大学生

学生のクレジットカード審査は緩い?厳しい?審査基準はどこを見ているのか

「クレジットカードを持ちたい!」

そう思う学生は多くいます。

クレジットカードを1枚持っていれば、買い物や旅行など様々な場面で利用することができるうえ、現金を持ち歩くよりも安全です。

とはいえ、「クレジットカード」を持つためには「カード会社」が設けている「審査」を突破するしかありません。

その「審査」は、学生でも例外なく行われます

「審査」と聞くと「厳しく見られている」というイメージが強いです。

そこで今回は、学生が「クレジットカード」を申し込んだ際に実施される「審査」を突破する方法、審査落ちを期した時の主な原因のご紹介をします。

完全無料で簡単登録! ユアターンバナー

学生申込のクレジットカードの審査基準

イベントスタッフなどの派遣バイト

審査基準は主に「年齢」と「収入」の2点

学生が「クレジットカード」の申し込みをした後に行われる「審査」の「基準」は、主に「年齢」「収入」の2点です。

【年齢】

申込者が高校生を除く18歳以上」であること

【収入】

継続的に収入を得られる状況にあること。

学生の場合、ここでいう「収入」は、「アルバイト」による収入を指しています。

また中には「アルバイトをしていない学生」「収入が安定しない学生」など、「収入面」では個々で大きく異なります。

収入がない場合は、申込時に「年収0円」と申告します。

これでは「審査に落ちる」と思われますが、「クレジットカードの審査」は会社別で設けられた基準を軸として総合的に実施されます。なので「収入がない」という理由だけで審査を落とすことはそうありません

未成年者は保護者の同意書が必須!

「クレジットカード」申し込みにあたって必要となる書類4点

申し込み時に必要な書類4点
  • 「本人確認書」
  • 「銀行口座」
  • 「連絡が付く電話番号(固定電話番号・携帯電話番号のいずれか)」
  • 「クレジットカードカード、明細書の受け取り可能な住所」

を揃えれば申し込みは可能です。

ただし「未成年者」に限り、親の「同意書」が必要です。

またカード会社によっては「在学証明」として、「学生証」または「在学証明書」のいずれかの提示を求められます。

学生を対象に実施されるクレジットカードの審査方法!

クレヒトに問題がなければ通過は容易

申込者が「学生」の場合に実施される「審査」は、前節でご紹介した2点を基準として「クレヒト(信用情報)」に問題がなれば、審査突破は容易です。

「クレヒト(信用情報)」というのに該当するものは

信用情報の主な中身
  • 携帯利用代金支払いの遅延がないか
  • キャッシングローンなどの遅延がないか
  • ショッピングローンなど組んでいる場合、遅延が見られないか
  • 家賃や各種税金の未払いがある

など主に支払い料金の「未払い」による「延滞」といった「金銭事故」を過去に起こしていないかを見ています。

「金銭事故」を起こした過去がなく、「これから初めてのクレジットカードを作る」となれば審査突破は容易でしょう。

審査の重要要素4C

基本的に「クレジットカード」の審査期間は会社によって大きく異なりますが、短くても1週間、長くとも2週間後には審査を終えています。

その時、審査する側は「4C」と呼ばれる視点で、申込者である学生の「与信」を見極めています。

審査における4C
  • Character(人格)
  • Capacity(支払い能力)
  • Capital(資産)
  • Control(自己管理)

以下はそれぞれの視点で申込者のどこを見極めているのかを解説していきます。

Character(人格)+ Control(自己管理)

まず「haracter(人格)」「Control(自己管理)」の2つの視点から、申込者の「返済意思」と「責任感」があるかを見極めています

この2点を見極めるうえで見ている項目は「信用情報機関」が持っている「過去の支払い・契約履歴」を見てこの2点があるかないかを見ています。

Capacity(支払い能力)

次に「Capacity(支払い能力)」では、「安定した継続的収入」があることから伺える「支払い能力の有無」を見極めています

基本的にクレジットカード申し込み時に記入する「年収額」は、「自己申告」による金額です。そこから現在の勤務先と本人の収入が「安定しているもの」であるかを調査しています。

