就職活動

エンジニアの志望動機で抑えておくべきポイントを徹底解説!

「エンジニアの志望動機ってどう書くのが正解なんだろう…」

会社側がどんな人材を求めているのか知らないと、何をアピールすれば内定につながるのかわかりませんよね。

エンジニアとして採用されるためには、志望動機で話すべきことと、そうではないことがあります。

今回は、エンジニアの志望動機で抑えておくべきポイントをまとめました!

エンジニアに求める人物像を理解し、会社に自分のスキルや意欲が100%伝えられる志望動機を話しましょう!

元キーエンスの代表が営業スキルを伝授 おすすめインターン求人

エンジニアに求められる人物像

エンジニアに求められる人物像は、私たちがイメージする「プログラミングスキルがある」「パソコンなどの機械が得意」とは異なります。

エンジニアとして採用されるためには、どんな人物であることが望ましいのかを解説します!

エンジニアに求める人物像を理解することで、「ズレていない」志望動機を話すことができますよ。

コミュニケーション能力がある

エンジニアに必要なスキルとして意外なのが、「コミュニケーション能力」です。

常にパソコンに向かう仕事だと思いきや、クライアントや会社内での対話が非常に大切な仕事なのです。

エンジニアは、システムやアプリケーションの開発、サーバーなどの運用を行います。

クライアントがつくってほしいシステムやアプリケーションを、クライアントの頭の中のイメージ通りにつくらなくてはなりません。

いくらシステムやアプリケーションをつくる技術をもっていても、クライアントの細かな要望を聞いたり、理解したりすることができないと優秀なエンジニアとは言えません。

また、複数人でひとつのシステムを開発する場合、お互いの考えや作業の進み具合などを伝え合う必要があります。

どんな職業でも共通して言えることですが、コミュニケーションが積極的にとれる人材は社会において重宝されますよ。

学ぶ姿勢・成長する意欲がある

エンジニアは、学び続けることが必要な職業です。

もちろん、自分がまだできないことに対してできるようにすることも大切です。

しかし、何年もエンジニアを続けて多くの技術を身につけた人も、「学び続ける気持ち」がないと優秀なエンジニアとは呼べません。

なぜかというと、ITの世界は日々技術革新が行われているから。

今日のIT業界や技術のトレンドに常に敏感でないといけないのです。

そういった意味では「IT業界に関心がある」ということも重要です。

任された仕事をただこなすのではなく、「世の中がITに求めていることは何か」「他のIT企業は今何を開発しているのか」に興味を示す前向きな気持ちが必要です。

「システム開発ができるようになるまで」と言わず、エンジニアとして働いているうちは成長し続ける意欲が求められています。

論理的思考で問題を解決できる

エンジニアには論理的思考で物事を考えられる力が必要です。

これは、エンジニアとしてのスキルを伸ばすために必要な力と言えます。

クライアントがエンジニアに依頼をするときというのは「何か問題があり、解決してほしいから」です。

クライアントの問題を解決するためには

  • クライアントが抱えている問題は何なのか
  • 問題を解決するためには何をどうすれば良いのか

を的確に導きだす必要があります。

なんとなく解決策を提示するのではなく、問題解決までの過程を納得のいくように説明しなくてはいけません。

日ごろから自分の行動や世の中で起こっていることに対して、筋道を立てて考えるようにしてみましょう。

エンジニアの志望動機で抑えておきたいポイント

ここからは、先ほどお話したエンジニアに求める人物像をもとに、志望動機を話す際に抑えておきたいポイントについて説明します!

内定につながる志望動機は、エンジニアを採用したい会社側が「聞きたいこと」に対して、的確に答えられているのかで決まります。

紹介するポイントを抑えつつ、オリジナリティのある志望動機をつくっていきましょう!

内容にオリジナリティがあることは重要

内容に「自分だけのエピソード」が含まれていることが非常に重要です。

むしろ、「自分だけのエピソード」だけで志望動機ができることが望ましいと言えます。

ありきたりで誰にでも言えることを話してしまうと、会社側の印象には残りません。

具体的な数字やエピソードを話したほうが、話した人の人格や気持ちが伝わりやすいですよね。

話の内容に信ぴょう性をもたせるためにも、自分のことを覚えてもらうためにも、全て自分自身の気持ちやエピソードから選びましょう。

もし、プログラミングの経験があるならば、具体的に何ができるのかを話します。

どんなアプリを作ったことがあるのか、ダウンロード数や売り上げはいくらだったのかを伝えられれば、「エンジニアとして仕事ができる」と認識してもらえます。

なぜエンジニアとして働きたいのかを明確にする

エンジニアとして働きたい理由を明確にして話しましょう。

エンジニアを目指しているのには、きっかけや理由があるはずです。

エンジニアという職業を知ったきっかけでも良いですし、憧れのエンジニアがいた、エンジニアとして人々が安心して生活ができる社会をつくりたいなど、自分の思いを素直に伝えましょう。

