多くの実績を持つ40代は、ハイクラス転職によって、年収アップやキャリアアップを実現できる可能性があります。

今回は、40代ハイクラス転職の実態を確認していきましょう。

40代ハイクラス転職が難しいと言われる理由や、企業が求める条件、成功させるポイントなどを解説していきます。

また、40代ハイクラス転職で年収アップしやすい業界・職種や、40代未経験でのハイクラス転職は可能なのかといったこともお伝えします。

なお国税庁「令和4年分 民間給与実態統計調査」によると、日本の平均年収は458万円です。

しかしハイクラス転職の年収相場は800万円以上なので、うまくいけば、平均の約2倍の年収が得られます。

この記事の結論
  • 40代のハイクラス転職では、マネジメントスキルや専門性の高さはもちろん、組織運営関係の能力や変革を成功させた経験も重宝される
  • 40代ハイクラス転職は難しい
  • 企業のニーズに合わせて自分の実績をアピールすることが大切
40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

40代におすすめの転職エージェントを10社厳選!後悔しない男性・女性向け人気サイトを比較

1位
DODA|手厚い求人紹介サービスを受けたいならココ!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約245,000件
おすすめポイント
  • 求人の質が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • 地方でも良い求人が多い
2位
type転職エージェント|専属のキャリアアドバイザーサポート!
おすすめ度
★★★★★
求人数
約10,000件
(※1都3県のみ)
おすすめポイント
  • サポートが丁寧
  • 年収UPの転職が見込める
  • IT・Web系の求人に強い
3位
DYM就職|未経験からの転職に強い
おすすめ度
★★★★★
求人数
非公開
おすすめポイント
  • 既卒・フリーターの就職に強い
  • エージェントが徹底サポート
  • 未経験からの就職に強い
目次
  1. 40代ハイクラス転職が難しい理由
  2. 40代ハイクラスが検討できる転職先
  3. 40代ハイクラス転職は未経験でも可能か
  4. 40代ハイクラス転職で求められる経験・スキル
  5. 40代ハイクラス転職を成功させるポイント
  6. 40代ハイクラス転職の注意点
  7. 40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント・転職サイト
  8. 40代ハイクラス転職に関するよくある疑問
  9. 40代ハイクラス転職を成功させよう

40代ハイクラス転職が難しい理由

40代でのハイクラス転職は、一般的な転職よりも難しいです。

40代のハイクラス転職では、即戦力としての豊富な実績が求められます。

加えて求人自体が少なく、企業も40代の採用に対して、慎重な姿勢を取る傾向があるためです。

40代のハイクラス転職が難しい理由
  • 即戦力になれる実績が必要
  • 求人数が少ない
  • 企業は40代の採用に対して慎重
  • 企業側の求める基準が高い・条件が細かい
  • 年収の希望がマッチしないケースも多い

即戦力になれる実績が必要

40代のハイクラス転職では、企業から採用後すぐに成果を上げられる能力が期待されます。

これまでのキャリアで、具体的な成果を出しているかどうかが重要です。

アピールできる実績を持っていないと、40代でのハイクラス転職は難しいと言えます。

求人数が少ない

40代でのハイクラス転職が難しい理由として、そもそも応募できる企業を見つけにくいという点が挙げられます。

ハイクラス向けのポジションは限られているので、求人の数が少ないです。

また転職市場では若手の需要が高いので、年齢が上がれば上がるほど、応募できる求人の選択肢が減ります。

40代のハイクラスにふさわしい転職先も、多くはないのが現実です。

優良企業のハイクラス求人に多くの応募者が殺到し、競争率が高くなるケースも見られます。

企業は40代の採用に対して慎重

企業は40代の採用に対して慎重だという点も、40代のハイクラス転職が難しい理由です。

「40代」という年齢が、企業からネガティブに捉えられることもあります。

企業は40代に対して、「新しい環境に順応できるのか」「仕事の進め方に柔軟性があるのか」といった点を懸念するためです。

また、40代は20代や30代よりも今後活躍できる年数が少ないので、「同じ採用コストをかけるなら、長期的に活躍してくれる若い人を採りたい」と考える企業も存在します。

