リクルートエージェントは、数多くある転職エージェントの中でも抜群の知名度を誇る大手転職エージェントです。

2019年に厚生労働省がおこなった「労働市場における雇用仲介の現状について」では、民間職業紹介事業所数は26,760カ所となっています。

その中でも、現在も多数の求職者に利用されています。

そんなリクルートエージェントでは、登録後に面談がおこなわれます。

面談は電話・オンラインのみの利用も可能となっており、主に本人確認や登録内容の確認、今後の転職に関する話をキャリアアドバイザーがおこないます。

今回は、リクルートエージェントの面談の流れを解説します!

また、併せて面談時のメリット・デメリットも解説します。

おすすめ記事:おすすめの転職エージェントランキングTOP20!各年代におすすめのエージェントや優良サービスを選ぶコツを徹底解説

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
ビズリーチ|高収入の求人を探したいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 高収入求人が多い
  • プレミアムプランでより効率的に転職活動を進められる
  • 自分の市場価値がわかる
3位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
type転職エージェント
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
type転職エージェント

リクルートエージェントの電話面談の流れ

リクルートエージェントの電話面談は、アドバイザーが求人の紹介や転職サポートをするためにおこなわれます。

面談を利用することで、自分に合う求人を紹介してもらえるため、転職がスムーズにできます。

ここでは、面談の流れやヒアリングされる内容、受けられるサポートについて解説します。

リクルートエージェントの電話面談の流れ
  • 電話相談の流れ
  • ヒアリングされる内容
  • 電話相談で受けられるサポート

電話相談の流れ

リクルートエージェントの電話相談では、初めにカウンセラーが求職者の現在の状況を確認します。

その後、転職の動機や目的について詳細をヒアリングし、それに基づいて具体的な支援内容を説明します。

相談はプライバシーを尊重しながら進められ、個々のニーズに応じた柔軟な対応が行われます。

面談の最後には、次回のアクションプランが提示され、どのように進めていくかのスケジュールが決定されます。

ヒアリングされる内容

電話面談ではまず、転職希望時期や経歴、スキルセットを確認します。

次に、転職の理由や現在の仕事での課題、将来のキャリアプランについて詳細にヒアリングします。

また、希望する職種、業界、働き方、求める職場環境など、具体的な希望条件も確認されます。

これらの情報をもとに、カウンセラーは求職者に最適な求人を選定するための基準を設定します。

電話相談で受けられるサポート

リクルートエージェントの電話相談では、転職市場の最新動向や求人情報の提供が行われます。

また、履歴書や職務経歴書の添削、効果的な面接対策のアドバイスを受けられるため、応募準備が整いやすくなるでしょう。

さらに、転職活動のスケジュール管理や、面接日程の調整など、転職プロセス全体を通じて手厚いサポートが提供されます。

これにより、求職者は転職活動をより効率的に進めることが可能となります。

リクルートエージェントの電話相談で準備すべきこと

リクルートエージェントの電話相談では、主に以下のような内容を準備する必要があります。

リクルートエージェントの電話相談で準備すべきこと
  • 転職の希望時期を考える
  • 経験やスキルとまとめる
  • 求人の希望条件を明確にする
  • 電話を受ける環境に気を配る

