大学生

大学生が投資をするメリットと成功するコツを解説!

「投資をしてお金持ちになりたい…!」
「バイト代だけで生活するのは楽しくない…」
「リスクは怖いけど、今のうちから投資を始めたい!」

大学生のうちから投資をすることには、さまざまなメリットがあります。

しかしいきなり大金が手に入るわけではありませんし、知識がないと失敗をする可能性も高いです。

今回は大学生が投資を始めるメリットと、成功するコツを解説します!

セゾンカード

大学生が今すぐ投資を始めるべき3つの理由

私個人の意見としては、大学生のうちに投資を始めることには賛成です。

ここでは大学生が、今すぐにでも投資を始めるべき理由を解説します。

  • 投資経験が積める
  • 長期的に見て得をする可能性が高くなる
  • 就職活動にも意味がある

投資経験が積める

「投資に興味があるけど、社会人になってからでいいかな…」

いつか投資を始めるのなら、できるだけ早く始めることをおすすめします。

なぜかというと、投資は経験を積んでいくことで、成功する可能性が高められるから。

大学生であっても社会人であっても、経験を積めば少しずつコツや考え方を掴んでいくことができます。

いつかは投資を始めるという人は、今すぐ行動してみることが大切です。

またたとえ投資に失敗したとしても、ダメージを最小限に抑えられます。

大学生の多くは、まとまったお金をもっていません。

少ない金額から投資を始め、まずは低リスクで知識や経験を身に付けられます。

また投資に失敗し、お金を失ったとしても、大学生であれば取り返しがつく可能性が高いです。

投資の知識や経験のない社会人が、ボーナスなどを使って大金を失う例をよく聞きます。

投資は最初から上手くいくものではないため、できるだけ早く、少ない金額から始めましょう。

「大学生ニート」は悪いこと?アルバイトするべき?メリットとデメリットを解説
「大学生ニート」は悪いこと?アルバイトするべき?メリットとデメリットを解説アルバイトをしていない、部活動もしていない、基本的に授業に出席しない大学生は「大学生ニート」と言われます。 「大学生ニート」という...

長期的に見て得をする可能性が高くなる

投資の中には、時間をかければかけるほど資産が増えるものがあります。

つまり単純に、1年より5年、5年より10年と、長く運用していたほうが良いのです。

大学生や社会人という枠組みは関係がなく、長期的な運用のために今から投資を始めましょう。

ここで知っておきたい言葉が「複利」です。

複利とは、投資で得た利益をそのまま投資し、どんどん利益を大きくしていくこと。

最初に100万円投資をし、それが1年で102万円になるとします。(年利2%)

翌年、元利の102万円を投資をすると、さらに1年後には104万400円になるのです。

年数 元金 元利(元金と利子) 利子
1年目 100万円 102万円 2万円
2年目 102万円 104万400円 2万400円
3年目 104万400円 106万1,208円 2万808円
4年目 106万1,208円 108万2,432円 2万1224円
5年目 108万2,432円 110万4,081円 2万1,649円
6年目 110万4,081円 112万6,162円 2万2,081円
7年目 112万6,162円 114万8,686円 2万2,524円
8年目 114万8,686円 117万1,659円 2万2,973円
9年目 117万1,659円 119万5,093円 2万3,434円
10年目 119万5,093円 121万8,994円 2万3,901円

今すぐ投資を始めるのと、社会人になってから、貯金してから始めるのとでは、どちらが賢いと思いますか?

