  • 子育てに理解のある企業の求人を豊富に保有している

マイナビエージェントの評判は?口コミからメリット・デメリットを徹底調査

マイナビエージェントへ無料登録

Green

対応エリア 全国
運営会社 株式会社アトラエ
公開求人数 約28,671件

Greenは、子持ち女性の転職支援に特化した転職エージェントです

子育て支援制度を整えている企業の求人を豊富に保有しているので、希望の条件に合った企業を見つけることができます。

おすすめポイント

  • 子持ち女性の転職支援に特化した転職エージェントなので、子育てに関する悩みや不安を相談しやすい
  • 専任の転職エージェントが、転職活動をフルサポートしてくれる。
  • 子育て支援制度を整えている企業の求人を豊富に保有している

Greenへ無料登録

30代子持ちの女性が転職エージェントを利用する際の注意点

30代子持ちの女性が転職エージェントを活用する際には、以下の点に注意が必要です。

複数のエージェントに登録する 1つのエージェントに登録するだけでは、紹介される求人の数が限られてしまいます。複数のエージェントに登録し、幅広い求人情報を比較検討することが大切です。
自分の希望を明確にする 転職エージェントには、自分の希望や条件を明確に伝えることが大切です。エージェントがより適切な求人を紹介してくれます。
積極的に行動する 転職エージェントはあくまでもサポート役です。最終的に転職を成功させるためには、自分でも積極的に行動する必要があります。

子持ちの30代女性が在職中に転職活動をする注意点

在職中に転職活動を進める際の注意を紹介します。

以下の点に注意しながら転職活動を進めると、現職の仕事と転職活動をうまく両立させることができます。

上司や同僚に転職活動を報告する 上司や同僚に転職活動を報告しておくことで、理解と協力を得ることができます。
仕事のパフォーマンスを落とさない 転職活動に時間を割きすぎると、仕事のパフォーマンスが落ちてしまう可能性があります。
転職活動と仕事を両立させるために、スケジュールをうまく管理しましょう。
転職活動の時間をしっかりと確保する 転職活動には、応募書類の作成や面接対策など、さまざまな作業が必要です。

転職活動の時間をしっかりと確保して、計画的に進めましょう。

在職中に転職活動を進めることで、転職活動のリスクを減らし、成功の可能性を高めることができます。

30代のワーママが転職活動に失敗する原因

30代ワ―ママが転職活動に失敗する原因
  • 1人で転職活動をしている
  • 情報収集ができていない
  • 条件を絞りすぎている

ここでは、30代の子持ち女性が転職活動に失敗してしまう主な原因をくわしく探っていきます。

1人で転職活動をしている

30代のワーママは、仕事や育児で忙しく、転職活動にかける時間や労力が限られていることが多いです。

そのため、1人で転職活動をしていると、十分な情報収集や準備ができず、失敗してしまうケースがあります。

転職活動には、求人の検索や応募書類の作成、面接対策など、さまざまな作業が必要です。

1人で転職活動をしていると、これらの作業に時間や労力がかかるだけでなく、十分な情報収集や準備ができず、失敗してしまうケースがあります。

客観的な意見やアドバイスをもらうことができない 1人で転職活動をしていると、自分の強みやアピールポイントを客観的に判断することが難しいです。
また、面接の練習相手や相談相手がいないため、自分の考えや伝え方をブラッシュアップすることができません。
転職活動が孤独になる 転職活動は、精神的にも肉体的にも負担がかかるものです。

1人で転職活動をしていると、孤独感や不安感を感じてしまうこともあるでしょう。

情報収集ができていない

30代のワーママは、仕事や育児で忙しく、転職活動にかける時間や労力が限られていることが多いです。

そのため、情報収集が不足してしまい、失敗してしまうケースがあります。

具体的な失敗例としては、以下のようなものが挙げられます。

希望条件が曖昧で、企業にマッチする求人に出会えない 情報収集が不足していると、自分の希望条件に合った求人に出会えない可能性があります。
企業の選考基準を理解できない 情報収集が不足していると、企業の選考基準を理解できず、面接で失敗してしまう可能性があります。
自分の強みやアピールポイントがわからない 情報収集が不足していると、自分の強みやアピールポイントがわからなくなり、面接でアピールできず、内定を獲得できない可能性があります。