企業側の求める基準が高い・条件が細かい

40代のハイクラス転職では、企業側の提示している採用条件が、ハイレベルです。

特定の細かいスキルセットや、豊富な経験が必要とされるだけでなく、リーダーシップや戦略的思考能力も求められます。

これらの条件を全て満たすのは、容易ではありません。

年収の希望がマッチしないケースも多い

40代での転職となると、現状の年収を維持するか、上げたいと考えるのが一般的です。

「家庭を持っている」「ローンを組んでいる」などの事情によって、年収をどうしても下げられない40代もいます。

しかし、企業が提示する年収が、求職者の希望とマッチしないことも多いです。

特に中小企業では、予算の制約があるため、高い年収の提示が難しい場合もあります。

ハイクラス転職だからといって、必ず年収アップするわけではない点に注意が必要です。

ハイクラス転職は難しい?必要なスキル・転職成功のポイントを解説

40代ハイクラスが検討できる転職先

ハイクラス転職,40代

40代のハイクラス転職では、どんなポジションを狙えるのか、知っておきましょう。

40代ハイクラスが検討できる転職先
  • スタートアップ企業の経営幹部
  • 管理職
  • 専門職

スタートアップ企業の経営幹部

スタートアップ企業の経営幹部は、40代の豊富なビジネス経験を活かせる転職先です。

新規事業の立ち上げや、経営戦略の策定など、経営に関する深い知識と実践力が求められます。

ただしスタートアップ企業は、必ず軌道に乗るとは限りません。

しかし企業の成長を直接支える役割を担うため、大きなやりがいを感じられるでしょう。

なお経営に直接関わる社長や会長、専務、執行役員などのポジションのことを、「エグゼクティブ」と呼びます。

管理職

部長や課長といった管理職へのハイクラス転職も、40代にとって有力な選択肢です。

部門を統括し、チームを牽引する立場を任されます。

マネジメントスキルやリーダーシップを発揮する場面が多く、部下の育成や、組織の発展に寄与できる点が魅力です。

専門職

高度な専門知識と経験を持つ40代は、専門職としてのハイクラス転職も検討できます。

例えば、IT、金融、医療などの分野では、専門性が高い人材の需要が高いです。

自身の専門知識を活かして、企業に貢献することが期待されます。

専門領域でのキャリアをさらに発展させられるでしょう。

40代ハイクラス転職は未経験でも可能か

40代ハイクラス転職は未経験でも可能か、確認していきましょう。

結論からお伝えすると、40代ハイクラス転職は未経験でも可能です。

しかしこれは、今まで別の業界で培ってきた経験を活かせる分野に限ります。

今までの経験が活かせない未経験の業界へのハイクラス転職は、難しいです。

40代ハイクラス転職は未経験でも可能か
  • 経験を活かして異業種転職も可能
  • まったく未経験でのハイクラス転職は難しい

経験を活かして異業種転職も可能

これまでの経験を活かして即戦力になれる分野なら、40代で異業種へのハイクラス転職も可能です。

今までと共通のスキルセットが求められる分野であれば、比較的スムーズに転職できます。

たとえば、マーケティングやプロジェクトマネジメントなどは、業界を問わず専門的なスキルを発揮可能です。

まったく未経験でのハイクラス転職は難しい

40代がまったく未経験の分野でハイクラス転職を目指すのは、非常に難しいと言えます。

40代のハイクラス転職では、即戦力が求められます。

今までのスキルをまったく活かせない、未経験の職種や業界への転職は、困難です。

まったくの未経験の分野に挑戦したい場合は、「ハイクラス転職にこだわらない」「現職で関連するスキルや知識を身につけてから転職を検討する」などの工夫が必要となります。

ハイクラス転職とは?年収相場や難易度・求められる条件を解説

40代ハイクラス転職で求められる経験・スキル

40代のハイクラス転職では、特に次の経験やスキルが求められます。

40代ハイクラス転職で求められる経験・スキル
  • マネジメントスキル
  • 高度な専門スキル
  • 組織運営関係の能力
  • DX・働き方改革などの「変革」の経験
  • グローバルな視野
  • 柔軟性