上記の例は元金が100万円ですが、もっと少額から始めても利益を出すことができます。

むしろ元金が少ない人は、時間をかけてお金に働いてもらうほうが効率的です。

大学生というこの先に時間があるタイミングで、投資を始めることをおすすめします。

就職活動にも意味がある

大学生のうちに投資の知識を身に付けたり、経験を積んでおくと、就職活動やその先の社会人生活に役立つことがあります。

なぜかというと、投資は運ではなく、経済の知識の上で行うものだからです。

投資では「投資商品」というものを選ぶですが、その際にさまざまな企業の実績や業界トレンドを調べることになります。

投資は自分のお金をかけているため、本気で勉強をしないと損する状況に追い込まれますよね。

さまざまな業界や企業に関する情報を、必死で自分の頭に叩き込むことになるため、就職先を決めたり面接を受けたりする際に使える知識が身に付くのです。

就職活動のために、表面的に経済を学ぶ大学生に比べ、より深いところまで理解をし実際に知識を活用できる人材になれます。

経済やビジネスについての知識や考え方を、強制的に身に付ける手段でもあるのです。

就職活動のために投資をするわけではありませんが、投資をすることで利益以外にもメリットがあるといえます。

大学生は何に忙しい?「大学生=暇」な時代はとっくに終わっている理由

大学生が今すぐ投資を始めるべき理由まとめ

大学生は、時間がたっぷりあり、使えるお金は少ないです。

  • 今が人生で一番若い!投資は時間をかければかけるほど良い
  • 知識も経験も無いなら最初は少額から始めるべき
  • 失敗しても取り返しがつきやすい

また「時間がある」というのは投資の期間だけでなく、勉強する時間があるということでもあります。

社会人になったときに、知識も経験もある状態ならば、気持ちに余裕をもって資産運用ができるでしょう。

大学生が投資で成功するためにやるべきこと

大学生のうちに投資を始めるべきだということは分かりました。

しかし投資と聞くと、なんとなく怖いイメージがありますし、手続きが難しそうですよね。

大学生が投資を始めて、成功するためにやるべきことを紹介します。

  • 投資や経済の基礎知識を得る
  • 10万円以下で実際に投資してみる
  • 勉強会やセミナーに参加してみる

投資の具体的な始め方は、記事の後半で解説します。

生きる意味が分からない大学生に読んでほしいモヤモヤの向き合い方
生きる意味が分からない大学生に読んでほしいモヤモヤの向き合い方「生きる意味がわからない」なんて悩みを抱えている大学生がいるのではないでしょうか。いくら考えても答えの出ない悩みに思えますが、今回はそんな「生きる意味がわからない」という大学生が、やるべきことについてお話しようと思います。...