転職の希望時期を考える

転職の希望時期を具体的に決めることは、転職活動を効率的に進める上で非常に重要です。

希望時期が明確であれば、それに合わせて転職エージェントや求人市場の動向を見ながら計画を立てることが容易になります。

早急に転職を希望する場合は、その意思を明確に伝えることで、エージェントも積極的に支援してくれるでしょう。

経験やスキルとまとめる

これまでの職務経験や持っているスキルを明確に整理し、自己分析を行うことが重要です。

どのようなプロジェクトに携わったか、どんな技術を使って何を成し遂げたかなど、具体的な実績を整理することで、面談時に自分の強みを効果的にアピールできます。

また、これを基にキャリアプランを考え、どのようなポジションや業界で求められるスキルを見極めることができます。

求人の希望条件を明確にする

希望する職種、業界、勤務地、年収などの条件を明確にすることで、転職エージェントはより適切な求人を紹介してくれます。

自分に合った条件を事前にリストアップしておくことで、面談時にスムーズに情報を伝えることが可能です。

また、何を最優先にするかを明確にすることで、自分にとって最適な求人を選ぶ基準にもなります。

電話を受ける環境に気を配る

電話面談を受ける環境は、静かでプライバシーが保たれた場所を選ぶことが望ましいです。

背景の騒音が少なく、集中して会話できる環境を整えることで、より質の高いコミュニケーションが可能となります。

また、適切なツールや設備を使用することで、声がクリアに相手に伝わり、スムーズなやり取りが期待できます。

電話面談のメリット

電話面談には様々なメリットがあります。

電話で応答できるため、オフィスに行く必要がなく、地方の方でも利用しやすい点は大きなメリットと言えるでしょう。

ここでは、電話面談のメリットについて詳しく解説します。

電話面談のメリット
  • オフィスに行く手間が省ける
  • 都合に合わせやすい
  • 地方でも利用できる

オフィスに行く手間が省ける

電話面談の最大のメリットは、場所を選ばず、どこでも転職サポートを受けられる点です。

オフィスへの移動時間や準備の手間が不要になり、その分、他の転職活動に使う時間が増えます。

都合に合わせやすい

スキマ時間を利用して転職の相談が可能です。

忙しい日常の中でも、比較的容易に面談のスケジューリングが可能となり、フレキシブルに対応できます。

地方でも利用できる

可能なため、地方に住んでいても質の高い転職サポートを受けられます。

大都市に住んでいなくても、豊富な求人情報とプロのアドバイスを受けられます。

電話面談のデメリット

電話面談には様々なメリットがありますが、デメリットもあります。

対面と異なり相手の声しか聞き取れないため、伝えたいことや相手の雰囲気を理解することは難しくなっています。

また、伝えられる情報が少ないのも電話面談のデメリットです。

ここでは、より詳しく電話面談のデメリットについて解説します。

電話面談のデメリット
  • お互いの人柄などが伝わりにくい
  • 職務経歴書の添削や面接指導がおこないにくい
  • 伝えられる情報が少ない

お互いの人柄などが伝わりにくい

直接会うわけではないため、表情や雰囲気など非言語的なコミュニケーションができません。

これにより、相談者の真意や性格がアドバイザーに伝わりにくくなる場合があります。

職務経歴書の添削や面接指導がおこないにくい

対面でなければ、書類の細部にわたるフィードバックや、面接時の細かい指導が困難になります。

具体的なアドバイスを受けるには限界があるため、対面でのセッションを設ける必要が出てきます。

伝えられる情報が少ない

電話では視覚的な情報を共有できないため、詳細な説明や複雑な資料の説明が難しくなります。

そのため、情報の理解が不完全になるリスクが高まります。

電話面談以外の面談方法

リクルートエージェントでは、電話面談以外にも面談方法を用意しています。

それが、オンライン面談と対面面談です。

オンライン面談は、オンライン上で対面のようにキャリアアドバイザーの顔を見ながら面談する方法です。

対面面談は、オフィスに出向き面談する方法です。

ここでは、オンライン面談と対面面談の特徴や向いている人について解説します。

電話面談以外の面談方法
  • オンライン面談
  • 対面面談

オンライン面談

オンライン面談は、場所を問わず利用できるため、遠方に住んでいる方や忙しい方にも便利です。

インターネット接続があれば自宅やカフェからでも、キャリアカウンセラーと直接顔を見て話すことが可能です。

オンラインツールの画面共有機能を使えば、求人情報や職務経歴書の具体的な部分についてリアルタイムで指摘やアドバイスを受けることができます。

また、時間や場所を選ばない柔軟性があり、自分の生活リズムに合わせて面談をスケジュールできるため、効率的に転職活動を進めることが可能です。

対面面談

対面面談は直接的な人間関係を築くことができるため、より深い信頼関係をキャリアカウンセラーと築くことが可能です。

対面でのやり取りにより、非言語的なコミュニケーションも活用でき、相談者の真意や熱意を直接伝えやすくなります。

また、書類の持参が可能であるため、職務経歴書や履歴書の細かい部分をその場でチェックしてもらうことができ、具体的なアドバイスを受けることができます。

オフィスへの訪問が必要ですが、その分、キャリアカウンセリングの質の高さや、エージェントの提供する環境を直接体験できます。

リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェント

リクルートエージェントと併用して他の転職支援サービスも使いたい方に方に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

各エージェントは独自の強みを持っていますので、リクルートエージェントとの併用によりさらに転職活動の幅を広げることができます。

リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェント
  • doda
  • ビズリーチ
  • LHH転職エージェント

doda

満足度★★★★★ 5
求人数 約260,000件
対応地域 全国47都道府県
料金 無料
公式サイト https://doda.jp/
運営会社 パーソルキャリア株式会社
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

dodaは、業界トップクラスの求人数を誇る大手転職エージェントです。

求人数が多いため、条件に合う求人が見つけやすくなっています。

取り扱う業界や職種が豊富となっており、未経験歓迎の求人もあります。

また、アドバイザーが転職に関する悩みや不安について親身に聞いてくれるため、不安なく転職できるでしょう。

他にも履歴書の書き方や面接対策のサポートもおこなってくれます。

初めて転職活動をする方におすすめの転職エージェントです。

dodaへ無料登録

おすすめ記事:doda転職エージェントの評判はひどい?悪い口コミ・良い口コミを徹底分析

ビズリーチ

ビズリーチ

満足度★★★★★ 5
求人数 約10万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.bizreach.jp/
運営会社 株式会社ビズリーチ
プラン詳細を見る
特徴
即戦力採用に特化したハイクラス転職サイトの中でも、特に有名 管理職・専門職・次世代リーダー・グローバル人材などを求める企業からスカウトが届く 30%以上の求人が年収1,000万円以上(2021年1月時点)

