大学生

動画編集スクールに通うのは無駄!?噂の真相や無駄にしないポイントを解説

動画編集スクールに通うのは無駄!? 噂の真相や無駄にしないポイントを解説

「動画編集スクールは無駄だ」、「受講する価値がない」といったネガティブな意見を見かけることはありませんか?

現在、YouTubeやTikTokなどのプラットフォームで多くの動画がシェアされており、動画編集技術は高く評価されるスキルとなっています。

動画編集は特殊な技術知識を要するため、スキルアップを目指す方々が動画編集スクールへの参加を検討しています。

しかし、そんなスクールへの参加が「時間の無駄だ」と評されることもあるのが現状です。

それでは、実際のところ動画編集スクールは有用なのかどうか、そしてなぜ「無駄だ」との評価が一部でされるのかを解き明かすべく、本記事で深掘りしていきましょう。

動画編集スクールの受講を検討中の方は、この記事を参考に最善の選択を目指してください。

\最大25万円動画制作案件の紹介/

目次
  1. 動画編集スクールの受講は無駄って本当?
  2. 「動画編集スクールは無駄」「やめとけ」といわれる理由6選
  3. 動画編集スクールが無駄になるのは正しいスクール選びができていないから!?
  4. 時間とお金を無駄にしない動画編集スクールの選ぶポイント4選
  5. 動画編集スクールを無駄にしないための心構え3選
  6. 動画編集スクールに通うメリット3選
  7. 動画編集スクールに通うデメリット2選
  8. 動画編集スクールの受講が無駄になりにくい人5選
  9. 動画編集スクールの受講が無駄になりやすい人4選
  10. 費用や時間を無駄にしたくない人におすすめの動画編集スクール6選
  11. まとめ~動画編集スクールは正しく選べば無駄にならない~

動画編集スクールの受講は無駄って本当?

動画編集スクールの受講は無駄という声が少なからずきかれますが、果たして真相はどうなのでしょうか。

一言でいえば、動画編集スクールの受講が無駄かどうかは、個々の状況次第です。

受講する価値は、利用者の経験や目指すゴール、そしてスクールの内容に強く依存します。

たとえば、動画編集の基本から学びたい初心者の方には、専門の指導を受けられる動画編集スクールは非常に有益です。

専門家から学べる利点は、自習だけでは得られないテクニックや知識が得られる点です。

そして体系的なカリキュラムを通じて、ツールの使い方や編集の基本技術を学ぶことができます。

しかし、中級者やそれ以上の経験を持つ人々が基本的なプログラムに参加すると、新しい知識を得るのは困難な場合もあります。

さらに、今日のインターネット社会には無料の教材やチュートリアルが豊富です。

自ら学ぶ動機と時間を持っている人にとって、自身のペースで進める自習も有効な選択肢といえます。

このように、動画編集スクールが無駄かどうかは個人の状況によって違います。

ネット上にあふれる「動画編集スクールは無駄」と切り捨てる意見を一方的に信じるのではなく、「動画編集スクールが無駄になるかどうかは、ケースバイケース」と考えてください。

「動画編集スクールは無駄」「やめとけ」といわれる理由6選

前述の通り、動画編集スクールが無駄かどうかは個々の事情によって異なり、全ての人に無駄だとはいえない一方、全ての人に有用だとも言い切れません。

それなら、なぜ「動画編集スクールは無駄」と切り捨てる声が頻繁に聞こえてくるのでしょうか。

この記事では、「動画編集スクールは無駄」と感じる理由がどのようなものなのか、以下の6点に分けて詳細に解説します。

  1. 動画編集スキルは独学で習得できるから
  2. 動画編集者として稼ぐのは現実的でないから
  3. 初心者向けの内容ばかりで十分なスキルが身につかないから
  4. 費用が高額だから
  5. 授業内容や使用ソフトが古い場合があるから
  6. 動画編集技術が必ずしも身につくとは限らないから

①動画編集スキルは独学で習得できるから

「動画編集の技術は独学で十分に身につく」

これが動画編集スクールの受講を疑問視する意見として多いものです。

近年のデジタル化進展により、動画編集が幅広い層に受け入れられるようになっています。

多くのクリエイターがAdobe Premiere ProやAdobe After Effectsといった高機能なソフトウェアを利用し、力強いツールを活用して質の高い動画作品を生み出しています。

これらのソフトウェアは非常に多機能で高品質なものが多く、機能をフルに活用することで、専門的な動画編集も不可能ではありません。

また、基本的な操作や機能に関する知識は、オンライン教材や書籍を利用して独学できる場合があります。

特に、専門家が制作した無料のチュートリアルや動画がオンラインで公開されており、それらを利用すれば独学でも十分にスキルを習得できるというのが、この意見の主な根拠です。

さらに、動画編集技術は実践を積むことで向上します。

具体的な案件やテーマに沿った編集を行いながら、新たな技術やアイディアを採用することで、技術向上が見込めます。

そうした背景から、「動画編集の技術は独学でも身につけられるので、動画編集スクールは無駄」という立場を取る方も少なくありません。

②動画編集者として稼ぐのは現実的でないから

「動画編集者として収入を得るのは困難」と理由も、動画編集スクールの受講を無駄だと主張する方々に多い根拠です。

確かに、SNSの拡大やYouTubeなどの動画プラットフォームの影響で、動画コンテンツに対する需要は増加しており、動画編集者の仕事に対する注目も高まっています。

しかし、この分野では報酬が一定していないのが現状で、案件の内容や要求されるスキルセットによって、報酬が変動するケースも珍しくありません。

フリーランスとして動画編集の仕事を行う場合、安定した収入を得るためには、技術力だけでなく、クライアントと良好な関係を築くコミュニケーション能力や営業力も求められます。

