30代に入り、同期が出世コースを歩みはじめ、焦りを感じる人も多い年代です。

このまま会社にいても出世できないなら、いっそのこと転職してしまおうか、と思うこともあるかと思います。

ここでは、30代出世街道の現状と、出世する30代に共通する特徴についてまとめました。

また、転職して出世できた人の特徴と出世できない人の特徴についても解説しています。

転職中途入社組が出世できる企業を探す方法も、合わせて紹介しています。

30代で転職しても出世できない理由5つ

ある程度経験やスキルが身についてきた30代であっても出世できない人はいます。

そもそも出世できないのはなぜなのでしょうか?

30代で出世できない理由には以下の原因があることが考えられます。

  1. 積極性に欠ける
  2. 遅刻・欠席が多い
  3. 職場の人間関係が良くない
  4. 企業風土に合っていない
  5. 管理職のポストが空いていない

積極性に欠ける

入社してすぐや20代の内なら上司や先輩の指示を聞くのが大事ですが、30代となるとある程度スキルや経験があるとみなされます。

職歴が長く仕事も身についているのにいつまでも指示待ちの姿勢だと、出世までの道は遠くなります。

自分を評価する立場の人間からも、「積極性がない」「出世への意欲が足りない」「働く上でのモチベーションが低い」とみなされます。

現状維持で良いのであれば問題ないですが、「出世したい」「キャリアアップ・年収アップを目指したい」のなら自分から動いてみるのもひとつです。

遅刻・欠席が多い

当たり前だと思うでしょうが、普段から遅刻や欠席が多い人は出世はできません。

業務への影響だけではなく、「社会人としての基本が備わっていない」「責任感がない」とみなされてしまいます。

一日も休んではいけないわけではありませんが、「休む際はしっかり事前に伝えておく」「少しの遅刻だとしても軽視しない」ことなどを徹底することが大切です。

職場の人間関係が良くない

職場内の人間関係や信頼関係を築けていないのも、出世できない原因のひとつとして挙げられます。

たとえば、「上司との折り合いが悪い」「同僚とよくもめてしまう」「職場の雰囲気に合わない」など。

「コミュニケーションが取れない人」「職場の雰囲気を壊す人」といったマイナスイメージにつながるため注意するようにしましょう。

企業風土に合っていない

企業が持つ組織の風土や慣習、経営者に共感できない場合も出世するのが難しくなります。

合理的な理由がなくとも、その企業が長年培って大切にしてきた仕事のスタイルがあります。

それに馴染めないと、管理職として優秀な能力を持っていたとしても、企業内での生産性やモチベーションが思うように上がらなくなってしまいます

管理職のポストが空いていない

出世できない理由には、自分の能力やスキル不足以外にも考えられます。

たとえば、そもそも職場に管理職のポストが空いていないといったケース。

とくに昨今ではどの業界でも景気が悪いとされているので、給与水準が高い管理職ポジションをたくさん置くことは会社にとっても負担が多いです。

したがって、管理職自体のポストや人数を減らしている企業も増えてきているので、自分が努力していてもなかなか出世できないケースもあります。

もし出世したいのなら、はじめから管理職やマネージャー職に絞って転職するのがおすすめです。

30代で出世する人の共通点4つ

そんな中でも30代で出世している人はもちろんいます。

30代で出世できるのはどのような人なのでしょうか。

ここでは出世する30代の共通点についてご紹介します。

  1. 会社に依存していない
  2. コミュニケーション能力・協調性が高い人
  3. リーダーシップがある
  4. 決断力がある

会社に依存していない

「ダメだったら転職しよう」と考えていると、会社に過度な期待もないので、その分ストレスを感じず仕事に集中できます。

「いつでも辞められる」という心づもりがあれば、周りの雰囲気やや上司に流されること無く、正しいことは正しいと主張することができます。

こうして実績が積みあがっていくことで出世できるのです。

コミュニケーション能力・協調性が高い人

出世をするときには、上司の推薦が必要です。

上司からの推薦を得るために聞き上手になり、信頼関係を築きましょう

自分の話をしっかり聞いてくれる人は、人から好感を持たれ、信頼してもらえます。

相手の話に反論したり、話をまとめたりせず、相手の話したい内容を上手く引き出せるような聞き方を意識しましょう。

また、聞き上手と同時に話すのが上手い人は出世が早い傾向にあります。

例えば、高圧的な話し方をする人って印象があまりよくないですよね。

話し方はその人の印象を決める大切な要素です。普段から、きれいな言葉遣いや上手く話すことを心がけて会話しましょう

