30代で生活支援員へ転職を目指している方へ、転職の悩みやスムーズな転職活動を紹介していきます。

30代は多くの人にとって人生の大きな岐路となる時期です。

これまでのキャリアとは異なる新しい道を選びたい、社会貢献をしながら働きたいと考える方も少なくありません。

しかし、30代での転職には悩みや不安がつきものです。

未経験や資格不足から始める場合のハードルが高いと感じる……。

30代での転職市場の動向や求められるスキルに不安がある……。

適切な給与や待遇を求めての転職活動の進め方は?

高齢化社会が進む中での生活支援員という職種は重要性を増してきており、求人も増えています。

しかし、どの転職サイトやエージェントを利用すれば良いのか未経験者としてどう入門すれば良いのか、といった疑問や悩みを持つ方も多いでしょう。

ここでは、30代向けの生活支援員を目指す方におすすめの転職サイト・エージェントを紹介し、転職を成功させるためのコツや、未経験からの転職方法についても徹底解説します。

生活支援員に転職を考えている方はぜひ参考にしてください。
30代におすすめの転職サービス14社を用途別に比較!成功させるコツについて解説

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
ビズリーチ|高収入の求人を探したいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 高収入求人が多い
  • プレミアムプランでより効率的に転職活動を進められる
  • 自分の市場価値がわかる
3位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
type転職エージェント
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
type転職エージェント

目次

【30代向け】生活支援員におすすめの転職サイト・エージェント

30代の方が生活支援員への転職を考える際、おすすめする転職サイト・エージェントをご紹介します。

生活支援員としてさらなるステップアップを目指す方には、最適な求人や研修の情報が豊富な転職サイトやエージェントが必要です。

転職サイトやエージェントを利用して自身のキャリアを最適化し、より高いステージでの活躍を目指しましょう。

以下に、30代向け生活支援員への転職におすすめの転職サイト・エージェントを挙げます。

  • レバウェル介護
  • カイゴジョブエージェント
  • 看護roo!

レバウェル介護

レバウェル介護

対応エリア 札幌、仙台、水戸、船橋、さいたま、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、広島、福岡
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数 約45,000件

レバウェル介護は介護業界専門の転職サポートサイトとして、多数の求人情報や業界情報を提供しています。

経験者だけでなく未経験者にもわかりやすい情報やアドバイスを提供します。

おすすめポイント
  • 介護業界専門エージェントのため求人の質や情報量が豊富。
  • 介護経験者に加え未経験者向けのアドバイスやサポートが充実。
  • 業界のトレンドや資格取得のアドバイスなどキャリアアップをサポートする情報提供。

レバウェル介護へ無料登録

カイゴジョブエージェント

カイゴジョブエージェン

対応エリア 全国
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数 約53,000件

カイゴジョブエージェントは介護の専門エージェントがマンツーマンでサポートを行うサービスです。

30代の転職希望者に合わせた求人情報の紹介やキャリア相談が可能です。

おすすめポイント
  • 専任の介護エージェントがキャリアの相談から転職活動まで徹底サポート。
  • 希望や適性に合わせて最適な求人を紹介。
  • 幅広いネットワークから非公開求人も紹介可能。

カイゴジョブエージェントへ無料登録

看護roo!

看護roo

対応エリア 東京・大阪・名古屋
運営会社 株式会社クイック
公開求人数 約82,000件( ※2023年9月27日時点)

看護roo!は看護師やケアスタッフを中心に、医療・福祉分野の求人情報を豊富に掲載しています。

生活支援員としてのスキルアップやキャリアパスに関する情報も充実しています。

おすすめポイント
  • 医療・福祉分野の求人情報が豊富に掲載。
  • 生活支援員としてのスキルアップやキャリアパスに関する情報も多数提供。
  • 現場の実情に即したアドバイスやキャリア形成のヒントが得られる。

看護roo!へ無料登録

【30代未経験向け】生活支援員におすすめの転職サイト・エージェント

未経験から生活支援員を目指す30代の方に向けて、転職をサポートするサイト・エージェントを紹介します。

30代での未経験からの転職は勇気が必要です。

しかし、生活支援員としてのデビューをサポートする転職サイトやエージェントの力を借りれば、挑戦は難しくありません。

資格取得のサポートや研修情報、現場での実践的なノウハウを提供するサービスを活用し、新しいキャリアの第一歩を踏み出しましょう。

以下に、30代未経験者向け生活支援員への転職におすすめの転職サイト・エージェントを挙げます。

  • type転職エージェント
  • doda
  • パソナキャリア

type転職エージェント

type転職エージェント

対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数  約10,600件

type転職エージェントは未経験からの職種変更をサポートします。

幅広い業界・職種の求人情報と経験豊富なエージェントによるサポートで、30代の転職を成功に導きます。

おすすめポイント
  • さまざまな業界・職種の求人情報にアクセス可能。
  • 専任エージェントが未経験者でも安心のサポートを提供。
  • 豊富な成功事例を元にした実践的なアドバイスや情報提供。