残念ながら、動画編集スクールの中には、動画編集技術の教育に専念し、営業スキルやクライアント対応に関する指導が不足しているところもあります。

こうした背景から「動画編集の技能だけを学んでも、それを収入源として活用するのは困難」という意見も根強いです。

③初心者向けの内容ばかりで十分なスキルが身につかないから

既に動画編集スキルがある程度身についている場合、動画編集スクールの受講が無駄になる恐れも無視できません。

動画編集の領域は非常に広範囲にわたり、初心者からプロフェッショナルまで、異なるスキルレベルを持つ人々が活動しています。

現在、多くの動画編集スクールは初心者や未経験者を対象とした基本的なカリキュラムを提供しています。

このアプローチは、多くの人が動画編集の基礎を学び、動画編集の分野に足を踏み入れることを望んでいる証です。

しかし、すでに中級レベル以上の技術を持つ人々は、スクールの提供内容が物足りないと感じる場合があります。

彼らにとって、基本的な知識や技術の再学習は非効率的となり、特に高度なテクニックやプロ向けの技術を求める人々は、初心者向けのカリキュラムでは満足できない可能性が高いです。

IT業界やWeb業界、動画編集業界などは日々進化しており、新しい技術や方法が続々と登場しています。

先進的な技術を学びたい人々のニーズに応えるスクールやプログラムの開発は、今後ますます重要になってくるといえます。

④費用が高額だから

受講費用が高いという点は、動画編集スクールの受講が無駄だと主張する一因となっています。

確かに、プロの講師から直接指導を受けることができるスクールでは、高額な受講料が設定されている場合が多いです。

これは講師の人件費や設備投資、カリキュラム開発にかかる費用が料金に反映されているためです。

しかし、現代社会ではインターネットが普及し、さまざまな情報が無料で手に入る時代にと突入しています。

数多くの無料の動画編集チュートリアルや教材がオンラインで提供されており、これらを利用することで基本的な技術は無償で学べることから、受講費用が無駄であるという立場を支持する根拠となっています。

ただし、オンライン教材の自習と専門家からの直接指導は異なるものであり、専門家からの直接指導はメリットが大きいです。

例えば、個別の質問に対するフィードバックや質疑応答のセッションは、自己学習のプロセスでは提供されない価値を提供しています。

あらかじめ予算を明確に決めておき、予算をかけただけの技術が習得できれば、動画編集スクールの受講も無駄にはなりません。

⑤授業内容や使用ソフトが古い場合があるから

動画編集技術は近年、目覚ましい進化を遂げています。

新しいソフトウェアが次々と登場し、既存のソフトも更新が行われ、新機能が絶えず追加されおり、少し前までは主流だった手法も、すでに時代遅れになっているケースも珍しくありません。

このような急速に変わる環境で競争力を保つには、最新の知識とスキルの習得が必要です。

しかし、一部の動画編集スクールでは古くなったカリキュラムやソフトウェアを基に教えているとの声があります。

こうしたスクールを選んだ場合、現場で即戦力として活躍するのに十分なスキルや知識が得られない危険があります。

学んだ技術が時代遅れであると、投資した時間とお金が報われず「無駄になった…。」と落ち込んでしまいかねません。

古い教育方法を続けるスクールの背後には、カリキュラムの見直しや更新が要するコストと時間が影響している可能性があります。

しかし、先進的な技術を学びたいと願う学生から見れば、そうしたニーズを満たす教育が受けられないのは大きなデメリットといえます。

⑥動画編集技術が必ずしも身につくとは限らないから

多くの動画編集スクールでは有効なカリキュラムが提供されていますが、それだけで技術習得が保証されるわけではないというのが現実です。

動画編集技術の習得には、スクールで学んだことを超えて、日常的な実践や自身での継続的な勉強が欠かせません。実

際の業界で成功するためには、自己学習と試行錯誤が不可欠となります。

スクールが果たせる役割は、基本的な知識と技術の提供にとどまるものです。

そのため、スクール卒業だけでは高度な編集技術が身につくわけではありません。

受講生自身がどのように学んだ知識を活用し、さらにそれを発展させるかが動画編集者として成功するためのカギとなります。

教育機関での学びは、あくまで技術習得の第一歩であり、基礎を築くステージにすぎず、真の技術や知識の習得は、その後の実務経験や自身での努力を通じて達成されます。

このような状況を考えると、動画編集スクールの受講が「無駄」と感じる人もいるのは理解できます。

しかし、動画編集スクールを卒業した後も継続的に研鑽を続ければ、動画編集スクールで身につけたスキルも錆びつかず、無駄に終わる恐れもありません。

動画編集スクールが無駄になるのは正しいスクール選びができていないから!?

