IT業界で転職を考えているSE職、今のハードな現場から脱出したいWebエンジニア職、
転職サイト選びで迷っていませんか?

景気回復の時代背景もあり転職ビジネスも活発で、転職サイトや転職エージェント・人材紹介会社も急増しています。新興の中小規模の転職エージェントはピンキリですし、中には悪徳業者も存在します。

人材の流動化がメジャーなIT業界では、転職エージェントの選び方がポイントです。キャリアアップできる安定した大手企業、年収アップできるWeb業界など、優良なIT求人が豊富な転職エージェントとは?老舗の大手転職エージェントもありますが、IT転職に使えるのはやはり専門型の転職エージェントでしょうか?

多忙なITエンジニアのために転職サイトの活用方法と、ITエンジニアにはIT専門系転職エージェントがおすすめの理由をお知らせします。

目次

IT業界向け転職エージェントおすすめ16選

IT業界から異業種転職するなら大手総合型の転職エージェントがおすすめです。なぜなら、大手の転職エージェントはさまざまな業種・職種の求人が豊富で、キャリアを生かして年収をキープしたまま転職可能な求人を提案してもらえるからです。

さらに、未経験者にも対応してくれる転職エージェントを活用するとよりスムーズに転職活動が進められるメリットがあります。そこで今回は、IT業界向けの転職サイト・エージェントについていくつかご紹介します。

レバテックキャリア

求人数約18,000件
職種エンジニア・ITコンサルタント・クリエイターなど
特徴
  • IT・WEBエンジニアやクリエイター向けの転職エージェント
  • コンサルタントがIT業界に精通している
  • キャリアアップ向けなので未経験からの転職には向かない可能性がある

レバテックキャリアは、IT業界に専門特化した、100%エンジニア向けを称する、IT・WEBエンジニアやクリエイター専門の転職エージェントです。正社員や派遣社員、フリーランスといった様々な雇用形態の求人を扱っています。

IT専門と名乗るだけあり、キャリアコンサルタントがエンジニアのスキルに対する話も早く、理解度も高いのが特徴です。プログラミング言語やデザインツールの専門知識などについても、日々キャッチアップし情報収集しているため造詣が深いのですね。

IT業界の求人動向にも詳しく、クライアント企業の社風や環境などの詳細情報に精通しています。登録しているITエンジニアのスキルだけでなく、人柄部分の相性とのマッチングにも定評があり、選考通過率が高いだけでなく、転職した後の満足度も高いと評判です。

レバテックキャリアへ無料登録

リクルートエージェント(IT)

求人数約90,000件(非公開求人は約84,000件)
職種エンジニア・テクニカルサポート・社内SE・プログラマーなど
特徴
  • 求人数が多い
  • 転職活動者向けのイベントを開催
  • ITエンジニアに強いエージェントが多数在籍

リクルートエージェントは、人材会社大手「リクルート」が運営するエージェント型の転職サイトです。主にフロントエンジニアやアプリエンジニア、インフラエンジニアなどの求人に特化しており、仕事の幅を広げたい方から自分のライフスタイルに合った働き方がしたい人まで対応しています。

ほかにもIT業界だと以下の職種を取り扱っています。

  • プログラマー
  • Webエンジニア
  • 生開発
  • セールスエンジニア
  • 品質管理
  • 情報システム
  • 社内SE
  • 制御エンジニア
  • テクニカルサポート
  • QAエンジニア

ITの職種・業界の知識に精通したキャリアアドバイザーが、自分のスキルやスペックに合わせた求人紹介や書類添削、面接対策などをしてくれます。「転職先との交渉が苦手…」といった方でも代行してくれるので安心して転職活動が進められます。

リクルートエージェントはとにかく公開求人・非公開求人問わず求人数が豊富なので、「広い職種から選びたい」「細かい希望条件から探したい」といった方にはおすすめです。

クラッチエンジニア

求人数非公開
職種ITエンジニア
特徴
  • ITエンジニアに特化した転職エージェント
  • キャリアアドバイザーが全て5年以上のIT業界歴がある
  • やや知名度が低い