このときも、いつ、どこでエンジニアを志そうと決めたのか、誰に影響されたのかなどを具体的に話せると感情移入しやすくなります。

エンジニアとしての具体的な目標を示そう

エンジニアとしての目標も話せると良いでしょう。

例えば「2020年の東京オリンピックをきっかけにますます増える外国人観光客に対して、迷わず行きたい場所に行けるアプリケーションを開発したい」など。

実現できるかどうかは別として、エンジニアとして個人の目的や目標があることは重要です。

「2025年までに~」など、期日を設定しておくのも効果的です。

なぜその会社を志望しているかを明確にする

なぜその会社を志望しているのかを明確にして話すことも重要です。

会社側から「エンジニアになれるウチじゃなくてもいいんでしょ」と思われないために、企業の理念やサービス内容についてきちんと把握しておきましょう。

エンジニアに求められる人物像である「論理的思考ができる」というのは、志望動機からも判断できます。

いくら「論理的思考ができます」と主張したとしても、志望動機が論理的でなかった場合は信用してもらえませんよね。

「自分のやりたいことと企業理念が一致していたから」「働き方や経営方針が自分に合っていると思ったから」

また、なぜそう思ったのかまで話せると良いでしょう。

会社側は「経営方針に賛成しているなら、ミスマッチも少ないだろう」と会社に合っている人間として認識してもらえます。

エンジニアに適する人物であることを具体的なエピソードからアピールする

先ほど紹介した「エンジニアに求められる人物像」であることをアピールしましょう。

エンジニアに求められる人物像は以下の通りです。

  • コミュニケーション能力がある
  • 学ぶ姿勢・成長する意欲がある
  • 論理的思考で問題を解決できる

エンジニアに求められる人物像は、理解しているだけでは意味がありません。

「学生時代に仲間と何度も話し合いを重ね、廃部の危機だった吹奏楽部を立て直した」など、実際に問題を解決した例を挙げましょう。

エンジニアに関係ないスキルは書いても意味がない

エンジニアとして関係のないスキルを強みとして主張してもあまり意味がありません。

たとえば、TOEIC900点をもっている場合「TOEIC900点なので英語には自信があります」と言っても、エンジニアを採用したい会社側は魅力を感じません。

しかし、エンジニアと関係がない資格試験やスキルも、エピソードとして語ることはできます。

「TOEIC900点を目指して、学生時代毎日4時間の英語学習に取り組みました。その結果、英語力が向上したとともに、諦めずに根気よく学ぶ姿勢が身につきました」

TOEIC900 点を取得するために努力ができる人であることは、高評価につながります。

エンジニアと関係のないスキルは、自分のスキルとしてではなく、「努力したエピソード」としてアピールしましょう。

プログラミング未経験者でも大丈夫!志望動機で話すべきこと</h2

エンジニアを志望する人の中には「プログラミング未経験だけど大丈夫かな…」と不安に感じている人もいますよね。

多くの企業が、未経験者や文系出身者をエンジニアとして採用しているため、プログラミング経験がないこと自体は問題ないです。

しかし、プログラミングスキルがある人が有利になることは事実。

プログラミング初心者がエンジニアの志望動機で話すべきことについて説明します。

具体的な活動で仕事への意欲を伝えよう

プログラミング初心者であっても、「学ぶ姿勢・成長する意欲」が求められていることは変わりません。

誰よりも「自らプログラミングを学び、エンジニアとして成長していく」という気持ちがあることを伝えましょう。

説得力のある主張にするためには、やはり具体的なエピソードが重要です。

「未経験だが、プログラミングの勉強を始めた」「エンジニアに興味をもってから、IT業界の情報収集を行っている」といった前向きなエピソードが話せると良いでしょう。

ただし、勉強していないのに採用されるために「している」と言ってしまうと、話の抽象度や面接での質問で簡単にバレてしまいますよ。

他の事実まで信じてもらえなくなってしまうので、嘘をつくのは絶対にNGです。

エンジニアの志望動機は自分の経験や熱意を順序立てて話すことがカギ

いかがでしたか?

エンジニアの志望動機は、筋道を立てて具体的に話すことがポイントです。

志望動機を文章で一度作ってみて、抽象的な部分はないか、「エンジニアに求める人物像」をアピールできているか、話に矛盾点はないかなどを確認してみましょう。

自分らしさが出ている志望動機は好印象です!

この記事の抑えるべきポイントを参考に志望動機を固めてみてください!

元キーエンスの代表が営業スキルを伝授 おすすめインターン求人

インターン求人を探すならユアターン!

完全無料で簡単登録!

  • 就活で周りに出遅れたくない…
  • 友達はみんなインターンに参加していて不安…
  • アルバイト代わりにスキルを身に着けたい…

そんなあなたには、日本最大級のインターン求人サイト「ユアターン」がおすすめ!
気に入った求人があれば、簡単会員登録ですぐに応募できます!