マネジメントスキル

マネジメントスキルは、40代のハイクラス転職において非常に重要です。

チームメンバーを指導する能力や、プロジェクトを管理し、成功に導く能力が求められます。

単独ではなく他のメンバーを巻き込んで成果を上げ続けるための戦略立案をした経験や、実行力が高く評価されます。

高度な専門スキル

専門職か、管理職かに関係なく、高度な専門スキルは40代ハイクラス転職の必須条件です。

業界や職種に関する専門知識が求められます。

採用担当者に強い印象を与えるには、これまでのキャリアで培った専門スキルを活かして、成果を上げた経験を示しましょう。

組織運営関係の能力

40代向けのハイクラス求人は、組織の運営に携わるものが多いです。

経営に近いポジションを任されることもあります。

そのため、組織運営関係の能力もあると、応募できる求人の幅が広がるでしょう。

会社全体の方向性や、競合の動きを把握する姿勢も必要です。

DX・働き方改革などの「変革」の経験

デジタルトランスフォーメーション(DX)や働き方改革といった、「変革」を起こした経験は、現代の企業が求める重要なスキルです。

これらのプロジェクトをリードした経験があると、企業に対して大きな価値を提供できると評価されます。

なおDXとは、簡単に言うと、デジタル技術の活用でビジネスを変革することです。

グローバルな視野

グローバルな視野も、40代のハイクラス転職において重要な要素です。

多国籍企業での勤務経験や、海外プロジェクトの経験があると、国際的なビジネス環境に対応できるとして高く評価されます。

語学力や異文化理解などのスキルが必要です。

柔軟性

企業は40代に対して、「新しい価値観や環境、仕事の進め方に順応できないのではないか」という印象を抱きがちです。

そのため、柔軟性があることも示す必要があります。

ビジネス環境の変化や、新しい業務に迅速に適応し、変化を受け入れる姿勢が必要です。

また、多様なバックグラウンドを持つチームメンバーとの協働も重要となります。

40代ハイクラス転職を成功させるポイント

40代のハイクラス転職を成功させるには、戦略的な準備と、自分の強みを効果的にアピールすることが重要です。

以下では、40代ハイクラス転職を成功させるための、具体的なポイントについて解説します。

40代ハイクラス転職を成功させるポイント
  • キャリアの棚卸しをする
  • 人材募集の背景や企業が求めるスキルを見極めてアピール
  • 成果と一緒に過程を説明する
  • 条件に優先順位をつける
  • 業界・職種を絞りすぎない
  • 希望条件を絞りすぎない
  • 条件に合う企業を根気よく探す
  • 入社時から肩書きを求めすぎない
  • スキルセットによって希少性を高める
  • リスキリングに取り組む

