不動産業界は市場規模が拡大しており、転職市場の中でも明るい業界です。そんな将来性のある業界に転職したい、と志望する人も少なくありません。
自分の資格や経験を活かしたい、といった同業他社からの転職はもちろん、未経験からの転職も多い業界です。転職を成功させるためには、ブラック企業の見分け方・避け方や自分に合う求人の見つけ方などがポイントです。

こちらでは、不動産業界への転職を目指す人に役立つ情報を集めてみました。ぜひ参考にしてみてください。

不動産業界への転職におすすめの転職エージェント10選

ここでは不動産業界への転職におすすめの転職サイト・エージェントについてご紹介します。

リクルートエージェント

求人数約7,500件(非公開求人は約2,000件)
特徴
  • 求人数が多い
  • 不動産、建築業界の求人が多い
  • 未経験やスキルに自信がない人にもおすすめ

リクルートエージェントは不動産業界に特別強いわけではありませんが、とにかく求人数が多く不動産関連の求人もたくさん掲載されているので登録しておいて損はないでしょう。公開求人はもちろんのことですが、非公開求人も多いのが特徴です。

不動産業界だと仕入れ・開発・アセットマネジメント・プロパティマネジメント・不動産管理・デューデリジェンスなどの求人を取り扱っています。

また建設業界なども含めると約60,000件以上(非公開求人は約20,000件以上)あるので、建設系に興味がある方にもおすすめです。なかには、未経験の求人もあるので学歴やスキルに自信がない方でも安心して自分にあった職場が見つけられます。

リクルートエージェントへ無料登録

不動産Career

求人数約22,000件
特徴
  • 不動産業界でたくさんの職種やこだわり条件から選べる
  • 第二新卒、既卒、業界経験でもOK
  • 企業から直接スカウトメールが来る

不動産Careerはスラッシュ株式会社が運営する、不動産業界に特化した転職サイトです。

不動産に特化した転職サイトということもあり、賃貸仲介・売買仲介・不動産企画開発・設計・住宅営業・不動産鑑定・不動産金融・テナント紹介などかなり幅広い職種から絞れるのが特徴です。ほかにも、「ノルマなし」「業界未経験歓迎」「離職率5%以下」「既卒・第二新卒OK」といった,うれしい特徴のある求人も数多く取り扱っています。経験やスキルを活かした転職がしたい方から、「経験がないから不安」といった方まで安心して見つけられます。

また不動産Careerでは、企業からのスカウトメールが届きます。自分の経験やスキルを事前にしっかりと見て企業が直接スカウトするので、比較的内定率が高いと評判です。自分の市場価値についても知れますし、より効率的に転職を進められるメリットがあります。

不動産Careerのサイトでは、不動産転職に役立つコラムや注目企業へのインタビュー記事なども掲載されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

いえらぶ不動産転職

求人数約4,000件
特徴
  • 不動産、管理、建設、建築に特化した転職エージェント
  • アルバイト、パート、業務委託なども取り扱う
  • 地方での求人にも対応

いえらぶ不動産転職は、不動産転職の専門スタッフが転職をサポートしてくれる不動産・管理・建設・建築に強いエージェントサービスです。あらゆる不動産業界の職種だけではなく、正社員・契約社員・アルバイト・パート・業務委託といった雇用形態から選べるのが特徴です。地方の求人にも対応しているので、ライフワークバランスを重視したい方からUターン・Iターンを目指す人にもおすすめです。

選べる特徴もさまざまあり、未経験者歓迎から経験者、幹部候補、建築系有資格者歓迎など、不動産業界でのキャリアアップも充分目指せます。

いえらぶ不動産転職では、LINEでも転職相談に乗ってくれるので、なかなか転職活動に時間を割けられない方や、とりあえずキャリアについて相談してみたい方はぜひ登録してみましょう。

doda

求人数約27,000件
特徴
  • 求人数が多い
  • 転職サポートが手厚い
  • 転職に役立つツールが豊富

dodaも不動産業界に特化したサイトというわけではありませんが、求人数の多さとサポート力の手厚さに定評のある転職サイトです。主に不動産業界は、不動産仲介・不動産管理・設備管理・土地活用・不動産金融・建築系なども網羅しています。業界経験者。未経験者問わず利用できるので登録しておいて損はないでしょう。