それだけで周囲からの印象は良くなりますので、出世にも近づきます。

また、立場があがるほどさまざまな人と話す機会が増えるので、意識して会話をする癖をつけておくと出世してからも役に立ちますよ。

リーダーシップがある

リーダーシップは一般的に、同僚や後輩に対して発揮するものだと思われていますが、出世できる人は上司に対してもリーダーシップを取っていけるのです。

上司へのリーダーシップと言っても、表立って上司を引っ張っていくのではなく、会社の中で自分が動きやすいように上司をうまくコントロールすることです。

プロジェクトの結果を出すために、必要なアイディアを通したり、予算を増やしたりするためには上司を説得する必要があります。

上司と親睦を図り、時には持ち上げたりしながらでも、上司に「イエス」と言わせられるかが大切です。

結果として、チームや部署の業績が上がれば、上司に引き上げてもらえるチャンスは増え、出世しやすくなります。

決断力がある

出世できる人は仕事の進め方にも特徴があります。判断基準が明確で決断力と行動力をもって、仕事を進められる人が転職先でも評価されています。

これは、高い問題解決能力を持ち合わせている証拠でもあります。

さらに、仕事に対するパフォーマンス能力が高い人も評価され、転職先でも出世しやすいです。

出世しやすい会社の特徴とは?

出世するために自分ができることはありますが、そもそも出世しやすい会社を選ぶことも重要です。

そこでここでは、出世しやすい会社の特徴についていくつかご紹介します。

「できるだけ早く出世したい」方はぜひ参考にしてみてください。

  • 中途採用に積極的
  • ベンチャー企業
  • 昇進やキャリアパスが明確である
  • 実力重視・インセンティブ制度がある

中途採用に積極的

転職先の企業が中途採用に力を入れていれば、比較的出世しやすい職場だと判断できます。

一方で新卒入社を大事にする社風の会社の場合、スタートから一緒に働いてきた人に対して待遇が良いといったケースが多いです。

積極的に中途採用を行っており、社員の多くが転職者で構成されている会社なら、ほかの社員と同様のキャリアアップが望めるでしょう。

転職先が出世しやすい企業かどうかを判断するのなら、転職先の企業のサイトや職場の情報について詳しい転職サイトをチェックするのがおすすめです。

たとえば上層部のメンバーが中途入社の場合、転職組でも出世しやすい傾向にあると言えるので企業選びの軸にするのもひとつです。

ベンチャー企業

スピード感のあるベンチャー企業では、社員が全体的に若い傾向にあるので30代でも管理職・マネージャー職など高ポジションを目指せる可能性が高いです。

特に人手が少なく即戦力が欲しいベンチャー企業、全体的に20代が多いベンチャー企業などでは、30代はかなりの経験やスキルがあると見込まれるのでおすすめ。

ベンチャー企業と公表しているところもありますが、企業の設立年数や平均年齢などを事前に確認するのもひとつです。

「自分の経験やスキルが活かせる」「社風が自分に合っている」などほかの条件なども考慮しながら、ぜひ企業選びの指針にしてみてください。

昇進やキャリアパスが明確である

出世できる会社では、昇進やキャリアパスが明確に定義されていることがほとんどです。

たとえば、従業員がどのような成果やスキルを積み重ねることで昇進できるのかがサイトに掲載されていたります。

自分と似たような境遇やスキル、年代で高いポジションを目指せるとわかったら、目標を持って働くことができるので見ておくといいでしょう。

実力重視・インセンティブ制度がある

出世できる会社では、公正かつ客観的な評価制度が存在します。

30代で出世したいのなら年功序列の風がつよいところよりも、従業員の業績や能力が適切に評価され、成果に基づいて昇進や報酬の決定が行われるところが狙い目です。

また、出世できる会社では、成果に応じた報酬やインセンティブ制度が整備されているとった特徴もあります。

上記の特徴の企業では従業員が目標を達成し、成果を出した場合にそれに見合った報酬や昇進の機会が与えられます。

30代で「出世したくない」人がいるのも現実

マーケティング会社の調査によれば、20代男性では出世に前向きな人の方が6割もいるのに、30代男性では4割にまで減少しているといわれています。

30代になると出世への意欲が少なくなるのはなぜなのでしょう。

昇給に限界を感じる

給与がどんどん上がっていくように感じた20代に比べ、30代に入ると給与の天井が見えてきてしまいます

そのため、「出世しても給与がそれほど上がらないから、出世をしなくて良い」「出世をするよりも現場で働いていたい」と考える人がでてきて、出世したい人の割合が減少してしまいます。