クラッチエンジニアは株式会社クラッチコミュニケーションが運営する、ITエンジニアに特化した転職エージェントです。

クラッチエンジニアに在籍するキャリアアドバイザーはすべて5年以上の業界歴があるため、IT業界の転職事情に詳しいといったのもおすすめポイントです。IT業界が未経験だという人も転職活動が初めてだという人も、安心して相談できるでしょう。

またクラッチエンジニアでは、ワークライフバランスが取れやすい職場だったり、ITエンジニアが働きやすい職場を積極的に紹介してくれるといった口コミもあります。通常ITエンジニアは残業が長いといった傾向にありますが、ITエンジニア業界に詳しいからこそエンジニアの気持ちに寄り添って提案してくれるのです。

ただし、クラッチエンジニアはあくまでITのエンジニアに特化した転職サイトなので、「幅広い職種から選びたい!」といった人にはおすすめできません。ITエンジニアとして年収アップやキャリアアップを目指す人はぜひチェックしてみてください。

DYM IT転職

求人数非公開
職種エンジニア
特徴
  • 主要都市の求人が中心
  • エンジニアになるための研修制度が充実
  • 未経験や職歴に自信がない人にもおすすめ

DYM就職は、主に東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡エリアに対応した、ITエンジニア向けの転職サイトです。運用会社であるDYM社は、コンサル事業で大手企業やメガベンチャーとの取引があるため、ほかの転職サイトには掲載されてない優良企業と出会える可能性が非常に高いといわれています。

DYM就職の最大の強みはエンジニアになるための研修制度が充実していることです。研修では「Java研修」「ネットワーク研修」「自動車エンジニア研修」「建設エンジニア研修」といったように、さまざまな職種から自分の目的に合った研修を学べます。未経験からでも確実にスキルアップやアピールにもなるのでぜひ受講してみるといいでしょう。

DYM就職では、新卒・中途・第二新卒などすべての求職者に対応しているので、スキルや職歴に自信がない方でも気軽に応募できます。

転職ドラフト

求人数非公開
職種エンジニアなど
特徴
  • 求職者をドラフト指名する「競争入札型転職サービス」
  • 自分の市場価値について知れる
  • 正当な評価をしてもらえる

転職ドラフトは株式会社リブセンスが運営する、企業が求職者をドラフトのように指名する「競争入札型転職サービス」です。これまでの経歴を登録し合格して、毎月開催されるドラフトにエントリーすれば企業から直接指名が来る仕組みとなっています。

毎回100社以上がドラフトに参加しているので、自分の市場価値を知りたいといった方や自分に合った企業をよく吟味しながら選考を進めていきたいといった方におすすめです。実際転職ドラフトの利用者の中には、「年収アップに成功した!」といった方も多数います。

転職ドラフトでは、実際の面接に進む前の指名の段階で企業の年収や具体的な仕事内容について知れるのでミスマッチが少ないといわれています。「正当な評価をしてもらい年収アップやスキルアップを目指したい!」「エンジニアとしてのスキルや経験に自信がある」といった方はぜひ登録してみて下さい。

TechClips

求人数約700件(非公開は登録すれば閲覧可能)
職種エンジニア・プログラマー・ITコンサルタントなど
特徴
  • 東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏エリア限定
  • 現役エンジニアが貨運セイリング
  • 年収500万円以上の求人を取り扱う
  • 未経験向きではない

Tech Clipsはnotari株式会社が運営するITエンジニアに特化した転職エージェントです。対応エリアはおもに、東京・神奈川・千葉・埼玉といった首都圏エリアに集中しています。

現役エンジニアがカウンセリングしてくれるので話が通じやすく、自分の希望条件などもひろってくれるのでマッチング率も高いと評判です。他にも現役のエンジニアだからこそできる、長期的なキャリアプランなどについても話せるので安心。

Tech Clipsの求人は年収500万円以上となっており、かなり厳選された求人のみを取り扱っています。「今の待遇を改善したい」と好待遇・高年収を目指す人にはおすすめです。

ウィルオブテックキャリア

求人数約1,800件
職種クリエイティブ・エンジニア・ゲームなど
特徴
  • 非公開求人が多い
  • キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの2人体制
  • 年収アップがデフォルト

