就職活動

就活で好印象!男女別おすすめの髪型の特徴を徹底解説!

就活で好印象!男女別おすすめの髪型の特徴を徹底解説!

大学3年生が後半に差し掛かってくるにつれて、段々と気になるのが就職活動の時の髪型ですよね。

大学では思い思いの髪型でバチバチに決めて、おしゃれを楽しんでいるものの、さすがに就活の場ではそうもいかないのが現実。

しかし就活でどんな髪型が印象がいいのか、自分の髪型はNGなのか判別がつかない学生も多いんです。

そこで今回は就職活動で人事担当に好印象を与える、就職活動の髪型チェックポイントやおすすめの髪型まで、徹底的に解説しちゃいます。

「ヤバい!証明写真撮ってない!」と急いでいるあなたも、きっとすぐに実践できる内容ですので、是非参考にしてみてください。

完全無料で簡単登録! ユアターンバナー

目次
  1. 就活では外見が第一印象を左右する
  2. 【男性版】就活の髪型チェックポイント
  3. 【女性版】就活の髪型チェックポイント
  4. 男性向け就活の髪型おすすめ3選
  5. 女性向け就活の髪型おすすめ3選
  6. 就活では髪型以外も大切!みだしなみで注意すべきポイント
  7. 就活の服装が不安なら第三者に確認してもらおう
  8. 就活は社会人の第一歩!ビジネスに合った服装を選ぼう

就活では外見が第一印象を左右する

結論、就職活動では外見が第一印象を左右します。

「人間は外見ではなく心」ともよく言われますが、全く知らない人からしたら、その人がどんな人間かは最初の視覚情報から判断していきます。

就職活動は、社会に出て働くための一つの試練ですから、社会人からみて許容できる身なりをしているかが重要になるのです。

人が会話をするときには、相手の顔を見て話しますから、首から上の身だしなみに特別注目するのです。

そのため就活では髪型を整えておくことで、相手に良い印象を与えることができます。

【男性版】就活の髪型チェックポイント

就職活動を控えている男子大学生の皆さん、どんな髪型が就活に向いているか判断がつかない方も多いでしょう。

男子大学生が就職活動で髪型を決めるときのチェックポイントは、以下の通りです。

  • ワックスはつけすぎないが基本!生活感を重視して
  • 襟足がスッキリしている
  • おでこに前髪がかかりすぎていない
  • 髪色が明るすぎない
  • おしゃれに全振りした髪型はNG

