新型コロナウイルスの影響を受け、女性の転職活動には顕著な変化が見られました。

特にリモートワークやフレキシブルな働き方を求める声が高まり、転職市場でもこの傾向が明確になっています。

ここでは、コロナ禍を背景にした女性の転職活動の進行状況と、キャリア不安を解消するための取り組みについてのアンケート結果をまとめています。

また、転職成功のための重要なポイントとして柔軟な働き方を提供する企業の選び方や、おすすめのリモートワーク転職先ランキングを紹介しています。

これからの転職活動やキャリアプランニングにおいて参考になる情報を紹介していきます。

20代おすすめ転職エージェント22選!未経験・年収アップ・女性向けなど目的別まとめ【2024年最新】

おすすめ転職サイト3選!
doda
doda
国内最大級の紹介実績!
ビズリーチ
ビズリーチ
年収800~2,000万円の 求人が豊富!
type転職エージェント
type転職エージェント
IT・営業・ハイクラスの 転職に強い!

コロナ禍における女性の転職事情

コロナ禍の中で、女性の就業環境が厳しい状況に立たされていると言われています。経済全体が大きなダメージを受けることで、世代・性別を問わず就業環境が厳しい状況になっているのは間違いありませんが、とりわけ派遣など非正規での雇用が多い女性に、そのしわ寄せが来ている傾向も見られるようです。

また、雇用状況だけでなく、コロナ禍での企業ごとの対応に大きな温度差が出ていることから、転職を考える女性も増えていると言います。テレワークの導入が進まない、会社の経営状態が心もとない、人間関係の問題が露呈してしまった…厳しい状況だからこそ、より安心して暮らせる環境を求めて転職する人が増えていると言えるでしょう。

あるデータによる「コロナ禍での転職活動において何を求めるか?」という女性を対象にしたアンケートにおいて、「安定して働ける経済基盤」を企業に求める声がトップになったという結果があります。不安定な環境に晒されやすい働く女性が何を求めているのかが如実に表れていると言えるでしょう。

そのデータによると、次いで多かったのが「一緒に働く人達の人柄」、その次が「在宅ワークができること」でした。収入面や仕事へのやりがいよりもこうした事情を求めているのも、コロナ禍における転職事情の大きな特徴と言えるでしょう。