上で解説したように「動画編集スクールは無駄」といわれる理由はさまざまです。

しかし、動画編集スクールの受講が無駄になるもっとも大きな原因は「自分に適した動画編集スクールを選べていない」という点です。

どんなに優れた動画編集スクールであっても、自分のニーズに合っていなければ無駄におわる可能性が高いです。

動画クリエイターの需要が高まっている現在では、動画編集スクールもたくさんあります。

これらの動画編集スクールの特徴や強みを理解し、自分に合っているかどうかを検討しなければ、思ったように動画編集技術が身につきません

次の章では上手な動画編集スクールの選び方を解説するので、ぜひ参考にしてください。

\最大25万円動画制作案件の紹介/

時間とお金を無駄にしない動画編集スクールの選ぶポイント4選

上で解説したように、動画編集スクールの受講を無駄にしないためには、スクール選びが肝心です。

ここでは動画編集スクールを選ぶ上でのポイントを以下の5つに絞り、それぞれ詳しく解説します。

  1. 長期的に学べる受講スタイルか確認する
  2. サポート体制に目を向ける
  3. 動画編集スクールの実績をチェックする
  4. 無料体験会や無料相談会に参加する

①長期的に学べる受講スタイルか確認する

動画編集スクールを選ぶ上で注目すべき点は、スクールが提供する受講スタイルが長期的に学び続けられるかどうかです。

まず第一に、カリキュラムの期間がどの程度かを確認しましょう。

短期間で集中して学ぶコースもあれば、長期にわたって徐々に学ぶコースもあり、受講者自身の学びたいペースや目標により、選ぶべきコースは変わります。

次に、受講後のサポート体制に目を向けてください。

いくつかのスクールでは、カリキュラム終了後も質問ができる環境や、定期的なフォローアップが用意されています。

長期間にわたるサポートは、技術の向上や疑問解消に非常に助けとなります。

さらに、スクールが提供する教材のアップデート頻度にも注意が必要です。

業界の動向や新しい技術の進歩に対応して、教材が定期的に更新されているか確認することで、長期的に最新の知識を学び続けられます。

最後に、自身のライフスタイルや仕事との両立を考慮して、受講スタイルを選びましょう。

オンラインでの受講や夜間・週末コースなど、自身のスケジュールに適した受講形式を提供しているスクールを選ぶことは、長期間にわたる学びをサポートします。

②サポート体制に目を向ける

動画編集スクールを選び出す際の重要な要点は、同スクールがどれほど包括的なサポート体制を有しているかという点です。

学びの品質は、授業のカリキュラムや利用されるソフトウェア、技術だけでなく、サポート体制によっても大きく左右されます。

動画編集を始めたばかりの人々にとって、スクールは新しい知識と技術を取り入れる重要な舞台となります。

とはいえ、長期的な学習では疑問や困難への直面は避けられません。

このような瞬間に、教師やカウンセラーから適切なサポートを受けることができるか否かは、学生の学びの効率や意欲に大きく影響します。

徹底したサポートを提供するスクールは、学びの成果を最大化するために必要な環境を提供しています。

主に、個別の質問への対応時間や実務的な指導などです。

さらに、キャリアに関する相談も提供するスクールは、学習が終わった後のキャリアパスの策定を助けます。

動画編集スクールを選定する段階では、単に学びの場を選ぶのではなく、自身の将来的なキャリアや目指す目標に見合った最善のサポートを提供するスクールを選ぶ意識が肝心です。

③動画編集スクールの実績をチェックする

動画編集の技術は、一度身につければ生涯のスキルとして役立ちます。

そのため、この分野での成功を目指すのであれば、実績のあるスクールの選択は避けて通れません。

たとえ費用が安くても、実績が伴っていない動画編集スクールへの受講は危険です。

一つの目安として、卒業生のキャリアが挙げられます。

卒業生がどのような職に就いているのか、またはフリーランスとしてどの程度の実績を上げているのかを確認することで、スクールの実力や信頼性が伺えます。

例えば、卒業生が一流の映画制作会社や放送局、有名な動画製作会社での採用が多いスクールは、教育内容やネットワークが高い水準であると考えやすいです。

また、スクール自体の評判や評価も重要です。

過去の受講生や業界内での声を確認し、多くの人からの高い評価を受けているかをチェックしましょう。

口コミ情報や、オンラインでの評判は、今後の学びの方向性やスクール選びの参考になります。

さらに、スクールがどのような最新のソフトウェアや技術、トレンドに即したカリキュラムを持っているのかも確認してください。

➃無料体験会や無料相談会に参加する

多くの動画編集スクールは無料のカウンセリングや体験授業を提供しており、受講を検討している方々にとって大変有意義な機会です。

このサービスを利用することで、受講前にスクールの雰囲気や講師の教え方、そして授業の質を把握できるうえ、スクールの環境や利用する教材、設備の詳細に関してもチェックできます。

