大学生

大学生の脱毛に親が反対する理由は?親の同意を得る方法は4つある!

学生のうちから「脱毛サロンに通いたい」という学生の多くが、成人してから通っている方もいれば、保護者の同意を得て通っています。

「ムダ毛」に悩まされるのは、何も大学生や社会人だけではありません。

思春期真っ只中の中高生の方も腕や脚、脇に生えたムダ毛に悩まされています。

未成年が脱毛サロンに通うには、「保護者の同意」が必要です。

加えてそれを得るためには、「説得できる」だけの交渉材料を用意する必要があります。

そこで今回は、未成年者が保護者の同意を得るための「交渉材料」をご紹介すると同時に、なぜ保護者が脱毛に反対しているのか、脱毛したくても言い出せない理由トップ3をご紹介します。

WEBマーケティングに興味のある方必見 おすすめインターン求人

脱毛反対派の親が掲げる理由

未成年者が脱毛に通うとなれば、保護者自署の同意が必要です。

いざ、同意書にサインをもらおうにも、簡単に頂ける家庭があれば猛反対を受ける家庭があります。

ここからは、脱毛に反対する親の理由を簡単にご紹介します。

ムダ毛は自己処理でいい

ムダ毛の手入れは「自己処理」で十分と言ってくる親の多くは

  • 自分は毛が薄く、ムダ毛に悩まされていないから
  • 過去に脱毛サロンに通っていたが、毛が復活したから
  • 学生のうちはまだ早い

などの理由があって、「自己処理で十分」の一言で話を打ち切ります。

また今は自宅でも簡単に脱毛ができる家庭用脱毛機器があるからということで、そちらを使用している家庭も少なからずあります。

分割・ローンの肩代わり

成人した学生であれば、個人名義で分割・ローンを組むことができます。

対して、未成年者の中高生や18,19歳の大学生は分割・ローンを組むことができません。組む場合は、保護者の名義で支払いをすることになります。

子のために出費してくれる保護者もいれば、「今は貸にしてアルバイトを始めたら自分で支払いをしていく」というスタイルを取る保護者もいます。

しかし、「貸し」にして子が月々の支払いを返せなくなった時、その負債をカバーするのは保護者です。

このことを見越して、脱毛に反対する保護者もいます。

脱毛をしたいけど話が切り出せない理由

いざ脱毛をしたい!と思っても、成人するまでは保護者の同意が必要です。

同意を得るためには、「脱毛したい」という理由を話しますが、なかなか話を切り出せない学生が多いです。

ここからは、そんな話を切り出せない学生の理由トップ3です。

内容的に話すのが恥ずかしい

腕や脚、脇などに生えた無だけを脱毛したいという理由で話すのは容易でしょう。

しかし、VIOなど「デリケートゾーン」の毛の悩みを、話すのは気が引けて話せない学生が多いです。

最も、話す相手がたとえ親であっても、恥ずかしい思いをしてまでカミングアウトするのは嫌だという学生が多いはずです。

それに、まだまだ子ども扱いしてくる、身体の成長、性に関する話題を持って話したら変に勘繰ってくるからいやだということで話を切り出せない学生が多いです。

否定されるのが目に見えている

親の性格・教育のやり方が分かっている場合、たとえ「脱毛したい」と言い出せば、どんな反応をするのか予測できます。

脱毛以外にも、耳にピアスをするや髪色を変えるなどに強く突っかかってくる場合、脱毛したいと言い出せば猛反対してくるのは百も承知ですね。

何かを始めるにも「親の許可がいる」という教育を受けている場合、急に反抗的に出るのは難しいでしょう。

経済的余裕がない

学割や割引キャンペーンが適用されているとはいえ、脱毛にかかる施術費用は高額です。

未成年の場合、アルバイトをしていない学生が多く、その施術費用は親が持つことが多いです。

家計的余裕がない限り、施術費用を親に出してもらうのは申し訳ないという気持ちになって言い出せないケースが多いです。

その結果、「自己顕示欲の低下」「自信喪失」などを引き起こす場合があります。

そうなる前に、「胸の内に抑えた悩み」を正直に話せば、親も真摯に話を聞いてくれるはずです。

それでも脱毛がしたい!親を説得するならこの根拠を持って話すべき!

未成年者が脱毛サロンに通う場合、保護者の度合いを得られなければ通うことができません。

通うため、同意を得るためにも、保護者の「説得」が欠かせません。

ここから保護者を「説得」させるための交渉材料と成り得ることを4つご紹介します。

できるだけ安いプランを提供しているサロンを探す

保護者の同意を得られない理由の多くが、高額な施術費用です。

自分で支払うのであれば、納得する保護者も少なからずいるでしょう。

しかし、自分で支払えない場合、その施術費用は保護者が肩代わりすることになります。

保護者も子のためでも、支払いを拒むケースがあります。

ここでの交渉ポイントが、「できるだけ安い脱毛プランを提供しているお店を探しておく」ことです

脱毛サロン・クリニックの多くが「学割」や「割引キャンペーン」「学生限定で利用できるプラン」など、学生に需要がある取り組みをしています。

これらを基に価格安く脱毛が行える店舗を探して、いい店が見つかったらそこを交渉材料にして話を切り出してみてはいかがでしょうか。

加えて、「アルバイトを始めたら、これまでの負担分と合わせて自分で返済していく」という一言を添えると効果的です

今のうちから脱毛をするメリットを伝える

10代で脱毛するのは早いんじゃない?

