大学生

【大学生必見】「マーケティング」の勉強方法教えます! 一生もののスキルを身につけて「ビジネス」を楽しもう

現代において「マーケティング」の市場価値は非常に高く、学生のうちから基礎知識を身につけておけばよかったと、後悔する社会人も出てくるほどのものです。

しかし、「マーケティング」の勉強って具体的にどのような方法を用いて学べばいいのか想像できますか。

実をいうと、「マーケティング」の勉強方法は身近なものを用いることで、今のご時世どのようなものに需要があるのかが見えてきます。

そこで今回は「マーケティング」スキルを身につけるための勉強方法と併せて、学んだことを即活かす方法についてご紹介します。

完全無料で簡単登録! ユアターンバナー

「マーケティング」の需要

「マーケティング」の市場価値・需要は高い!

冒頭でも述べたように「マーケティング」の市場価値・需要は現代社会において非常に高いのは事実です。

もっとも高いとされているのは「デジタルマーケティング」の1概念に属する「Webマーケティング」です。

理由は主に「インターネット広告媒体の普及」があります。

現代において「スマホ」や「パソコン」などのデジタル媒体を持っていない人は、めったにいません。常にスマホやパソコンの画面を眺め、様々なことをしていきます。その過程で「広告」を流せば需要ある人にとっては目に留まり、そこからアクセスしてもらえる。

そういう意味ではここ数年で爆発的な成長を見せています。

身近な例でいうと「YouTube」の動画の間に流れる「広告動画」や、動画画面の下部に表示される「広告バー」です。

今後の成長度合いとして鑑みると、「Webマーケティング」の市場価値・需要は、高いといえます。

営業のインターンの仕事内容は?身に付くスキルやメリットも紹介!

「マーケティング」はWeb界隈に限らず他のビジネスシーンでも応用が利く

「マーケティング」、つまり「買ってもらえる仕組みを作る」という考え方は、需要のある「Webマーケティング」に限らず、様々な分野の商いでも利用できる考え方です。

もちろん「企業本位で」という考え方ではなく、「需要」と「供給」の考え方に基づいて行われます。

たとえば、YouTubeの動画の合間に流れるインターネット広告の1つである「ネット回線の広告」の「需要」と「供給」で考えてみましょう。

今は「コロナ禍」ということもあり「在宅ワーク」に移行する方もいれば、「今後は家で仕事をする方」もいます。その方たちにとって「ネット回線」は仕事をしていく上で欠かせない存在です。この時点で「在宅ワーカー」に需要があります。

では、「供給」する側はどのような手を用いれば「買ってもらえるか」を考えます。

「買ってもらう」ためには、需要ある顧客層の「欲する気持ち」を掻き立てること、つまり「買いたい」と思わせる「動機」を奮い立たせることが大切です。

ただ商品を売ればいいという考え方ではなく、「どういう場面での利用ができるか」「競合と自社の似た製品ではここが違う」など、顧客視点に立って考えることを出発点にして考えるのがいいでしょう。

まとめると以下の3点です。

  • 顧客の視点を出発点とする
  • 「マーケティング」は「需要」と「供給」を結ぶ活動である
  • 「需要」は「顧客」にとって「ほしい」という動機を掻き立てることで生まれる。

もっとも、「マーケティング」に正解はありません。しかし、「買ってもらうための仕組みを作る」うえで、「顧客視点」を出発点とすることはどのような商いに通じるものです。

「マーケティング」の学習方法

学ぶメリット・デメリット

大学生のうちに「マーケティング」を学ぶことは、大学生だからこその特権「時間が取れる」という点にあります。

もっとも、「マーケティング」以外にも「プログラミング」や「英語学習」などやるべきことは多々あります。しかし、これらの後にも先にも「マーケティング」を学ぶことは今後の仕事において大きな力となります。

たとえば「プログラミング×マーケティング」では、自己運営するプログやWebサービス、あるいは動画チャンネルを通じて「広告収入」が得られたり、「英語学習×マーケティング」は「世界を相手にビジネス」を実現することができます。

というように、「マーケティング」を学んで、「ビジネス商材」と掛け合わせれば、「商談となる場所」を設けることが可能です。

もちろん「顧客に買ってもらうための仕組み」を作らなければ意味がありません。

では「マーケティング」を学ぶメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット デメリット
  • 早い段階で「ビジネス」の仕組みを作り出せる
  • 「買ってもらえるための仕組み」はどの層に需要があるかなど考える習慣が身につく
  • 「稼ぐ力」を早い段階で学び、それを「副業」あるいは卒業後の本職にあてがうことができる
  • 「サービス内容」がないと何も始まらない
  • 軌道に乗るまで時間がかかる

コロナで暇な大学生活を有意義に過ごす方法とは!自粛期間を楽しもう

「マーケティング」を学ぶ方法(独学編)