またdodaでは、「エージェントサービス」「スカウトサービス」があり、業界に精通した専門のスタッフから自分に合った求人を紹介してくれたり、企業から直接スカウトメールが届きます。求人紹介だけではなく、書類添削・面接対策なども徹底的にサポートしてくれるので、初めて転職活動する方にもおすすめです。

dodaのサイトには、最新の転職市場の動向や133種類の業界別の職務経歴書テンプレート、転職活動のポイント、自己PR診断ツールなど豊富に揃っています。不動産業界への転職に有益な情報なども載っているので登録しておくといいでしょう。

dodaへ無料登録

宅建Jobエージェント

求人数約3,000件以上
特徴
  • 登録者の約30%以上が業界未経験者
  • とくに売買仲介、販売営業に強い
  • 不動産業界に精通したキャリアエージェントが在籍

宅建Jobエージェントは不動産業界専門の転職支援サービスです。月間2,000名以上が登録しているので信頼度も高めです。おもに取り扱う職種には、売買仲介・販売営業・賃貸営業・不動産管理・事務・仕入れ・開発などに強みを持っています。全国の求人に対応しており、地域密着型の中小企業から大企業まで取りそろえているので、自分に合った職場が見つかる可能性が高いです。

不動産業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているので、求職者の希望やキャリアについて親身に相談に乗ってくれます。

宅建Jobエージェントから転職に成功した人の約30%以上は未経験者なので、未経験での転職を目指す人にもおすすめです。スマホ一台あれば、LINE・電話・メールで気軽に転職活動ができるのもうれしいポイントです。

不動産&建設転職エージェント

求人数非公開
特徴
  • 不動産業界の情報量が豊富
  • 有資格者から未経験者まで対応
  • 特別採用ルートがある

不動産&建設転職エージェントとは、不動産プラットフォーム事業を展開するり便・テクノロジーズ株式会社が運営する人材紹介サービスです。不動産・建設会社の求人をメインで取り扱っているため、情報量の多さや企業とのパイプが強いのが強みです。実際、全国1,700社以上の企業が加盟しているといわれているので、とにかく多くの選択肢から探した人におすすめです。

宅建士や管理業務主任者、建築士などの有資格者はもちろんのことですが、業界未経験や第二新卒歓迎の求人も数多く取り扱っているので、スキルや経験に自信がない方でも安心です。

また、不動産不動産&建設転職エージェントでは独占求人や、選考が一部免除された特別採用ルートも用意されているので、「とにかく早く転職したい」人にも向いています。

不動産&建設転職エージェントのサイトには、不動産業界への転職ノウハウやコラム、それぞれの選考対策などが掲載されているのでまずは登録してみるといいでしょう。

不動産キャリアエージェント

求人数非公開
特徴
  • 大手企業~中小企業まで取り扱う
  • 年収600万~1,000万円の求人多数
  • 未経験者には向かない

不動産キャリアエージェントは、先ほど紹介した「不動産Career」と同じスラッシュ株式会社が運営するエージェント型のサービスです。大手企業から中小企業の求人まで豊富に取り揃えており、職種も賃貸管理・売買仲介・投資用不動産販売・アセットマネージャーまであります。不動産キャリアエージェントには、年収600万円~1,000万円の求人を半数近くあるので、年収アップ・キャリアアップを目指す人にもおすすめです。

また不動産キャリアエージェントでは、業界のトレンドや内情を熟知した担当者が相談に乗ってくれます。「そもそも転職するべきか迷っている」かたから「今後のキャリアについて相談したい」といった方まで気軽に相談できるのもポイント。転職を急かすこともなく、長期的なキャリアプランについても一緒に考えてくれます。

ただし不動産キャリアエージェントは、基本的に経験者向けのエージェントなので、全くの未経験者や求められるスキルに達していないとやや厳しい印象です。

リアルエステートWORKS

求人数約4,800件
特徴
  • 業界の内情や職場の雰囲気に詳しい
  • キャリアアップ、年収アップが目指せる
  • 不動産業界の実務経験があるコンサルタントが在籍

リアルエステートWORKSは、株式会社BEYOND BORDERSが運営する、不動産業界に特化した人材紹介サービスです。担当者が企業と求職者の間に立って双方をサポートしているので、企業が求める人物像や職場の雰囲気について詳しく知れるメリットがあります。ほかにも、本当に求職者と企業との相性が合う求人を紹介してくれるので、ミスマッチも低めです。