投資や経済の基礎知識を得る

「投資について知りたい!でも何をすれば良いのか全く分からない…」

大学生だけでなく、社会人であっても、投資のことを知る段階で諦めてしまう人が多いです。

なんとなく分からないし、複雑そうだと思うかもしれませんが、初心者の勉強方法は一つしかありません。

それは、投資や経済に関する本を読むことです。

まずは「必勝法」「◯万円を○万円にする方法」などの勝ち方ではなく、お金についての「基礎知識を身に付けましょう。

本屋さんに行けば、初心者用の投資の入門書はたくさんあります。

基礎知識レベルであれば、内容はほとんど同じですので、自分が読みやすそうな本や気に入った本を買うのがおすすめです。

一番避けたいのは、投資を始める前に辞めてしまうこと。

「投資とか意味が分からない!」となる前に、お金や投資に関する本を読みましょう。

10万円以下で実際に投資してみる

お金や投資、経済についての基本的な知識を身に付けたら、次は実践です。

いくら知識を口で語れても、実際に資産が運用できないと話になりません。

先ほどもお話ししたように、最初は右も左も分からない状態ですので、少額から始めましょう。

意識するのは、儲けることではなく始めることです。

そして、利益が出ることではなく、仕組みが分かることを目標に始めてみてください。

大学生のうちに、アルバイト代以上に儲からなくても、それは失敗ではありません。

仕組みをきちんと理解し「運」ではなく意図して資産を増やせるようになれば、将来得られるものは多いのではないでしょうか。

遊ばない大学生でいいの?なぜ「若いうちに遊んでおいたほうがいい」のか教えます

勉強会やセミナーに参加してみる

お金に余裕があったら、勉強会やセミナーに参加してみるのもアリです。

勉強会やセミナーのメリットは

  • 投資の知識が身に付く
  • 投資をしている人(学生・社会人)と繋がれる
  • モチベーションを維持できる

以上の3点です。

投資についてより深く知れることはもちろん、投資仲間に出会えることが大きなメリットです。

勉強だけなら本や動画だけでもできますが、お互いの知識を共有し、励まし合うのは仲間がいないとできません。

ひとりで勉強するよりも、仲間がいたほうが前向きに続けられるため、ぜひ投資においても人との繋がりをつくってみましょう。

ただし勉強会やセミナーの中には、怪しい勧誘があったり、怪しい人が参加していたりすることも多いです。

できるだけ自分一人で行動・判断せず、専門知識のある大人や、信頼できる人に相談しましょう。

20歳以上の大学生はすべての投資取引が可能

「そもそも大学生って投資できるの?」という疑問をもつ人もいますよね。

実は投資取引は、大学生でも社会人でも20歳になればできるようになります。

学生だからといって、親の同意が必要ということもありません。

このように20歳になると投資取引が簡単に始められるため、大学生で投資を始める人は多いです。

20歳未満はできる投資取引が限られている

大学生でも、20歳未満だと投資できる取引が限られています。

実は投資に必要な口座は0歳から作れますし、株の取引は15歳から始められます。

ただし未成年の口座開設、株取引は親の同意が必要です。

20歳になるまでできない投資というのが、FXなどの「信用取引」と呼ばれるもの。

「信用取引」は、自分が実際にはもっていない額を取引するため、損失が大きくなる可能性があるのです。

もちろん「信用取引」にもメリットはあります。

自分がもつ資金以上の額で取引をすることで、自分にとっての大金を手に入れることが可能です。

しかし投資で一気に資金を失う人は、信用取引を行っています。

未成年がハイリスク・ハイリターンな取引を行わないよう、法律で禁止されているのです。

20歳未満の学生は、成人になったときに失敗をしないよう、今は知識をつけることを考えましょう。

大学生に絶対おすすめしない8つのバイト!入って後悔する前に読んで!
大学生に絶対おすすめしない8つのバイト!入って後悔する前に読んで!大学生のバイトは、社会勉強になる点でおすすめです。しかし、バイトが激務で厳しいと学業に支障が出るもあります。バイトは多くの時間を費やすことになるので、少しでも有意義な時間にしたいですよね。今回はそんな人に向けて、大学生に絶対おすすめしない8つのバイトをご紹介します。...

投資を始める前に絶対に知っておくべきこと5つ

「この記事を読み終わったら、早速投資についての勉強を始めるぞ!」
と思っているそこのアナタ。

ここまで投資のメリットや、「大学生でも今すぐ始めるべき!」といったことをお話ししてきました。

しかし自分のお金に関わることですので、注意点もきちんと読んでから投資生活をスタートさせてください。

ここでは投資を始める前に、絶対に知っておいてほしいことを5つお話しします。

  • 投資はギャンブルではない
  • 大学生狙いの投資詐欺は非常に多い
  • 必要最低限のお金には手を出さない
  • 最初から楽に成功するとは考えない
  • 強引に周りを巻き込まない

