20代でデータベースエンジニアへ転職を考えている方の中には多くの悩みを抱えている人も多いでしょう。

実務経験が短いからデータベース関連の専門知識や技術が不足してないだろうか?

どの企業やポジションを目指すべきか迷ってしまう……。

新しい領域への適応や学びのスピードに対する不安がある……。

データベースエンジニアへの転職に不安を抱いている方の悩みを強力にサポートしてくれるのが転職サイトやエージェントです。

未経験からの転職や経験者として次のステップを模索している20代の方へ信頼性と実績を持つ転職サイト・エージェントをピックアップしました。

さらに、転職を成功させるための具体的な方法やアドバイスも説明していきます。。

20代でデータベースエンジニアへの新しいキャリアスタートをサポートする記事と知っておりますので、ぜひ最後まで目を通してください。

キャリアの第一歩を踏み出すために、ぜひ参考にしてください。

20代データベースエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント一覧

20代におすすめ転職エージェント22選!未経験・年収アップ・女性向けなど目的別まとめ

1位
type転職エージェント|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約30,000件
おすすめポイント
  • 優良求人を紹介してくれる
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • IT系転職にはかなり高評価
2位
レバテックキャリア|高収入の求人を探したいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約20,000件
おすすめポイント
  • 企業から直接オファーが届く
  • 職種別の専門アドバイザーがサポート
  • 自分の市場価値がわかる
3位
Green|IT業界最大級の求人数
type転職エージェント
おすすめ度
★★★★★
求人数
約30,000件
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
type転職エージェント

目次
  1. 【20代向け】データベースエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント
  2. 【20代未経験向け】データベースエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント
  3. データベースエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェントの選び方
  4. 20代でデータベースエンジニアに転職するメリット
  5. データベースエンジニアの転職に必要なスキル
  6. 未経験から20代でデータベースエンジニアに転職する方法
  7. 転職サイト・エージェントを登録する流れ・手順
  8. データベースエンジニアの転職で転職サイト・エージェントを利用する時に関するQ&A
  9. おすすめの転職サイト・エージェントを利用して20代でデータベースエンジニアに転職しよう!

【20代向け】データベースエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント

20代の方にとってデータベースエンジニアへの転職は新たなキャリアパスの一歩を踏み出す重要な機会となるでしょう。

転職サイトやエージェントを利用することで、希望する職種や条件に合致した求人情報を手に入れられます。

データベースエンジニア経験者への転職におすすめの転職サイト・エージェントは以下になります。

  • レバテックキャリア
  • ビズリーチ
  • パソナキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリア

対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 約19,000件

レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェントとして人気です。

技術者としてのスキルや経験を最大限に活かせる求人を多数取り揃えており、20代のデータベースエンジニアにはおすすめです。

おすすめポイント
  • IT業界やエンジニアに特化した転職支援サービスで高度な技術職への転職もサポート。
  • 大手企業からスタートアップまで、幅広い求人情報を提供。
  • 専任のキャリアアドバイザーが転職活動を徹底サポートし、最適な求人を紹介。

レバテックキャリアへ無料登録

ビズリーチ

ビズリーチ

対応エリア 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約16,000件

ビズリーチは高収入や上場企業を目指す20代のデータベースエンジニアにおすすめです。

厳選された優良求人が多数掲載されており質の高いキャリアアップを目指す方に最適です。

おすすめポイント
  • 中高年収、役員・経営層向けの求人が豊富。
  • 非公開求人も多数取り扱っている。
  • 企業への直接応募機能を持ち、気に入った求人にすぐにアプローチ可能。

ビズリーチへ無料登録

パソナキャリア

パソナキャリア

対応エリア
全国
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 約40,000件

パソナキャリアは多岐にわたる求人情報と丁寧なサポートが受けられます。

データベースエンジニアとしての第一歩を踏み出す方や、キャリアアップを目指す方に適しています。

おすすめポイント
  • 幅広い職種・業種の求人を取り扱っている。
  • 転職を成功に導くためのキャリアコンサルティングが受けられる。
  • 転職活動やスキルアップをサポートするセミナーや講座も充実。

PASONAへ無料登録

【20代未経験向け】データベースエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント

未経験者でもデータベースエンジニアには挑戦できます。

データベースエンジニアとしてのキャリアをスタートさせたい未経験の20代の方向けに入門から転職成功までしっかりサポートしてくれる転職サイト・エージェントをピックアップしました。

データベースエンジニア経験者への転職におすすめの転職サイト・エージェントは以下になります。

  • tech boost
  • テックキャンプ エンジニア転職
  • DYM就職

tech boost

tech boost

対応エリア 全国
運営会社 株式会社 Branding Engineer
公開求人数 公式サイト記載なし

tech boostはプログラミング学習と転職サポートの双方に強みを持ちます。

未経験からでも安心してデータベースエンジニアとしてのキャリアを築けるサポート体制が整っています。

おすすめポイント
  • 未経験からでもプログラミングスキルを習得できるカリキュラム。
  • 転職だけでなく、フリーランスや起業を目指す人向けのサポートも充実。
  • オンラインでの受講も可能で、通学希望者には渋谷のスクールでの受講が可能。