ウィルオブテックキャリアは株式会社ウィルオブ・ワークが運営する、エンジニア転職に特化した転職サイトです。全体のおおよそ7割程度が非公開求人なので、思わぬ大手企業や優良企業が見つかりやすいと評判です。

またサポートも充実しており、キャリアアドバイザーのほかに企業の人事担当者などと直接つながりを持つリクルーティングアドバイザーの2人体制なので安心。企業ごとに書類添削から面接対策まで対策してくれるため、自信をもって選考を受けられます。職場の雰囲気や求める人物像などといったリアルな情報も保有しているので、ミスマッチや早期離職が少ないのもうれしいポイント。

「まだ転職するかどうか悩んでいる…」といった方も、ウィルオブテックキャリアに相談できます。無理に転職を勧めることなく、メリットやデメリットについても教えてもらえるので、まずはLINE相談をしてみるといいでしょう。

Ⅾirect type

求人数約15,000件以上
職種エンジニア
特徴
  • ITエンジニアに特化したスカウト型の転職サイト
  • 細かい条件で求人検索ができる
  • アプリで転職活動ができる

Ⅾirect typeは株式会社キャリアデザインセンターが運営する、ITエンジニアのためのスカウト転職サービスです。企業から直接スカウトが来る仕組みなので、受け身で転職活動が進められるのが特徴です。

ITエンジニアに特化しているからこそ、自分の持っている技術やツール、スキル、プログラミング言語ごとに求人検索ができるのもうれしいポイントです。大手有名企業からベンチャーまで幅広い求人を持っており、転職先の方向性が決まっていない方でも安心して利用できます。

通常だと手間のかかる職務経歴書もⅮirect typeのアプリを利用すれば、簡単に作れます。「スキマ時間を使って効率的に転職活動がしたい」方はぜひ登録しておくといいでしょう。

type転職エージェントIT

求人数約5,700件
職種システムエンジニア・マーケティング・テクニカルサポートなど
特徴
  • 首都圏エリアの求人が多い
  • 約半数以上が年収アップを実現
  • 非公開求人が多い

type転職エージェントは、IT・WEB業界の求人数が多い転職エージェントです。

約半数以上の求職者がtype転職エージェントを利用して年収アップを実現させており、企業への年収や条件交渉などにも強みを持っています。

また、IT業界に詳しい担当者から書類添削や面接対策などをおこなってくれるので選考突破率も高いと評判です。未経験からIT業界に転職する方でも、過去の質問内容や対策などもしてくれるので安心して転職活動ができるのもうれしいポイントです。

さらに女性の転職にも強く、福利厚生が充実している職場や産休・育休取得実績のある職場なども多数掲載されています。主に主権エリアの求人が中心なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

type転職エージェントへ無料登録

ワークポート

ワークポート

求人数約66,000件以上
職種ソフト開発・クリエイティブ系・システムエンジニア経緯など
特徴
  • 未経験でも応募できる求人が多い
  • Web、ゲーム業界の求人が多め
  • エンジニアになるための「みんスク」を運営

ワークポートは未経験でも応募できる求人を多数掲載している、未経験からIT転職したい方や第二新卒の方におすすめの転職サイトです。

転職コンシェルジュのサポートも丁寧だと評判で、転職活動自体に苦手意識のある方も気軽に利用できます。書類添削や面接対策などもサポートしてくれます。実際、ワークポートではほかの転職サイトよりも書類選考の通過率が高いといった口コミもあるほどです。

さらにワークポートでは、エンジニアになるための「みんスク」と呼ばれるスクールを運営しており、必要な教材費や受講料などを全て無料で利用できるのもうれしいポイント!「PHPコース」「Javaコース」「インフラコース」といったコースが用意されており、自分に必要な知識や学びたい分野を徹底的に学べます。まったく経験がないよりかは、少しでも知識やスキルがあった方がアピールにもなるので、活用してみるといいでしょう。

ワークポートへ無料登録

コンサルタントにおすすめ転職エージェント・転職サイト18社比較ランキング

IT業界に特化した転職サイトの選び方

自分に合った転職サイトを見つけるには、自分が転職サイトで受けられるサポートや情報で何を求めているのかについて考えるのが大切です。ここでは、IT業界に特化した転職サイトを効率よく見つける方法についてご紹介します。