以下で詳しく解説していきます。

①ワックスはつけすぎないが基本!清潔感を重視して

「就職活動期間だけワックスをつけてごまかそう」と考えているそこのあなた、危険です。

就職活動中の髪型では、ワックスのつけすぎは清潔感がないと判断されてしまうことがあります。

ワックスはテクスチャにもよりますが、髪の毛にウェット感を与えて過ぎてしまうことも多々あります。

皆さんも感じたことがあるように、ワックスで髪の毛がべたべたしていると、清潔感がないとみられてしまうのです。

長い髪を一時的にまとめるためにワックスを使う、おしゃれに見せるためにワックスを使うのはNGです。

あくまでバラバラの毛先を整える程度にとどめておくことをおすすめします。

②襟足がスッキリしている

就活では清潔感が大切、清潔感を演出するには襟足がすっきりしていることが大前提です。

襟足が極端に長く襟元についていると、だらしなく見えてしまいます。

極端に長い襟足にならないように、短く整えておくことをおすすめします。

③おでこに前髪がかかりすぎていない

男性の髪型では、おでこに前髪がかかりすぎていないことも重要です。

おでこに前髪がかかりすぎていると、暗い印象を企業の採用担当者に与えることになります。

眉毛にかからない程度に切りそろえておく、あるいはおでこが見えやすいように梳いてもらうと、一気に印象が明るくなります。

また動きを出しやすくなりますので、ワックスで整える時にもべたつかずに済みます。

④髪色が明るすぎない

髪色を茶色やそのほかの色に抑えている大学生もいるでしょうが、就職活動の場では黒が主流です。

茶色は明るい印象を演出してくれるものの、おしゃれすぎて相手に逆に浮ついた印象を与えてしまいます。

今ハイライトやブリーチで髪色が明るい方は、就職活動のために黒染めすることをおすすめします。

「黒染めは残留があるからまた染めづらい!」と考える方も多いでしょう。

しかし社会に出れば企業の方針によっては男性の髪染めはNGと規定しているところもあるのです。

社会に出るための準備期間と思って、今のうちから慣れておくことをおすすめします。

地毛が明るい場合は染める方が無難

色素の関係で地毛が茶髪の人もいます。

学校のように事前に申請を出せば認められることもありますが、一時的に面談を行う企業の採用担当者は気づかないことも多いです。

皆さんの個性として受け入れるべきですが、採用担当者の中には髪の毛の色に対して自分独自の考え方を持っている人もいます。

一時的に染めて、入社後に上司に申請するのが角が立たない方法です。

⑤おしゃれに全振りした髪型はNG

最近では男性でも短い髪型ではなく、マッシュやセンター分けなどのおしゃれ重視の髪型を選ぶ人も多いです。

しかし就活の場ではおしゃれに全振りした髪型は二の次です。

おしゃれに全振りした髪型の場合、まだ学生気分が抜けきっていないと判断されてしまうこともあるんです…。

自分のアイデンティティがあるのもわかりますが、就活は人生を左右するイベントですから、一時的に我慢することを強くすすめます。

【女性版】就活の髪型チェックポイント

男性に比べて女子学生は髪型のバリエーションが豊富なことが多いです。

しかし同様に就職活動では下記のチェックポイントを気にしておかないと、面接官に学生気分が抜けきっていないと判断されてしまう可能性があります。

  • やっぱり髪色は黒
  • 眉毛に前髪がかかっていない
  • 触角は作らない
  • 礼をしても崩れない髪型にする
  • 縛る時は崩れないように固定する

以下で詳しく解説していきます。

①やっぱり髪色は黒

女性の皆さんも就活の髪型では、黒に統一しておくことをおすすめします。

男性と同様に髪色で、担当者から学生気分が抜けきっていないと判断されてしまう可能性があるためです。

インナーカラーやイヤリングカラーをしている場合でも、髪の毛を縛って隠そうとしてもバレてしまう可能性が高いです。

一度黒染めをしてしまうと

②眉毛に前髪がかかっていない

女性も男性と同様に、眉毛に前髪がかかっていないことが重要です。

眉毛の下に前髪がかかっていると、目元に影が入ってしまい、相手に顔が見えなくなってしまいます。

眉上カットをすべきとまではいいませんが、眉毛にかかる前髪の場合はできるだけピンでとめるなど、額がスッキリ見えるスタイルを心がけましょう。

③触角は作らない

髪の毛を結ぶとき、耳にかける時には触角を作らないことをおすすめします。

触角とはもみあげ部分の髪の毛を少しだけとって、顔の周りに髪の毛を残すヘアスタイルです。

顔周りに髪の毛が残ることで、小顔効果が期待できるものの、就職活動上では不要です。