条件を絞りすぎている

30代のワーママは、仕事や育児で忙しく、転職活動にかける時間や労力が限られていることが多いです。

そのため、条件を絞りすぎると、自分に合った求人に出会えなくなってしまう可能性があります。

具体的な失敗例としては、以下のようなものが挙げられます。

希望条件に合った求人が見つからず、転職活動が長引く 条件を絞りすぎると、希望条件に合った求人が見つかりにくくなります。
転職活動が長引いてしまう可能性があります。
他の条件を妥協できず、希望条件に合わない企業に内定してしまう 条件を絞りすぎると、他の条件を妥協できなくなってしまう可能性があります。
希望条件に合わない企業に内定してしまう可能性があります。
条件に合わない企業に入社して、すぐに辞めてしまう 条件に合わない企業に入社すると、すぐに辞めてしまう可能性があります。

条件を絞りすぎると、転職活動に費やした時間や労力が無駄になってしまう可能性があります。

子持ち30代女性におすすめの転職活動の進め方

転職活動の進め方
  • 転職エージェントを活用する
  • 在職中に転職活動を進める
  • しっかりと面接対策を行う

30代の子持ちの女性が効率よく転職活動を進める方法を以下に紹介していきます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することで、以下のメリットがあります。

<転職エージェントを利用するメリット>

条件に合った求人の紹介 転職エージェントは、企業の人事担当者と直接連携して、非公開求人を含めたさまざまな求人を紹介してくれます。
また、子育てと仕事の両立がしやすい求人を探すことにも協力してくれます。
面接対策 転職エージェントは、面接のノウハウや質問例などを教えてくれます。また、模擬面接で練習することもできます。
条件交渉 転職エージェントは、企業と条件交渉を代行してくれます。
転職後のフォロー 転職後もキャリアアップやスキルアップに関するアドバイスなどを受けることができます。
また、転職エージェントを選ぶ際には、以下のポイントを押さえることも大切です。

<子持ち30代女性におすすめの転職エージェントの選び方>

実績が豊富なエージェントを選ぶ 実績が豊富なエージェントであれば、さまざまな業界や職種の求人情報を持っているため、自分に合った求人を紹介してもらいやすくなります。
子育てと仕事の両立に理解のあるエージェントを選ぶ 子育てと仕事の両立に理解のあるエージェントであれば、子育てと仕事の両立がしやすい求人を紹介してもらいやすくなります。
無料相談を活用する 複数のエージェントに無料相談を活用して、自分に合ったエージェントを選びましょう。

転職エージェントのサポートを活用し、効率的に転職活動を進めることが大切になってきます。

在職中に転職活動を進める

在職中に転職活動を進めることで、以下のメリットがあります。

収入が途切れずに済む 転職活動中は、収入が途切れてしまう可能性があります。
在職中に転職活動を進めることで、収入が途切れずに済みます。
転職先の条件をじっくり検討できる 在職中に転職活動を進めることで、転職先の条件をじっくり検討することができます。
転職活動に慣れる 在職中に転職活動を進めることで、転職活動に慣れることができます。

焦って転職先を決めてしまい、後悔するリスクを減らすことができます。

しっかりと面接対策を行う

面接は、自分のスキルや経験をアピールする絶好の機会です。

事前によく準備して、自信を持って臨みましょう。

子持ち30代女性が面接でよく聞かれる質問としては、以下のようなものが挙げられます。
  • 子育てと仕事の両立について
  • 仕事と育児の両立で工夫していること
  • 子育てで培ったスキルや経験

これらの質問に対して、明確に答えられるように準備しておきましょう。

また、面接では、自分の強みやアピールポイントをしっかりと伝えることも大切です。

仕事や育児で培ったスキルや経験を、自分の強みやアピールポイントとして整理しておきましょう。

子持ち30代女性が面接で成功する方法

子持ち30代女性が面接で成功するための具体的な方法を紹介します。

子育てと仕事の両立について、具体的なエピソードを用意する 子育てと仕事の両立について、具体的なエピソードを用意しておきましょう。
エピソードがあれば、自分の言葉で話すことができ、説得力が増します。
自分の強みやアピールポイントを明確にする 仕事や育児で培ったスキルや経験を、自分の強みやアピールポイントとして整理しておきましょう。
自分の強みやアピールポイントを明確にすることで、面接で自信を持ってアピールすることができます。
面接の雰囲気をイメージする 面接の雰囲気をイメージしておきましょう。
面接官の質問の意図を理解して、的確に答えられるように準備しましょう。
面接の服装や身だしなみに気をつける 面接の服装や身だしなみにも気をつけて、清潔感のある印象を与えましょう。