不動産業界の求人は約3,000件以上あり、主に営業職や管理(PM・BM・AM)・事務職・建築・設計職などをメインに取り扱っています。業界未経験でもOKから年収1,000万円を狙える求人、女性が活躍できる職場まで掲載されており、スキルがない方から稼ぎたい人まで対応しています。

リアルエステートWORKSのサイトでは、不動産業界の詳しい情報や転職時に気を付けるべきポイント、内定者のインタビューなども掲載されているのでチェックしておくといいでしょう。

リアルエステートWORKSへ無料登録

パソナキャリア

パソナキャリア 

求人数約3,600件
特徴
  • ハイクラス求人が多い
  • 利用者の半数以上が年収アップを実現
  • オリコン顧客満足度4年連続ナンバーワン

パソナキャリアは、人材派遣において業界最大手のパソナが運営するハイクラス転職におすすめの転職エージェントです。不動産業界に強いわけではありませんが、不動産業界の求人数も業界に特化した他サイトに比べてもそん色ありません。

パソナキャリアには年収800万円以上の高年収求人も多く、実際にパソナキャリアの利用者の半数以上は年収アップを実現させています。不動産業界だと、不動産賃貸・不動産売買・仲介・メンテナンスリフォームといった幅広い職種を取り扱っています。

地方転職や正社員以外の雇用を目指す人にも対応しているので、チェックしておくことをおすすめします。

パソナキャリアには豊富な知識や経験のあるキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、キャリアアップ・年収アップを目指す人はぜひ利用してみて下さい。

PASONAへ無料登録

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

求人数約15,000件
特徴
  • ハイクラス向けの転職スカウトサービス
  • 高ポジションクラスを目指せる
  • 「スカウト」を受け取れる

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万~2,000万円の求人を多数掲載しているハイクラス向けの転職スカウトサービスです。不動産業界だと、不動産仲介・不動産管理・デベロッパーなどの求人を取り扱っています。なかには、広報部長や管理職、マネージャークラスといった高ポジションの掲載もあるので、キャリアアップも目指せます。

また登録すれば、自分のレジュメを見たヘッドハンターや企業から直接スカウトを受け取れるのも、リクルートダイレクトスカウトの特徴です。非公開の求人とも出会えるので、思わぬ優良求人が見つかる可能性も高めです。

リクルートダイレクトスカウトのサイトには、書類作成のテンプレートや面接対策など、転職に役立つコラムなどもあるのでぜひ見ておくといいでしょう。

リクルートダイレクトスカウトへ無料登録

不動産管理会社に未経験で転職するには?失敗しない求人の選び方 

不動産業界とは?

不動産業界とは一般的に、土地や建物に関わる業界のことを指し、おもに「開発」「仲介」「管理」の3つの分野に分けられます。担当する企業も分野によって異なり、開発の場合だと総合デベロッパーやハウスメーカーに携わることになります。

また、仲介の場合は不動産販売代理会社や不動産仲介会社などに従事する形となり、管理は不動産管理会社で働くことになります。不動産業界だと通常、おもに上記にあるところの仲介を担当することが多いといわれています。

不動産営業の平均年収

不動産業界で特に転職者が多いとされる営業職の平均年収は、おおよそ400万円~450万円程度だとされています。他の営業職と比べると、特に医療系の営業よりかは低い傾向にあります。

しかし不動産営業の場合だと、どれだけ土地や物件を売ったかといった完全出来高制になることが多いので、もちろん自分の能力やスキル次第では年収アップも狙えます。

また取り扱う物件の価格が高かったり、物価の高いエリアでの営業ならさらに収入に反映されるケースもあります。

2023年の不動産業界の転職市場を現況から予測する 

不動産業界の業種

ここでは、不動産業界の業種ごとの特徴について解説します。

投資用不動産営業

とくに投資用不動産の営業は、そのまま契約締結の成果が自分の年収に直結する職種です。

しかし営業職の仕事は数字への意識がかなり強いことから、その分プレッシャーが大きいことが予想されます。ノルマを達成するために多すぎる業務を課せられることも。不動産は土日の方が物件を探す人が多いので、友達と遊べなくなったり深夜残業も避けられません。

とにかく短期間で年収アップを目指したい人やモチベーションの高い人、競争心の強い人には向いているといえるでしょう。

賃貸営業

賃貸営業は投資用不動産営業に比べると、シフト制である職場が多いため安定して休みが取りやすいでしょう。

ただし、引っ越しの時期である3月~4月は特に繁忙期にあたり、管理会社との連絡なども重なるためかなり忙しくなります。さらに成果につながらないと、年収には反映されないので、高年収を目指すのなら向上心は必須でしょう。