出世しても報われない

出世してもさほど年収は上がらないのに対し、仕事量や責任がぐっと増えることに疑問を持っている人が多くいます。

さらに上の会長や経営幹部クラスになる自信も予定もない人は、20代よりも30代になると仕事の重責に対して、年収がさほど伸びないことを報われないと感じ、出世意欲が減ってしまうのです。

企業側も、会社の都合に合わせて残業や転勤をしてくれる人を重用する傾向が主流なので、出世すると自由がなくなるということから出世への意欲が減退する傾向にあります。

30代が出世するためにできること7つ

転職に出世を実現している方にはどんな特徴があるのでしょうか?

ここでは、30代が出世するためにできることや出世するためにやるべきことなどについてご紹介します。

  1. 会社のルールや社風について理解する
  2. 人事評価制度について調べてみる
  3. 人脈・信頼関係を築く
  4. 資格取得を目指す
  5. キャリアプランを見直す
  6. 何事にもチャレンジしてみる
  7. 転職エージェントを利用して転職する

会社のルールや社風について理解する

30代から出世したいのなら、まずは転職先の社風やルールを理解することが何よりも大事です。

自分の過去の実績に囚われ、社風に合わない努力をし続けてしまうといったのは実は転職者によくありがちなケースです。

転職後はその企業のルールに従われなくてはいけないので、まずは企業ごとのルールや社風をしっかりと把握するようにしましょう。

企業のルールやキャリアスタイルについて理解しておけば、自分がやるべき努力の方向性についても固められますし、より効率的に実績を上げていくことにも繋がります。

「実力主義なのか年功序列なのか」「30代での出世コースはどんなものが用意されているのか」など、転職時にチェックしてみてください。

人事評価制度について調べてみる

効率的に出世を目指すのなら、人事評価の指標について調べましょう。

たとえば、売上高や実績で評価されるケースやプロセスやチーム統率を重要視する企業など、どこで評価されるのかは企業によってさまざま。

どれだけの実績を残せば自分が目指すポジションや役職に就けるのか、キャリアアップができるのかなどより具体的な数字やパターンについて把握することが何よりも大事です。

またなかには、その他にも数値には見えないところで評価してくる企業もあります。

たとえばチームや会社への貢献度などで人事評価を行う企業も多いため、前もって直上司や人事に評価指標のポイントを確認することも有効です。

人脈・信頼関係を築く

出世できるかどうかは上司や先輩、同僚からの評価にかかっています。

とくに上層部などの会社のキーマンとの人脈形成は必須と言えるでしょう。

しかしただ媚を売ればいいというわけではありません。

あくまで「自分の実績をアピールする」「積極的に意見や案を出して会社に貢献している姿を見せる」ことで自分の存在価値を示していくことが重要です。

また中途入社の場合、新卒とは違って積極的に自分から人脈を作る姿勢がないとなかなか出世は難しいでしょう。

はじめは仕事を聞きに行く謙虚な姿勢をアピールし、実績が少しずつ出てきたら少しずつ自分の意見を提案するなど、段階的なコミュニケーションを意識することがポイントです。