type転職エージェントへ無料登録

doda

doda

大手転職サイトdodaは多数の企業との提携を持ち、未経験者でも多岐にわたる求人情報を提供します。

生活支援員としての第一歩を踏み出すサポートを行います。

おすすめポイント

  • 多数の企業との提携で多岐にわたる求人情報を網羅。
  • 未経験者も安心のキャリアカウンセリングサービス。
  • 転職やキャリア形成に役立つセミナーや情報提供イベントが豊富。

dodaへ無料登録

パソナキャリア

パソナキャリア

対応エリア
全国
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 約40,000件

パソナキャリアは豊富なノウハウと専任のキャリアアドバイザーによる徹底サポートが魅力です。

30代未経験者でも安心して転職活動を進められます。

おすすめポイント
  • 転職サポートのノウハウや実績が豊富。
  • 転職をサポートする専任のキャリアアドバイザーとのマンツーマン対応。
  • 資格取得を目指す方への情報提供やサポートが魅力。

PASONAへ無料登録

生活支援員におすすめの転職サイト・エージェントの選び方

生活支援員に転職を考える際、適切な転職サイト・エージェントの選択は成功への第一歩となります。

ここでは、転職サイト・エージェント選択の基準となるポイントを紹介します。

「総合型 / 特化型」それぞれのメリット・デメリットを知っておく

転職サイトやエージェントには大きく分けて「総合型」と「特化型」の2種類があります。

「総合型」は全業界・全職種の情報が揃っているので、異業種への転職を考えている方に向いています。

「特化型」は特定の業界や職種に特化した情報を提供するため、専門性を追求したい方や未経験から特定の職種にチャレンジしたい方におすすめです。

運営会社の「大手/中小」それぞれのメリット・デメリットを知っておく

運営会社の規模も転職サイト・エージェント選びにおける重要なポイントです。

大手運営のサイト・エージェントは求人数が多く情報量も豊富ですが、個々の求職者への対応が機械的になる可能性もあります。

中小運営のサイト・エージェントは一人一人の求職者に対する対応が丁寧で、アットホームな雰囲気が魅力ですが、求人数は大手に比べて少ないことが多いです。

「担当アドバイザーとの相性」を早いタイミングで見極める

転職サイトやエージェントでは多くの場合、担当のアドバイザーが転職活動をサポートします。

担当アドバイザーとの相性は転職活動の成功を左右します。

早い段階で自分とアドバイザーとの相性を見極め、必要であれば担当の変更を依頼することも重要です。

30代で生活支援員に転職するメリット

30代で生活支援員に転職するメリット
  • 需要が高く仕事に困らない
  • 生活状況に合わせて勤務時間を調節できる
  • 待遇などの改善が期待できる

30代というキャリアの中盤に差し掛かる時期に新しい分野へのチャレンジを考えることは勇気が必要です。

しかし、生活支援員として転職することには数々のメリットが存在します。

30代で薬剤師の転職を成功させるには?必要なスキルや注意点を解説

需要が高く仕事に困らない

高齢化社会が進む中介護や生活支援のニーズは日増しに高まっています。

生活支援員としての専門的な知識や技術を持つことで、安定した需要がある仕事を確保できます。

30代での転職はこれまでのキャリアや経験を活かし、専門性を深める絶好の機会と言えるでしょう。

生活状況に合わせて勤務時間を調節できる

生活支援員は様々な勤務形態やシフトが存在します。

家庭や趣味、他の仕事との兼業など30代ならではのライフステージや生活状況に合わせて、柔軟に勤務時間を調整することが可能です。

ワークライフバランスを保ちながら充実した仕事を続けることができます。

待遇などの改善が期待できる

介護福祉業界ではスキルや経験を正当に評価する動きが強まってきています。

30代の転職を機にこれまでのキャリアや知識を活かして高い待遇を求めることができます。

さらに、専門的な資格を取得することでより高い給与や待遇を得ることが期待できるます。

生活支援員の転職に必要なスキル

生活支援員の転職に必要なスキル
  • コミュニケーション能力
  • 成長意欲
  • 業務に必要な国家資格

生活支援員へ転職を考える際、専門的な知識や技術はもちろん様々な人々と関わる仕事柄、人間性やコミュニケーション能力も非常に重要になります。

これらのスキルは業務を円滑に進めるための基盤となるだけでなく、利用者やその家族からの信頼を得るための鍵ともなります。
キャリア・スキルがない30代の転職のコツやリスクを解説!