テックブーストへ無料登録

テックキャンプ エンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職

対応エリア 全国
運営会社 株式会社div
公開求人数 公式サイト記載なし

テックキャンプ エンジニア転職はプログラミングスキルの習得から転職サポートまでトータルでサポートしてくれます。

初心者からでも短期間でデータベースエンジニアとして活躍できる場を提供しています。

おすすめポイント
  • プログラミングを学びながら転職を目指す初心者に適したサポートを提供。
  • 最短10週間でエンジニアスキルを習得可能。
  • 多くの卒業生が大手からベンチャー企業までさまざまな企業に就職している。

テックキャンプ エンジニア転職へ無料登録

DYM就職

DYM就職

対応エリア 全国
運営会社 株式会社DYM
公開求人数 約30,000件

DYM就職は既卒やフリーターなどの未経験に強く非常に高い就職率の高さを誇るエージェントです。

優良求人も多数掲載しており、一人ひとりにあわせた提案を行います。

おすすめポイント
  • 既卒やフリーターなどの未経験者への転職サポートに強い。
  • 一人ひとりの希望や状況に合わせた転職活動サポートを提供。
  • 豊富な求人から個人に合った求人を紹介。

データベースエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェントの選び方

データベースエンジニアに転職を考える際、適切な転職サイト・エージェントの選択は成功への第一歩となります。

ここでは、転職サイト・エージェント選択の基準となるポイントを紹介します。

「総合型 / 特化型」それぞれのメリット・デメリットを知っておく

総合型の転職サイトは多種多様な業種・職種の求人を扱っており、広範囲から選択できるメリットがあります。

特化型のサイトは特定の業種・職種に特化しているため、求人の質や業界の深い情報が得られる可能性があります。

それぞれの特徴を理解し、自身のニーズに合わせて選びましょう。

運営会社の「大手/中小」それぞれのメリット・デメリットを知っておく

大手の転職サイト・エージェントは求人数の多さや知名度、安定した運営が魅力ですが、個々のユーザーへの対応が一部不十分な場合もあります。

中小の運営会社ではより個別対応に重きを置いたサービスを提供している場合が多いです。

大手か中小かにより提供されるサービスの内容や品質が異なるため、自分に合った運営会社を選ぶことが大切です。

「担当アドバイザーとの相性」を早いタイミングで見極める

転職エージェントを利用する場合、担当アドバイザーとの相性は非常に重要です。

自分の求める転職先の条件や価値観を理解し、基づいた適切な求人を提案できるかどうかを見極めましょう。

自分が抱える不安や疑問に対して的確に答えてくれるかも重要なポイントです。

20代でデータベースエンジニアに転職するメリット

20代でデータベースエンジニアに転職するメリット
  • 直接的な貢献ができる
  • プロジェクトの主要メンバーになれる
  • 業務範囲が広い

データベースエンジニアとしてのキャリアを20代でスタートすることは、その後のエンジニアとしてのキャリア形成において多くのメリットをもたらします。
技術の進化が著しいIT業界において若いうちから専門的な知識とスキルを磨くと、競争力を高めるだけでなく多様なプロジェクトや業務の中心として活躍するチャンスを増やせます。
20代におすすめの転職サービスを(職歴あり・無し)で比較まとめ

直接的な貢献ができる

データベースエンジニアはシステムの背骨とも言えるデータベースを設計・管理する役割を持ち、貢献はプロジェクトの成功に直接的に影響します。

20代でこのポジションに就くと若いうちから企業やプロジェクトの重要な部分に直接関わり、実績を築けます。

プロジェクトの主要メンバーになれる

データベース専門家の知識とスキルを持つエンジニアは、多くのプロジェクトにおいて不可欠な存在です。

20代でデータベース分野に転職するとプロジェクトの初期段階から関わることが多くなり、結果としてプロジェクトの中心的な役割を果たすことが期待されます。

業務範囲が広い

データベースエンジニアは設計から実装、運用に至るまでの業務範囲が広いため、多様な経験を積めます。

20代でデータベース分野に足を踏み入れると幅広い知識と経験を短期間で獲得でき、将来的に更に高度なスペシャリストやマネジメントに進む土壌をしっかりと築けます。

データベースエンジニアの転職に必要なスキル

データベースエンジニアの転職に必要なスキル
  • 情報システムに関する全般知識・システム開発の知識
  • データベースを扱う知識・スキル
  • 論理的思考

データベースエンジニアの転職を成功させるためには特定のスキルや知識が求められます。

データベース専門家として求められる能力は単に操作だけでなく、システム全体の理解や論理的な思考力も含まれるため、幅広いスキルセットが必要となります。

スキルがないけど転職したい!内定が決まるスキルの見つけ方とアピール方法とは

情報システムに関する全般知識・システム開発の知識

データベースエンジニアはシステム全体の動作を理解し、その中でデータベースがどのような役割を果たしているのか把握する必要があります。

情報システムの基本的な構造や、システム開発のライフサイクル、開発手法に関する知識は不可欠です。

データベースを扱う知識・スキル

データベースエンジニアは関係型データベースの設計や正規化、SQLの作成・最適化、データベースのパフォーマンスチューニングなど、データベースに関する専門的な知識とスキルが必要です。