また申し込み時に記入した勤務先の情報は、「帝国データバンク」にある企業の信用情報と照合して会社が実在するか否かを見ています。

Capital(資産)

「Capital(資産)」では、現預金額、有価証券、不動産(持ち家)など自己資産に当たるものの「保有状況」を見ています

こちらも「自己申告」によるものとなります。

そのため、当視点による評価が高くとも、他の視点、特に「haracter(人格)」と「Control(自己管理)」に傷があるものなら審査通過は難しいでしょう。

審査の過程で電話確認/在籍確認をする会社もある

審査実施中の過程で、カード会社によっては「自宅」や「アルバイト」に電話をして、「本人確認」や勤め先にいるのかの「在籍確認」を実施しているカード会社もあります

  • 「本人確認」の目的は、「申込書に記入された住所・電話番号の情報が正しいかどうか」の確認のために実施しています。
  • 「在籍確認」の目的は、「職場に関する情報が正しいかどうか、本人がそこに勤めているかの確認」のために実施されます。

いずれも、実施しているカード会社は少ないとされています。

仮にカード会社と思しき電話がかかってきた場合は、一度その電話番号を調べたうえで折り返しこちらから電話をしましょう。

ただし「未成年者」による「クレジットカード」の申し込みがあった場合、同意書に記入された親宛に電話が行きます

学生がクレジットカードを申し込んで落ちる原因

頭を抱える女性

よほどのことがない限り、学生が「クレジットカード申し込み」をして審査落ちをするケースはありません。

しかし、以下のようなことを「過去」に起こしている場合は、別の話しとなってきます。

そこで以下は、学生が審査に落ちる主な原因です。

「学生申込不可」のところに申し込んでいる

「18歳以上」「収入がある」といった2条件を満たしていれば、申し込みはできます。しかし、クレジットカードの中には、「学生申込不可」というものもあります。

たとえば「アメリカン・エキスプレス・カード」「ダイナースクラブカード」「ゴールドカード」などがあります。

基本的にこれら「ゴールドカード以上のクレジットカード」は、「安定した収入があること」を条件としています。

「アルバイトをしているから大丈夫なのではないか」

と思いますが、「学生」という身分である以上、カード会社は「学生の本分は学業」として審査を実施しており、「そこにアルバイトによる安定した収入があること」を考慮していません。

また申し込みの条件下で「学生申込不可」と記述されているものは、基本的に申し込みはできないという認識でいるのがいいでしょう

携帯利用料金や家賃などの支払い延滞

学生の中には、携帯利用料金を自分で支払っている方もいれば、1人暮らしをしている学生など親の力を借りながらも個々人で支払をしている学生がいます。

初めての「クレジットカード申し込み」となれば、当然ながら「カードの利用履歴」は白い状態にもかかわらず、「審査落ちた」となった場合は、「携帯利用料金」や「家賃」などの「支払い延滞」が原因とみていいでしょう。

「審査」では、このような支払い状況も加味して実施されます。

もし「未払い金がある」ならば、先にその未払い分を支払うことを最優先としましょう。

申し込み情報にミスがあった

申し込み情報に誤りがあった場合、一発で審査落ちということもありえます。

特に「住所」「電話番号」の2点は入念に確認を行いましょう。

またWeb申し込みにて「本人確認書類」として提示する「免許」や「保険証」をアップロードする際、データそのものが古いものを使用してはなりません

必ず送信する直前に撮影したものを使うようにしましょう。

1度に複数社のカード申し込みをしている

「クレジットカード」は学生でも複数枚持つことができます

しかし、申し込みにおいて「1度に何社」も申し込みことはできません。

「カード会社が異なるのだから問題はない」

と、思われがちですが、各カード会社は申込者の情報を「共有」しています。情報は「信用情報機関」と呼ばれる会社が各カード会社に送っているため、いつどのカード会社に申し込みをしたのかが記録されています。

なぜ連月による申し込みが不可なのかというと、例えば「利用上限額20万円」相当のカードを何枚も作る」となれば、20万×枚数分の「借金」を作ってしまうためです。簡潔にいうと「多重債務」を防ぐことを目的としています。

保護者の同意を得ていない

未成年者に限り、「クレジットカード」の申し込みでは「保護者の同意」を得ていることを証明する「同意書」の提出が絶対とされています。

同意を得ているものとしてみなされるのが

  • 保護者の直筆であること
  • 保護者本人宛に行く確認の電話に出てもらうこと
  • 署名者と電話の確認

など、カード会社によって様々な方法を用いて「同意を得ているのか」を確認します。

またこの時「同意書」のサインを自分でやる、または友人の電話番号を借りるなど行為は「虚偽行為」とみなされ「信用」そのものを失う行為となりますので絶対にしてはなりません。

審査に伴うQ&A

審査に学歴は考慮されているのか?