売買仲介

不動産業界の中でも、なるべくワークライフバランスを重視したい方は売買仲介に就くのがおすすめです。

ワークライフバランスがとりやすい理由としては、売買仲介の職種は比較的不動産業界の中でも有休がとりやすいと言われており、夜のアポなどがなければ定時退社もしやすいことなどが挙げられます。

しかし一方で売買仲介は、クライアントの都合に合わせて働くことになるので、一度担当すると転職しづらいといったデメリットがあるので要注意です。

また、大手の売買仲介はとくに優秀な人材を獲得しようとする傾向があるため、実務経験の長さだけではなく、宅建といった資格を持っていなければなかなか難しいかもしれません。

不動産業界への転職を成功させるコツ

経験があってもなくても不動産業界への転職を成功させるにはいくつかのコツがあります。そこでここでは、不動産業界への転職のポイントについていくつかご紹介します。

コミュニケーション力を高める

不動産営業はさまざまな年齢や条件、立場の人と接する仕事なので、高いコミュニケーション力が求められます。

単に明るかったり、営業トークができるだけではなく、不動産というかなりのお金が動く商品を取り扱う以上、しっかりとした知識を持ち説明できなければいけません。人に何かを説明するのが上手かったり、長所やポイントを効果的に伝えられたエピソードなどがあると望ましいでしょう。

また不動産はいかに物件や土地を売ったかといった結果が重視される業界なので、向上心の高さなども必須です。不動産業界は未経験であっても、営業経験などがあればスキルの高さや忍耐力があるなどとプラスイメージにつながります。

資格を取得する

不動産業界には、宅建士以外にも取っておくと重宝される資格がいくつかあります。ここでは、「宅建士」「ファイナンシャルプランナー」「管理業務主任者」の3つの資格についてご紹介します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産業界において最も重宝される資格です。職場によっては、週者後に資格取得を義務付けられたり、推奨されるところもあるほどです。

宅地建物取引士の資格を持っていれば、不動産売買や交換、賃借における説明や記名、押印などの重要度の高い業務ができるようになります。

法律では原則、事務所内にいる5人の従業員のうち1人が宅地建物取引士の資格を持っていなければならない決まりがあります。規模が大きければ大きいほど資格保持者の人数も多くなければいけないので、始めから持っている人材はとくに採用されやすいでしょう。

企業によっては、宅地建物取引士の資格を持っていれば、資格手当として月に数万円程度がつくこともあるので、持っておいて損はありません。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは一見、不動産業界には関係ないと思うでしょう。

しかし相続や税金対策として不動産を売買する人も多く、ファイナンシャルプランナーの知識を必要とされるシーンはたくさんあるのです。

ファイナンシャルプランナーとは具体的に、ライフプランに基づいた資金計画やアドバイスをするのに知識があることを証明する資格のことです。資格自体は1級~3級まであり、もし不動産業界でアピールしたいのなら2級以上を目指すのが望ましいでしょう。

管理業務主任者

管理業務主任者とは、おもにマンションの委託契約に関する重要事項説明や管理事務といった報告をおこなう知識があると示せる資格です。

マンションの管理会社であれば、事務所ごとに専任の管理業務主任者を設置しなければいけないと決まっているので、希望の職場がマンション管理などをおこなうところであれば重宝されるはずです。

不動産営業から転職したい、女性の営業経験者の転職先の選び方 

不動産業界の中で未経験転職しやすい求人の選び方

賃貸物件の仲介営業なら業界に入りやすい

不動産業界の仕事の中でも不動産業界の入り口として比較的入りやすいのは、賃貸物件の仲介営業です。賃貸物件の営業は、基本的に飛び込み営業や電話営業でアポ取りなどはありません
物件提案から契約や更新、入居から退去までの一連の流れを経験できるのもメリットです。
いきなり不動産販売をするのはハードルが高いので、物件の賃貸管理や営業職から始めると、後々の勉強にもなります。

長く働きたいならマンション管理・リフォーム分野がおすすめ

マンションの管理やリフォーム分野については、継続的な需要が見込めるため、不動産界で市場規模が拡大しており、将来性のある市場です。稼ぎたいのであれば、不動産事業企画・プロパティマネジメントが狙い目です。
しっかりした研修制度がある、歩合給の割合が高すぎないなど社員に寄り添う姿勢が見られる企業の求人を探すのが理想です。また、コンプライアンスや内部統制、組織的管理的な側面がしっかりしている企業だと安心して就職できます。