NoSQLや分散データベースなどの新しい技術にも触れることが求められることもあります。

論理的思考

データベースの設計や運用には論理的に問題を分析し、最適な解決策を導き出す能力が求められます。

複雑なデータ構造や業務要件を整理し効率的なデータベース設計を行うための論理的思考力は、エンジニアとしての基本的なスキルと言えるでしょう。

未経験から20代でデータベースエンジニアに転職する方法

未経験から20代でデータベースエンジニアに転職する方法
  • プログラミングの基礎知識を身に付ける
  • プログラマーやSEからステップアップする
  • 運用・保守からステップアップする

20代で未経験からデータベースエンジニアへの転職を目指す場合、第一歩として必要なスキルや経験を積むことが重要です。

データベースエンジニアとしての役割は非常に専門的なため、基礎からしっかりと学ぶ必要があります。

プログラミングの基礎知識を身に付ける

データベースエンジニアになるためにはプログラミングの基礎知識が必要不可欠です。

データベースの操作や管理にはSQL(Structured Query Language)が使われるため、SQLの基本的な文法や操作方法を学ぶことは第一歩となります。

プログラミング言語の基礎を理解するとシステム全体の動作やデータベースとの連携方法などを理解することが容易になります。

プログラマーやSEからステップアップする

データベースエンジニアに直接転職するのではなく最初はプログラマーやシステムエンジニア(SE)としての経験を積む方法もあります。

実際のシステム開発の現場での経験を得られ、データベースとの連携や、データベースの役割を直接的に学べます。

経験を通じて次第にデータベース関連の業務に携わる機会が増え、エンジニアとしてのスキルを磨けます。

運用・保守からステップアップする

システムの運用・保守業務に従事することで、データベースの日常的な管理やトラブルシューティングの経験を積めます。

データベースの実際の運用環境や、問題が発生した際の対応方法などを学べます。

経験はデータベースエンジニアの深い知識やスキルを身に付ける上で非常に価値があります。

転職サイト・エージェントを登録する流れ・手順

データベースエンジニアへの転職に役立つ転職サイトやエージェントを利用する流れと手順は以下の通りです。

申し込みフォームから登録する

転職サイトやエージェントのウェブサイトから申し込みフォームを利用して登録します。

基本情報や希望の条件などを入力しましょう。

担当アドバイザーと面談

登録後、担当のキャリアアドバイザーとの面談が行われます。

経験やスキル、希望条件を詳しく知るための重要なステップです。

面談では、転職に対する具体的な目標や意向をしっかり伝えましょう。

求人紹介・面接対策

面談後、希望に合う求人情報が紹介されます。

面接対策も同時に行われ、アドバイザーが企業へのアピール方法や面接対策についてアドバイスします。

データベースエンジニアの転職で転職サイト・エージェントを利用する時に関するQ&A

転職サイトやエージェントを利用する際によくある質問とその回答についてまとめました。

登録だけで大丈夫?企業紹介までの流れは?

登録だけでなく、その後の面談・企業紹介・面接対策といった一連の流れがあります。

登録を行い、担当のアドバイザーと面談を設定します。

面談では希望の転職条件や求職活動の目的などを伝え、アドバイザーが希望に合う求人を紹介します。

面接対策を行い、企業との面接を経て内定となります。

上手に活用して転職を成功させる方法

転職を成功させるためには自分のスキルや経験、希望する職種や条件を明確に伝えることが重要です。

企業情報や業界動向をしっかりと把握し、面接時に自分の強みや適性をアピールすることも大切です。

転職サイトやエージェントのアドバイザーのアドバイスを活用し、自分自身を高めるための行動を積極的に行いましょう。

転職エージェントは土日・休日も対応してくれる?

転職エージェントの対応日時は各社によって異なりますが、多くのエージェントは平日の日中だけでなく、夜間や土日祝日も対応してくれます。

詳細は各エージェントに直接確認することをおすすめします。

おすすめの転職サイト・エージェントを利用して20代でデータベースエンジニアに転職しよう!

20代はキャリア形成の大切な時期です。

IT業界やデータベースエンジニアとしての転職を考える際、多くの情報やサポートを得られる転職サイトやエージェントの利用は有効です。

専門性の高いデータベースエンジニアは業界のトレンドや求められるスキルセットが日々変化しています。

専門的な転職サポートを得ることで、適切な企業とのマッチングや成功への確率を高められます。

転職を成功させるために転職サイトやエージェントを味方につけ情報収集やサポートを活用し、キャリアを一歩前進させるチャンスを掴みましょう!