「クレジットカード」審査の過程で、学生本人の「学歴」を考慮することはありません

その一方で審査する側は「学生」や「社会人」といった、「申込者」の身分を考慮しています

それぞれの身分によって定められている「審査基準」というものは厳しかったり、多少緩かったりします。

特に「学生」という身分であれば、審査時に「学生の本分は学業」ということが、考慮されています。

複数のバイトを掛け持ちしている場合はどこを記入すべきか?

学生の中には、「複数のアルバイト」をしている方もいます。

そのような場合は、「今後も長く続ける予定でいるアルバイト先」の連絡先を記入するといいでしょう、

また記入欄が複数ある場合は、掛け持ちしているバイト先をすべて記入して問題はありません。

そのほか、「日払い」や「単発的に入るもの」などの「派遣バイト」は、「派遣元となる会社名」を記入しましょう。

自分のクレヒトを知る手段ってあるのか?

自身の「クレヒト(信用情報)」を得る手段はあります。

「クレヒト」は基本的に「信用情報機関」と呼ばれる機関に保管されています。その機関に属するところが

  • CIC(Credit Infomation Center)
  • JICC(Japan Credit Information Reference Center)
  • 全国銀行個人信用情報センター

と、いうところになります。それぞれで取り扱いの「信用情報」が異なります。

CIC(Credit Infomation Center)

「CIC」では、主にクレジットカードに関する情報などを取り扱っています。

情報を取り寄せる方法は

  • インターネット開示:1000円(カード一括)
  • 郵送開示:1000円(ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書)
  • 窓口開示:500円(現金)

のいずれかから得ることができます。

JICC(Japan Credit Information Reference Center)

「JICC」も「CIC」同様、クレジットカードに関する情報などを取り扱っています。

情報を取り寄せる方法は

  • スマートフォン開示:1000円(カード払い・コンビニ払い・ペイジー対応ATM・ネットバンキングのいずれか)
  • 郵送開示:1000円(カード払い・定額小為替証書)
  • 窓口開示:500円(現金)※2021年4月以降「新型コロナウイルス感染拡大防止」に就き窓口休止中

のいずれかから得ることができます。

全国銀行個人信用情報センター

「全国銀行個人信用情報センター」では、主に銀行の借り入れ状況に関する情報を取り扱っています。

情報開示の方法は「郵送」のみとされており、「登録情報開示申込書」「本人確認書類」「手数料」の3点を揃えて当機関に送付することで開示がされます。

まとめ

以上が、学生が「クレジットカード」を申し込んだ際に実施される「審査」を突破する方法、審査落ちを期した時の主な原因のご紹介でした。

基本的に「クレジットカード」の審査基準は、「年齢」と「収入」の2点を軸として「信用情報」を照合して承認するか否かを決めています

この時「申込者」が「学生」か「社会人」かといった「身分」も審査基準に考慮されています。

そのため、「クレジットカード」の申し込みをするならば、「学生」という身分を考慮して審査される「学生時代」に持っておくことが望ましいといえるでしょう。

当然のことながら「クレジットカード」の利用は、計画的に返済できる許容範囲内で利用しましょう。

完全無料で簡単登録! ユアターンバナー

インターン求人を探すならユアターン!

完全無料で簡単登録!

  • 就活で周りに出遅れたくない…
  • 友達はみんなインターンに参加していて不安…
  • アルバイト代わりにスキルを身に着けたい…

そんなあなたには、日本最大級のインターン求人サイト「ユアターン」がおすすめ!
気に入った求人があれば、簡単会員登録ですぐに応募できます!