就職活動

就活に健康診断書は必要?検査項目や注意点も解説

就職活動をすすめていくうちに、企業から健康診断書の提出を求められることもありますよね。

健康診断書はどこにもらいにいけばいいのか、どの項目を受ければ良いのか、分からない学生も多いと思います。

今回は、健康診断書はいつまでに必要になるのか、検査項目やかかる費用はどれくらいなのか、細かく解説します。

健康診断書は忘れがちな書類ですが、いつでも対応できるように事前に用意しておく必要があるので、まだもっていない就活生もぜひ参考にしてみてください。

健康診断書はいつまでに必要になる?

健康診断書は基本的には内定後に企業に求められることが多いです。

しかし企業によっては最終面接時など、選考途中に求められることもあるので、就活生は事前に準備しておいた方が良いでしょう。

どの企業からどのタイミングで必要になるかはそれぞれなので、いつでも対応できるように複数枚用意する必要があります。

選考途中に提出が必要な場合は、ある程度面接が進んでいるタイミングになることが多いので、選考フローや期間を事前に把握しておきましょう。

就活の健康診断書に必要な項目は?

健康診断を受ける際、企業から項目の指示があることが多いですが、特に何も言われていない場合は、労働安全衛生規則第43条に定められている項目を受けることが一般的です。

不安な場合は、事前に企業に必要な項目がないか確認してみてください。

企業によっては、大学で受けた健康診断でも可能な場合があるので、新卒の就活生は聞いてみるといいでしょう。

健康診断を受ける際の一般的な項目は以下のとおりです。

  • 既往歴及び業務歴の調査
  • 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査
  • 血中脂質検査
  • 血糖検査
  • 尿検査
  • 心電図検査

健康診断を受け終わった後は、項目に漏れがないか再度確認して二度手間にならないように気をつけましょう。

健康診断にかかる費用は1万円前後

健康診断を受けるにあたって、どのくらいの費用が必要になるかきになりますよね。

健康診断は保険適用が無く全額負担のため、一般的に1万円前後のことが多いです。

病院によって費用は異なるので、負担を抑えたい時は事前に様々な病院の費用を調べて安いところを見つけましょう。

また、雇入れ時の健康診断ができるか、自分に必要な検査項目が全て受けられるか、確認してから予約をするように気をつける必要があります。

病院やクリニック以外でも、保健所や検診センターで健康診断を受けることもできます。

保健所や検診センターは、病院に比べて費用が安いことが多いですが、その分受けることのできる検査項目が少ない場合や、予約で埋まっている場合があるので、注意しましょう。

内定後に健康診断書を求められる場合は企業負担が多いですが、費用負担の上限が決まっていることがあるので、確認することが大事です。

健康診断書を受ける際の注意点

では、健康診断を受ける際の注意点を紹介します。

健康診断書をもらいに行くことが初めての学生も多いと思うので、失敗することがないように、あらかじめチェックしてみてください。

基本的に受診から3ヶ月以内が有効

健康診断書には有効制限があります。

基本的には受診日から3ヶ月以内とする企業が多いので、受診日や提出日をしっかり確認して、有効期限が切れないように気をつけましょう。

企業によっては、有効期限が半年以内のところや、新卒であれば年内に受診していれば良いということもあり、全く異なるので事前に把握して合わせて受診するようにしましょう。

健康診断書をもらえるまで1週間かかる

健康診断書はもらえるまでに基本的には1週間かかります。

検査項目にもよりますが、ほとんどの健康診断では血液検査があり、血液検査は結果が分かるまで時間がかかるため、健康診断書をすぐにもらうことはできません。

また、健康診断を受けるには予約が必須ですが、予約がとりにくく早くても1ヶ月先にしか受診できないという場合もあるので、いつ予約できるか早めに病院に問い合わせましょう。