また、この機会を利用して、自身の学びたいテーマや将来のキャリアに関してスクールがどのようなサポートを提供しているのかを講師やカウンセラーに直接尋ねられます

利用者にとって、この無料のサービスは受講を決める前にリアルな感触を得られる貴重な時間です。

動画編集スクールを無駄にしないための心構え3選

続いては、動画編集スクールの受講を無駄にしないための心構えを考えましょう。

どんなに評判のいい動画編集スクールでも、受講者自身が漫然と学習をしていたのでは意味がありません。

以下に挙げる心構えをもって、動画編集スクールの受講が無駄にならないようにしたいところです。

  1. 受講だけはスキルが身につくわけではないと理解する
  2. 卒業後も継続して学び続ける
  3. 受講中は積極的な姿勢を見せ続ける

①受講だけはスキルが身につくわけではないと理解する

動画編集技術は、一回限りの授業での完全な習得は現実的ではありません。

スクールでの学びは技術習得の初めの一歩であり、その後の自身の努力が重要となります。

自宅で授業内容を復習すること、そして何よりも、繰り返し実際の動画編集作業を続けることで、技術を磨き上げる必要があります。

授業で習得した知識を基に実際の作業を進める際には、疑問や問題が生じる場合もありますが、講師やスクールへの質問などを通じて、その都度解決しましょう。

継続的な学びと実践のプロセスの中で、必要に応じてサポートを利用しながら技術向上を目指す意識が、真のスキルアップに繋がります。

この点を念頭に置きながら、自身の学びを進めてください。

②卒業後も継続して学び続ける

動画編集は急速に進化し続ける分野であり、クリエイターは常に最新のトレンドや技術にアップデートされた知識を持っていなければなりません。

業界は新しいツールや技術が次々と現れるため、静止することなく学び続ける精神が求められます。

動画編集スクールは基本を学ぶ場所として非常に価値がありますが、それだけでは十分ではありません。

クリエイターとしての成功と長期的な活躍を確保するには、卒業後も自身の知識と技術を拡張し続ける必要があります。

これには新しいソフトウェアのマスタリングから、ストーリーテリングの方法、クリエイティブな思考力を磨くまでのさまざまな側面が含まれます。

例えば、近年では4Kから8Kへの映像品質の移行や、VRとARといった新たな視覚体験が登場し、これらの技術が日常に溶け込むにつれて、動画編集に関するスキルセットの変化もい目まぐるしいです。

こうした状況に対応するためには、定期的な研修や独学を通じて新しい知識と技術を獲得する姿勢が必要欠かせません。

成功する動画編集のプロフェッショナルは、トレンドを追いかけるだけでなく、自ら進化し続ける意識を持って臨むべきです。

このプロセスは学校教育が終わった後でも続くものであり、市場価値を維持するためには欠かせないものとなっています。

③受講中は積極的な姿勢を見せ続ける

学びの時間は単に新しい情報や技術を取り入れるだけでなく、自身の成長の場ともなる重要な期間です。

その意味で、受講中は前向きな姿勢で授業に取り組まなければなりません。

授業への積極的な参加や講師、他の受講生との意味のあるコミュニケーションは、学びを深化させる鍵となります。

疑問を持つことや意見交換は、自身の理解を高めるだけでなく、充実した人間関係やネットワーク作りにも寄与します。

さらに、ただ単にアクティブであること以上に、質の高い疑問や洞察を持ち寄る姿勢は、授業やカリキュラム自体にポジティブな影響を与える可能性が高いです。

だからこそ動画編集スクールでの学びは、積極的な態度で臨むことでより価値のあるものとなり、成長と成功の礎を築くキーとなり得ます。

動画編集スクールに通うメリット3選

動画編集スクールが無駄かどうかを考える上では、メリットやデメリットの考察が欠かせません。

まずは動画編集スクールに通うメリットについて考えましょう。

以下に挙げる3つのメリットを見てください。

  1. 独学よりも効率がいい
  2. 初心者や初学者でも安心
  3. 転職や独立・副業などに早く挑戦できる

①独学よりも効率がいい

自己学習では方向を見失うことが多く、どこから始めるべきか分からない状態に陥りがちです。

しかし、動画編集スクールを利用すれば、そのような悩みから解放されます。

効率よく必要な知識を習得できるカリキュラムが整っていて、時間とエネルギーを有意義に使いながら短期間で技術を向上させられます。

さらに、経験豊富なプロの編集者から直接指導を受けられる点も、学びの質を高める大きな利点です。

②初心者や初学者でも安心

動画編集スクールは初心者に特化したカリキュラムを提供しており、動画編集の基本からスタートできます。

そういった環境では、基本から学ぶことで、知識がまったくない方でもリラックスして学べます。

編集ソフトの基本的な選定方法から探求を始め、段階的に操作方法を学んでいく流れなので、動画編集のスキルが全くない方でも安心です。

さらに自身で作成した作品をポートフォリオとしてまとめられるので、将来の転職や案件獲得に役立つことになります。

③転職や独立・副業などに早く挑戦できる

副業や独立を目指す方々にとって、動画編集スクールは有用なリソースとなります。

スクールでは実践的なカリキュラムが提供され、独立や副業に必要なスキルや知識を速やかに身に付けられるため、副業や自身の事業を開始する際のスタートが迅速になります。

受講後は、自身で制作した作品をポートフォリオとして使用することで、具体的なプロジェクトの依頼を受けやすいです。

これは、独立や副業を検討している方々がポートフォリオを構築したいと考えている際に、特に利用価値が高くなります。

また、いくつかのスクールでは案件獲得の支援や仲介サービスを提供しており、そういったサービスを提供しているスクールを選ぶことで、独立後の実務経験を積み上げるプロセスをよりスムーズに進められます。

\最大25万円動画制作案件の紹介/

動画編集スクールに通うデメリット2選

続いては、動画編集スクールに通うデメリットについてです。

メリットだけに注目するのではなく、デメリットにも目を向けて、多角的に有用性を考察しましょう。

  1. 受講料が高額な場合が多い
  2. 独学と比べるとマイペースを維持しにくい

①受講料が高額な場合が多い

動画編集スクールの受講料は高価であることが多く、必要なソフトウェアやハードウェアの購入にも相当な額の費用を支払う必要があります。

さらに、最新の技術に追従するために、時折アップグレードや追加のコースを受講する可能性も無視できません。

こうした経済的な負担は、特に初心者や独立して仕事を始めようとしている人々にとっては重大な障害となりえます

また、受講料以外にも交通費や教材費といった隠れた費用が発生する場合もあります。

全体として、利用者は高額な費用が発生することを覚悟しなければなりません。

この点は、スクールを選ぶ際に十分に検討するべき重要な要因となります。

②独学と比べるとマイペースを維持しにくい

クラス形式の教育プログラムでは、通常全ての学生が同じペースで進められるという形態をとります。

これは、個々の学生が自身の理解度や学習速度に最適化された指導を受けづらいというデメリットです。

それぞれの学生は異なるバックグラウンドや経験を持っており、一律の進行ペースが一部の学生にとっては早過ぎるか、逆に遅すぎる可能性があるなど、独学と比べるとマイペースを維持しにくい点がある場合があります。