資格取得を目指す

出世したいのなら、会社が求める能力があることを示すために資格の取得を目指すこともおすすめです。

仕事に役に立つ資格をもっていればそれがアピールポイントになりますし、「資格手当」として基本給に加えて給与がアップするケースもあります。

ほかにも資格取得するメリットには、ともに勉強する仲間や新しい出会いがあるなど、人間関係の幅を広げるチャンスにもつながります。

資格取得の際に得た知識や人脈を仕事で活かすことができれば、より効率的に出世への道がひらける可能性もあるかもしれません。

キャリアプランを見直す

効率的に出世を目指すには、とにかく計画性が大事です。

「〇〇歳までには〇〇のポジションになりたい」「〇〇の実績をつくりたい」など、自分のキャリアプランについて見直してみましょう。

普段の仕事をただたんと仕事をこなすだけでは、やはり出世にはつながりません。

「自分が仕事面で成し遂げたいこと」について客観的に見つめ直してみて下さい。

反対に現在、「なかなか出世ができない」と悩んでいる人は、出世から外れたキャリアを積んでいる可能性が高いです。

出世へのキャリアプランが明確になれば、今の自分がすべきことや達成するべき目標などについても見えてくるのでぜひやってみて下さい。

何事にもチャレンジしてみる

30代は経験やスキルがある程度身についていることから、何もしなくても周囲から評価されると考えている人も少なくありません。

反対に30代は、今までやったことがないことに挑戦してみることが出世につながるケースもあります。

たとえば、「これまでやっていないかった仕事にあえてチャレンジしてみる」「新しい企画や案を考えてみる」などを積極的にやって実績をつくれば、思わぬ場面で出世できることも。

さらに新しいことにチャレンジすることで新しいスキルが身につき、それが徐々にプラスの評価につながる場合があります。

ほかにも、仕事以外でプライベートな面でも何かに挑戦してみるのもおすすめ。

今までにない経験をすることで、新たな価値観や考え方を獲得できたりもします。

したがって、「この年齢でやってもしょうがない」「これは自分にはできない」とはじめから諦めるのではなく、チャンスがあれば何でもやってみるといった姿勢を持つようにしましょう。

転職エージェントを利用して転職する

転職エージェントは企業の人事担当者などと繋がりがあり、企業の内情にも精通しています。

先にも述べたように、会社で出世するためには会社の人事評価制度や社風について知ることが何よりも大事です。

転職エージェントを使って転職活動を進めれば、「自分の経験やスキルが活かせるか」「管理職やマネージャー職など高ポジションを目指せるか」などを見極められます。

さらに転職エージェントでは自分の市場価値についても知れるので、給与面や本当に今転職すべきかどうかなどの判断材料にもなるのでぜひ利用してみるといいでしょう。

出世を目指す30代におすすめの転職サイト・エージェント5選

転職によって出世を成功させるためには、転職サイト選びが重要になってきます。

「とにかく早く出世したい」といった意志が強いのなら、管理職やマネージャー職と一高ポジションを目指すのもひとつです。

そこでここでは、出世を目指す30代におすすめのハイクラス向けの転職サイト・エージェントについてご紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ

求人数約80,000件
特徴
  • ハイクラス向けの転職エージェント
  • 年収1,000万円以上の求人が全体の約3割
  • 「スカウト機能」で市場価値を知れる

ビズリーチは国内最大級のハイクラス向けの有料転職サイトです。

ビズリーチに掲載されている求人には「年収1,000万円以上の求人が3割」など、かなり高収入・好条件の企業がそろっているのが魅力です。

またビズリーチには、ほかの転職サイトには掲載されていないいわゆる非公開求人も多数掲載れており、思わぬ優良企業が見つかる可能性も高いです。

またビズリーチでは「スカウト機能」があり、すぐに転職しない方でも自分の今の市場価値についても知れるのでおすすめ。

ただしビズリーチでは、登録の際に審査が設けられており、社会人経験や実務経験が浅いと落ちる可能性もあるので注意しなければいけません。

管理職やマネージャー職を目指している方や、ハイクラス求人を紹介してほしい30代の方は登録しておくといいでしょう。

ビズリーチへ無料登録

JACリクルートメント

JACリクルートメント

求人数非公開
特徴
  • 外資系企業、日系グローバル企業中心
  • オリコン顧客満足度5年連続ナンバーワン
  • ネイティブコンサルタントからアドバイスを受けられる

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラス転職において、オリコン顧客満足度5年連続ナンバーワンを獲得する転職サイトです。

おもに30代~40代向けのハイキャリア求人が多く、ポジションだと課長やマネージャークラス、部長、役員クラスなどに特化したページも用意されています。

またJACリクルートメントは、もともとイギリス発祥の転職エージェントなので、外資系企業や海外進出企業などにも強みを持っています。

英文レジュメの添削などもおこなってくれるので、「ひとりで転職活動を進めるのは不安」「海外企業向けの対策をしたい」方には重宝するはずです。

JACリクルートメントが取り扱う求人は質が高いといった評判もあるので、「今よりも好条件の企業を探している」方はチェックしてみてください。

JACリクルートメントへ無料登録

パソナキャリア

パソナキャリア 

求人数約36,000件
特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収アップを実現できる
  • 女性の転職に特化したチームがある