子持ち30代女性が面接で成功するためには、上記の方法を参考に、しっかりと準備をして臨みましょう。

子持ち30代女性におすすめの転職条件

おすすめの転職条件
  • 自宅から勤務先が近い
  • リモート勤務やフレックスなど自由な働き方が可能
  • 同世代の子持ち女性が多い職場
  • 産休・育休制度が整っている

子持ちの女性が転職する際におすすめの条件をくわしく紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

自宅から勤務先が近い

子育てをしながら仕事を続けるためには、通勤時間を短くして、家事や育児に充てる時間を確保することが大切です。

自宅から勤務先が近ければ、通勤時間が短縮できるため、仕事と育児の両立がしやすくなります。

また、自宅から勤務先が近ければ、急な体調不良や子どもの学校行事などに対応しやすくなります。

子持ち30代女性が転職活動をする際には、自宅から勤務先が近いことも、重要な転職条件として検討しましょう。

転職エージェントに相談する 転職エージェントに相談すれば、自宅から勤務先が近い求人を探してもらうことが可能です。
求人サイトの検索条件を工夫する 求人サイトの検索条件に「自宅から勤務先が近い」という条件を設定することで、自宅から勤務先が近い求人を探すことができます。
通勤時間も考慮して企業を訪問する 企業を訪問する際には、通勤時間を考慮して、会社までの距離や交通手段を調べておきましょう。

リモート勤務やフレックスなど自由な働き方が可能

子育てをしながら仕事を続けるためには、仕事と育児の両立がしやすい環境であることが大切です。

リモート勤務やフレックスなど自由な働き方が可能であれば、仕事と育児を両立させやすくなります。

リモート勤務であれば、自宅で仕事をすることができるため、通勤時間を短縮して、家事や育児に充てる時間を確保することができます。

また、フレックスであれば、自分の都合に合わせて勤務時間を調整することができるため、子どもの学校行事や習い事などに対応しやすくなります。

リモート勤務やフレックスなど自由な働き方が可能かどうかも、重要な転職条件として検討しましょう。

転職エージェントに相談する 転職エージェントに相談すれば、リモート勤務やフレックスなど自由な働き方ができる求人を探してもらうことが可能です。
求人サイトの検索条件を工夫する 求人サイトの検索条件に「リモート勤務」や「フレックス」という条件を設定することで、リモート勤務やフレックスなど自由な働き方ができる求人を探すことができます。
企業訪問時に確認する 企業訪問時に、リモート勤務やフレックスなど自由な働き方ができるかどうかを直接確認しましょう。

同世代の子持ち女性が多い職場

子育てをしながら仕事を続けるためには、仕事と育児の両立を理解してくれる職場であることが大切です。

同世代の子持ち女性が多い職場であれば、仕事と育児の両立に関する悩みや不安を共有しやすく、サポートを受けやすい環境であるといえます。

また、同世代の子持ち女性が多い職場であれば、共感できる友人や仲間を見つけやすく、仕事や育児のモチベーションを維持しやすくなります。

子持ち30代女性が転職活動をする際には、同世代の子持ち女性が多い職場かどうかも、重要な転職条件として検討しましょう。

ここからは、子持ち30代女性が同世代の子持ち女性が多い転職先を探すための具体的な方法をご紹介します。

転職エージェントに相談する 転職エージェントに相談すれば、同世代の子持ち女性が多い転職先を探してもらうことが可能です。
求人サイトの検索条件を工夫する 求人サイトの検索条件に「同世代の子持ち女性が多い」という条件を設定することで、同世代の子持ち女性が多い転職先を探すことができます。
企業訪問時に確認する 企業訪問時に、同世代の子持ち女性の割合や、子育てと仕事の両立に関するサポート制度などを直接確認しましょう。