IT・WEB業界に特化した転職サイトかどうか

IT業過に絞って転職を考えているのなら、IT業界に強い転職サイトを利用するのがおすすめです。IT業界に特化したサイトを選ぶメリットは、とにかくいろんなIT業界の業種の求人数が掲載されていることです。

また、IT業界に特化した転職サイトだと、IT業界に精通したコンサルタントやエージェントが在籍しているところが多いため、より専門的なアドバイスをもらえます。知識も深いので、実際の職場環境や仕事内容についても細かく教えてくれる可能性が高いのでおすすめです。

経験者・未経験者向けのサイトかをチェック

転職サイトの中には、経験者向けやハイクラス転職向けのサイトと未経験者をターゲットとした転職サイトの2パターンがあります。

したがって、未経験者なのに経験者メインのサイトを利用してしまうと、全く求人紹介されなかったり、なかなか選考に通らない状況に陥ることもあるので事前にチェックしておきましょう。

反対に経験者なのに未経験者向けの転職サイトに登録すると、平均年収よりも低い求人や「思ったよりも年収アップができなかった」なんてことも。

不安な方は求人紹介ではなく、各サイトの転職相談やキャリア相談などから始めてみるのもひとつです。

転職サイトは数社以上登録するのがおすすめ

先にも述べたように、転職サイトやエージェントはそれぞれの強みや特徴、受けられるサポートなどが全く異なります。数社以上の転職サイトに登録しておけば、より多くの求人から選べますのでおすすめです。

また転職エージェントでは担当の質が良くなかったり、自分との相性が悪いと感じることもあるでしょう。自分が求める求人を紹介してくれなかったり、思ったようなサービスを受けられないとなるとスムーズに転職活動ができません。

ほかにも異なる視点からの転職アドバイスを受けられるので、転職活動をおこなう際はいくつかの転職サイトを並行しながら利用するのが賢明です。

IT・WEBエンジニアの転職を成功させるコツ

ここでは、エンジニア転職を成功させるためのポイントについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

リモート・在宅勤務ができるかを確認しておく

近年感染症対策の一環としてリモートでの勤務ができる職場も増えてきています。もし転職を機にリモートや在宅勤務がしたい方は、はじめの条件検索の時点で絞り込んでおくと効率的に進められます。

また求人紹介ではなんとなくわかりにくいといった場合は、担当してくれている転職エージェントなどに聞いてみるのもひとつです。

未経験の場合は、あらかじめ必要な知識やスキルを身に着けておく

もし未経験からエンジニアに転職するのであれば、最低限の知識やスキルを身に着けておいた方が転職がスムーズにいく可能性が高いです。

とくにエンジニアの場合、一般的な職種や業種と比べてもかなりの専門的な知識が必要となります。実務経験がなかったとしても、知識があったりすればそれだけ業界や企業へのモチベーションが高いとみなされます。

最近ではエンジニア向けのスクールや書籍なども多数あるので、在職中からでも長期的な転職活動を見据えて行動しておくといいでしょう。

転職理由や目的をハッキリとさせる

転職理由や目的がはっきりしないと、仮に転職が決まったとしてもミスマッチや転職を繰り返してしまう可能性もあります。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、転職活動を本格的に始める前には「現職の何が不満に感じるのか」「転職先に何を求めるのか」などを明確にしておきましょう。

特に転職理由に関しては、面接時でも実際に聞かれるためしっかりと答えられるように準備しておくことをおすすめします。

【2023年】Webサービス/ゲーム業界の転職市場予測

未経験からエンジニアに転職するには?