健康診断書がいつまでに必要なのか、有効期限も考慮して、すぐに動きだすことが必要です。

大学での健康診断書をもらう場合には、大学の窓口や自動証明書発行機でもらうことができます。

もらいかたが分からない場合は、すぐに大学の学生課に相談すると良いでしょう。

大学の健康診断書の発行手数料は200円前後が平均なので、病院に比べて安い費用で発行できます。

大学の健康診断を面倒くさがり受けない大学生もいますが、自分の健康のためだけでなく、就職活動に備えても、受診しておいた方が良いでしょう。

複数用意する

健康診断書をもらう際は、いろんな企業に対応できるように複数用意しましょう。

発行にあたって手数料がかかりますが、同時に必要な分発行しておくとお得になることがあるので、必要な枚数を把握しておきましょう。

また、健康診断書が足りなくなってしまっても、以前受けた場所で1000円ほどあれば再発行ができます。

健康診断結果は内定には関係ない

健康診断結果が悪いと内定に影響するのか、と不安をもつ就活生も多いと思いますが、健康診断結果は内定には関係ないので心配ありません。

そもそも企業には採用予定者に健康診断を受診させる義務があり、健康診断を判断材料にすると公平性が欠けてしまうこともあるため、採用目的で健康診断書の提出を求めているわけではありません。

自分の健康状態を知ることも大切なので、健康診断にはリラックスして挑んでください。

健康診断書が間に合わないときにするべきこと

健康診断の提出を求められたけど、期日までに間に合わないことや、まだ健康診断を受診していないという就活生もいるかと思います。

今回は、健康診断書がどうしても間に合わない際に、するべきことを紹介します。

提出物を出せないことに対して、不安も大きいと思いますがまずは冷静に対処しましょう。

電話やメールですぐ連絡をする

期日までに間に合わないと分かった時点ですぐに企業に連絡を入れましょう。

電話でもメールでも良いですが、話をスムーズにすすめるためにも電話での連絡をおすすめします。

連絡するときは、なぜ間に合わないのか、いつまでには用意できるか、お詫びの言葉を忘れないように気をつけましょう。

企業によって対応は異なりますが、基本的にまってもらえるので指示通りに動き、次は絶対に遅れないようにすることが大切です。

当日発行できる病院を探す

病院やクリニックによっては当日発行ができるところもあるため、どうしても期日に間に合わせなければならないときは、探してみましょう。

その際も、検査項目が満たされているかの確認は怠らないことが大事です。

また、当日に用意できるか不安な場合も、企業に事前に遅れる可能性があることを伝える必要があります。

健康診断書の郵送方法は?

健康診断書の提出が遅れてしまった場合の郵送方法を説明します。

参考にして、不備がないように注意しましょう。

送付状を同封する

送付状とは、書類を郵送する際に一枚目として同封するものです。

提出が遅れてしまった際は、お詫びの言葉を含めて以下の内容を記入するようにしましょう。

  • 日付
  • 宛名
  • 自分の氏名と所属、連絡先
  • 件名
  • 挨拶文、本文
  • お詫びの言葉
  • 同封書類の箇条書き

誠意を伝えるためにも送付状を同封することが礼儀です。

手書きでも問題ないため、綺麗な字で見やすく書くことを心がけましょう。

送付状を書く際は、誤字脱字がないか、同封している書類に誤りが無いか、宛名が正しいか、しっかりと確認して少しの間違いも無いよう注意する必要があります。

開封せずそのまま郵送

病院からもらった健康診断書はそのまま郵送しましょう。

封筒に入っている場合や、折られている場合も、そのままの状態でいれることがマナーです。

不用意に中身を開けることや折り曲げること、コピーを提出することはないようにしましょう。

まとめ

就活における健康診断について詳しく説明しましたが、健康診断結果によって内定に悪影響が出ることはないので、就活生のみなさんは安心して受診してください。

また、健康診断を受診する際に気をつけることは多いので、早めの行動と対策を心がけましょう。

もし提出が間に合わない場合でも、焦らずにまずはきちんと企業に連絡することを最優先にしましょう。

健康診断の結果によって自分の健康状態も把握できるので、怠ることなくしっかり受診してください。

インターン求人を探すならユアターン!
  • 就活で周りに出遅れたくない…
  • 友達はみんなインターンに参加していて不安…
  • アルバイト代わりにスキルを身に着けたい…

そんなあなたには、日本最大級のインターン求人サイト「ユアターン」がおすすめ!
気に入った求人があれば、簡単会員登録ですぐに応募できます!