産休・育休制度が整っている

子育てをしながら仕事を続けるためには、産休・育休を取得できる制度が整っていることが大切です。

産休・育休制度が整っていれば、安心して子育てに専念することができます。

また、産休・育休制度が整っていれば、復職後に仕事と育児の両立をしやすい環境であるといえます。

子持ち30代女性が転職活動をする際には、産休・育休制度が整っているかどうかも、重要な転職条件として検討しましょう。

ここからは、子持ち30代女性が産休・育休制度が整っている転職先を探すための具体的な方法をご紹介します。

転職エージェントに相談する 転職エージェントに相談すれば、産休・育休制度が整っている転職先を探してもらうことが可能です。
求人サイトの検索条件を工夫する 求人サイトの検索条件に「産休・育休」という条件を設定することで、産休・育休制度が整っている転職先を探すことができます。
企業訪問時に確認する 企業訪問時に、産休・育休制度の内容や、実際の取得実績などを直接確認しましょう。

子持ち30代女性が転職活動をする際には、産休・育休制度が整っているかどうかも、重要な転職条件として検討しましょう。

具体的には、以下のポイントをチェックするとよいでしょう。
  • 産休・育休の取得期間
  • 産休・育休中の給与
  • 復職後の制度

また、産休・育休制度が整っているだけでなく、実際に子育てと仕事の両立を実現している社員がいるかどうかも確認しておきましょう。

子持ちの30代女性が持っておくと転職に有利な資格

転職に有利な資格
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト
  • TOEIC
  • 簿記検定2級
  • 宅建
  • 基本情報技術者試験

ここでは30代子持ちの女性が転職活動時に所持しておくと有利な資格について紹介していきます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストは、Microsoft Office製品のスキルを証明する資格です。
Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどの基本的な操作から、より高度な操作まで、幅広いスキルを証明できます。

マイクロソフトオフィススペシャリストが転職で有利になる理由をいくつかご紹介します。

パソコンスキルを証明できる 子育てをしながら仕事を続けるためには、パソコンスキルが必須です。
マイクロソフトオフィススペシャリストを取得することで、パソコンスキルを客観的に証明することができます。
幅広い職種で求められる マイクロソフトオフィス製品は、幅広い職種で使用されています。
幅広い職種で活躍できる可能性があります。
取得が容易 マイクロソフトオフィススペシャリストは、独学でも取得できる資格です。
子育てと仕事を両立しながらでも、取得しやすい資格と言えます。

子持ちの30代女性が転職活動をする際には、マイクロソフトオフィススペシャリストを取得しておくことで、就職・転職の際に有利に働く可能性があります。

ここからは、子持ちの30代女性がマイクロソフトオフィススペシャリストを取得するメリットをご紹介します。

転職活動の際にアピールできる マイクロソフトオフィススペシャリストを取得していることは、転職活動の際にアピールできるスキルです。
パソコンスキルを証明することで、採用担当者に好印象を与えることができます。
給与アップにつながる マイクロソフトオフィススペシャリストを取得することで、給与アップにつながる可能性があります。
企業によっては、資格取得者に対して、資格手当や昇給などの優遇措置を設けているところもあります。
仕事の幅が広がる マイクロソフトオフィススペシャリストを取得することで、仕事の幅が広がります。パソコンスキルが求められる職種で活躍できる可能性が高まります。

TOEIC

TOEICは、英語のコミュニケーション能力を測定するテストです。

リスニングとリーディングの2つのセクションから構成されており、990点満点です。

TOEICが転職で有利になる理由をいくつかご紹介します。

幅広い職種で求められる英語は、ビジネスシーンで欠かせないスキルです。

幅広い職種で求められる英語は、ビジネスシーンで欠かせないスキルです。

英語力の高さを証明できる TOEICのスコアは、英語力の高さを客観的に証明することができます。
幅広い職種で求められる 英語は、ビジネスシーンで欠かせないスキルです。
取得が容易 TOEICは、年に何度も実施されており、独学でも取得できる資格です。子育てと仕事を両立しながらでも、取得しやすい資格と言えます。

TOEICのスコアが高いと、幅広い職種で活躍できる可能性があります。

転職活動をする際には、TOEICを取得しておくことで、就職・転職の際に有利に働く可能性があります。

ここからは、子持ちの30代女性がTOEICを取得するメリットをご紹介します。

転職活動の際にアピールできる TOEICのスコアが高いことは、転職活動の際にアピールできるスキルです。英語力の高さを証明することで、採用担当者に好印象を与えることができます。
給与アップにつながる TOEICのスコアが高いことで、給与アップにつながる可能性があります。企業によっては、TOEICのスコアが高い社員に対して、昇給などの優遇措置を設けているところもあります。
仕事の幅が広がる TOEICのスコアが高いことで、仕事の幅が広がります。英語を活用できる職種で活躍できる可能性が高まります。
TOEICのスコアが高いと以下の点で有利に働く可能性があります。
  • 英語を使う仕事への応募に有利
  • 英語を必要とする部署への配属に有利
  • 昇給や昇進に有利
  • 英語力をアピールできる