未経験からIT業界やエンジニアに転職する方もいるでしょう。そこでここでは、未経験からエンジニアに転職する方法についていくつかご紹介します。

未経験向けの求人に応募する

未経験からエンジニアに転職したいのなら、「未経験OK」「未経験歓迎」と表記されている求人を探しましょう。ほかにも、未経験向けの転職サイトなどを利用すれば、よりスムーズに求人を見つけられるはずです。

また未経験からで不安な方は、研修制度が充実している企業に転職することをおすすめします。なぜなら、研修がしっかりしている企業であれば、長期的にキャリア形成が上手くいきやすい傾向にあるからです。

職場の雰囲気などと合わせて転職エージェントや面接官に聞いてみるといいでしょう。

ポートフォリオを作成する

未経験からエンジニアを目指すのなら、選考時にポートフォリオを作成して持っていくといいでしょう。

ポートフォリオがあるかないかで、入社意欲の強さや企業へのアピール度が変わってきますし、ほかの未経験の求職者との差別化も図れます。ポートフォリオは具体的に、自分で作ったアプリやシステムなどを作品として提出します。

ただし、他社のコードのコピーなどであればすぐにばれてしまう可能性もあり、マイナスイメージにつながるので注意しなければいけません。

プログラミングスクールに通ってみる

先にも述べたように、未経験でも転職したい方でもある程度知識やスキルを身に着けておけば有利に進められます。

スキルを身に着ける方法の一つとして独学もおすすめですが、プログラミングスクールに通ってみるのもひとつです。スクールによっては、そのまま転職支援を受けられたり、求人紹介を行ってくれるメリットもあります。

ほかにも、企業に提出するポートフォリオの作成や書類添削、面接対策などもおこなってくれるので、「何から学べばいいかわからない」「人脈をつくりたい」といった方はぜひ利用してみてください。

プログラマーになるには?必要なスキルと未経験で転職する方法を解説。 

未経験からSEになる方法とは?SEに転職する方法と失敗しない求人の選び方を紹介

IT・WEBエンジニアが年収アップする方法

転職する方の中には、「今よりも年収アップしたい!」と考える方も多いでしょう。そこでここでは、IT・WEBエンジニアが年収アップを実現するためにできることについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

需要の高いプログラミング言語を習得する

エンジニアとして年収を上げたいのなら、IT・WEB業界で重宝されるプログラミング言語を学ぶのがおすすめです。IT業界は特に流行の移り変わりが激しい業界なので、求められるスキルや知識も日々変わっていきます。だからこそ、需要度の高い言語やスキルを身についている人は、それだけ自身の市場価値を高めることにもつながるのです。

一般的には、「Java」「PHP」「JavaScript」などの言語は需要が高いのでおすすめです。

転職する

ITエンジニアの年収水準は比較的高めに設定されていますが、より手っ取り早く年収アップを実現させたいのなら転職するのが一番です。

IT業界は全体で見てもつねに人手不足にある業界なので、各企業からの需要が高いといわれています。特にエンジニアの場合、開発スキルだけではなくビジネスに関する知識も持っていたり、マネジメント経験があればより市場価値を高められます。

ほかにも、「ヘッドハンティング型」や「スカウト型」「エージェント型」などを利用すれば、今の自分の市場価値や平均年収などが調べられるので、今すぐに転職しない方でも登録しておくといいでしょう。

IT業界への転職でエージェントを使うメリットとは?

ここでは、IT業への転職でエージェントを使うメリットについてご紹介します。

IT業界での年収アップ転職はIT専門転職エージェントがおすすめ

IT知識が豊富なキャリアコンサルタントで無ければ、求人紹介以前にハイスペックな技術者とは会話もかみ合わず、まともなヒアリングもできませんよね。
IT人材の的確な市場価値を推定することも不可能ですし、そもそもニッチなスキルにマッチする求人案件も保有していないかもしれません。
ハイスペックなITエンジニアには、IT専門系転職エージェントを活用してください。

IT転職・ITエンジニアには、IT求人に強い転職エージェントを選ぶべき、3つの主な理由があります。

①キャリアコンサルタントの質が高い

IT転職、特にITエンジニアには、IT知識の豊富なキャリアコンサルタントが必要です。
IT系に専門特化した転職エージェントには、キャリアコンサルタントのほとんどがIT業界出身者など、専門知識を持つスタッフを揃えています。質の高いコンサルタントだからこそ、キャリアの棚卸しも的確にでき、IT転職の市場価値を適正に評価して貰えるのです。
常に最新のIT技術に関する情報も収集しているので、将来的なキャリアアップに関して参考になるアドバイスも可能ですね。