投資はギャンブルではない

まず、投資は「ギャンブル」ではないということをしっかりと認識しておきましょう。

「ギャンブル」とは運要素で儲けたり、逆に損をしたりすることです。

投資は運ではなく、自分の知識や経験で運用していけるもの。

「世の中のことなんて全然分からない!」という状態で投資を始めても、あまり意味がありません。

たとえ運で利益が出たとしても、それは運ですので再現性の無いものとなってしまいます。

投資を始めるのであれば、始めから儲からなくても良いので、きちんと本などで勉強することをおすすめします。

大学生狙いの投資詐欺は非常に多い

投資を始めるために情報収集をしていると、ネットの広告やブログ、勉強会で甘い誘いを受けることがあります。

「こっちのほうがたくさん稼げそう!」
「こんなに楽に稼げる方法があったんだ!」

と、詐欺かもしれない高額な商品を購入してしまうのです。

元々お金や資産を増やしたいと思っている人ばかりなので、実際に騙されている人もたくさんいます。

正直言うと、目の前の商品やサービスが詐欺かどうかは、よっぽど専門的な知識のある大人でないと判断できません。

また詐欺かどうかというのは、自分が買った商品に対して、ちゃんと価値を感じられたかどうかによるところでもあります。

10万円の投資商材を購入し「10万円またはそれ以上の価値を感じた」と思えば、それば詐欺ではないといえるのです。

あなたが、絶対に失敗したくないのであれば投資商材は「買わない」を選びましょう。

特に自分ではなく相手が話しかけてきた場合には、一度は詐欺を疑ったほうが良いといえます。

もし投資商材が気になるのであれば、知識をある程度身に付けてから検討しましょう。

必要最低限のお金には手を出さない

投資をすることになれば、お金を用意しなければなりませんよね。

用意できるお金が多いほど利益も出しやすいですが、必要最低限のお金は絶対に残しておくことをおすすめします。

なぜかというと、生活ができなくなってまで投資をすることが良いことだといえないからです。

また親や友人にお金を借りてまで投資をする、金融機関などから借金をするのもおすすめしません。

お金は人間関係を壊す原因になりやすいです。

また借金が返せないと、生活に困るだけでなく信用も失います。

社会的な信用を失うと、クレジットカードが作れなくなったり、家や車などのローンが組めなくなったりするため気を付けましょう。

何度もお話ししていることですが、まずは少額から、ローリスクなものでお金の仕組みを学びましょう。

「なぜかいつもお金がない…」大学生にオススメの節約方法とお金の稼ぎ方

最初から楽に成功するとは考えない

大学生のうちは、億万長者を目指して投資を行うのはおすすめしません。

楽に稼ぐ方法、すぐに儲かる方法は存在しないと思って、少しずつ利益を出していくことが大切です。

大学生の間に投資で大成功しなくても、学んだことは絶対に将来の役に立ちます。

失敗しない投資ができる人は、お金や世の中の動きについて、自分の資産運用について長期的な目をもっているのです。

始めの数ヶ月で上手くいかないからといって、辞めてしまうのはもったいないですよ。

強引に周りを巻き込まない

おいしい話があっても、大切な家族や友人を強引に誘うことは辞めましょう。

それは、実際に自分が利益を出したとしてもいえることです。

「私はこの方法で10万円稼いだから絶対にいいよ!」

あなたは上手くいったかもしれませんが、他人が100%成功するかは分からないですよね。

自分が「絶対やるべき」と言ったことで、誰かが損をしてしまっても、責任を負うことはできません。

もし自分がやっている投資を紹介したい場合は、あくまでも選ぶのは自分自身であることをきちんと伝えましょう。

投資などのお金に関わることは、トラブルになりやすいため注意が必要です。

投資の始め方を分かりやすく解説

最後に、投資の始め方を分かりやすく解説します。

  • 投資商品を選ぶ
  • 投資のための口座開設
  • 入金&取引開始

投資商品を選ぶ

株式投資やFX、不動産投資など、さまざまな投資が存在しています。

それぞれ

  • どれくらいのお金が必要なのか
  • どんなリスクがあるのか
  • リターンはどれくらいなのか

などのポイントが異なるため、よく調べてから選びましょう。

それぞれメリットとデメリットがあるため、自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

分散投資といって、もっている資金で複数の投資を行うことも可能です。

分散投資のメリットは、リスクを分散させられる点ですので、知っておくと良いでしょう。

投資のための口座開設

投資には、証券会社や取引会社で自分の口座が必要となります。

最近は、身分証明書があれば、誰でも簡単に口座開設できるようになりました。

口座開設はインターネットで行えるため、自宅にいても投資を始められます。

申し込みをしてから1週間程度で口座開設が完了するため、手続き後はメールのチェックを忘れないようにしましょう。

入金&取引開始

口座が開設できたら、いよいよ取引開始です。

20歳以上であれば、レバレッジ取引(信用取引)もできますが、その場合は取引金額に加えて証拠金の入金が必要になります。

始めての投資は、ハイリスク・ハイリターンなものではなく、投資信託などのリスクのないものがおすすめです。

大学生のうちに投資で成功経験を積むことが重要

いかがでしたか?

いつか投資をやるのなら、大学生である今のうちに始めることをおすすめします。

目的は、今すぐ稼ぐことではなく、今のうちに知識や経験を積んでおくことです。

社会人になったときに、お金や投資、経済のことを知っていると、長期的に良い投資ができるようになります。

初心者のうちは、リスクを取るのではなく、少額から少しずつ投資をしていきましょう。

インターン求人を探すならユアターン!
ユアターンバナー
  • 就活で周りに出遅れたくない…
  • 友達はみんなインターンに参加していて不安…
  • アルバイト代わりにスキルを身に着けたい…

そんなあなたには、日本最大級のインターン求人サイト「ユアターン」がおすすめ!
気に入った求人があれば、簡単会員登録ですぐに応募できます!