繁忙期だけの派遣求人・ブラック求人もある業界

大手になると、常時コストの掛かる社員を抱えることはせず、年度末あたりの繁忙期だけ人員を増やす傾向があります。また、正社員の募集はなく、派遣や契約社員など非正規雇用の求人が多い傾向があります。
ブラック企業も多いので、ノルマなど企業の内情を調べたり、営業の給与体系で歩合給の割合はどれくらいかを事前に把握しておくと安心です。
階級には企業ごとのルールがあるので、企業の特徴を調べるのも得策です。

不動産業界から異業種転職しやすい転職先

不動産業界はノルマが大きくて、残業など拘束時間も長いイメージがあります。そして、個人プレーヤーが多いとか、客待ちだけの営業で法人営業経験もない、といった先入観を持たれやすい業界です。
不動産業界から異業種への転職で今までの知識や業界経験、取得した資格を活かしたいなら、不動産管理会社の事業企画やクレーム対応業務といった職種がおすすめです。
営業ならルート営業などノルマに縛られないこと、飛び込み営業がない、勤務時間の長さが常識の範囲内といったところが応募しやすい求人の条件です。

ブラック企業を見極めることが重要

不動産業界はブラック企業とそうでない企業との差が大きいという特徴があります。固定給の割合が少ないとか、残業時間、職場の雰囲気や営業ノルマの有無など企業の詳しい内情をいかに正確に把握するかが、ブラック求人を避けるためのポイントになります。
また、自分が働いている企業がブラックなだけで、同業他社なら現状の悩みが解消される可能性もあるので、同業他社に転職するのも一つの方法です。

不動産業界に未経験で転職するには?志望動機や有利な資格、稼げる求人の選び方 

不動産業界は高収入を目指せる業界!

今回は不動産業界への転職におすすめの転職サイトやエージェントについてご紹介しました。不動産業界は大手の転職サイトでもほとんどといっていいほど求人の取り扱いがありますので、比較的見つけやすい業界だといえます。

また、不動産や建築業界に特化した転職サイト・エージェントも多数あり、どちらも並行しながら利用すればより自分の希望条件に近い求人が見つかる可能性が高いのでおすすめです。未経験からの転職でもキャリアアップも目指せるので、自分に合った転職サイトやエージェントを見つけるのが何よりも大事です。

不動産業界は取り扱う商品自体が高額だということもあり、ほかの業界に比べると年収が高かったり、営業だとインセンティブが付きやすい傾向にあります。

しかし一方で、土日出勤や深夜残業、クライアントに都合を合わせなければいけない特殊な業界でもあるので、自身のライフプランに合わせて職種や職場を見つけるようにしましょう。