②非公開求人とのマッチングの妙

コンサルタントはエンジニア経験者ならではの目線で、転職希望のITエンジニアとクライアント企業の双方に価値の高い橋渡しができます。
ITに専門特化した転職エージェントだからこそ、豊富なIT職種の非公開求人が集まっていて、その中から登録者と相性のよい求人案件を選ぶ、マッチングの妙と言えるでしょう。
専門知識があるからこその求人紹介で、絶妙なマッチングが可能です。

③IT企業との強いパイプ

専門性の高いIT分野では、クライアント企業とのマッチング、担当業務の領域等の調整が、大手総合型の転職エージェントでは難しいケースも多々あります。
ITに強い転職エージェントは、IT企業との付き合いも長く、太いパイプを持っています。
日頃からの情報収集や交流により、新規プロジェクトなどのための潜在的な求人を発掘できるのです。優秀なITエンジニアがいれば、クライアント企業に対して「こんな人材がいます」と売り込んでくれるケースも中にはありますよ。

転職サイト・エージェントレビュー
ギークリーIT・Web・ゲーム業界に専門特化した転職エージェントです。
ゲーム業界の求人なら、エンジニアやクリエイティブ職だけでなく事務系や営業系の求人まで扱っています。他社にはないようなレアな求人があるのも特徴です。
※一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)のみ対応しています。
レバテックキャリアIT系に専門特化した転職エージェントで、詳細なキャリアカウンセリングには定評があります。自分自身の強み・市場価値を見直し、将来の方向性を見据え、さらなるキャリアアップのためのサポートが充実しています。
ITエンジニア向けのコラム記事などコンテンツも充実していますので、必見です。
FEnet未経験IT・Web業界に特化した、20代向けの転職エージェントです。どこよりも種類豊富な無料エンジニア研修でIT・Web業界への転職を目指す人は、必ず登録すべきといわれており、未経験OKの求人がメインです。
doda IT日本最大級の規模と実績、転職でメジャーな総合型転職エージェントです。
公開求人の転職サイトと転職エージェント機能が連携しており、ITエンジニア向け転職支援サービスもあります。札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡に拠点があり、地方のIT転職で利用価値も高いです。
リクルートエージェント全国展開している国内最大の総合型転職エージェントです。
求人案件数は他社と比較して桁違いの多さなので、IT求人も豊富に揃っていますので、案件紹介目当てと割り切って利用するのもよいでしょう。きめ細かいサポートは期待できませんが、スピード感をもって転職したい若手IT人材なら登録すべきでしょう。
マイナビIT AGENT中堅どころの総合型転職エージェントです。
特にIT転職に特化しているわけではありませんが、IT系企業とのコネクションもあり、数は少ないですが独占的な求人も保有しています。
中小ベンチャー系企業との繋がりも深く、潜在的な求人ニーズも把握しているので、ニッチなスキルを持つITエンジニアなら相談する価値はあります。
※現在20〜39歳まで関東・関西在住の方限定です。
JACリクルートメント日本国内で売上3位、ハイキャリアな人材向けの転職エージェントです。
外資系や海外転職などグローバルキャリアな人材向けの転職を得意としていますが、ハイスペックなIT転職にも力を入れています。
IT系求人も全体の1/3以上あり、高収入を求めるIT人材には特におすすめです。
type転職エージェント紙媒体での求人雑誌時代から、信頼と歴史のある転職エージェントです。
老舗ならではの、クライアント企業との長い付き合いと太いパイプがあり、特にIT系企業、IT転職に強みを持っています。ITエンジニアには親身で丁寧な転職サポートが好評で、
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県等の関東圏のIT転職なら、おすすめです。
Tech Stars Agent転職だけでなく、独立の支援も行っているIT転職の総合型転職エージェントです。
ITエンジニアやクリエイターなど、ソーシャルゲーム、Web、SNSなど、ゲーム業界やWeb系求人に特に強みがあります。クライアントには新興ベンチャー系企業が多く、短期決戦でサクッと転職したい若手人材に評判がよいです。