コミュニケーション能力

生活支援員は利用者・家族・他のスタッフと日常的にコミュニケーションを取る必要があります。

感謝の気持ちを伝えたり、利用者の気持ちや要望をしっかりと受け止めることで、安心してサービスを受けられる環境作りが求められます。

相手の立場や気持ちを理解し、適切な言葉で伝えることができるコミュニケーション能力は生活支援員として非常に価値あるスキルとなります。

成長意欲

生活支援の現場は常に新しい知識や技術、方法論が求められます。

利用者のニーズや社会の変化に柔軟に対応できるよう、自ら学び続ける意欲や熱意は重要です。

30代ではこれからのキャリア形成において、成長意欲をもって業界の最前線で活躍することが期待されます。

業務に必要な国家資格

生活支援員の業務を行うには特定の国家資格が求められることが多いです。

介護福祉士や社会福祉士など業務に応じた資格を持つことで、より幅広い業務範囲での活躍が期待されます。

生活支援員に必要とされる資格を取得することは自身の専門性を高めるだけでなく、転職時のアピールポイントとしても非常に有効です。

未経験から30代で生活支援員に転職する方法

未経験から30代で生活支援員に転職する方法
  • 未経験でも挑戦できる仕事
  • 有料老人ホームや障がい者支援施設など無資格OKな求人に応募
  • 働きながら資格取得を目指す

生活支援員は人の生活を支えるための専門職であり、経験や知識がなくても始められる道があります。

未経験からの転職は勇気が必要ですが適切なステップを踏めば成功への道が開けます。

未経験でも挑戦できる仕事

生活支援員は専門的な知識や技術も必要ですが、最も重要なのは「人の役に立ちたい」という気持ちです。

30代での転職を考える際はこれまでの経験やスキルを活かしつつ、新しい分野に挑戦することができます。

生活支援員の業務は人とのコミュニケーションが中心となるため、未経験であっても人間関係を大切にできる方であれば挑戦が可能です。

有料老人ホームや障がい者支援施設など無資格OKな求人に応募

資格を持っていない初心者でも生活支援員としての業務を始められる場があります。

有料老人ホームや障がい者支援施設など多くの介護福祉施設では、資格がなくても受け入れる求人が増えてきています。

介護福祉施設では実際の業務を通して経験を積みながら必要な資格を取得することができるため、未経験からでもステップアップが期待できます。

働きながら資格取得を目指す

生活支援員としての業務をスタートした後、更なるキャリアアップを目指す方のために働きながら資格を取得する方法もあります。

実務経験を積むことで資格取得のための勉強もスムーズに進めらます。

多くの施設や企業は資格取得をサポートする制度や手当も設けており、努力をすることで確実にキャリアアップを果たせます。

転職サイト・エージェントを登録する流れ・手順

生活支援員への転職に役立つ転職サイトやエージェントを利用する流れと手順は以下の通りです。

申し込みフォームから登録する

転職サイトやエージェントのウェブサイトから申し込みフォームを利用して登録します。

基本情報や希望の条件などを入力しましょう。

担当アドバイザーと面談

登録後、担当のキャリアアドバイザーとの面談が行われます。

経験やスキル、希望条件を詳しく知るための重要なステップです。

面談では、転職に対する具体的な目標や意向をしっかり伝えましょう。

求人紹介・面接対策

面談後、希望に合う求人情報が紹介されます。

面接対策も同時に行われ、アドバイザーが企業へのアピール方法や面接対策についてアドバイスします。

生活支援員の転職で転職サイト・エージェントを利用する時に関するQ&A

転職サイトやエージェントを利用する際によくある質問とその回答についてまとめました。

登録だけで大丈夫?企業紹介までの流れは?

登録だけでなく、その後の面談・企業紹介・面接対策といった一連の流れがあります。

登録を行い、担当のアドバイザーと面談を設定します。

面談では希望の転職条件や求職活動の目的などを伝え、アドバイザーが希望に合う求人を紹介します。

面接対策を行い、企業との面接を経て内定となります。

上手に活用して転職を成功させる方法

転職を成功させるためには自分のスキルや経験、希望する職種や条件を明確に伝えることが重要です。

企業情報や業界動向をしっかりと把握し、面接時に自分の強みや適性をアピールすることも大切です。

転職サイトやエージェントのアドバイザーのアドバイスを活用し、自分自身を高めるための行動を積極的に行いましょう。

転職エージェントは土日・休日も対応してくれる?

転職エージェントの対応日時は各社によって異なりますが、多くのエージェントは平日の日中だけでなく、夜間や土日祝日も対応してくれます。

詳細は各エージェントに直接確認することをおすすめします。

おすすめの転職サイト・エージェントを利用して30代で生活支援員に転職しよう!

30代はキャリアの大切なターニングポイントです。

新しいフィールドへの挑戦や夢の実現のため生活支援員への転職もひとつの手段です。

介護福祉業界は経験や背景よりも人の資質やコミュニケーション能力が重視されることが多いため、30代からの挑戦も十分可能です。

転職を成功に導くための大きなサポートとなるのが、転職サイトやエージェントです。

転職サイトやエージェントは業界の動向や求人情報をリアルタイムで提供してくれるだけでなく、未経験者向けの研修情報や資格取得のサポート情報など、転職活動をトータルでサポートしてくれる頼もしい存在です。

ぜひ、おすすめの転職サイトやエージェントを活用して30代で生活支援員のキャリアをスタートさせましょう!