キャリアの棚卸しをする

キャリアの棚卸しとは、これまでのキャリアを時系列順で振り返り、実績や身につけたスキルを整理することです。

自分の強みや経験を、明確に把握できます。

今までの経験が転職先でどのように役立つか、アピールしやすくなるでしょう。

人材募集の背景や企業が求めるスキルを見極めてアピール

いくら素晴らしいスキルを持っていても、応募先の企業が求めていない能力であれば、採用に至りません。

企業が求めるスキルや、人材募集の背景をしっかりと把握し、ニーズに合わせて自分の強みをアピールすることが大切です。

求人情報を見るだけではなく、ホームページやメディアのインタビュー記事などに目を通すと、企業のビジョンや課題を深く理解できます。

これらの情報から、どんな人材を求めているのか分析し、その内容に沿った自己PRをしましょう。

成果と一緒に過程を説明する

単に「〇〇万円の売り上げを達成した」と成果をアピールするだけでは、再現性が低いと判断されかねません。

成果を出すまでの過程も詳しく説明することで、転職先でも同じ成果を再現できると示しましょう。

どのような困難を、どのような方法で乗り越え、成果を達成したのか伝えると、説得力が増します。

業界・職種を絞りすぎない

40代は、業界・職種を限定して転職先を探す人が多いです。

しかし業界・職種を絞りすぎると、応募できる求人が限られてしまいます。

自分のスキルや経験を活かせる可能性がある、異業界・異職種の求人にも目を向けることが大切です。

広い視野で転職活動を進めることで、思わぬ好機に巡り会えることもあります。

希望条件を絞りすぎない

40代のハイクラス転職では、希望条件を絞りすぎないことも大切です。

年収や勤務地などにこだわりすぎないほうが、自身にマッチした求人を見つけられます。

家族と話し合い、条件を緩和できないかどうか検討しましょう。

条件に優先順位をつける

希望条件を絞りすぎないほうが、応募できる求人が増えるとはいっても、絶対に譲れない条件は決めておくべきです。

条件には、優先順位をつけましょう。

年収、勤務地、仕事内容など、自分にとって譲れない条件と、妥協できる条件を明確にしておきます。

優先順位を明確にしておくと、企業選びの迷いも減るでしょう。

条件に合う企業を根気よく探す

40代ハイクラス人材の転職先は、数が多くありません。

少ない求人の中から、条件に合う企業を見つけるには、根気よく求人情報をチェックし続けることが必要です。

あきらめずに探し続けることで、理想の企業と出会える可能性が高まります。

入社時から肩書きを求めすぎない

40代はハイクラス転職において、「部長」「マネージャー」などの肩書きにこだわる傾向があります。

特に今まで役職に就いていた人は、この傾向が強いです。

しかし役職なしで採用し、成果に応じて昇格させたいと考える企業も多く存在します。

入社時から肩書きを求めすぎると、選択肢が狭まってしまうので、柔軟な姿勢で挑戦しましょう。

スキルセットによって希少性を高める

40代ハイクラス転職では、他の応募者との競争を勝ち抜く必要があります。

自分のスキルセットを、他の求職者と差別化し、転職市場での希少性を高めましょう。

たとえば「マーケティング×語学力」というように、スキルを組み合わせることで、企業からの評価が高まります。

特に、需要の高いスキルセットを備えることが重要です。

リスキリングに取り組む

リスキリングとは、時代の流れに応じて、新しいスキルを身につけることです。

リスキリングに取り組むと、転職市場での競争力を高めることができます。

たとえばデジタル技術や、最新のビジネストレンドに関するスキルの習得です。

企業からのニーズに応えやすくなります。

40代ハイクラス転職の注意点

40代でのハイクラス転職は、年収アップやキャリアアップなどのメリットがある一方で、覚悟しておくべき点も存在します。

40代ハイクラス転職の注意点
  • 長期戦になりやすい
  • 業務量や責任が増す可能性も考慮する
  • 実績や人間関係をゼロから築いていく必要がある
  • 即戦力になれなければ会社に居づらくなる
  • 仕事内容や裁量にギャップを感じる可能性がある

長期戦になりやすい

40代のハイクラス転職は、求人数が限られているため、短期間での成功は難しい傾向です。

希望する条件に合った企業を見つけるには、時間がかかる可能性があります。

長期戦を見据えた、計画的な転職活動をおこないましょう。

業務量や責任が増す可能性も考慮する

ハイクラス転職をすると、今までよりも業務量や責任が、大幅に増える場合もあります。

特に管理職や、リーダーシップを求められるポジションへの転職では、業務の負担が増える可能性を覚悟しておくべきです。

事前に仕事内容や、求められる具体的な成果をしっかり確認し、自分のキャパシティを見極めましょう。

ワークライフバランスを重視したい人は、特に慎重になるべきです。

実績や人間関係をゼロから築いていく必要がある

40代でハイクラス転職をすると、人間関係や実績が一度リセットされます。

慣れ親しんだ環境を離れて、人間関係をゼロから築き直すのは、なかなか大変です。

また、前職で活躍していた人でも、転職後は初心にかえって成果を積み重ねていく必要があります。

即戦力になれなければ会社に居づらくなる

40代でハイクラス転職をした人に対して、周囲は即戦力としての活躍を期待します。

期待に応えられない場合、職場で居づらさを感じることもあるでしょう。

前職で成果を出せていたからといって、転職後も成果を出せる保証はありません。

自分のスキルや経験を最大限に発揮できる環境かどうか、転職前に見極めることが鍵となります。

仕事内容や裁量にギャップを感じる可能性がある

ハイクラス転職後に、期待とのギャップを感じることもあります。

40代ハイクラス転職でギャップを感じやすい部分
  • 実際の仕事内容
  • 求められる成果や役割
  • 裁量
  • 働く環境
  • 人間関係
  • 社風