ここからは「マーケティング」を「独学」で学ぶ方法をご紹介していきます。

専門書やサイトを通じて「基礎」を学ぶ

何よりもまずは「マーケティングの基礎」を作ることから始める必要があります。

そのうえで低リスクかつ低コストで済ませられる「Webサイト」や「専門書」を読むことから「マーケティング」の世界に入るのも悪くはありません。

また「接客」などのアルバイトを通して、マーケティングを学ぶという実体験があると「マーケティング」の仕組みそのものが見えてきます。

アルバイトやインターンを通して学ぶ

「スーパー」や「コンビニ」「カフェ店員」などの「接客業」のアルバイトをしている学生は、ぜひとも普段している仕事を「ただこなす」のではなく、「このサービス・商品がどの年代の方に需要があるのか」を観察・分析してみてください。

観察し分析することによって、「需要」と「供給」の流れが見えてきます。特に「スーパー」や「コンビニ」では「小売り」の流れを学ぶ絶好の場といえます。

マーケティングインターンの内容をわかりやすく解説!実用的なスキルが学べます

編集部おすすめ!渋谷区の長期インターンを紹介!

長期インターンの職種はどう選ぶ?探し方や業務内容を解説!

 

SNSやブログ、Webサービスなどを開設して学ぶ

今最も需要が高い「Webマーケティング」に属することを通して学ぶ方法もいいでしょう。特に「プログラミング」をすでに学んでいる、心得がある人は「ブログ」や「Webサービス」を開設してみるのもいいでしょう。

中でも「ブログ」開設は、パソコンやスマホがあれば誰でも開設することが可能です。開設には「Word Press」や「はてなブログ」など、自分にと手使いやすいものを選んで開設するのがいいです。

またこれらの開設は「利益」を生むだけでなく、学ぶ本人に大きなメリットがあります。

それは

  • Webサイト制作スキルの習得
  • SEO運用を学べる
  • コンサルティングスキルを身に着けられる
  • 「ROI」まで学べる

の4点です。

どれも「Webマーケティング」を実現する上で、手放すことができないものばかりです。

開設した「ブログ」や「Webサービス」を通して「Webを通して商品のPRや代理販売」をする「アフィリエイト」や「写真販売」をする「ECサイト」などに挑戦してみるのもいいでしょう。

ライターインターンの仕事内容教えます!メリット・デメリットも解説!

「マーケティング」を学ぶ方法(スクール編)

ここからは「マーケティング」を「スクール」に通って学ぶ方法を紹介します。

前置きとして、そもそも「スクールに通う理由・目的」を考えたことはありますか。これは「英会話」や「プログラミングスクール」に通うときも同じです。

たとえば、「英会話」であれば「英語力を身につけ、将来は海外で仕事がしたい」など、「プログラミングスクール」に通う方であれば、「プログラミングを挫折することなく学びたい」などの理由があるように「マーケティング」を学ぶ理由には「ある領域において、成果を出したい」という目的があるからこそ通います。

しかし、「スクールに通えば、「必ず」成果が出る」という保証はないことを覚えておいてください。

では「確実に成果を出す」その「実力を身に着けられる」ためのスクール選びで重要視すべきは「メンター型スクール」に通うことです。

「メンター型スクール」とは以下の特徴を持っています。

メンター型スクールの特徴
スキルの習得率 高い
習得に要する期間 3ヶ月~6ヵ月
専属メンター 付く
学習の継続力 高い
学習時間 2時間の学習/毎日
カリキュラムのカスタマイズ性 高い

「メンター型スクール」の特徴が読み取れる最大の利点は「受講生1人一人に専属メンター(講師)が付き、その人とマンツーマンで学習を進めていける」ことにあります。

また「学習カリキュラム」は、受講者に合わせたものを用意してくれるので、挫折することなく学びを得られます。

ここからは数ある「マーケティングスクール」の中でおすすめの3校をご紹介します。

デジプロ

デジプロ

通学料金

通いやすさ

得られるスキルの充実性

メンターのサポート

修学後の支援

まずは「デジプロ」というスクールです。

当スクールは「Webマーケティング」の中に属する「広告運用」に力を入れています。講師陣の多くがこの手のマーケティングで稼いできた猛者が多く在籍しており、受講生1人1人にそのノーハウを学ぶことができます。

「Google」や「Yahoo!」などのブラウザ、「Twitter」や「Facebook」などのSNSに表示される広告運用を実際に使用する「管理画面」を用いて行っていきます。

【デジプロの基本情報】

受講期間 2か月分
授業形式 オンラインor教室
料金

※分割対応あり

※学割あり

オンライン 385,000円(税込み/社会人) 275,000円(税込み/学生)
教室 330,000円(税込み/社会人) 275,000円(税込み/学生)
習得できるスキル
  • リスティング広告
  • Google広告
  • Yahoo広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • ディスプレイ広告
  • データ分析
  • 高度なExcelの使用方法
受講会場 オンライン形式
【教室】