社内SE転職ナビ客先常駐がない社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成をサポートする転職エージェントです。
「社内SE転職ナビ」は、口コミや友人の紹介という形での登録が多く、ITエンジニアからの信頼度が高い、20歳〜45歳未満で、関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)と関西(大阪・京都)のみです
パソナキャリア業界トップクラスの求人数を誇る、大手の総合型転職エージェントです。大手派遣系列なので、企業との取引実績は幅広く、多数のIT企業とのコネクションがあります。
独占的な求人案件も保有しており、書類通過率も高く、スピード感のある転職も可能です。
※現在24〜45歳程度で関東・関西・東海在住の方限定です。
Spring転職エージェント世界60の国と地域に5,000拠点を展開し、多様な働き方を提案する人材業界では世界No,1のグローバルな人財サービス企業です。正社員だけでなく、派遣や契約、プロジェクト限定などさまざまな労働形態に柔軟に対応しており、他者とは一線を画しています。
人材の流動化に寛容なIT業界では、IT人材からも企業からも、注目されています。
リクナビNEXTリクルートが運営する国内最大級の転職サイトで、とにかく大量の求人案件が揃っています。更新頻度も高く、20〜30代のIT人材に適した求人もあります。スカウト機能もあり、企業の人事や転職エージェントなどからオファーが届いたりもします。
転職サイト@type全国展開の大手転職サイトですが、やはり首都圏の求人がメインです。
ITエンジニア系の求人も多くあり、30代にもおすすめです。楽しいコンテンツも充実していて、転職力診断テストはぜひ一度試して欲しい自己分析ツールです。
GreenIT・Web業界に特に強い転職サイトで、企業側が採用成功後にインセンティヴを支払う成果報酬型です。転職希望者は基本無料で登録利用でき、優秀なIT人材を採用し会社を成長させたいベンチャー企業が多数利用しています。技術系、Webクリエイティブ系、企画提案営業など、さまざまなIT職種とマッチングの場を提供する転職サイトです。
Find Job!リーズナブルな掲載料金の転職求人サイトで、Web業界やゲーム業界などITベンチャー企業の求人も多数あります。正社員だけでなく、契約やアルバイト、SOHO系も掲載されていて、比較的敷居が低い初心者マーク付の求人案件もあります。条件にマッチする新着求人が届くメルマガやスカウトメールもあり、スマホからも気軽に利用可能です。
IT転職ナビ日本最大級のIT・Web・インターネット・ゲーム業界に特化した強い転職情報サイトです。
主な転職サイトのIT人材向け求人案件をまとめて検索でき、スカウト機能や転職支援サービスもあります。「エンジニア」「クリエイター」「ゲーム」の専門サイトもあります。
Wantedly一般的な転職サイトとは一線を画す、国内最大級のビジネスSNSで、月間150万人が利用しています。FBのつながりを利用したソーシャルリクルーティングサービスで、人それぞれのやりがいや働く環境重視で求人者と求職者をマッチングします。
働く人すべてのインフラを目指していて「運命のチームや仕事に出会える」がキャッチコピーで、人脈構築、ビジネス情報の収集に活用されています。

まとめ

転職サイトや転職エージェントなどの評判、比較やランキング、口コミなどは転職を希望する登録者の経験からの情報がメインです。そのため、転職成否も人それぞれですし、感覚的な評価も個人差が大きいですね。

IT転職も同様で、ITエンジニアの転職も、転職エージェントの評価もさまざまで、矛盾する口コミ評判が寄せられるケースも多々あります。
結局、自分自身で試してみないと分からないというのが実際のところですね。

IT転職には特に「キャリアコンサルタントの質」「マッチングの妙」「企業との強いパイプ」がポイントです。
的外れな転職エージェント選びは時間の無駄ですので、ITエンジニアならIT専門系の転職エージェントがおすすめです。

メインで利用するサポートが手厚い転職エージェントと、求人案件の紹介を目的としたサブ的な転職エージェントなど、複数登録して使い分けするのもおすすめです。
ハイスペック人材ならハイキャリアな求人案件の豊富な転職エージェント、ロースペックや未経験の若手なら幅広いクライアント企業を持つ転職エージェントなど、個別ニーズに対応した転職エージェントを探してください。
自分とマッチする転職エージェントを見つけて、ぜひIT転職を成功させましょう。