これにより、個々のニーズや進行速度に合わせて学習プログラムを調整する自由度が限られることになります。

動画編集スクールの受講が無駄になりにくい人5選

記事の初めに、動画編集スクールの受講が無駄になるかどうかは、受講する方の状況によると解説しました。

では、具体的にどのような方が動画編集スクールの受講が無駄になりにくいのでしょうか。

ここでは以下の5項目について詳しく解説します。

  1. 迷う前に行動できる方
  2. 副業やフリーランスとして収入を得たい方
  3. 動画編集スクールに通う目的がはっきりしている方
  4. 独学に不安を覚える方
  5. 高品質なポートフォリオを作りたい方

①迷う前に行動できる方

動画編集スクールは、行動を迅速に起こせる方に特に向いています。

動画編集のフィールドは日々進化を続けており、新しい技術やトレンドが絶えず登場します。

これに加えて、利用可能なソフトウェアやツールの多様性から、どの道を選ぶべきかを決定するのは困難です。

このような状況下で時間を掛けて迷うと、トレンドから取り残され、新しい技術のマスタリーが困難になる可能性があります。

スクールでは、専門家や講師が個々の学生の進捗を注意深く監視し、必要な技術やツールに関する指導をしてくれます。

このような環境では、学生は行動を起こすたびに前進していると実感できるため、学習経験がより満足のいくものになります。

また、直接専門家に質問や悩みを共有することで、迅速かつ具体的な解答やアドバイスを得られる点も大きなメリットです。

行動を起こす利点を理解している方にとっては、動画編集スクールでの学習は効果的かつ有意義なものとなります。

②副業やフリーランスとして収入を得たい方

動画編集の技術は副業やフリーランスとして活動する上で重要なスキルとなっており、その専門家は多くの場面で求められています。

現在、デジタルコンテンツの需要が急増しているため、動画編集の技術が副業やフリーランスの活動を支援しています。

企業のプロモーションから個人のSNS活動、イベントのアーカイブまで、動画編集は幅広いシーンで利用されるスキルです。

動画編集スクールはこの需要に応えるため、単に編集技術を教えるだけでなく、業界での働き方や案件の取り方、そしてクライアントとの適切なコミュニケーション方法も包括的に指導してくれます。

スクール卒業後には、専門家や先輩受講生との繋がりを利用して新しい仕事の可能性を見出せる場合もあります。

動画編集の技術をフリーランスや副業で活用するという明確な目的を持っている方には、動画編集スクールは大きな武器です。

③動画編集スクールに通う目的がはっきりしている方

動画編集スクールでは、学ぶ目的や志向が明確な人ほど、特定の目標に向かって効果的に進みやすいです。

逆に、もし受講目的がはっきりしていない場合、学習過程で迷走してしまうリスクがあります。

プロの編集者を目指しているのか、趣味でスキルアップしたいのか、ビジネスプロモーションに必要な技術を習得したいのか、それぞれの目的に沿ったカリキュラム選びが重要です。