事前のリサーチや面接時の質問を通じて、企業の実態をできるだけ正確に把握しましょう。

また、入社後のミスマッチを防ぐために、自分の希望と企業の実情をしっかりと照らし合わせてください。

転職したいけど怖い40代が取るべき行動!不安の原因を払拭して成功させる方法や40代の転職の現実を解説

40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

40代のハイクラス転職では、転職エージェント・転職サイトの活用が重要です。

40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント・転職サイトをご紹介します。

転職エージェント名 ビズリーチ type転職エージェント JACリクルートメント LHH転職エージェント パソナキャリア ユナイテッドワールド
ビズリーチロゴ type転職エージェント JACリクルートメント LHH転職エージェント パソナキャリア ユナイテッドワールド
運営する人材紹介会社 株式会社ビズリーチ 株式会社キャリアデザインセンター 株式会社ジェイエイシーリクルートメント アデコ株式会社 株式会社パソナ ユナイテッドワールド株式会社
公開求人数 110,775件 27,859件 12,435件 16,764件 34,530件 822件
全国対応
未経験
タイプ ハイクラス向け総合型 総合型 ハイクラス向け総合型 ハイクラス向け総合型 ハイクラス向け総合型 外資系・グローバル企業特化型

※2024年時点の公開求人数を掲載しています。

30代におすすめの転職サイト10選!選び方のポイントも解説

ビズリーチ

ビズリーチ

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数
全国対応
未経験
タイプ ハイクラス向け総合型

ビズリーチは、ハイクラス特化型転職サイトの中でも、国内最大級です。

40代のハイクラス転職に最適な、高収入の求人が集まっています。

なおビズリーチでは、公開求人の約3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円以上で、年収アップが可能なハイクラス求人をたくさん見たい人は、ぜひ登録しておきましょう。

また、ビズリーチはスカウトを待つだけで転職活動が進む点も魅力です。

自分の経歴を登録しておくと、企業やヘッドハンターから直接スカウトが届きます。

まずは自分の市場価値を知りたいという40代にもおすすめです。

ビズリーチの評判・口コミは最悪?ばれるって本当?悪質・ひどいと言われる実態を徹底解説【2024年最新】

ビズリーチへ無料登録

type転職エージェント

type転職エージェント

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数
全国対応
未経験
タイプ 総合型

type転職エージェントは、ハイクラス転職に特化した担当者が在籍している転職エージェントです。

専任のキャリアアドバイザーが、 無料で1人1人の相談に乗り、転職活動を全面的にサポートしてくれます。

面接や書類選考に関するアドバイスも無料で提供してくれるので、ハイクラス転職の成功率を上げたい40代におすすめです。

また、type転職エージェントには、25年以上の転職支援で培ってきた、信頼と豊富なノウハウがあります。

IT・Webエンジニア、営業、事務・管理、販売・サービス系の分野には、専門の担当者がいるので、これらの職種を希望する40代にもおすすめです。

type転職エージェントの評判は悪い?口コミから特徴やメリット・デメリットを徹底調査

type転職エージェントへ無料登録

JACリクルートメント

JACリクルートメント

運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数
全国対応
未経験
タイプ ハイクラス向け総合型

JACリクルートメントは、グローバルにサービスを展開している転職エージェントです。

ハイクラス転職に特化しており、40代に適した管理職や専門職の求人を豊富に保有しています。

日本の大手企業はもちろん、外資系企業の求人も多いです。

年収800万円~1,500万円クラスの求人を紹介してほしい人や、語学力を活かして転職したい人におすすめです。

JACリクルートメントの評判は良い悪い?口コミからメリット・デメリットを徹底調査

JACリクルートメントへ無料登録

LHH転職エージェント

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)