ビズリーチは、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

年収1,000万円以上の求人が全体の1/3を占めているほど高年収求人が多くなっており、年収アップを目指す方にはぴったりの転職エージェントといえます。

また、スカウト機能を採用しているため登録するだけで、スカウトメールが届きます。

スカウトメールは、17,100社以上の厳選された企業と5,000人以上のヘッドハンターがおこなうため、自分に合ったハイクラス求人を見つけることができます。

現在の自分の市場価値を確認することもできます。

ハイクラス転職を考えている方は、ぜひビズリーチを活用しましょう。

ビズリーチへ無料登録

LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

満足度★★★★★ 5
求人数 約3万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://jp.lhh.com/
運営会社 Adecco Group AG
プラン詳細を見る
特徴
国内の大手企業や、外資系企業、日系グローバル企業のハイキャリア転職に強み コンサルタントの担当分野が職種・業界別に細分化されているため、専門性の高いアドバイスが受けられる 3人に2人が平均101万円の年収アップを実現。10人に1人は年収1,000万円以上で転職している(2023年4月自社調べ)

LHH転職エージェントは、外資系や日経グローバル企業の求人を多く取り扱っている転職エージェントです。

紹介される求人はマッチング度が高く、入社後もギャップを抱えることなく転職できるでしょう。

LHH転職エージェントでは、「360度式コンサルティング」を採用しており、企業と求職者のニーズを深く理解したうえで、求人を紹介します。

1人のコンサルタントが企業と求職者双方のやり取りを担当するため、自分に合う求人に応募できる仕組みとなっています。

マッチング度の高い求人に応募したい方は、ぜひLHH転職エージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントに関するよくある質問

ここではリクルートエージェントに関するよくある質問を紹介します。

リクルートエージェントに関するよくある質問
  • Q. 相談だけの利用はできますか?
  • Q. 電話がかかってくる時間に目安などはありますか?
  • Q. リクルートエージェントの電話番号は何ですか?

Q. 相談だけの利用はできますか?

リクルートエージェントでは、転職を即座に考えていない方でも相談だけの利用が可能です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、現在の職場での悩みや将来のキャリアプランについての相談を受け付けています。

転職活動を具体的に進めるかどうかは別として、キャリアの可能性を探るための相談は大いに歓迎しています。

不安や疑問を解消し、長期的なキャリア戦略を立てるための支援を提供しています。

Q. 電話がかかってくる時間に目安などはありますか?

リクルートエージェントの電話面談は、一般的には1時間から1時間半程度が目安です。

しかし、面談内容によってはより短い時間で終了することもありますし、詳細な相談が必要な場合はさらに長くなることもあります。

もし面談時間に制約がある場合は、事前にその旨を担当者に伝え、必要に応じて複数のセッションに分けて面談を行うことも可能です。

面談は自分のスケジュールに合わせて調整することが可能となっているため、都合の良い時間を事前に相談しましょう。

Q. リクルートエージェントの電話番号は何ですか?

キャリアアドバイザーの使用する番号は、主に「0120070585」です。

その他の各オフィスの電話番号は、リクルートエージェントの公式ウェブサイトに掲載されている「拠点一覧」ページで確認できます。

オフィスによっては、地域別のサポートが設けられており、それぞれのオフィスの電話番号が異なる場合があるため、最寄りのオフィスやサービスに応じて正確な番号をウェブサイトでご確認ください。

また、オンラインでのお問い合わせも可能であり、その場合はウェブサイトの問い合わせフォームを利用することが推奨されています。

リクルートエージェントの電話面談で自分のペースで転職活動をしよう

今回はリクルートエージェントの電話面談の流れについて解説しました。

電話面談の流れは下記の通りです。

リクルートエージェンシーの電話面談の流れ
  • 転職希望時期や転職理由の確認
  • 経歴やスキルの確認
  • 希望条件のヒアリング
  • 求人の紹介

リクルートエージェントは、電話面談の他にオンラインや対面での面談を用意しています。

自分に合う方法で面談をして、自分に合う求人を紹介してもらいましょう。

おすすめ記事:おすすめの転職エージェントランキングTOP20!各年代におすすめのエージェントや優良サービスを選ぶコツを徹底解説