コロナ禍の女性の転職事情:キャリア不安

キャリア不安

コロナウイルスの影響により、女性たちのキャリアに対する不安が高まっています。

最近の調査によると女性の約72%がキャリアに不安を感じていることが明らかになりました。

特に収入の減少や自分の仕事スキルに対する自信の欠如が主な原因として挙げられています。

この状況は今後の女性の労働市場に大きな影響を与える可能性があります。

収入が減りそう

多くの女性がコロナ禍による収入の減少に直面しています。

一般事務職で働く38歳の女性は現在は給与や雇用に影響はないものの、業績の低下により将来的に賞与や給与の減少を懸念しています。

また、飲食業に従事する32歳の女性は収入が減り景気に左右される仕事への不安を表明しています。

これらの声は特に業績に依存する職種において、収入減少の恐れが高まっていることを示しています。

仕事スキルに自信がない

女性たちは自分の仕事スキルに対する不安も抱えています。

29歳のWebデザイナー兼データ入力担当者は現在の職場で身につけたスキルが他社で通用するか不安と語ります。

また、27歳の経理担当者は会社独自の作業を行っているため、他の会社でのスキルの適用性に疑問を持っています。

37歳の一般事務職員は長年の勤務にも関わらず、スキルの習得やキャリアの成長に限界を感じています。

これらの声は自分のスキルや経験が市場でどの程度評価されるかという不確実性が、キャリア不安の一因となっていることを示しています。

コロナ禍の女性の転職事情:転職で重視するポイント

転職で重視するポイント

コロナ禍を経験した女性たちが転職を検討する際、どのような点を重視するのでしょうか。

転職を考える女性は68%にものぼり、多くが企業に対する条件を重視しています。

休止する条件としては企業の成長性やスキルアップの機会、従業員への配慮を優先する傾向が顕著に見られます。

この要素は今後の転職市場で女性がどのような選択をするかを示唆しています。

企業の成長性とスキルアップ可能性

女性が転職を検討する際、企業の成長性と自分のスキルアップの可能性を特に重視しています。

多くの女性は時代の変化に対応でき、継続的な成長が期待できる企業に魅力を感じています。

経理や営業事務に従事する女性たちは、将来的にも安定して成長し続ける会社で働くことを望んでいます。

また、リモートワークのような柔軟な働き方が可能で、専門的な知識や技術を磨ける環境を求めています。

企業の成長性とスキルアップの可能性は自分の市場価値を高め、キャリアアップを目指す女性にとって重要です。

従業員への配慮

女性たちは社員の安全と福利厚生を優先する企業を求めています。

例えば、一般事務・Webデザイナー・データ入力などの職種に就く女性は社員を大切にする会社、特に災害時にテレワークなど柔軟な対応をしてくれる企業を望んでいます。

また、利益だけでなく社員の気持ちやお客様を大切にする企業に対しても高い評価をしています。

転職を考えている女性の意見は社員を単なる労働力としてではなく、個人として尊重し、幸福を追求する企業に対する願望を反映しています。

コロナ禍の女性の転職事情:働き方の変化

働き方の変化

テレワーク(在宅勤務)を経験してどう思いましたか?

新型コロナウイルスの影響により、多くの女性が転職時の働き方に対して新たな視点を持つようになりました。

緊急事態宣言の発令以前から転職活動をしていた女性約1,000名を対象にした調査から、リモートワークや在宅勤務に対する好意的な意見が多く見受けられます。

これは、今後の転職市場において、働き方の柔軟性が重要な要素となることを示しています。

リモートワークを希望する女性が54%

調査によると54%の女性が今後もリモートワークを希望しています。

テレワークを経験した女性たちは効率的な仕事の進め方や感染リスクの低減、家族と過ごす時間の増加、通勤ストレスの軽減などのメリットを感じています。

一方で、家族がいる環境では仕事に集中しにくい、お客様とのコミュニケーションが取りにくい、相談がしづらいなどのデメリットも挙げられています。

調査結果は今後の転職市場において、リモートワークの導入を重視する女性が増えていることを示しています。

「大きな組織」より「在宅勤務」を希望

就職先においては「大きな組織」よりも「在宅勤務」の機会を重視する傾向が明らかになりました。

テレワークを経験した女性の中で「とても良かった」と答えた割合が41.4%、「まぁまぁ良かった」と答えたのが28.9%と、合わせて7割以上がテレワークに対して肯定的な意見を持っています。

この傾向は大企業や大規模な組織における安定性よりも、個々のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を優先する女性が増えていることを示唆しています。

コロナ禍を通じて仕事と私生活のバランスを重視する女性が増えたことが、今後の転職選択に大きく影響してくるでしょう。

コロナ禍での女性の転職事情:おすすめの転職先ランキング

厳しい経済状況の中でよりよい職場を求めて転職する、といってもどんな職場があるのか、そもそも求人があるのか、という疑問・不安がすぐに出てきます。先程挙げた「安定した経済基盤」や「テレワークができるかどうか」といった条件を満たしているかどうかも踏まえた求人探しができるのか、転職を希望していても「今の状況ではなかなか見つからないだろうな」と及び腰になってしまっている人も多いはずです。

では、コロナ禍下でも転職のチャンスが得られそうな仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?ランキングの形で見ていきましょう。

1位・IT関連企業

ステイホームの掛け声とともに、コロナ感染を防ぐために家で過ごす傾向が高まったことから、IT業界全体の業績が高まっています。とりわけ業績の向上が目立つのが、ネット通販関係の企業です。巣ごもり消費とも呼ばれ、家で手軽に注文して入手できるネット通販は、現在のコロナ禍に適応した業種と言えるでしょう。

女性向けの転職先としては、ネット通販系の大手企業の事務や経理などの求人を探してみるのがおすすめです。また、次に挙げるコールセンターの仕事も選択肢の一つに加えてみましょう。

2位・コールセンター

IT業界で積極的に導入が図られているのはもちろん、業種を問わず、重要性が高まっている仕事です。さまざまな業種でオンラインでビジネスを行う機会が増えたことから、顧客の問い合わせに対応するコールセンターの役割が上昇しています。かつては大手企業やIT関連企業に限られていた傾向がありましたが、近年では中小クラスの企業でも導入する機会が増えています。