パソナキャリアはパソナグループが運営する、ハイクラス転職に特化した30代におすすめの転職エージェントサービスです。

年収800蔓延時用の求人も多く、実際にパソナキャリアを利用して転職した人の半数以上は年収アップを実現させています。

また、パソナキャリアは女性の転職にも強いことでも有名です。

たとえば、女性社員が活躍している職場や産休・育休取得実績がある会社、ブランクから復職した女性が働いているところ、フレックスタイム制の職場などを紹介してもらえます。

希望をすれば女性の担当エージェントも就くので、より出世を成功させるための選考へのアドバイスやサポートを受けられます。

パソナキャリアは、30代~40代の求職者にも絶大な信頼を得ており、高年収企業や外資系企業、日系グローバル企業、レアポジションを狙う人にもおすすめです。

PASONAへ無料登録

dodaX

求人数約30,000件
特徴
  • 管理職、戦略を担うポジションが多い
  • 「ヘッドハンティング」と「求人紹介」が利用できる
  • 非公開求人はが多い

dodaXは管理職を目指す方や、年収800万円以上などのハイクラスの転職を目指す方におすすめの転職サイトです。

大手から中小企業に至るまで、企業の戦略や管理職を中心とした高ポジションを狙えるので効率的に出世したい人にはおすすめです。

またdodaXでは「ヘッドハンティング」と「求人紹介」の2つのサービスが利用できるのが特徴です。

ヘッドハンティングサービスでは、業界に精通したヘッドハンターが非公開求人や独占求人などを積極的に紹介してくれるので、自分の市場価値についても把握できます。

さらに、「プラチナスカウト」「ダイヤモンドスカウト」といったヘッドハンティングサービスを利用すれば、企業の戦略や中枢を担うより高いポジションやレアな求人も紹介されるチャンスもあります!

ミドルの転職

求人数約28,000件
特徴
  • 30代~40代のハイクラス求人が多い
  • 転職エージェントしてでも利用できる
  • 非公開求人が多い
  • スカウトメールがたくさん来る

ミドルの転職は、30代~40代のミドル世代の求人に特化した転職サイトです。

ポジションで言えば経営幹部や管理職、マネージャークラス、COO、CFOといったハイクラス求人を取り扱っており、年収でいうと年収1,000万円以上の求人も5,000件以上掲載されています。

また、ミドルの転職は大手企業や上場企業、グローバル企業などの取り扱いが多いので、将来的に幹部社員を目指したい人にはおすすめです。

業界・職種だと、エンジニアやITコンサルトなど、おもにIT・通信系が多く掲載されている印象が強いです。

ミドルの転職では、500社以上の転職エージェントや2,000人以上のキャリアアドバイザーが在籍しているので、自分に合った担当者と転職活動を進められます。

一般的に転職のハードルが高いと言われている30代後半の転職支援成功実績もあるので安心です。

30代におすすめの転職サイト10選!選び方のポイントも解説 

30代男性の転職におすすめのサイトを紹介!未経験でも転職できる?

転職して出世できなくても諦めないことが大事!

今回は、出世できる人・できない人の特徴や出世するためにできること、おすすめのハイクラス転職サイト・エージェントなどについてご紹介してきました。

一般的に出世したいのにできない人は、スキルレベルが低いか人間関係に問題がある場合がほとんどです。

ほかにも、コミュニケーションスキルが不足しており、人脈や上司からの信頼関係が築けていない等も考えられます。

出世したいのであれば、「出世に必要な能力やスキルを身に着ける」「人脈をつくる」「会社の人事評価制度を把握する」などが必要です。

また、現職で出世ができない人の中には、転職することで30代でも出世できるケースもあります。

比較的自分よりも若手が活躍している職場やベンチャー企業、年功序列ではなく実力重視・インセンティブ制度がある企業だとより早く出世しやすいといえるでしょう。

今回の記事を参考に、「出世するために何ができるか」「自分が仕事で達成したい目標」などについて振り返ってみて下さい。