目的が明らかな受講者は、授業中に有意義な質問ができ、求めるスキルの特化した学習を進められます。

この姿勢は、短期間での成果を実現し、学びのモチベーションを保持する上で有利です。

そうすることで、受講者は動画編集スクールの提供するリソースを最大限に活用し、目指す成果を得られる可能性が高まります。

➃独学に不安を覚える方

独学で学び進める際には、どの分野でも孤独感や方向性の不確かさが増す事態は避けられません。

特に、動画編集のような専門知識と技術を要する分野では、これらの不安はさらに増幅します。

しかし、動画編集スクールを利用することで、こうした不安の払しょくに効果的です。

一点目として、専門家や講師からの直接の指導を受けられるため、独学にはない多くの利点を享受できます。

具体的なアドバイスやフィードバックは、自身のスキルアップに大いに貢献します。

また、スクールでは受講生間での交流が奨励される場が提供される点にも注目です。

これにより、同じ目標を追求する仲間と交流できるため、モチベーションが上がり、新しい視点や発見を得やすくなります。

また、専用のコミュニティでの学びの進捗や作品の共有、フィードバックの交換といった活動が頻繁におこなわれます。

このような環境は、ただの学びの場でなく、コミュニケーションやネットワーキングの場としても役立つので、積極的に参加しましょう。

独学の不安を感じる人々には、このような支援体制が学びの質を大幅に向上させる要因となります。

⑤高品質なポートフォリオを作りたい方

動画編集のフィールドで重要なのは、自身の技術やセンスを示すポートフォリオの充実です。

このポートフォリオは、多くの場合、新しい仕事の依頼を獲得する際の決め手となります。

動画編集は、単に見栄えの良い編集を行うだけでは足りません。

ポートフォリオを効果的に編成し、クライアントの求める要素に適した形で自身の能力をアピールしなければ、案件獲得や転職時に苦労します。

動画編集スクールでは、そうしたポートフォリオ作成に必要な広範囲の知識も提供してくれるため、作品を更に洗練させる助けとなります。

また、他の受講生と作品の共有や評価を行うことで、多くの視点からフィードバックを受け取れるので、多角的な改善にも有効です。

このような支援体制のもとで、他にはない、高品質なポートフォリオを作り上げられます。

動画編集スクールの受講が無駄になりやすい人4選

続いては、動画編集スクールの受講が無駄になりやすい方についてです。

この記事では以下の4項目について、詳しく解説します。

  1. 独学で習得できる自信がある方
  2. コミュニケーションが苦手な方
  3. 納期を守る意識が希薄な方
  4. 課題に腰を据えて取り組むのが苦手な方

①独学で習得できる自信がある方

動画編集の知識や技術を独学で習得できる自信がある方は、わざわざ動画編集スクールを受講する必要はありません。

現代には多くの情報源があり、書籍やYouTubeといったオンラインプラットフォームが幅広いレベルの学習者を支援しています。

特に動画編集ソフトウェアの操作方法や基本的な技術に関する情報が充実しているので、適切な教材やコンテンツを利用して学べます。

独学を進める上で重要なのは、自身の管理能力やスケジューリング能力です。

これが得意な人は独学での技術習得が更にスムーズに進みます。

また、独学の良いところは自分のペースで学べる点です。

時間や場所の制約を受けずに、お好みの環境で学習を進められます。

とはいえ、独学で収入が得られるレベルの動画クリエイターにまで成長するのは、至難の業だと覚えておきましょう。

②コミュニケーションが苦手な方

動画編集のフィールドにおいては、技術力やセンスは勿論重要ですが、コミュニケーション能力も不可欠です。

クライアントや制作チーム、さらには視聴者との間で円滑なコミュニケーションを図ることで、彼らのニーズや意向を的確に把握し、それを動画に取り入れる能力が求められます。

コミュニケーション力が不足すると、さまざまな課題やミスが生じる可能性があります。

例えば、クライアントの期待を見誤ることや、チーム内での意見が一致しないことが起こり、その結果、望んだ動画が作れなくなる恐れも無視できません。

学習の段階でさえも、他の受講生や講師との交流は不可欠です。

意見交換を通じて新しい視点を得たり、質問を積極的におこない、フィードバックを受けることで、技術向上が期待できます。

幸いなことに、動画編集スクールではコミュニケーション能力を高める支援が行われています。

これは、コミュニケーション能力がまだ発展途中の方々にとって、非常に有益な特長です。

③納期を守る意識が希薄な方

納期管理は、動画編集の業務において中心的な役割を担う要素です。

クライアントとの契約の尊重は、プロジェクトの成功を保証するだけでなく、長期的な関係を築く基盤です。

納期違反は信頼を失うだけでなく、他の作業にも悪影響を与える可能性があります。

動画編集スクールでは、課題の期限を守ることが強調され、これが時間管理や作業効率の向上のトレーニングとなります。

こうした背景から、納期管理に抵抗がある場合は、スクール受講自体が負担に感じる可能性が高いです。

➃課題に腰を据えて取り組むのが苦手な方

時間の管理が得意でない方や、複数のタスクを平行して行うのが困難な方は、スクールの学習プログラムが適していない場合があります。

動画編集スクールでは、学習が進むにつれてさまざまな課題が次々と与えられます

これらの課題は、新しい技術や理論を直接的に利用することを目指しているためです。

期限までに課題を完成させることは、学びの進捗を評価し、次のフェーズへ移行するうえでキーとなります。

しかし、充分な時間をかけて課題を解決し、技術を習得することが困難な場合は、スクールの受講が意味をなさなくなる可能性があります。

費用や時間を無駄にしたくない人におすすめの動画編集スクール6選

たくさんの動画編集スクールのなかから、自分にピッタリなものを探すのは難しいです。

そこでここでは、数ある動画編集スクールのなかからおすすめなスクールを6校厳選して紹介します。

ぜひ参考にして、動画編集スクール選びの参考にしてください。

関連記事:大学生におすすめの動画編集スクール8選!選び方やポイントを解説

サービスロゴChapter TwoデジハクヒューマンアカデミーDMM WEBCAMPデジタルハリウッドSHElikes
スクール名Chapter TwoデジハクヒューマンアカデミーDMM WEBCAMPデジタルハリウッドSTUDIOSHElikes
受講料398,000円(税込)
  • デジハクコースREG/148,000円(税込)
  • デジハクコーPRO/248,000円(税込)
  • 動画クリエイターコース/213,400円(税込)
  • 動画クリエイター総合コース/342,100円(税込)
  • Web動画クリエイター総合コース/821,700円(税込)
  • 4週間/169,800円(税込)
  • 8週間/224,800円(税込)
  • 12週間/279,800円(税込)
  • 16週間/334,800円(税込)
  • ネット動画ディレクター専攻/330,000円(税込)
  • 動画編集入門プラン/132,000円(税込)
〇受け放題プラン

  • 1か月プラン/14,800円
  • 6か月プラン/14,134円
  • 12か月プラン/12,334円(税込)