だらしなく見えてしまいますし、ビジネスの場にふさわしくない髪型と判断されてしまうこともありますので、注意が必要です。

④礼をしても崩れない髪型にする

女性が就活で髪型を決める時には、どんな長さでも礼をしても崩れない髪型にすることが大切です。

就活の面接の場では、面接官に礼ををする機会が多く、顔を上げるたびに髪の毛が崩れてします。

顔を上げる時に毎回髪の毛を直していると、礼の姿勢が恰好悪くなってしまいます。

また他の学生と比べて態度が悪く見えてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

⑤縛る時は崩れないように固定する

髪の長い女子学生が髪の毛を縛る時には、崩れないように固定することが大切です。

移動の度に髪の毛が崩れてしまうと、だらしないと判断されてしまうこともあるのです。

縛るならゆるくではなくしっかりときつく縛り、後れ毛が気になるならヘアピンやバームを活用してまとめておきましょう。

男性向け就活の髪型おすすめ3選

「いやチェックポイントわかっても美容室でどんな注文したらいいかわかんない」と思いますよね。

男性向けの就活でおすすめの髪型は、以下の通りです。

  • ソフトモヒカン
  • ビジネスショート
  • ベリーショート

ソフトモヒカンやベリーショートは、額をスッキリと出す髪型であるため、一気に清潔県が出ます。

短髪ですっきりとした印象のため、スーツとの相性も良く、きっちりとした印象を見せることができます。

ビジネスショートはビジネスマンによくみられる髪型で、ワックスなどで髪の毛を流しやすくなります。

髪の毛に段を入れることもあり、日常生活でも十分に活用できる髪型です。

注意!ツーブロは採用担当者によって悪印象に

おしゃれなメンズヘアスタイルの定番、ツーブロックは実は企業の採用担当者によっては悪印象に傾くことがあります。

採用担当者の中にはツーブロックがおしゃれのための髪型と認識している人もいます。

ゆるいツーブロックであれば問題ありませんが、はっきりとわかるツーブロックの場合担当者によっては評価が下がる可能性があります。

女性向け就活の髪型おすすめ3選

女性の場合は、髪の毛の長さによって取るべき髪型が代わります。

長さ別の女性向け就活の髪型を、以下で紹介していきます。

ロングなら後ろで一つにまとめるorハーフアップ

ロングヘアなら後ろで一つにくくってしまうのは、一番オーソドックスな髪型です。

万が一髪の毛をひとつくくるのが苦手なのであれば、耳の上の髪の毛を取ってハーフアップにしてしまうのもいいでしょう。

キチンと櫛とブラシを使ってまとめ上げないと、後れ毛が出てしまったり、凸凹してしまいますので面倒くさがらずにきれいに整えましょう。

襟足の髪の毛が出てしまう場合、また耳の横の髪の毛はヘアピンでとめると、礼をしたときに動かずに済みます。

ハーフアップの場合は、おろしている髪の毛は肩の後ろに回しておくことをおすすめします。

ちなみにシュシュやバレッタなどのアクセサリーは、就活の場にはふさわしくないので出来るだけ避けることをおすすめします。

ミディアムならワンカール内巻き・ヘアピンで髪を止める

ミディアムヘアの場合は、肩に髪の毛がつくのであれば縛る、つかないならヘアアイロンでゆるくワンカールさせるといいでしょう。

前髪は長いのであればヘアピンでとめて、耳横の髪の毛も礼をしたときに落ちてこないように同様に留めておきましょう。

またつむじ付近ではアホ毛が出てしまうこともあります。

専用のスタイリング剤で整えて、髪の毛がぼさぼさに見えないようにしておきましょう。

ショートなら前髪を流す

ショートヘアの場合は、前髪があるな流してヘアピンでとめて、耳横の髪の毛も同様にピンでとめることをおすすめします。

ショートヘアは他の髪型よりも顔周りがきれいにみえることから、元気な印象を与えられます。

しかしファッション重視のショートの場合、パンチが効きすぎて威圧感を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

就活では髪型以外も大切!みだしなみで注意すべきポイント

学生が就活で重要視すべきは、髪型だけではなく他の身だしなみも含まれます。

意外と大学生が意識していない身だしなみで注意すべきポイントは、以下の通りです。

  • 眉毛は自然に整える
  • スーツやシャツはクリーニングに出しておく
  • ほこり取りは常備しておく
  • ネイルはデコNG!ピンクやベージュで自然な印象に
  • 男性は髭を剃るのが〇!
  • 時計は華美過ぎないものを選ぶ
  • メイクはナチュラル!カラコンはつけない
  • ストッキングは暑くても履いておく