子育てと仕事を両立しながら英語を学習するのは大変ですが、TOEICのスコアを高めることで、転職やキャリアアップの可能性が広がります。

簿記検定2級

簿記検定は、企業の財務に関する知識やスキルを測定する資格です。2級は、簿記の基礎的な知識と技能を身につけていることを証明する資格です。

簿記検定2級が転職で有利になる理由をいくつかご紹介します。

経理や財務に関するスキルを証明できる 簿記検定2級を取得することで、経理や財務に関するスキルを客観的に証明することができます。
幅広い職種で求められる 経理や財務に関するスキルは、幅広い職種で求められます。そのため、簿記検定2級を取得することで、幅広い職種で活躍できる可能性があります。
取得が容易 簿記検定2級は、独学でも取得できる資格です。子育てと仕事を両立しながらでも、取得しやすい資格と言えます。

簿記検定2級を取得しておくことで、就職・転職の際に有利に働く可能性があります。

ここからは、子持ちの30代女性が簿記検定2級を取得するメリットをご紹介します。

転職活動の際にアピールできる 簿記検定2級を取得していることは、転職活動の際にアピールできるスキルです。経理や財務に関するスキルを証明することで、採用担当者に好印象を与えることができます。
給与アップにつながる 簿記検定2級を取得することで、給与アップにつながる可能性があります。企業によっては、簿記検定2級を取得した社員に対して、昇給などの優遇措置を設けているところもあります。
仕事の幅が広がる 簿記検定2級を取得することで、仕事の幅が広がります。経理や財務に関する職種で活躍できる可能性が高まります。

 

具体的には、簿記検定2級を取得していると以下の点で、転職活動に有利に働く可能性があります。
  • 経理や財務に関する仕事への応募に有利
  • 経理や財務を必要とする部署への配属に有利
  • 昇給や昇進に有利
  • 経理や財務のスキルをアピールできる

子育てと仕事を両立しながら簿記を学習するのは大変ですが、簿記検定2級を取得することで、転職やキャリアアップの可能性が広がります。

また、簿記検定2級は、以下の資格の受験資格にもなります。
  • 税理士試験
  • 公認会計士試験
  • ファイナンシャルプランナー

これらの資格を取得することで、さらに高いキャリアアップを目指すことも可能です。

宅建

宅建は、宅地建物取引士の国家資格です。宅地や建物の売買や賃貸などの取引に関する法律や知識を身につけていることを証明する資格です。

宅建が転職で有利になる理由をいくつかご紹介します。

不動産業界で働くための必須資格 宅建は不動産業界で働くための必須資格です。不動産業界への転職を希望する場合は、宅建を取得しておくことが必須となります。
不動産業界以外でも活かせるスキル 宅建は、不動産業界以外でも活かせるスキルです。例えば、住宅ローンや保険などの金融商品の営業、建築やリフォームなどの設計・施工、不動産関連のコンサルティングなど、幅広い職種で活躍することができます。
取得が容易 宅建は独学でも取得できる資格です。子育てと仕事を両立しながらでも、取得しやすい資格と言えます。

ここからは、子持ちの30代女性が宅建を取得するメリットをご紹介します。

不動産業界への転職に有利 宅建を取得することで、不動産業界への転職に有利になります。宅建を取得していれば、不動産取引に関する知識やスキルを有していることを証明できます。
給与アップにつながる 宅建を取得することで、給与アップにつながる可能性があります。企業によっては、宅建を取得した社員に対して、昇給などの優遇措置を設けているところもあります。
仕事の幅が広がる 宅建を取得することで、仕事の幅が広がります。不動産業界以外でも活かせるスキルを身につけることができるため、キャリアアップの可能性が広がります。

 

具体的には、以下の点において宅建を取得していると有利に働く可能性があります。
  • 不動産業界への転職に有利
  • 給与アップにつながる
  • 仕事の幅が広がる