って言われたら、周囲の「脱毛事情」を話してみましょう

親世代からすれば、「学生の時に脱毛をする」っていう考えがなく、自己処理で解決するものという考えがあります。

そのため、10代のうちから脱毛をするのは…と心配する気持ちがあります。

しかし、時代は変わっています。

昔以上に今では10代のうちから脱毛するのが一般化し始めています。

また、友人や知人など、実際に通われている人の話を聞いてみたっていうことを話して見るのもいいでしょう。

お試しで受けた照射テストの結果を伝える

脱毛サロンでは、契約前に1度照射テストを行っているところがあります。

これは、契約後の施術で肌トラブルに見舞われないために行う「パッチテスト」のようなものです。

「照射テストの結果を基に考えてほしい」ことを伝えれば、同意が得られるのではないでしょうか?

ムダ毛に悩んでいることをカミングアウト

最後は「ムダ毛に悩んでいることをカミングアウトする」方法です。

いざ、自分の悩みを保護者に話すのは、友人や先生に話す以上に勇気がいる行動です。

とはいえ、脱毛サロンに通われている方の多くが、ムダ毛で悩んでいる方たちです。

ここで話の肝となるのが、脱毛したいという気持ちばかりを伝えるのではなく、「毛の処理で悩んでいる」ことを説明すると、話を聞いてもらいやすいです。

保護者必見!自己処理で脱毛するのはハイリスク!

頭を抱える女性

脱毛サロンに通えない場合、当然毛の処理は自分でしなければなりません。

簡単に毛の手入れができるうえ、費用も大して掛からない「自己処理」ですが、10代の肌にはかなりの負荷がかかっていることをご存じでしょうか?

ここからは、自己処理の道具別でかかっているリスク・負荷について解説します。

自己処理をする場合、それなりの道具を使用しますよね。

代表的なアイテムといえば

  • カミソリ
  • 毛抜きピンセット
  • ブラジリアンワックス
  • 除毛クリーム

の4つでしょう。

カミソリ

コンビニや薬局などの商業施設で簡単に購入ができるカミソリ。

シェービングクリームを塗ってムダ毛を剃り落としていくわけですが、この時、毛と同時に皮膚そのものも傷つけています。

簡単に剃毛できるアイテムとして愛用している方がいますが、皮膚表面を傷つけてしまう原因を作るほか、皮膚に毛が埋まる埋没毛や時には切り傷を負うこともあります。

毛抜きピンセット

気になる毛をピンセットで抜いている人もいますが、毛を無理やり抜くのは悪影響でしかありません。

毛を抜くことで、毛穴が広がって見えない小さなゴミや雑菌が入り込んで炎症を引き起こします。

そこからニキビができるなどの肌トラブルを招きます。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスもピンセットで毛を抜く行為と同じ作用がはたらくので、おすすめしません。

最も、こちらの場合は一気に広範囲のムダ毛を根元から引き抜くので、ピンセットで抜く時よりも痛みが激しいです。

除毛クリーム

除毛クリームは、脱毛クリームなどの名前で市場に出回っています。

手軽に脱毛ができるということで、愛用している方も多いです。

しかし、除毛クリームの仕組みは、毛の主成分であるタンパク質を溶かして毛をなくしています。

そのはたらきは、毛の他にも塗布している肌にも影響しています。

さらに、作用も「肌表面上に生えている毛を溶かしている」だけなので、1~2週間すればまた毛が生えてきます。

効果が出るまで、週2~3回行う必要があり、その度に肌表面を傷めています。

まとめ

未成年者が保護者の同意を得るための「交渉材料」をご紹介すると同時に、なぜ保護者が脱毛に反対しているのか、脱毛したくても言い出せない理由トップ3のご紹介でした。

毛の悩みは10代問わず女性なら誰でも通る道です。

  • 「毛深いことがコンプレックスで周囲の人間からバカにされた」
  • 「なるべく肌を出したくない」

など、悩みを抱えたまま自信の喪失を招く学生も少なくないです。

そんな悩みを解決してくれるのが「脱毛サロン」です。

しかし、未成年が通うには「保護者の同意」が必要です。これを得るためには、保護者の説得が必須です。

説得するための交渉材料は

  • 格安プランを提供しているお店を探し出すこと
  • 脱毛するメリットを話すこと
  • 照射テストの結果を見せる
  • 毛の悩みをカミングアウトする

のいずれを持って話を切り出してみましょう。

保護者も真摯にあなたの話を聞いてくれるはずです。

おすすめ長期インターン求人おすすめ長期インターン求人

株式会社デジタルトレンズ
【WEBメディアの運用と事業の拡大を経験できる長期インターン】株式会社デジタルトレンズは2012年9月…
新宿区 
マーケティング / 広報
東京メトロ「新宿三丁目駅」徒…
週3日以上
54
2022/06/15
スパイスファクトリー株式会社
当社はインターンの方であっても戦力と考え、実案件のタスクをお任せしています!ビジネスを体感してみ…
台東区 
エンジニア・プログラマー
◎総武線「浅草橋」駅より徒歩…
週3日以上
49
2022/06/22
東晶貿易株式会社
新型コロナウイルスの影響で大学生活に退屈している学生のみなさん!アルバイトやサークルでは絶対に経…
港区 
マーケティング / 広報
六本木一丁目駅から徒歩0分(…
週2日以上
85
2022/08/05
インターン求人を探すならユアターン!

完全無料で簡単登録!

  • 就活で周りに出遅れたくない…
  • 友達はみんなインターンに参加していて不安…
  • アルバイト代わりにスキルを身に着けたい…
そんなあなたには、日本最大級のインターン求人サイト「ユアターン」がおすすめ! 気に入った求人があれば、簡単会員登録ですぐに応募できます!