以下で詳しく解説していきます。

眉毛は自然に整える

眉毛が伸びっぱなしの方は、自然を意識して整えておくといいでしょう。

特に就活ではおでこを出す髪型が多いですから、自然と眉毛にも意識が行きます。

ただし細すぎる眉毛はチャラく見えてしまいますので、普段眉毛を整えられていない方は、専用のサロンを利用してみるのもいいかもしれません。

スーツやシャツはクリーニングに出しておく

スーツやシャツを着慣れていないと、クリーニングに出すことを意識できないことも多いです。

スーツやシャツは着るたびに毎回クリーニングに出しておいて、常に清潔な状態に保つことをおすすめします。

特にシャツはよれが目立ちやすく、しわのある状態で着ていると非常にカッコ悪く見えてしまいます。

また企業の担当者からは、スーツの身だしなみがきちんとしていないと判断されてしまうこともありますので、注意が必要です。

自宅にアイロンを用意しておいて、せめてシャツだけでも毎回自分でアイロンをかけられるようにしておきましょう。

ほこり取りは常備しておく

百均で売っているようなほこり鶏は常に常備しておくことを強くすすめます。

スーツは暗色の物が多く、ほこりが目立ちやすい特徴があります。

電車の移動だけでもほこりがついてしまうので、常に携帯しておくと面接前に最良の状態に保つことができます。

意外と消耗品なので、複数個購入しておくといいでしょう。

ネイルはデコNG!ピンクやベージュで自然な印象に

女子大生の皆さんの中には、ジェルネイルを楽しんでいる方も居ますよね。

ただし就活では基本的におしゃれ目的のネイルはNGです。

手元をきれいに飾れるものの、就職活動の場には適さないと判断されてしまうことも多いのです。

万が一爪が弱いなどの理由でネイルをしている場合には、ピンクやベージュなどの自然な印象を心がけることをおすすめします。

また自分でジェルネイルをはがそうとしてしまうと、手荒れの原因にもなってしまいますので、注意が必要です。

男性は髭は剃るのが〇!

男性の場合、髭を伸ばす習慣があるなら一度剃ってしまうことをおすすめします。

髭は確かに男性らしさをあらわす象徴でもありますが、はたから見たら清潔ではないと感じる人もいます。

また威圧的な印象を与えてしまうので、さわやかな印象を与えたい場所には向いていないことが多いです。

またすぐに生えてきますから、一時的に髭のない自分も楽しんでみてはいかがでしょうか。

時計は華美すぎないものを選ぶ

就活では普段つける機会のない時計も、一種の身だしなみとして判断されます。

ブランド物の時計の場合、装飾品がついていることが多く、華美な印象を与えてしまいます。

社会人になってからは仕事上では華美な時計を付けないことが多いため、就職活動の場でもみんなさんが社会人になるための準備ができているかを判断しています。

普段つけている時計が派手な場合は、就活・今後のビジネスのためにもシンプルな時計を購入しておくことをおすすめします。

メイクはナチュラル!カラコンはつけない

女性が就職活動に参加するときには、基本的にメイクはナチュラルを心がけましょう。

目元にアイシャドウを入れすぎたり、涙袋を書きすぎてしまうとケバい印象を与えてしまいます。

同様に真っ赤な口紅やチークを入れてしまうと、子どもっぽさやビジネスにそぐわない印象を与えかねません。

ナチュラルメイクを心がけて、普段つけているカラコンもできるだけ避けることをおすすめします。

ストッキングは暑くても履いておく

女性の場合スーツのスカートの下には、暑くてもストッキングをはいておくことをおすすめします。

スーツに素足でいると、足のキズが目立ってしまったり、素足でヒールを履くことになるのでにおいの原因にもなりかねません。

またスカートの丈が短いこともあり、生足の露出が過度になってしまうので、だらしない印象を持たれてしまうことがあります。

万が一伝線した場合は、コンビニに新しいストッキングが売っていますので、上備しておくことをおすすめします。

一回きりで伝線してしまうことも多いので、痛い出費ですが消耗品として扱いましょう。

就活の服装が不安なら第三者に確認してもらおう

就活の服装や身だしなみに気をつかっていても、大学生の自分目線での採点になるので、不安が残る方も居るかもしれません。

就活での服装に不安を感じているなら、第三者に確認してもらうことをおすすめします。

特に既に社会人歴の長い両親に頼むことで、より実践的なアドバイスをもらえる可能性もあります。

就活は社会人の第一歩!ビジネスに合った服装を選ぼう

いかがでしたか?

就職活動では身だしなみ、特に髪の毛に特に気をつかうべきでしょう。

しかし普段通りの髪型では、社会人としてNGな場合も多々あります。

余裕をもって就活用の髪型を身に着けておいて、就職活動を勝ち抜けるようにしましょう!

完全無料で簡単登録! ユアターンバナー

インターン求人を探すならユアターン!

完全無料で簡単登録!

  • 就活で周りに出遅れたくない…
  • 友達はみんなインターンに参加していて不安…
  • アルバイト代わりにスキルを身に着けたい…

そんなあなたには、日本最大級のインターン求人サイト「ユアターン」がおすすめ!
気に入った求人があれば、簡単会員登録ですぐに応募できます!