  • 渋谷本校
  • 大阪
  • 名古屋
  • 広島
  • 福岡

のいずれかから選択して通学

メンターサポート あり
修学後の支援 あり

Wannabe Academy

Webマーケテイングコース

通学料金

通いやすさ

得られるスキルの充実性

メンターのサポート

修学後の支援

次は「Wannabe Academy」が設けている「Webマーケテイングコース」です。

当スクールが提供している「Webマーケテイングコース」では、「実務特化型」を売りとしています。

「実務経験」を積むということでありますので、カリキュラムには「Googleアナリティクスの分析レポート作成」から「Google広告」「Facebook広告の入稿から予算使用の配信」なと「実践形式」で組まれています。

この学習経験を通して、修学後は「実務経験あり」といえるレベルまで事故を高めることが可能です。

また広告のみならず、選択したコースによっては「SEO」「記事作成」などの「Webライター」として成り上がることを可能としています。

【Wannabe Academyの基本情報】

受講期間 3ヶ月+4ヶ月(希望者のみ無料)=7ヶ月
授業形式
  • 少人数制オンライン授業
  • オンデマンド授業
  • 教室
料金

※分割対応あり

264,000円(税込み/社会人)
198,000円(税込み/学生)
習得できるスキル
  • Webマーケティング基礎知識
  • プロジェクト マネジメント
  • アクセス解析
  • コンテンツ 企画立案・SNS広告運用 (プランニング・入稿・分析)
  • Web広告運用 (プランニング・入稿・分析)
受講会場 オンライン形式

※少人数制

【教室】

  • 表参道
  • 長野駅前

のいずれかから選択して通学

メンターサポート あり
修学後の支援 あり

TechAcademy

TechAcademy

通学料金

通いやすさ

得られるスキルの充実性

メンターのサポート

修学後の支援

最後は「TechAcademy」の「Webマーケティングコース」です。

当スクールの特徴は「広告運用」を中心に「SEO」の基礎~オペレーション方法まで、実際に手を動かして学ぶ「実践的」で学習カリキュラムが進行していきます。

メンターとしてついてくれる講師陣は現役Webマーケターです。実績ある彼らから襲われるのは滅多にない機会といえるでしょう。

【TechAcademyの基本情報】

受講期間
  • 4週間プラン
  • 8週間プラン
  • 12週間プラン
  • 16週間プラン
授業形式 教材を用いたオンライン授業

メンタリング、チャットサポートあり

料金

※分割対応あり

  • 174,900円(税込み/社会人)4週間
  • 229,900円(税込み/社会人)8週間
  • 284,900円(税込み/社会人)12週間
  • 339,900円(税込み/社会人)16週間
  • 163,900円(税込み/学生)4週間
  • 196,900円(税込み/学生)8週間
  • 229,900円(税込み/学生)12週間
  • 262,900円(税込み/学生)16週間
習得できるスキル
  • Webマーケティングの基礎知識
  • Google Analyticsを利用したサイト分析
  • SEOの理解と具体的なオペレーション
  • リスティング広告の基礎知識と出稿・運用
  • ディスプレイ広告の基礎知識と出稿・運用
  • ソーシャル広告の基礎知識と出稿・運用
受講会場 オンライン形式
メンターサポート あり

※専属メンターと週2回のメンタリング

質疑応答は「15時〜23時までのチャット対応」

修学後の支援 あり

「プログラミング」も一緒に学ぶことで「副業」につなげられる

「大学生」のうちから「マーケティング」と「プログラミング」のいずれかを学んでおくと社会人になったとき、大変な思いをすることはそうありません。

しかし早い段階から行動に移せる方は、両方学ぶことをオススメします。

ただでさえ「学ぶのが大変なスキルであるこれらを、一度に学ぶのは到底無理」と思ってしまいますが、学ぶことで得られるものスキルのみならず副業として「稼ぐ」ことができます。

「独学編」でも述べたように、「プログラミング」で培ったスキルを活かした「ブログ」や「Webサービス」の土台を築くことで「アフィリエイト」や「ECサイト」の運営、「広告運用」などを学んだそばから運営することができます。

大学生のうちから「稼ぐ力」を身に着けておくことで、将来的にはフリーランスとしての活躍が見込めるだけでなく、今後の人生における選択肢の幅を広げてくれます。

まとめ

以上が、大学生のうちに身につける「マーケティング」の勉強方法「独学編」と「スクール編」の紹介でした。

「マーケティング」スキルは、持っているだけでどんな業界に所属していても通用する「オールマイトスキル」です。

学びを得るのは「社会人になってから」じゃないといけないということはありません。「時間が取れる大学生」だからこその特権をフル活用して学習に取り組んでみましょう。今行動するかしないかで、今後の人生が大きく変わってきます。

文系大学生がやるべきこと! 「時間が取れる」からこそ「自己成長のチャンス」として活かそう!

理系大学生が「今」この瞬間からやっておくべきこと! 「時間がない」はただ言い訳!

完全無料で簡単登録! ユアターンバナー

インターン求人を探すならユアターン!

完全無料で簡単登録!

  • 就活で周りに出遅れたくない…
  • 友達はみんなインターンに参加していて不安…
  • アルバイト代わりにスキルを身に着けたい…

そんなあなたには、日本最大級のインターン求人サイト「ユアターン」がおすすめ!
気に入った求人があれば、簡単会員登録ですぐに応募できます!