コールセンターやカスタマーサービスはアウトソーシングの形で導入されるケースが多く、こうしたサービスを提供する会社が増えています。ですから、会社のコールセンター、カスタマーサービス部門の求人を探すのではなく、アウトソーシングに対応している会社の求人を探す必要も出てきます。

この仕事は、テレワーク、リモートワークが導入しやすいメリットも持っています。わざわざ出社する必要もなく、自宅で対応できる場合もありますから、テレワークでの仕事を希望している人は求人を探してみるとよいでしょう。

3位・Web関連サービス

こちらは主にシステム関連の開発から運用、保守などの業務がメインとなります。企業が社内システムの導入やホームページの開設を行うようになったことで、IT業界に限らず、こうした業務の需要が伸びています。システム・ホームページの導入は専門のIT関連企業に依頼しても、運用・管理は自分たちで行う必要も出てきますから、そのためのスタッフを採用する必要があるわけです。

テレワーク・リモートワークの導入に際して社内システムの充実が求められるようになったことで、こうした仕事への需要が幅広い業種で増えています。

コロナウイルス感染拡大によって一気に導入が進んでいるテレワーク・リモートワークですが、コロナが収束した後もこの流れは続くことでしょう。そうなると、この手の仕事の需要も長期安定が期待できますから、アフターコロナを見据えた転職先探しの選択肢としても適しています。

難点としては、プログラミングやデザインなど、ある程度専門的な知識が求められることです。すでにこの分野のスキル・知識を持っている人にとっては魅力的な選択肢ですが、未経験からの転職となると、かなり選択肢が限られるのは覚悟する必要がありそうです。ただ、システム開発・Web運営などを行っている業者にも営業、事務の仕事がありますから、そうした求人を探してみるのもおすすめです。

4位・事務職

一般の事務職から経理、総務、人事など、幅広い分野でテレワークの導入が進んでいます。窓口業務はどうしても通勤が必要ですが、日常の事務の仕事はテレワークでも十分対応できるものが多く、実際に導入を進めていく企業も増えています。幅広い女性にチャンスがある点からも、おすすめの転職先と言えるでしょう。

ただ、事務職でテレワークが進んでいると言っても求人が増えているとは言えない現状があること、テレワークがどれだけ進んでいるかは企業ごとに温度差があるため、たとえテレワークが導入されているとしてもよい環境で働けるとは限らない可能性があることを注意点として覚えておきましょう。この点は後述します。

5位・営業職

意外に思えるかもしれませんが、営業職の分野でもテレワークの導入が進んでいます。コロナウイルス感染前からオンラインを活用した新しい営業のアプローチの重要性が指摘されていたため、コロナ禍の中でそれが一気に加速している面もあるのです。

かつて営業と言えば「足で稼ぐ」イメージが強く、男性に向いているとのイメージも持たれていましたが、これからの時代は男女問わず、オンラインをうまく活用しながらいかに効果的に営業活動ができるかが求められる状況になっていると言えるでしょう。

コロナ禍で営業のアプローチそのものを根本的に改めなければならない企業が出てきている他、新しい顧客の獲得を目指す必要が出てきていることから、テレワーク・リモートワークを前提とした営業職の求人が今後増えていくことも予想されます。

コロナ渦での女性の転職事情:テレワーク転職の注意しておきたいポイント

以上、テレワークを前提とした女性におすすめの転職先を挙げてみましたが、注意点がいくつかあります。先述したように、会社ごとにテレワークの導入環境に大きな差があることです。今でもテレワークに消極的な会社が多いだけでなく、導入に積極的でも環境がついてきていないケースも見られます。

いくらテレワークを推進していても、企業のシステム環境やオンライン環境が整っていなければうまく機能しないでしょう。また、事務職の場合には顧客や従業員の個人情報を扱う機会も多くなります。テレワークでも安心して業務ができるか、しっかりしたセキュリティ環境も問われるのです。

せっかくテレワークができる会社に転職したのに、かえってトラブルを多く抱えることになってしまった、といったことは避けたいところです。

また、テレワークができるからといって職場の人間関係の悩みが少なくなるとは限らない点も気をつけましょう。オンライン飲み会、オンライン忘年会といった新しい交流の機会を設ける会社が増えていると言われますが、それがかえって面倒な人付き合いをもたらすケースも少なくありません。