運営会社 アデコ株式会社
公開求人数
全国対応
未経験
タイプ ハイクラス向け総合型

LHH転職エージェントは、年収700万円以上の求人を多く取り扱っている、ハイクラス向けの転職エージェントです。

職種別に専任コンサルタントが在籍しているので、深いアドバイスが受けられます。

自分の業界や職種の転職事情を踏まえたアドバイスが欲しい40代におすすめです。

LHH転職エージェントの評判・口コミをもとにメリット・デメリットを徹底調査

LHH転職エージェントへ無料登録

パソナキャリア

パソナキャリア

運営会社 株式会社パソナ
公開求人数
全国対応
未経験
タイプ ハイクラス向け総合型

パソナキャリアは、59万人を支援してきた実績※がある、ハイクラス転職特化型のエージェントです。

30-45歳の利用者が多いので、40代のハイクラス転職にはぴったりでしょう。

公開求人数は34,530件、コンサルタントの人数は約400名と、ハイクラス特化型エージェントの中でも規模が大きめです。

年収アップやキャリアアップを目指す40代は、登録を検討してみてください。

パソナキャリアの評判は良い悪い?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底調査

PASONAへ無料登録

※公式サイトによる。

ユナイテッドワールド

ユナイテッドワールド

運営会社 ユナイテッドワールド株式会社
公開求人数
全国対応
未経験
タイプ 外資系・グローバル企業特化型

ユナイテッドワールドは、外資系企業やグローバル企業への転職に強いエージェントです。

40代のグローバルに活躍してきた経験や、語学力を活かせる求人が、豊富に見つかります。

国際的なキャリアを築きたい40代におすすめです。

ユナイテッドワールドへ無料登録

doda X

dodaX

doda Xは、大手転職サイト「doda」系列の、ハイクラス特化型転職サービスです。

年収800〜2,000万円の非公開求人数を多く取り扱っています。

また、自分で求人に応募できるサービスのほか、ヘッドハンティングサービス・求人紹介サービス・企業スカウトサービスを提供しています。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト型のハイクラス向け転職サービスです。

レジュメを登録するだけで、40代に適したポジションのスカウトが、企業やヘッドハンターから届きます。

効率よく転職活動を進めたい40代におすすめです。

リクルートダイレクトスカウトの評判はやばい?登録がバレる?口コミをもとに仕組みを解説【2024年最新】

40代ハイクラス転職に関するよくある疑問

最後に、40代ハイクラス転職に関するよくある疑問と、その回答をご紹介します。

40代ハイクラス転職に関するよくある疑問
  • 40代ハイクラス転職で年収アップしやすい業界・職種は?
  • 40代ハイクラス転職は転職回数が多いと不利?

40代ハイクラス転職で年収アップしやすい業界・職種は?

40代ハイクラス転職で年収アップしやすい業界・職種としては、IT、コンサルティングなどが挙げられます。

年収アップしやすい業界・職種
  • コンサルティング・アドバイザー
  • 経営企画・事業企画
  • IT業界(プロジェクトマネージャーやエンジニア)

    これらの業界では、高い専門性を求められるため、実績を持つ40代のプロフェッショナルが重宝されます。

    40代ハイクラス転職は転職回数が多いと不利?

    40代は、すでに何社か経験している人も少なくありません。

    転職回数が多いことは、ネガティブに捉えられることもありますが、逆にアピール材料にもなり得ます。

    多くの職場での経験を通じて、適応力や多様なスキルを培ってきた証となるからです。

    企業に対して、さまざまな環境での成功体験や課題解決の実績を示すことで、プラスの印象を与えることができます。

    40代ハイクラス転職を成功させよう

    今回は40代のハイクラス転職について詳しく解説してきました。

    40代でのハイクラス転職は、難しい面もありますが、自分が即戦力になれると効果的にアピールできれば、成功させられます。

    今回ご紹介した転職サイト・転職エージェントも活用して、40代のハイクラス転職を成功させましょう。

    30代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント・サイト!成功のコツや転職事情も解説