〇月5回プラン

  • 1か月プラン/9,800円(税込)
  • 6か月プラン/9,134円(税込)
  • 12か月プラン/8,167円(税込)
入会金記載なし無料11,000円(税込)記載なし記載なし13,230円(税込)
おすすめポイント営業活動に講師が同行してくれる24時間いつでも
オンラインで学習できる
Adobe Creative Cloudを特別価格で購入できる回数無制限で質問できるコアワーキングスペースが無料で利用できる女性限定のクリエイター養成スクール

①Chapter Two

ChapterTwo
受講料398,000円(税込)
※分割払い月々8,933円~
入会金記載なし
習得できる主なスキル
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • 案件獲得のための営業術など
学習期間12週間
受講形態オンライン
おすすめポイント営業活動に講師が同行してくれる

Chapter Twoは、講師陣の質とカリキュラムの評価が高く、クリエイターの育成に特化したスクールとして名高いです。

このスクールの特徴的な側面は、「営業スキルの習得」に重きを置いているところです。

Chapter Twoの教育理念では、自立とは「プロジェクトの獲得から製作、納品までの全プロセスを個人で手掛ける能力を持つこと」と定義しています。

従って、ここでは動画制作技術だけでなく、プロジェクト獲得の方法や商談時のコミュニケーション技術も教えています、これが大きな魅力とされています。

また特筆すべき点は、サポート期間内に講師が受講者の商談に最大3回まで同行してサポートするというサービスがあることです。

技術力だけではなく、それを仕事につなげるサポートが整備されているのが、Chapter Twoの大きな強みです。

フリーランスとしてデビューを目指す方や映像制作会社への就職を考えている方には、このスクールが実践的なスキルと知識を提供する魅力的な選択肢となっています。

また、提供されるコースは再視聴が可能で、復習や確認を行いたい時にはいつでもアクセスできる点も評価されています。

技術力とビジネスセンスを同時に磨きたい人にとって、Chapter Twoは最適な選択肢と言えるでしょう。

\稼げるクリエイターになる/
Chapter Twoの詳細はこちら

②デジハク

デジハク
受講料
  • デジハクコースREG/148,000円(税込)
    ※分割払い月々6,200円(税込)~
  • デジハクコーPRO/248,000円(税込)
    ※分割払い月々10,340円(税込)~
入会金無料
習得できる主なスキル
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • Adobe illustrator など
学習期間
  • デジハクコースREG/90日間
  • デジハクコースPRO/180日間
受講形態オンライン
おすすめポイント24時間いつでもオンラインで学習できる

デジハクは、独自の経験を持つ講師陣によって主導される、手頃な価格帯の動画編集スクールとして広く知られています。

カリキュラムは、AdobeのPremiere ProとAfter Effectsを基本に据え、基礎技術の修得から始め、さまざまな動画制作プロジェクトを通じて知識を深めていきます。

特に注目すべきは、ポートフォリオ作成時にクライアントの視点を考慮したフィードバックを受けられる点です。

デジハクでは、2つの異なるコースが提供されています。

「デジハクコースREG」は編集技術を重視し、148,000円(税込)で90日間のサポートを提供しています。

一方「デジハクコースPRO」は動画制作の全面的な習得を目指しており、248,000円(税込)で180日間のサポートです。

\短期間でスキルアップ!/
デジハクの詳細はこちら

③ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー
受講料
  • 動画クリエイターコース/213,400円(税込)
    ※60回分割払い月々5,200円(税込)
  • 動画クリエイター総合コース/342,100円(税込)
    ※60回分割払い月々9,100円(税込)
  • Web動画クリエイター総合コース/821,700円(税込)
    ※60回分割払い月々13,500円(税込)
入会金11,000円(税込)
習得できる主なスキル
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • Adobe illustrator など
学習期間
  • 動画クリエイターコース/6か月
  • 動画クリエイター総合コース/6か月
    Web動画クリエイター総合コース/12か月
受講形態
  • オンライン
  • 通学
  • オンライン+通学
おすすめポイントAdobe Creative Cloudを特別価格で購入できる

ヒューマンアカデミーが展開する動画クリエイター講座は、Premiere ProやAfter Effectsの操作技術とWeb動画広告の基本知識を、6から12ヶ月の期間で習得できるプログラムです。

ここでは、受講生それぞれの疑問や不明点に専任カウンセラーが答える体制が整えられており、すぐにでも利用可能なアドバイスが得られる環境が提供されます。

受講生は自身の作品創りにおいて、これらのアドバイスを即座に活用できるのもメリットです。

ヒューマンアカデミーでは、面接対策も行っており、就職や転職を考える人々にとってにもおすすめです。

学校自体も「プラチナスクールパートナー」としてアドビシステムズ株式会社から認定を受けているため、学生や教職員はAdobe Creative Cloudを特別価格で入手できるというメリットもあります。

➃DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP
受講料動画クリエイターコース

  • 4週間/169,800円(税込)
  • 8週間/224,800円(税込)
  • 12週間/279,800円(税込)
  • 16週間/334,800円(税込)
分割払い月々23,300円 (税込)~
入会金無料
習得できる主なスキル
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Adobe Premiere Pro など
学習期間
  • 4週間~16週間
受講形態オンライン
おすすめポイント回数無制限で質問できる