テレワークやオンラインでのやりとりにうまく適応できない中高年の社員との付き合いに、面倒な思いをすることもあるかもしれません。こうした点も注意した上で転職先を探していきたいところです。

コロナ禍の女性の転職でおすすめの転職エージェント

コロナ禍は女性の転職市場に大きな影響を与えています。

この変化の時代において、適切なキャリアサポートを提供する転職エージェントの選択が非常に重要です。

特に女性のキャリアニーズに特化したエージェントは柔軟な働き方やキャリアアップのチャンスを提供し、個々のライフスタイルに合った職場環境を見つけるお手伝いをしてくれます。

ここでは、コロナ禍を経て変化する女性の転職市場においておすすめの転職エージェントを紹介します。

仕事も育児も充実できるリクルートエージェント

リクルートエージェント

在宅勤務希望の女性におすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントです。
リクルートエージェントは、保有求人数が多く、転職成功率ナンバーワンの転職エージェントであり、優秀なコンサルタントがあなたの年収アップの目標を叶えるために協同してくれるでしょう。
転職エージェントにおいて、コンサルタントの器量は重要です。ナンバーワン転職エージェントなら、優秀ならコンサルタントと出会える確率は非常に高いでしょう。

「時短勤務制度」を利用できる正社員の求人情報も豊富です。残業なし・10時から17時勤務型・週休4日制型・リモートワーク型等、これまでのキャリアに最適な育児と仕事とを両立しやすい環境をキャリアアドバイザーが親身に提案してくれます。

拠点も全国19箇所に広がっています。地方での地元採用求人にも強いため、Uターン・Iターン転職を目指す人にもおすすめです。平日夜や土曜日の面談も可能です。

リクルートエージェントへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

満足度★★★★★ 5
求人数約260,000件
対応地域全国47都道府県
料金無料
公式サイトhttps://doda.jp/
運営会社パーソルキャリア株式会社
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

全国展開のdodaは、「自分らしいキャリア」を真剣に考えたい人におすすめの転職エージェントです。

転職のプロである担当キャリアアドバイザーが、5年後・10年後のキャリアについて一緒に考えてくれるのがウリです。

日本全国に展開していて地方求人にも強く他のエージェントで求人が見つかりにくい地域にも多数の求人を保有しています。

dodaへ無料登録

リモートワークに強いの転職サービス比較ランキング

  1. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で働き方が選べます。

    ※正社員案件もあります。、地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  2. LIBZ(リブズキャリア)

    『リブズキャリア』は、仕事もプライベートも大切にしたい人のための転職サービスです。リモートワークやフレックスをはじめとした、雇用形態やポジションに限定されないニューノーマルな価値観で活躍できる求人が満載。

    キャリアアップ・働き方改善・育児からの社会復帰など、ライフステージに合わせて納得のできる条件や希望の働き方ができる企業を見つけることができます。

    ※全国対応。

    LIBZ(リブズキャリア)へ無料登録

  3. 在宅ワーク・内職支援サービス【クラウディア】

    登録数25万人を超える、クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスです。ライティング・翻訳、ブログ記事作成、デザイン・イラスト制作、システム開発・運用、Web・アプリ開発などなどフリーランスの方の本業、サラリーマンの方の副業、主婦で、暇な時間でのおこずかい稼ぎなどにおすすめ

    クラウディアへ無料登録


コロナ禍の女性の転職は柔軟な働き方とスキルアップの可能性が鍵!

新型コロナウイルスの流行がもたらした変化の中で、女性の転職市場は劇的な変貌を遂げています。

特に、柔軟な働き方とスキルアップの機会を求める女性が増加していることが注目されます。

リモートワークやフレキシブルな時間制度を導入する企業が増え、女性たちは家庭と仕事の両立や個人の時間を大切にできる職場を選ぶ傾向が強まっています。

また、コロナ禍を経験したことでキャリアの安定性や将来の成長性を重視する声も高まっており、スキルアップを望む女性が多くなっています。

これらのニーズに応えるため、企業側も柔軟な働き方を支援し、従業員のキャリア成長を促進する取り組みを強化しています。

このような状況は女性が転職を考える際に、働き方の柔軟性と自己成長の機会を重視するという新たなトレンドを生み出しています。

コロナ禍における女性の転職はこれらの要素を踏まえた上で、より良いキャリアの選択をするための鍵となるでしょう。