不動産業界向け転職エージェント・転職サイト23社の比較表

転職サイト・エージェントレビュー
リクルートエージェント圧倒的な求人件数を誇る、転職業界を代表する大手エージェントです。未経験OKの求人や幅広い業種・職種の求人に対応してくれるので、登録しておいて損はありません。
RSG Real-Estate Agent不動産業界に特化した転職エージェント。月収UP率が99%の良質求人と高いマッチング力、RSGオリジナル面接対策、フォロー体制で、入社までサポートしています。
ビズリーチ登録されたヘッドハンターによる、ハイキャリア層にターゲットを絞った転職エージェントです。キャリアアップや年収アップの可能性が広がります。
JACリクルートメント大企業をはじめ、外資系やグローバル求人など、ハイキャリア層の活躍の場を広げてくれます。きめ細かいサポートに定評があり、利用者の口コミや紹介で支持が広がっている、実力派のエージェントです。
宅建Jobエージェント不動産/建設業界に特化したエージェントです。企業とのコネクションも強く、現場の内部情報にも詳しく、新卒・第二新卒から、ミドル層、ハイキャリアまで対応 ※東京、神奈川、埼玉、千葉のみ対応です。
パソナキャリア年収アップ成功率が約67%と高いのが特徴です。企業とのコネクションも強く、きめ細かいサポートに定評があります。正社員転職に強みを持ち、転職後のフォローもしっかりしています。
※現在24〜45歳程度で関東・関西・東海在住の方限定です。
type転職エージェント転職情報誌で知られ、求人サイト・エージェント機能どちらでも利用できます。首都圏での転職を目指す人向けの求人が中心です。不動産業界にも強く、独自案件も豊富です。
Spring転職エージェント専任のキャリアコンサルタントが、企業と求職者の両方を担当し、ミスマッチを防ぐことに重きをおいています。東京・大阪・名古屋に200名超のコンサルタントが在籍し、大都市で転職したい人におすすめです。
マイナビエージェント業界別・職種別にキャリアコンサルタントを置いていて、より専門性の高いアドバイスを受けられます。独自の非公開求人が約8割と多いのが特徴です。
※現在20〜39歳まで関東・関西在住の方限定です。
doda業界第2位のスケールで、転職エージェントとしての機能プラス求人サイトとしても利用できます。非公開求人が8割超で、営業職・技術職の求人に強みを持っています。
リブロ不動産キャリア不動産業界に特化した求人サイトです。未経験から宅建取得者まで扱うキャリアも幅広く、働き方の選択肢も豊富です。首都圏・関西圏の求人が中心です。
いえらぶキャリア不動産業界・建築業界の特化した転職サイトで、サイト経由での転職成功者には嬉しいお祝い金制度もあります。宅建資格取得に向けたサポートもあり、不動産業界で働きたい人はぜひ見ておきたいサイトです。
宅なびサイトから企業に直接応募できる、不動産業界に特化した転職サイトです。求人は全国対応しているので、IターンやUターンを考えている人にもおすすめです。使いやすい、シンプルなサイトです。
建築WALKER設計や建築施工・施工管理、不動産営業など、不動産や土木・建築業に関わる幅広い職種を扱っています。求人を資格から検索できる機能が便利です。新卒求人や未経験歓迎の求人もあります。
サンライフ・クリエイション三井不動産グループの転職エージェントで、不動産業界を中心に建設・金融などグループのコネクションを活かした求人を扱っています。人材派遣にも力を入れています。
不動産広場求人件数は少ないですが、東京・神奈川・千葉・埼玉の求人を主に扱う、不動産業界に特化した転職サイトです。売買・賃貸仲介や不動産鑑定士など職種別に求人が検索できます。
ビルメン転職ナビマンション管理や清掃、設備管理など不動産の管理や補修などの求人を主に扱う転職サイトです。求人件数は少ないですが、職種を絞って転職を希望している人にはおすすめです。
SFX Management不動産金融に特化した転職エージェントで、REITや投資銀行など専門的な求人を扱っています。銀行・証券業ともつながりが深いエージェントです。
リクナビNEXT業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。自分の条件に見合う求人が届くスカウトメールを利用すれば、在職中でも転職活動を進められます。転職市場動向を把握するのにもおすすめです。
マイナビ転職マイナビブランドで独自求人が約8割と充実している転職サイトで、毎週火・金に新着求人が更新されます。応募書類の書き方や面接指導などサポート体制も充実しています。
エン転職利用者満足度が約98%と高い評価を得ている面接サポートが人気です。大手企業の求人や経験者向けの求人が中心で、キャリアアップを目指す人におすすめのエージェントです。
エリートネットワーク20代、30代の若い世代に強みを持つ転職エージェントです。不動産業界の求人も、職種別に幅広く揃っています。サイトには転職体験談がたくさん掲載されていて参考になります。
Daijob.com外資系企業やグローバル企業に特化した転職サイトで、外資系の不動産業や資産査定、アセットマネジメントなどの求人も扱っています。グローバルに活躍したい人におすすめです。
アンテロープ金融・コンサル・不動産業界の求人に強みを持つ転職エージェントです。エグゼクティブ向けの案件が揃っています。キャリアに自身があり、更にステップアップを目指す人におすすめです。
イーキャリアソフトバンクグループの転職サイトで、不動産業・建築業の求人も豊富に揃っています。ソフトバンクの信頼度で上場企業の求人や非公開求人も多数扱っています。Web履歴書によるスカウト機能が便利です。

まとめ

将来性のある業界と言われる不動産業界ですが、企業によってはブラックだったり、いざ入ってみたら思っていた条件と違うといった現実があることは否めません。不動産業界への安心・確実な転職を目指すなら、転職エージェントの活用が成功への近道です。

エージェントにはそれぞれ特徴があり、強みを持っている分野があります。自分の目的や価値観に合う転職エージェントを探して、目指す企業への転職を手に入れてください。