DMM WEBCAMPの動画クリエイターコースでは、現場で活躍するクリエイターから直接学ぶことが可能な動画編集スクールを提供しています。

質問がし放題の環境が整えられているので、不明点や疑問をすぐに解決でき、実践的な知識を深められます。

完全オンラインで展開されるカリキュラムには、個別の学習計画サポートが組み込まれており、学習のモチベーションも保ちやすいです。

料金プランは二種類あり、4週間プランは169,800円(税込)で、3週間以内に終えられなかった場合は追加で88,000円がかかります。

一方、16週間プランは334,800円(税込)と設定されており、早めに修了することで4週間ごとの返金が受けられる特典があります。

期間を選ぶ際には、16週間プランを選んで早期に修了を目指し、返金を受けるのが賢明です。

⑤デジタルハリウッドSTUDIO

デジタルハリウッドSTUDO by LIG
受講料
  • ネット動画ディレクター専攻/330,000円(税込)
  • 動画編集入門プラン/132,000円(税込)
入会金記載なし
習得できるスキル
  • Premiere Pro
  • After Effects
  • 撮影から編集までの一連の作業
学習期間
  • ネット動画ディレクター専攻/3か月
  • 動画編集入門プラン/2か月
受講形態
  • オンライン+通学
おすすめポイントコアワーキングスペースが無料で利用できる

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGのネット動画ディレクター専攻コースは、オンラインと対面授業を組みわせた3か月間の総合プログラムを提供しており、実写やアニメーション、2DCG動画制作技術を網羅して学べます。

After EffectsやPremiere Pro、Illustrator、Photoshopの具体的な操作技術に始まり、マーケティングの知見やシナリオ作成方法までを習得することで、業界で求められる実力を習得できます。

卒業制作への参加はオプションとなっており、55,000円の追加費用が発生しますが、一か月間でオリジナル動画の全プロセスを体験できる点は非常に魅力的です。

そして、卒業制作を通じて「クリエイターズオーディション」という独特の求人イベントへの参加のチャンスが得られるので、新しいキャリアへの道も拓けます。

⑥SHElikes

SHElikes
受講料〇受け放題プラン

  • 1か月プラン/14,800円(税込)
  • 6か月プラン/月額14,134円(税込)
  • 12か月プラン/月額12,334円(税込)

〇月5回プラン

  • 1か月プラン/9,800円(税込)
  • 6か月プラン/月額9,134円(税込)
  • 12か月プラン/月額8,167円(税込)
入会金13,230円(税込)
習得できるスキル
  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Youtube動画編集
学習期間
  •  1か月~12か月
受講形態
  • オンライン+通学
おすすめポイント女性限定のクリエイター養成スクール

SHElikesの動画制作コースは、1か月という短期間でSNS向けの動画制作技術を習得するプログラムとして設計されています。

ここでは現役のモーショングラファーが講師としてガイダンスを提供し、After Effectsの多岐にわたる機能を活用して、モーショングラフィックスの基礎から応用までを系統だって学べます

Vlog作成やWeb広告、YouTubeコンテンツ制作、さらにはウェディングムービー作成を目指す方や、企業のSNS動画担当者にも適したカリキュラムなど、対応するニーズも多様です。

受講形態には「受け放題プラン」と「月5回プラン」の2種類があり、いずれも受講期間は1か月からとなっており、個々の状況に応じて選択できます。

コースの費用は、受け放題プランが1か月14,800円、月5回プランが1か月9,800円と、リーズナブルな価格設定となっていて、手頃に学べるのが魅力です。

まとめ~動画編集スクールは正しく選べば無駄にならない~

この記事では「動画編集スクールの受講は無駄」といわれる理由や、動画編集スクールの受講が無駄になりやすい方・なりにくい方の特徴、動画編集スクールのメリットなど、さまざまな情報を解説しました。

動画編集スクールの受講が無駄になるかどうかは、個人の状況によります。

そのため、一概に「無駄」とも「有益」とも言い切れません。

しかし、動画編集スクールの受講が無駄に終わる原因として最も大きいのが「適切な動画編集スクール選びができていなかった場合」です。

どんなに優れた動画編集スクールでも、自分に適していなければ無駄になる恐れが大きいです。

記事で解説した内容を参考に、自分にあった動画編集スクールを選んでください。

おすすめ長期インターン求人おすすめ長期インターン求人

株式会社ミツモア
ミツモアは『日本のGDPを増やし 明日がもっといい日になると思える社会に』をミッションに掲げ、ベイン、…
中央区 
営業
東銀座駅 徒歩5分 / 銀座駅 徒…
週3日以上
5
2024/05/14
株式会社ミツモア
ミツモアは『日本のGDPを増やし 明日がもっといい日になると思える社会に』をミッションに掲げ、ベイン、…
中央区 
マーケティング / 広報
東銀座駅 徒歩5分 / 銀座駅 徒…
週3日以上
1
2023/09/29
株式会社EXIDEA
アメリカの花形職種、グロースハッカーを目指しませんか?グロースハックとは、Uber、Airbnd、Twitte…
墨田区 
マーケティング / 広報
◎都営大江戸線「蔵前駅」A7出…
週3日以上
7
2023/06/06
株式会社デジタルトレンズ
【WEB広告の運用と事業拡大を経験できる長期インターン】株式会社デジタルトレンズは2012年9月に創業…
新宿区 
マーケティング / 広報
東京メトロ「新宿三丁目駅」徒…
週3日以上
137
2023/08/31
インターン求人を探すならユアターン!

完全無料で簡単登録!

  • 就活で周りに出遅れたくない…
  • 友達はみんなインターンに参加していて不安…
  • アルバイト代わりにスキルを身に着けたい…
そんなあなたには、日本最大級のインターン求人サイト「ユアターン」がおすすめ! 気に入った求人があれば、簡単会員登録ですぐに応募できます!