子育てと仕事を両立しながら宅建を学習するのは大変ですが、宅建を取得することで、転職やキャリアアップの可能性が広がります。

また、宅建は、以下の資格の受験資格にもなります。
  • 不動産鑑定士
  • 管理業務主任者
  • 建築士

これらの資格を取得することで、さらに高いキャリアアップを目指すことも可能です。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITに関する基本的な知識やスキルを身につけていることを証明する国家資格です。

基本情報技術者試験が転職で有利になる理由をいくつかご紹介します。

IT業界で働くための基礎資格 基本情報技術者試験は、IT業界で働くための基礎資格です。IT業界への転職を希望する場合は、基本情報技術者試験を取得しておくことが必須となります。
幅広い職種で活かせるスキル 基本情報技術者試験は、幅広い職種で活かせるスキルです。システムエンジニアやプログラマーなどのITエンジニア職、ネットワークエンジニアやセキュリティエンジニアなどのITインフラ職、営業やマーケティングなどの非IT職など、さまざまな職種で活躍することができます。
取得が容易 基本情報技術者試験は、独学でも取得できる資格です。子育てと仕事を両立しながらでも、取得しやすい資格と言えます。

以下に、子持ちの30代女性が基本情報技術者試験を取得するメリットをご紹介します。

IT業界への転職に有利 基本情報技術者試験を取得することで、IT業界への転職に有利になります。基本情報技術者試験を取得していれば、ITに関する基礎的な知識やスキルを有していることを証明できます。
給与アップにつながる 基本情報技術者試験を取得することで、給与アップにつながる可能性があります。企業によっては、基本情報技術者試験を取得した社員に対して、昇給などの優遇措置を設けているところもあります。
仕事の幅が広がる 基本情報技術者試験を取得することで、仕事の幅が広がります。IT業界以外でも活かせるスキルを身につけることができるため、キャリアアップの可能性が広がります。

基本情報技術者試験を取得することで、就職・転職の際に有利に働く可能性があります。

具体的には、以下の点において基本情報技術者試験を取得していると有利に働く可能性があります。
  • IT業界への転職に有利
  • 給与アップにつながる
  • 仕事の幅が広がる

子育てと仕事を両立しながら基本情報技術者試験を学習するのは大変ですが、基本情報技術者試験を取得することで、転職やキャリアアップの可能性が広がります。

また、基本情報技術者試験は、以下の資格の受験資格にもなります。
  • 応用情報技術者試験
  • 情報処理安全確保支援士試験
  • システム監査技術者試験

これらの資格を取得することで、さらに高いキャリアアップを目指すことも可能です。

子持ち30代女性は非正規で働くことも1つの選択肢

子育てをしながら働くことは、とても大変なことではあるため、正社員にこだわりすぎず、非正規で働くことも選択肢の1つとして考えてみてもいいと思います。

非正規で働くことのメリットをご紹介します。

仕事と家庭の両立がしやすい 非正規雇用の場合、勤務時間や休日などの融通が利きやすい傾向があります。保育園のお迎えや子どもの病気などの家庭の事情に合わせて働きやすいというメリットがあります。
自分のペースで働ける 非正規雇用の場合、正社員と比べて責任やプレッシャーが少ない傾向があります。自分のペースで無理なく働くことができるというメリットがあります。
新しいスキルや経験を身につけやすい 非正規雇用の場合、さまざまな職場で働く機会があります。新しいスキルや経験を身につけやすいというメリットがあります。

もちろん、非正規で働くことにはデメリットもあります。

例えば、正社員と比べて給与や福利厚生が劣る、雇用が不安定である、といった点が挙げられます。

しかし、子育てと仕事の両立を図りたい女性にとっては、非正規雇用は選択肢の一つとして検討してみる価値があるでしょう。

子持ち30代女性はサポートを受けつつ効率的に転職活動することがおすすめ

子持ち30代女性の転職活動は、時間や労力がかかり、不安も大きいものです。

そのため、転職エージェントを活用してサポートを受けつつ、効率的に転職活動を進めることがおすすめです。

転職エージェントは、企業の求人情報の提供や、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など、転職活動をサポートしてくれます。

また、子育てと仕事を両立できる求人を紹介してくれることも多いので、子持ち女性にとって心強い味方になってくれるでしょう。

子持ち30代女性が転職活動を成功させるためには、転職エージェントを活用してサポートを受けつつ、効率的に転職活動を進めることが大切です。